2024/07/14

独断的映画感想文:銀平町シネマブルース

日記:2024年7月某日
映画「銀平町シネマブルース」を見る.1_20240717063101
2022年.監督:城定秀夫.出演:近藤猛(小出恵介),梶原啓司(吹越満),佐藤伸夫(宇野祥平),足立エリカ(藤原さくら),大崎美久(日高七海),二ノ宮ハル(谷田ラナ),二ノ宮一果(さとうほなみ),高杉弥生(片岡礼子),桐谷陽子(藤田朋子),黒田新子(浅田美代子),谷口章雄(渡辺裕之).4_20240717063101
近藤猛はあてもなく暮らす風来坊,かって住んだ街の公園で友人と会い借金を申し込むが,断られる.そのすきに全財産の入ったバッグをホームレスの男:佐藤に持ち逃げされる.途方に暮れていると,「NPO法人」を名乗る女に「生活保護を獲得するセミナー」に連れ込まれる.そこに居た佐藤から何とかバッグを取り戻すが,同じくセミナーに参加した梶原に誘われ,彼の経営する映画館「スカラ座」でバイトをすることになる.5_20240717063101
スカラ座は借金で倒産寸前の映画館,常連の売れない俳優,売れないライター,売れないジャズバー経営者,中学生が集まり,スカラ座60周年を機に起死回生のイベントを行おうと相談する.近藤は実はかってそこそこ名の通ったカルト映画監督,しかし妻が主演したゾンビ映画の撮影中,腹心の助監督・高杉が自死したことにショックを受け,以来妻とも離婚し放浪してきた.バッグの中のノートパソコンに,編集未完の映画素材が入っていることを知った梶原は,その映画を起死回生イベントの目玉にするべく,編集作業の完了を近藤に迫る.近藤もかって通い映画監督になる決意を固めたこのスカラ座のために,編集作業に渾身で取り組むが….3_20240717063101
金はないが熱意とそこそこの才能がある映画大好き人間が集まり,映画館を再生するという映画あるある物語.悪い人は「生活保護を獲得するセミナー」関係者以外は出てこない,ほのぼの映画.主演の小出恵介をベテラン実力俳優が盛り立てて,味のある和やかな映画を作り出した.2_20240717063101
映画は登場人物たちのそれぞれの再生を暗示して終わるが,と言って現実の借金が消える訳でもない.この後どうなるかは,元気を取り戻した主人公たちが切り拓いていくのだろう.少しざらついた映像や,落ち着いた映画音楽も含め,映画の楽しさを堪能できる映画.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/06/28

独断的映画感想文:去年の冬、きみと別れ

日記:2024年6月某日
映画「去年の冬、きみと別れ」を見る.1_20240703211801
2018年.監督:瀧本智行,脚本:大石哲也,原作:中村文則.
出演:岩田剛典(耶雲恭介),山本美月(松田百合子),斎藤工(木原坂雄大),浅見れいな(木原坂朱里),土村芳(吉岡亜希子),北村一輝(小林良樹).4_20240703211801
雑誌編集長の小林は,フリーライターの耶雲から企画の売り込みを受ける.最近失火でモデル・吉岡亜希子が焼死し,その件については不起訴処分になった写真家・木原坂雄大は,実はモデルを焼き殺したのだという記事企画である.木原坂雄大と姉の朱里は,母親を亡くし父親から虐待を受けて育った.父親は姉弟の幼い時に殺害されたが,その事件は迷宮入りである等,耶雲の挙げた根拠はいずれも状況証拠だったが,上司は興味を示し耶雲の企画を進めることにする.3_20240703211801
耶雲は木原坂の自宅を訪ね面談し,自宅出入りの許可を得る.全力で取材を進める耶雲,結婚間近だった婚約者百合子とも疎遠となる.ところが雄大は百合子に目をつけモデルとして自宅に招く.それ以来消息を絶った百合子,耶雲は小林とともに木原坂の自宅に飛び込むが,そこには燃え上がる死体を狂喜して撮り続ける木原坂の姿があった….2_20240703211801
これが物語の前半,この後映画は,編集者小林が実は朱里と通じ合っていたことや,耶雲恭介の思いがけない独白を展開し始める.登場人物それぞれの,実は互いに前半では隠されていた関係性が明らかにされていくのだ.しかしなお事件の全貌は見えず,着地点は容易に明かされない.伏線がすべて回収され物語の全構成が明らかになるラストシーンは,なかなかの見応え.5_20240703211801
見終わって見れば,個々のシーンのタイミングは全くの偶然の結果であったり,事前の準備や金の都合はどうなっていたのか等,未解決の問題は幾つも出てくるが,映画の進行中は怒涛の展開にあれよあれよと乗せられていくのがいっそ痛快である.見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/06/11

独断的映画感想文:ブラック アンド ブルー

日記:2024年6月某日
映画「ブラック アンド ブルー」を見る.1_20240630171201
2020年.監督:デオン・テイラー.
出演:ナオミ・ハリス(アリシア・ウェスト),タイリース・ギブソン(マイロ(マウス)・ジャクソン),フランク・グリロ(テリー・マローン),マイク・コルター(ダリウス),リード・スコット(ケヴィン).3_20240630171201
退役軍人のアリシアは,故郷の街ニューオーリンズに警察官として着任する.ニューオーリンズは白人の人種差別と黒人の警察への憎悪が交錯する街,ストアで働いているマウスや,ギャングのボス・ダリウスの妻・ミッシーと出会うが,二人とも幼馴染のアリシアに心を開かない.その夜パートナーの白人警官ケヴィンの夜勤を交代したアリシア,相棒の黒人警官ブラウンは,私用電話に入った連絡で情報屋に会うと云い,独りで廃工場に入って行く.銃声が聞こえアリシアが駆けつけると,麻薬課の刑事マローンが売人を射殺する現場を目撃する.2_20240630171201
声を上げたアリシアは撃たれ階下に転落するが,軽傷で済んだ.携帯と拳銃を失ったアリシアを,ボディカメラを奪って口を封じようとマローン,ブラウンらが追う.無線で本部に救援を求めるが,やって来たパトカーはマローンの仲間の警官たちだった.間一髪で逃げ出しマウスのストアに逃げ込んだアリシアは,マウスの協力を得てケヴィンに連絡する.4_20240630171201
やって来たケヴィンの話では,マローンは押収した麻薬の半分を横流しして収益を上げており,それがばれそうになって協力者の売人を殺したのだという.マローンと同調するべきだというケヴィンの車から脱出し,アリシアはマウスのアパートに暫く匿ってもらうことにする.一方マローンの虚偽の報告で,売人を射殺したのはアリシアだということになり,警察は総力を挙げてアリシアを追い,部下の売人を殺されたと信じたダリウスも組織を挙げてアリシアを追う….5_20240630171201
警察と黒人ギャングに追い込まれ絶体絶命の警官アリシアを描くサスペンス.アリシアが新人警官でありながら軍務経験者という設定が,リアルな逃亡劇を裏付けその展開を面白くしている.協力者に転ずるマウス,極悪警官マローン,ギャングのボス・ダリウス,中途半端な立場にいるケヴィンら登場人物も,いずれもリアルな存在感があり,物語は緊張感をもって進む.最後に至るまで目の離せないサスペンス,映像もシャープで見応えあり.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/05/14

独断的映画感想文:ミスター・ロンリー

日記:2024年5月某日
映画「ミスター・ロンリー」を見る.1_20240516111601
2007年.監督:ハーモニー・コリン.
出演:ディエゴ・ルナ(マイケル),サマンサ・モートン(マリリン),ドニ・ラヴァン(チャップリン),ヴェルナー・ヘルツォーク(神父),レオス・カラックス(レナード).
マイケルはマイケル・ジャクソンのモノマネで生きている男,パリで大道芸をしたり養老院を訪問したりして糊口をしのぐ.ある日出会ったやはりマリリン・モンローのモノマネで生きているマリリンに誘われ,スコットランドの古城を訪れる.そこではマリリンの夫:チャップリンを始めリンカーン大統領やローマ法王,ジェームズ・ディーンや三馬鹿大将ほかのモノマネ芸人たちが集団で暮らしていた.
彼らは地上最大のショーと銘打った自主公演を実現しようと準備をしていた.彼らの生活はお気楽に見え,マリリンに恋したマイケルはその古城で暮らすが,やがて公演が幕を開けることになった….3_20240516111601
自分ではないものに依拠してしか生きられない人々の群れに加わったマイケルの,自分探しの日々を描く寓話的映画.一種独特の雰囲気を持つ映画で,ボビー・ヴィントンの「ミスター・ロンリー」をフルコーラスで流す冒頭のシーン(マイケルがミニバイクでコースを走り回る)から,徐々に引き込まれていく.2_20240516111601
途中で何回か挿入される,アフリカの修道女たちの「奇跡」を描く映像も,終盤の悲劇の中にその一部として収斂されていく流れに共感できる.皆と別れパリに戻ったマイケルが,ショーの面々と想像の中で語り合う最後のシーンが感銘的.映画らしさを存分に味わえる映画.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/04/01

独断的映画感想文:インディアン・ランナー

日記:2024年4月某日
映画「インディアン・ランナー」を見る.1_20240405160701
1991年.監督・脚本:ショーン・ペン.音楽:ジャック・ニッチェ.
出演:デヴィッド・モース(ジョー・ロバーツ),ヴィゴ・モーテンセン(フランク・ロバーツ),ヴァレリア・ゴリノ(マリア),パトリシア・アークエット(ドロシー),チャールズ・ブロンソン(父),サンディ・デニス(母),デニス・ホッパー(バーの主人).5_20240405160701
映画の冒頭,犯人を追って雪道を突っ走るジョーのパトカー.犯人を追い詰めたジョーは立ち向かってきた犯人を撃つ.
ジョーは以前は農場を経営していたが,今は土地を手放し警察に勤務している.メキシコ人のマリアと結婚し,一人息子のラファエルはまだ1歳だ.ある日ベトナム戦争に従軍していた弟のフランクが帰ってくる.兄弟は再会を喜ぶが,フランクは両親には会わないと告げ姿を消した.
半年後,ジョーはフランクが刑務所に入っていることを知り,ひそかにその出所を迎えに行く.フランクは彼を待つ恋人ドロシーと共にモーテルに入って行き,ジョーはその後を追って再会を果たした.その後母親の病死,父親の自殺と不幸が続くが,フランクは葬儀にも顔を見せなかった.しかし恋人ドロシーが身ごもり,二人はささやかな結婚式を挙げて両親の実家に住むことになる.フランクは仕事にも就き,落ち着くかと思われたが….3_20240405160701
ベトナム戦争で精神を病んだフランクと兄ジョーの物語.ジョーは誠実で温厚な人物,弟フランクは元来粗暴な性格だったらしく両親の愛もジョーに偏っているのが明らかで,家庭内でフランクは確執を抱えていたようだ.映画はその間の事情を説明はせず,発生する事件を淡々と描いていく.2_20240405160701
フランクの破綻にもかかわらず,印象的なのはこの兄弟の結びつきの深さだ.ジョーはフランクの立ち直りを決してあきらめず,フランクも兄ジョーには決して手を出さない.ドロシーの出産の夜,姿を消し酒場で泥酔していたフランクと,追ってきたジョーとのギリギリの会話シーンには,涙を禁じ得ない.この後ジョーは決定的な事件を起こし車で逃亡,ジョーはパトカーで追う.ラストシーンは冒頭のシーンと同じなのだ.4_20240405160701
ショーン・ペンの監督初作品だが,全編を通じ緊張度が高く実に見応えあり.デヴィッド・モースとヴィゴ・モーテンセンが好演,デニス・ホッパーが元気にアクの強い役をやっているのもうれしい.音楽を担当したジャック・ニッチェはローリング・ストーンズやニール・ヤングのアルバムではお馴染みのミュージッシャン,挿入されるトラフィック,ジャニス・ジョプリン,ザ・バンドらの名曲も懐かしい.一見の価値あり.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/03/10

独断的映画感想文:永遠と一日

日記:2024年3月某日
映画「永遠と一日」を見る.1_20240311185201
1998年.監督・脚本:テオ・アンゲロプロス.字幕翻訳:池澤夏樹.
出演:ブルーノ・ガンツ(Alexandere),イザベル・ルノー(Anna Alexandere's wife),アキレアス・スケヴィス(TheChild),デスピナ・ベベデリ(Alexandere's Mother),イリス・ハジアントニウ(Katerina Alexandere'sdaughter),エレニ・ゲラシミドゥ(Ourania),ヴァシリス・シメニス(Nikos Alexandere's Son in law),ファブリツィオ・ベンティヴォリオ(Solomos The Poet).
作家で詩人のアレクサンドロスは死病を得て明日入院の予定,今日はいわば人生で最後の日だ.朝,生まれ育った海辺の家で子ども同士で海に飛び込み,水没した古代都市を見に出かけた夢を見る.長年世話になった家政婦ウラニアと別れ犬と出かける.途上,街頭で車の窓ふきで小銭稼ぎをしている,ギリシャ系アルバニア難民の少年たちを見る.彼らが警察に追われているのを見て,とっさに一人を自分の車にかくまう.娘カテリーナのもとを訪れ犬を預かってもらおうとするが,夫が動物嫌いでと断られる.その夫からは,海辺の家を処分して明日から解体工事が始まると告げられる.娘に亡妻アンナの手紙を渡すが,娘が読み上げた手紙を,自身は読んでさえいなかったことを知る.2_20240311185201
帰路,詩人はかくまった少年が「人買い」に拉致されるのを目撃,その車の後を追い少年を持ち金をはたいて買い戻す.少年はアルバニアには祖母がいると云うので国境に送り届けようとするが,実際は少年の故郷は人が死に絶え地雷原となっているのだった….4_20240311185201
詩人と少年はギリシャに戻り,最後の一日を共に過ごすことになるその物語.少年に自分の研究してきた19世紀の詩人ソロモスの話をしてその追憶にひたる詩人.港で息子の婚礼に列席していたウラニアに犬を託し,海を見ながら妻と親戚たちと遊んだ思い出にふけり,いかに妻が彼を愛したか,にもかかわらず詩作に没頭してあまり顧みることのなかった自分を思い出す.少年は自分のことを余所者だと云うが,詩人も詩を紡ぎだせない限りは人々に対し余所者に過ぎないと,彼は思う.
少年は村を出て以来の盟友セリムを失い,悲嘆にくれる.彼は仲間と共にフェリーでギリシャを離れると云う.詩人も明日は長い旅に出なければならない.別れの時が迫り二人が乗るバスのシーンが,あたかも「銀河鉄道の夜」の様で心に残る.3_20240311185201
映画は緊張感と美しさに溢れた長回しを多用し,冒頭から映画に引き込まれた.ブルーノ・ガンツはじめ俳優たちの演技も感銘的.何よりこの映画が作り上げた,詩人の最後の一日という寓話的な世界が,素晴らしい印象を残す.絶望に始まった映画は,最後にある種の希望と心の平安をもって終了する.忘れられない映画だ.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/03/07

独断的映画感想文:霧の中の風景

日記:2024年3月某日
映画「霧の中の風景」を見る.0_20240308212901
1988年.監督:テオ・アンゲロプロス.
出演:ミカリス・ゼーナ(アレクサンドロス5歳),タニア・パライオログウ(ヴーラ11歳),ストラトス・ジョルジョグロウ(オレスティス),エヴァ・コタマニドゥ(女優),ヴァシリス・コロヴォス(トラック運転手).字幕翻訳は池澤夏樹.2_20240308212901
母子家庭に育つヴーラとアレクサンドロスの姉弟,ドイツにいるという父親にあこがれ,毎夜ドイツ行国際列車の発車するホームに立つ.ある夜遂にその列車に乗り込みドイツを目指す旅に出るが,たちまち無賃乗車として最寄りの駅で降ろされ,警察に送られる.そこを逃げ出し,無賃乗車と徒歩でひたすらドイツを目指す姉弟.途中行き会った旅芸人の一座の若者・オレスティスの車に同乗しさらにドイツを目指すが….1_20240308212901
彼らは父親の顔も知らない.父がドイツ人というのは私生児を生んだ母親の嘘だということも,観客は知ることになる.しかし彼らは母を捨て父を求めて艱難辛苦の旅を続ける.この様に非現実的な設定なのに,この映画に冒頭から引き込まれるのは何故だろう.
長回しの奥行ある画面,寡黙な姉弟が手をつないでひたすら前進する経過,オーボエ組曲と呼びたくなるような美しい映画音楽.この映画は,それぞれのエピソードを記述する散文詩をまとめた詩集の様だ.5_20240308212901
監督インタビューで監督自身は,この映画はギリシャの姉弟がドイツの父親に会いに出奔したという記事を骨格に,監督が自分の子どもに聞かせていた童話を編みこんだものだと言っているが,この映画は極めて上質な映像による寓話だと思われる.しかし映画というのはこういうものだ!!という感動を禁じ得ない傑作だ.この世の残酷さも美しさもすべてこの中にある.一見の価値あり.6_20240308212901
なお,ギリシャ在住経験のある作家池澤夏樹は,とある経緯からアンゲロプロス作品の翻訳・字幕を担当することになった.DVDにある彼による監督インタビューも必見.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/02/21

独断的映画感想文:わたしの叔父さん

日記:2024年2月某日
映画「わたしの叔父さん」を見る.1_20240225183601
2019年.デンマーク映画.監督・脚本・編集・撮影:フラレ・ピーダセン.
出演 イェデ・スナゴー(Kris),ペーダ・ハンセン・テューセン(Onkel),オーレ・キャスパセン(Johannes),チュ・フリスク・ピーターセン(Mike).3_20240225183601
舞台はデンマークのユトランド半島.27歳のクリスは足の不自由な叔父と二人暮らし,乳牛を飼い農場を営む.クリスは幼い時に家族を亡くし,独り身だった叔父に引き取られた.高校卒業時に獣医学部に合格していたが,叔父が倒れ進学をあきらめる.以来10年間,朝早く起き叔父の身支度を手伝い,食事を作って酪農の仕事をし,夕食後の珈琲を楽しみ,週一回買い物に行くという,決まりきった日常を過ごしてきた.
ある日乳牛が産気づくが,逆子で分娩は難航.しかし獣医のヨハネス先生が来る前に,クリスは自力で出産させることに成功する.ヨハネス先生はクリスに獣医になる勉強を再開するよう勧め,教科書を貸してくれる.一方家族が葬られている教会の聖歌隊の青年マイクと出会い,デートに誘われる.戸惑いながら生活の変化に向け一歩を踏み出そうとするクリスに,叔父は温かい目を注ぐ….5_20240225183601
第32回東京国際映画祭コンペティション部門でグランプリを受賞した映画.酪農という仕事からも叔父の状況からも,家を離れることは基本的にできないと考えるクリス,しかしヨハネス先生の説得で初めてコペンハーゲンに大学の講義を聴きに行くことになる.そのさなかに事件が起きた.4_20240225183601
物語の進行の中で,クリスがどんなに叔父を愛し精神的支柱として頼っているかが明らかになってくる.叔父もクリスを心から愛している.マイクがその関係に立ち入ろうとするとき,マイクとの関係まで難しくなっていく.進学も交際もどのように対応してゆけば良いのか,葛藤するクリスの心情が哀切だ.2_20240225183601
それらを描く寡黙で淡々とした画面も素晴らしい.映画はクリスの葛藤の中,突然暗転しエンドロールが流れる.クリスと叔父がこれからどうなるのか,観客の想像力にゆだねられる結末.なお,主演のイェデ・スナゴーは叔父役のペーダ・ハンセン・テューセンとは実の姪・叔父の関係.ペーダ・ハンセン・テューセンは俳優でなく酪農家で,舞台となる農場の所有者だそうだ.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/02/14

独断的映画感想文:少年の君

日記:2024年2月某日
映画「少年の君」を見る.1_20240224220301
2021年公開(制作2019年).監督:デレク・ツァン.
出演:チョウ・ドンユイ(チェン・ニェン),イー・ヤンチェンシー(シャオベイ),イン・ファン(チャン・イー),ホアン・チエ(ラオ・ヤン),ウー・ユエ (チェン・ニェンの母).5_20240224220301
チェンは母子家庭の高校3年生,母親は借金を抱え行商で外泊がち.借金取りの取り立てに怯えながら,チェンは全国統一入試合格を目指し必死に勉強する.校内ではいじめが横行し,ある日同級生が自殺する.その亡骸に上着をかけたチェンは次のいじめの標的となり,いじめを教師に訴えたためいじめはさらに陰湿化する.4_20240224220301
ある日下校途中,数人に暴行されている少年を見たチェンはとっさに警察に通報するが,自分もつかまり殴られる.少年シャオベイは身寄りもなく,高速道路の下のバラックに一人住むストリートボーイだった.チェンは自分を守ってくれるようシャオベイに依頼し,ぎごちないスタートながら二人は互いに心を開いて行く….3_20240224220301
第93回アカデミー賞国際長篇映画賞にノミネートされた中国・香港合作の青春映画.
統一入試合格に人生のすべてをかけるチェン,強い心で勉強に励むが不在の母親以外頼るものはない.シャオベイも暴力組織とつかず離れずの一匹狼だがまだ少年だ.二人は互いの境遇を知り,いつしか固いきずなで結ばれるようになる.
映画は後半,チェンを苛め抜いた少女が死体で発見された事件からミステリーがらみとなる.チェンとシャオベイはこの事件に関与しているのか.シャオベイは容疑者として逮捕されるが,刑事チャンはさらにチェンをも追及してくる.2_20240224220301
拘置所で面会したチェンとシャオベイが,何も語らずに微笑みあい互いに涙を流すシーンは印象的だ.チョウ・ドンユイとイー・ヤンチェンシーの好演が際立つが,映画全体の骨格も明確で見応えあり.
★★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/01/30

独断的映画感想文:思い出のマーニー

日記:2024年1月某日
映画「思い出のマーニー」を見る.0_20240205212901
2014年.スタジオ・ジブリ.監督:米林宏昌.
出演(声):高月彩良(杏奈),有村架純(マーニー),松嶋菜々子(頼子),寺島進(大岩清正),根岸季衣(大岩セツ),森山良子(老婦人),吉行和子(ばあや),黒木瞳(久子).6_20240205212901
施設で育ち,現在の養母・頼子と複雑な葛藤を抱えている杏奈は感情をほとんど表に出さない.持病の喘息が悪化し,医者に転地を勧められた杏奈は,夏休みのあいだ頼子の親戚・大岩夫婦の家に預けられる.
大岩夫婦は気さくなたちだったが,杏奈は自分の中にこもったまま絵だけを描いている.湿地の対岸には湿っち屋敷と呼ばれる無人の古い洋館があった.ある夕方,海辺に来た杏奈は,杭につながれたボートに興味を惹かれ乗り込んだ.ボートは湿っち屋敷に漂いつき,そこで杏奈は不思議な少女マーニーに会う.5_20240205212901
マーニーの両親は旅行がちで彼女はばあやと女中と共にここに暮らしているのだという.杏奈はマーニーと次第に打ち解け,たびたび屋敷を訪れるようになるが,地元の子どもたちとは仲良くなれないままだった….4_20240205212901
杏奈のひと夏の経験を通じて得られる,自らのアイデンティティと世界との結びつきの確認の物語.美しいアニメーションだが物語の展開はなかなか複雑で,現在と過去・現実と幻が複雑に交錯し,話の行く末は予断を許さない.
最大の謎マーニーとは何者かという問いの答えは,思いがけず杏奈と海辺で共に絵を描いていた老婦人・久子からもたらされる.それが杏奈と世界の結びつきを明解にし,杏奈は世界を受け入れるのだ.2_20240205212901
物語の実態に現実感はなく,この世のものとは思えないマーニーと杏奈の交流は夢の様で,アニメという表現形態に即している.マーニーにより解放されていく杏奈の心情がいとおしく,感銘を受けた.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/01/28

独断的映画感想文:カムイの歌

日記:2024年1月某日
映画「カムイの歌」を見る.1_20240203224501
2023年.監督:菅原浩志.
出演:吉田美月喜(北里テル),望月歩(一三四),島田歌穂(イヌイェマツ),清水美砂(兼田静),加藤雅也(兼田教授),天宮良(小嶋教授),伊藤洋三郎(佐々木原).3_20240203224501
1917年,北里テルはアイヌで初めて女子職業学校に入学する.入試成績が優秀だったテルは担任から副級長に指名されるが,和人の同級生は猛反発し別の生徒を副級長に選出する.以来テルは執拗ないじめと差別を受ける.4_20240203224501
その頃,東京から兼田教授がテルの叔母・イヌイェマツの歌うユーカラを取材に訪れ,「アイヌ民族であることを誇りに思ってください.あなた方は世界に類をみない唯一無二の民族だ」と二人を励ます.2_20240203224501
テルはユーカラをローマ字で記録し日本語訳をつける作業を行い,兼田にその結果を郵送することになる.その結果の素晴らしさに兼田教授はテルに上京を促し,テルは叔母と将来の結婚を約したアイヌ青年・一三四に見送られて旅立つ….5_20240203224501
アイヌ神謡集の著者・知里幸恵をモデルとした物語.映画は北海道の自然,動植物の姿の描写から始まり,それをバックに朗読されるのは,映画の最後でテルが心血を注いで完成させた,アイヌ神謡集の序文だ.この抑制が効きしかしアイヌ民族の自尊の精神をこめた序文をテルが執筆し,またユーカラの日本語訳の推考に打ち込むシーンには胸を打たれる.映画では美しい北海道の自然が折に触れ描かれるが,イヌイェマツ・島田果歩が歌うユーカラもまことに素晴らしい. 19歳で亡くなるテルの最後のシーンも心に残る.俳優は吉田美月喜,島田歌穂,加藤雅也がそれぞれ好演,見応え,聴きごたえのある映画である.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/01/20

独断的映画感想文:ベイビー・ブローカー

日記:2024年1月某日
映画「ベイビー・ブローカー」を見る.1_20240127222001
2022年.監督・脚本・編集:是枝裕和.
出演:ソン・ガンホ(ハ・サンヒョン),カン・ドンウォン(ユン・ドンス),ペ・ドゥナ(アン・スジン刑事),イ・ジウン(ムン・ソヨン),イ・ジュヨン(イ刑事).3_20240127222101
雨の夜,若い女が乳児を施設の赤ちゃんポストの前の床に置き姿を消す.見張っていたスジン刑事は赤ん坊をポストの中に入れ,部下に女の行方を追うよう指示し,ポストの見張りに戻る.赤ちゃんポストの受付ドンスとサンヒョンは監視カメラの映像を消去し,翌朝赤ん坊をサンヒョンのクリーニング店に連れ帰った.警察の尾行をまいた女・ソヨンは再び施設に戻るが,赤ん坊・ウソンはいない.受付のドンスがソヨンをサンヒョンのもとに連れて行き,自分たちは赤ん坊のブローカーであり,ウソンを裕福な夫婦の養子にあっせんすると説明すると,ソヨンは自分もあっせんに同行すると言い出す.2_20240127222001
一方,赤ん坊の人身売買を追っていたスジン刑事は,現行犯逮捕をするべく彼らを追い続ける.こうして赤ん坊を売る立場のサンヒョン・ドンスと母親のソヨン,赤ん坊のウソン一行と,彼らを追うスジン刑事らの旅が始まる.サンヒョン一行には,ドンスが自分の育った児童養護施設に立ち寄った際,車にもぐりこんだ少年ヘジンも同行することになった.一方スジン刑事のもとには,ソヨンが売春組織の幹部を刺殺した容疑者であることが知らされる….4_20240127222001
最初の養父母候補はウソンにケチをつけて値切ろうとしたために,ソヨンに罵倒されて破談となった.スジン刑事が送り込んだオトリの養父母候補は不妊治療が不首尾との設定で登場するが,ドンスの質問に誤った回答をしたため,転売目的のニセ夫婦とみなされ失敗.その過程で次第に疑似家族の様相を呈していくサンヒョンの一行,オトリ捜査や現行犯逮捕至上の捜査方法に疑問を抱くスジン刑事らが描かれる.
殺された組織幹部の手下たちがサンヒョンに連絡し,またスジン刑事が減刑を考慮してソヨンに自首するよう接触する中,ウソンにとっては理想的な買い手夫婦が現れ,一行はソウルに集合する….5_20240127222001
妻子に捨てられケチな犯罪者として危ない橋を渡るサンヒョン,母に捨てられ施設で育ったドンス,ヘジン,子供を売らざるを得ない立場の犯罪容疑者ソヨンが,次第に互いを理解する過程が印象深い.ホテルの部屋でヘジンにねだられ,暗闇の中一人一人に「生まれてきてありがとう」と声をかけ続けるソヨンのシーンが感銘的.またスジン刑事も,盗聴するサンヒョン一行の和気あいあいさに,次第に心を開いていく.彼らを演じるソン・ガンホ,カン・ドンウォン,ペ・ドゥナ,イ・ジウンの演技がいずれも素晴らしい.ユーモアやペーソスも程よく,結末も共感できる.見て損はなし.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2024/01/15

独断的映画感想文:アイ・アム まきもと

日記:2024年1月某日
映画「アイ・アム まきもと」を見る.1_20240121224401
2022年.監督:水田伸生.
出演:阿部サダヲ(牧本壮),満島ひかり(津森塔子),宇崎竜童(蕪木孝一郎),松下洸平(神代亨),でんでん(下林智之),松尾スズキ(平光啓太),坪倉由幸(我が家)(小野口義久),宮沢りえ(今江みはる),國村隼(槍田幹二).2_20240121224401
庄内市役所お見送り係に勤める牧本は,空気が読めず人の言うことを真に受けるが,誠実な男.市内で孤独死をした人の後処理をするのが仕事だ.事件性のないことが確認されると警察から業務を引き継ぐが,牧本は故人の事情や係累の意向確認などに念を入れるので,常にご遺体を警察に預けっぱなしにして担当刑事の神代には苦情を受けまくる.また牧本が,ご遺体の葬儀を自腹を切って執り行うことも周囲は黙認していた.6_20240121224401
新たに県から天下りで赴任した局長・小野口はそんな牧本の働きぶりに激怒し,お見送り係の廃止を即座に決定,その時点で抱えていた蕪木孝一郎の案件が牧本の最後の担当案件となる.牧本の調査で蕪木には妻と娘のいたこと,かって炭鉱で働き落盤時に救った槍田と云う男がいたこと,漁師町で暮らしそこで女性と同居していたこと,ホームレスと共に暮らしていたことなどが判明する.牧本は娘の塔子を訪ねたが….4_20240121224401
牧本自身は天涯孤独の身らしく,住んでいる家も家具もほとんどない.牧本自身にとって,孤独死の後始末という仕事が唯一の生きがいだったようだ.映画の後半は,蕪木孝一郎の足跡を追う牧本の行動を描く.5_20240121224401
次第に明らかになる蕪木と云う男の人物像,蕪木に捨てられた身としてかたくなだった塔子の心も,牧本の報告を受けて次第に父親としての孝一郎を受け入れるかのようだ.3_20240121224401
牧本を演じる阿部サダヲと塔子を演じる満島ひかりが抜きんでて良いが,周りを固める俳優たちも実力者ぞろいで見応えあり.映画の最後に,牧本が葬儀を出した故人たちが墓所に集うシーンが感動的.見て損はなし.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/12/11

独断的映画感想文:寝ても覚めても

日記:2023年12月某日
映画「寝ても覚めても」を見る.1_20240103180601
2018年.監督:濱口竜介.
出演:東出昌大(丸子亮平/鳥居麦),唐田えりか(泉谷朝子),瀬戸康史(串橋耕介),山下リオ(鈴木マヤ),伊藤沙莉(島春代),渡辺大知(岡崎伸行),仲本工事(平川),田中美佐子(岡崎栄子).4_20240103180601
21歳の朝子はおとなしめの女の子,鳥居麦と出会い運命的な恋に落ちるが,ある日麦は家を出たまま忽然と姿を消した.2_20240103180601
2年後東京で就職した朝子は,麦とそっくりな顔の真面目な会社員・丸子亮平と出会う.困惑する朝子に対し,亮平は朝子に好意を抱くようになる.やがて朝子も亮平に魅かれるようになり,二人は同棲を始めた.数年後,今は売れっ子のモデルになった麦が,突然彼女の家を訪ねてくる….5_20240103180701
特異な設定のこの映画のハイライトは,麦と亮平が出会った場面での彼女の決然とした行動にある.こんな運命がありうるのだろうか,そしてこんな決断がありうるのだろうか.唐突で不可解なこの場面が魅力的.3_20240103180601
それにしても東出昌大はうまいし魅力的だ.私生活上のスキャンダルにも拘らず,このひとの出演映画が絶えない理由がよく判る.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/12/10

独断的映画感想文:ナックルガール

日記:2023年12月某日
映画「ナックルガール」を見る.1_20240103175801
2023年.監督:チャン.
出演:三吉彩花,前田公輝,細田佳央太,栄信,納谷幸男,松田るか,南琴奈,有森也実,八十田勇一,三浦誠己,近藤芳正,神保悟志,窪塚洋介,伊藤英明.2_20240103175801
高校生の妹が突然火災車両から焼死体で発見される.姉でプロボクサーの橘蘭は,焼死体が妹ではないと直感するが,警察はDNAが一致したと取り合わない.蘭は元恋人の神谷,協力者となったハッカーの成瀬とともに,妹が接触していた倶楽部を探るが,そこは闇の格闘場だった.そこを牛耳る組織の二階堂は,蘭が闇格闘技ショーに出場すれば妹を返すと提案する.蘭は妹救出のため,格闘技ショーに挑むことを選択するが….3_20240103175801
韓国スタッフ+日本人キャスト+AmazonPrimeVideo配信の作品.犯罪組織が人をけっこう簡単に殺す割に,蘭たちの侵入を許したり成瀬にハッキングされたり,脇が甘すぎるのがつまらない.窪塚洋介,伊藤英明の使い方も少しもったいない気がする.三吉彩花のアクションはなかなか見応えあって魅力的だが,彼女がいかにナックルを使ったとはいえ連戦連勝中の格闘技王に勝利すると云うのは,受けいれ難い.4_20240103175901
★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/11/11

独断的映画感想文:仕掛人・藤枝梅安(2023)

日記:2023年11月某日
映画「仕掛人・藤枝梅安」を見る.20231
2023年.監督:河毛俊作.出演:豊川悦司(藤枝梅安),片岡愛之助(彦次郎),菅野美穂(おもん),小野了(与助),高畑淳子(おせき),小林薫(津山悦堂),早乙女太一(石川友五郎),柳葉敏郎(羽沢の嘉兵衛),天海祐希(おみの),中村ゆり(お香),石丸謙二郎(伊藤彦八郎),鷲尾真知子(おだい),でんでん(下駄屋の金蔵),朝倉ふゆな(お美代),板尾創路(嶋田大学),井上小百合(お千枝),若林豪(善達和尚),田山涼成(善四郎),吉田美佳子(お里),大鷹明良(田中屋久兵衛),六角精児(浮羽の為吉).20236
仕掛け人・梅安シリーズを新しいキャストで描く第1作.それぞれの配役が好演して見応えある時代劇となった.20234
梅安が依頼された仕掛けは料理屋・万七の内儀おみの,おみのの前の内儀・おしずを仕掛けたのも実は梅安だった.この二つの依頼はどう関係するのか.その謎を中心に物語は動いていく.20233
おみのを演じる天海祐希の色気と冷徹さが素敵.梅安がついに仕掛けに踏み切る瞬間のおみのと梅安のやり取りが哀切である.豊川悦治の影ある梅安と愛之助の彦次郎のコンビも素晴らしい.池波正太郎原作の作品に相応しい水準の映画,見て損はなし.20235
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/10/28

独断的映画感想文:キャラクター

日記:2023年10月某日
映画「キャラクター」を見る.1_20231029175301
2021年.監督:永井聡.
出演:菅田将暉(山城圭吾),Fukase(SEKAI NO OWARI)(両角),高畑充希(川瀬夏美),中村獅童(真壁孝太),小栗旬(清田俊介).
山城は絵は抜群にうまいがキャラクターを生み出す力に欠け,アシスタント生活から抜け出せない漫画青年.ある晩師匠の頼みで「幸せそうな家」のスケッチに出かけた山城は,偶然一家四人の惨殺現場に遭遇し,立ち去る犯人の顔を見てしまう.2_20231029175301
しかし山城は犯人の顔を見なかったと,取り調べの刑事・清田には言う.一方で山城は犯人の顔をもとに初めて強烈な悪のキャラクターを作り上げ,目撃した事件をモデルに連載漫画を開始する.連載は爆発的な人気を博し,山城は婚約者・夏美と結婚し高級マンションに仕事場を構える.ところが連載第2話の開始後,その内容と全く同一の4人一家惨殺事件が発生する.やがて山城が酒場で会った犯人を名乗る青年は,第2話がその後どう続くのかを教え姿を消した….3_20231029175301
連続殺人をめぐる犯人と山城・警察の闘いを描くサスペンス.配役が適切で役者が皆期待通りの好演,無理なくハラハラドキドキの展開が楽しめる.特にFukaseの不気味な犯人像が素敵.犯人に追い込まれ連載中止をするに至った山城が,ある事件をきっかけに犯人との対決を選択,クライマックスに至るが,その過程の相次ぐどんでん返しが面白い.4_20231029175301
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/10/12

独断的映画感想文:白ゆき姫殺人事件

日記:2023年10月某日
映画「白ゆき姫殺人事件」を見る.1_20231028183801
2014年.監督:中村義洋.
出演:井上真央(城野美姫),綾野剛(赤星雄治),蓮佛美沙子(狩野里沙子),菜々緒(三木典子),金子ノブアキ(篠山聡史),貫地谷しほり(谷村夕子),小野恵令奈(満島栄美),谷村美月(前谷みのり),宮地真緒(間山先輩),ダンカン(城野光三郎),秋野暢子(城野皐月),染谷将太(長谷川),生瀬勝久(水谷).2_20231028183801
化粧品会社の美人社員・三木典子が殺された.死体は山中に遺棄され放火されていた.被害者の後輩・狩野里沙子から,社内では直後に姿を消したままの城野美姫が怪しいとされている話を聞いた恋人の赤星雄治は,テレビ局の駆け出しAD.自分のSNSでその噂を直ちにまき散らす一方,城野美姫犯人説で現地への突撃取材を買って出る.城野美姫犯人説はたちまち世間に知れ渡り,城野美姫は本名も出身校も実家も暴かれさらされるが,本人の行方は判らないままだった….3_20231028183801
SNSの怖さを絡めたドタバタミステリ,インタビューを受ける人々が相手によって微妙に内容を変えていく点や,それぞれの登場人物の行動の意味が見る人によって全く違うこと等,うまく継ぎ合わせて事実の混沌たる状況を生み出しているところが面白い.但し人物像は類型的で,ミステリと云っても謎解き要素はなく真犯人は唐突に判るといった感じ.貫地谷しほりの演じる美姫の幼馴染が存在感あり.
★★★(★5個が満点).4_20231028183801
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/09/22

独断的映画感想文:やがて海へと届く

日記:2023年9月某日
映画「やがて海へと届く」を見る.1_20230925153901
2022年.監督・脚本:中川龍太郎.
出演:岸井ゆきの(湖谷真奈),浜辺美波(卯木すみれ),杉野遥亮(遠野敦),中崎敏(国木田聡一),鶴田真由(卯木志都香),中嶋朋子(伊藤祥栄),新谷ゆづみ(伊藤羽純),光石研(楢原文徳).2_20230925153901
真奈とすみれは大学時代からの親友,すみれが母親と折り合いが悪くなった時期,1年以上真奈の部屋に同居したこともある.すみれが同級生の遠野君と同棲した後も交流は続いていた.
ある日すみれはひとり旅行に出たまま行方不明になってしまう.それから5年,真奈はまだすみれの不在を受けとめられない.遠野君が転居をするのですみれの荷物を処分すると言って来る.遠野君は結婚するらしい.遠野君もすみれの母親も,すみれを亡くなったものとして思い定めようとしていることが,真奈には耐えられない.職場の上司・楢原さんが急死したことをきっかけに,真奈はすみれの辿った後を訪ねてみようと旅に出る….6_20230925153901
彩瀬まるの同名小説を原作とした喪失と再生の物語.当初は真奈の視点から描かれる映画,真奈は人当たりがよく積極的なすみれにあこがれの感情を持つ.4_20230925153901
一方ある時点から映画にはすみれの視線も加わってくる.すみれはすみれで真奈の芯の強さを評価していた.それぞれを演じる岸井ゆきのと浜辺美波の演技が秀逸,終盤の二人が見つめ合う長回しのシーンが印象的だ.エピローグの真奈の独白は,岸井ゆきののアドリブだということも知り,岸井ゆきのの力量には改めて感心.3_20230925153901
映画の冒頭と終盤に挿入されるアニメーションも題名に相応しく暗示的だ.パステル調の色彩に溢れたカメラが美しく,音楽も素晴らしい.見て損はなし.★★★★☆(★5個が満点).5_20230925153901
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/09/14

独断的映画感想文:クラウディ・マウンテン

日記:2023年9月某日
映画「クラウディ・マウンテン」を見る.1_20240103161401
2021年.監督:リー・ジュン.出演:チュー・イーロン(イージョウ),ホァン・チーチョン,チェン・シュー,ジャオ・ジュンイェン.
中国雲南省のカルスト台地の街,付近の山では10年がかりの鉄道トンネルが完成間近.ところが大規模な地盤崩壊が迫り,街に住む16万人が壊滅する危険が迫った.トンネル開削を担当する会社,地質学者の主人公,その恋人,その父らが活躍する災害アクション映画.2_20240103161401
地質学者は洞窟探検のプロであり,かつロッククライミングの名手でもあるというスーパーヒーロー,このひとの八面六臂の活躍とその父の犠牲的精神でハッピーエンドがもたらされる.3_20240103161401
トンネル開削会社は,人民解放軍の鉄道大隊を前身とするらしい.最後は人民解放軍の英雄兵士の物語となってめでたしとなる.ご都合主義の国威発揚・人民宣撫映画の匂いはするが,手に汗握るアクション映画としてまずまずの出来.
★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/09/07

独断的映画感想文:福田村事件

日記:2023年9月某日
アップリンク吉祥寺で映画「福田村事件」を見る.0_20230911172901
2023年.監督:森達也.
出演:井浦新(澤田智一),田中麗奈(澤田静子),永山瑛太(沼部新助),東出昌大(田中倉蔵),コムアイ(島村咲江),木竜麻生(恩田楓),松浦祐也(井草茂次),向里祐香(井草マス),杉田雷麟(藤岡敬一),カトウシンスケ(平澤計七),ピエール瀧(砂田伸次朗),水道橋博士(長谷川秀吉),豊原功補(田向龍一),柄本明(井草貞次).5_20230911172901
1923年,朝鮮での教職勤務に挫折した澤田智一は妻静子とともに故郷福田村に帰ってくる.同級生だった田向は開明派の村長に,一方長谷川は彼と真っ向から対立する在郷軍人会会長になっていた.親方・沼部に率いられた讃岐の薬売りの行商団15人は,関東地方を巡回していた.
9月1日関東大震災が起こると,「朝鮮人が集団で襲ってくる」「朝鮮人が略奪や放火をした」との流言飛語が飛び交い,福田村でも在郷軍人会を中心に自警団が組織される.折しも震災のため足止めを食っていた沼部たちは,利根川を渡ろうと福田村の渡しにやってくるが,そこで大事件が発生する….3_20230911172901
9月6日に起こった福田村事件の全貌を描く映画.この事件で行商団のうち幼児や妊婦を含む9人が,100人以上の村人により殺された.映画の冒頭は,シベリア出兵で戦死した夫の遺骨を持ち帰る島村咲江のシーン.駅頭に村長,在郷軍人会長らが迎える.この後,映画は福田村の人々の生活,人間関係,讃岐の行商団の薬売りのあり様を丁寧に描いていく.4_20230911172901
行商団は被差別部落の人々だ.薬を売る相手も貧しい人々,効く訳はないと自嘲しながら癩病に病んだ人々の集落も訪れ薬を売る.また事件の起こる度に,内務省の指示で「いずれは社会主義者か鮮人か、はたまた不逞の輩の仕業か」と書き添え世論を煽り続ける新聞社で,真の情報を書こうと奮闘する記者の活動も描かれる.事件の背景の日本社会の状況が浮かび上がってくる構成だ.1_20230911172901
それにしても事件直前まで,そんな愚かなことが起こりうるのだろうかとしか思えなかった惨事が,思いがけないきっかけから暴走した人々によって引き起こされる.それは現在の日本でSNS上で連日繰り広げられている攻撃と何ら変わることはない.映画は映像・音楽も素晴らしく,俳優陣も好演.特に在郷軍人会長を演じた水道橋博士が熱演.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/08/19

独断的映画感想文:FLEE フリー

日記:2023年8月某日
映画「FLEE フリー」を見る.Flee1
2021年.監督:ヨナス・ポヘール・ラスムセン,アニメーション監督:ケネス・ラデケア,脚本:ヨナス・ポヘール・ラスムセン,アミン・ナワビ.
コペンハーゲンに住むアミンは、友人である映画監督ヨナスに自分の過去を語り始める.1984年,社会主義政権下のアフガニスタン・カブール.両親と二人の姉,兄と暮らしていたアミンだが,幼い頃からゲイであることは自覚していた.
1989年のソ連軍撤退後ムジャヒディーンが主導権を握ると,国内は内乱状態になる.父親は逮捕され行方不明に,一家は身の危険を感じ唯一旅券を発行していたソ連に逃亡する.スウェーデンで働いていた長兄がモスクワでの生活を手配してくれたが,身分証なしでモスクワには長くいられない.長兄の工面した金でまず姉2人がスウェーデンへの密航をしたが,同行の三分の一が死亡するという惨事に巻き込まれる.Flee5
その後残った家族も脱出するが,バルト海をボートで漂流した挙句大型客船に通報され,エストニアに連行され半年間収容所暮らしをしたのち,モスクワに送還される.その後アミンは長兄の配慮でより安全な密輸業者に託され,デンマークへ脱出したが….Flee3
数奇な運命をたどった青年アミンの物語をアニメで描いたドキュメント.アミンは現在はアメリカにいてプリンストン大学の研究生となり,恋人のキャスパーと同居しようかという状況だが,家族を含めた自身の経歴をひた隠しにしていたので,それを親友ヨナスに打ち明けたインタビューというのが,この映画である.Flee2
アミンがモスクワでどう暮らしていたのかや,どうやってアメリカにわたって学問を身につけたのかは,映画では触れられていないので不明.しかし映画の描くアフガニスタンからの逃避行の凄惨さに,とにかく圧倒される.アミンの長兄は,家長としての責任感から家族の脱出費用を工面し続けるが,その負担は如何ばかりだったろう.その長兄が,アミンがゲイであることを了解してくれたシーンは,まことに印象的.Flee4
アミンもそれに応え,何とか学問で身を立てたいと願い,それが恋人との軋轢になるのも深く考えさせられる.存命の関係者が多数いることもあってドキュメントアニメという形式をとった本作だが,考えさせられることの多い内容だった.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/08/12

独断的映画感想文:ゴヤの名画と優しい泥棒

日記:2023年8月某日
映画「ゴヤの名画と優しい泥棒」を見る.1_20230813163001
2020年.監督:ロジャー・ミッシェル.
出演:ジム・ブロードベント(ケンプトン・バントン),ヘレン・ミレン(ドロシー・バントン),フィオン・ホワイトヘッド(ジャッキー・バントン),アンナ・マックスウェル・マーティン(ミセス・ゴウリング),マシュー・グード(ジェレミー・ハチンソン)),ジャック・バンデイラ(ケニー・バントン),シャーロット・スペンサー(パメラ).2_20230813163001
1961年,ニューカッスル.ケンプトンは正義感の強い皮肉屋の老人.BBCの視聴に有料の許可証が必要な事態に怒り,BBCのみが見えないよう改造したテレビを盾に支払いを拒否するが,13日間の収監という憂き目にあう.
ケンプトンはかって娘マリアンヌを交通事故で亡くし,その悲しみを題材に幾つも戯曲を書き,あちこちに売り込んでいる.タクシーの運転手をしていたが,困窮者のタクシー料金を勝手に免除したことがばれ,クビになる.家計は妻ドロシーが家政婦をして支えている.ドロシーは常識人,ケンプトンの行動にはついて行けず,長男のケニーが人妻のパメラと同棲しているのも気に入らない.3_20230813163001
おりしもイギリス政府はゴヤの肖像画「ウェリントン公爵」を落札し,ナショナル・ギャラリーで公開した.14万ポンドという落札額に,その金があれば多くの人がBBCを無料で見れる,と憤慨するケンプトン.ある晩,「ウェリントン公爵」は盗まれた.警察は専門集団の犯行と色めき立つ.ケンプトンはその絵を次男ジャッキーの手を借りて,自室の洋箪笥の裏に隠す.
ケンプトンはこの絵を返す代わりにBBCの料金を無料にせよと当局に手紙を出すが,なかなか信用されない.一方,ケンプトンの部屋でケニーとセックス中のパメラが「ウェリントン公爵」を発見,ケンプトンを脅してくる.進退窮まったケンプトンはナショナルギャラリーに絵を返しに行き,その場で逮捕された….5_20230813163001
事実に基づく物語.前半のケンプトンの悪戦苦闘も興味深いが,後半の裁判劇(弁護士役のマシュー・グードが素敵!)のイギリスらしいユーモアも面白い.何よりドロシーとケンプトンの夫婦愛が(あいだに大げんかは数知れないが)感銘的.ジム・ブロードベントとヘレン・ミレンがさすがに見ごたえあり.4_20230813163001
裁判の結果は思いもよらないもので,これが事実に基づく物語なのだから,イギリスは日本とだいぶ違ったお国柄だ.更に最後の最後で明かされるどんでん返しにもびっくり.見て損はなし.邦題は丁寧な題名だが,原題は“The Duke”.「ウェリントン公爵」のことだろう.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/08/02

独断的映画感想文:アデル、ブルーは熱い色

日記:2023年8月某日
映画「アデル、ブルーは熱い色」を見る.1_20230805173801
2013年.監督:アブデラティフ・ケシシュ.
出演:アデル・エグザルコプロス(アデル),レア・セドゥ(エマ),サリム・ケシュシュ(サミール),モナ・ヴァルラヴェン(リーズ),ジェレミー・ラウールト(トマ),アルマ・ホドロフスキー(ベアトリス),バンジャマン・シクスー(アントワーヌ).3_20230805173801
アデルは文学を学ぶ教員志望の高校2年生.仲間に乗せられるまま上級生のトマと付き合うが,なんとなく違和感があって別れることにする.街で見かけた青く髪を染めた女性と,級友ヴァレンティンに連れていかれたゲイバーで会ったアデル.その女性エマは美術学校の4年生,アデルはエマと付き合い始め彼女に夢中になった….5_20230805173901
アデルとエマの恋愛物語.二人がレズビアンということ以外は,きわめてオーソドックスな恋愛ドラマで,主演2人の好演もあって誠に見応えあり.2_20230805173801
アデルは男の子ともエマとも寝るし,ゲイバーに行き酒を飲み,街頭デモにも参加するが,フランスの女の子としてはごく普通の子らしい.子どもが好きで教員を目指し実習にも励むごく堅実な女性だ.一方エマは画家として一本立ちを目指し,周囲は芸術家が取り巻く.エマと同棲したアデルがホームパーティーのため献身的に働くシーンは,エマとアデルの立場の違いを示唆しているようだ.4_20230805173801
食欲も性欲も旺盛な健康的なアデルだが,エマの反応にすぐ涙ぐんでしまう一面もある.それを演じるアデル・エグザルコプロスが愛らしい.一方,抜けるような笑顔と沈鬱な虚無感を併せ持ち,透明な美貌が印象的なエマ,演じるレア・セドゥが何とも魅力的だ.二人の魅力を丁寧に拾っていくカメラも素敵.
3時間の長編だが,最後まで間断することろなく楽しめた.邦題には若干違和感あり.原題は「アデルの人生」.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/07/17

独断的映画感想文:峠 最後のサムライ

日記:2023年7月某日
映画「峠 最後のサムライ」を見る.1_20230722221501
2020年.監督・脚本:小泉堯史.
出演:役所広司(河井継之助),松たか子(おすが),田中泯(河井代右衛門),香川京子(お貞),佐々木蔵之介(小山良運),坂東龍汰(小山正太郎),永山絢斗(松蔵),芳根京子(むつ),榎木孝明(川島億次郎),渡辺大(花輪求馬),矢島健一(松平定敬),山本學(老人),井川比佐志(月泉和尚),東出昌大(徳川慶喜),吉岡秀隆(岩村精一郎),仲代達矢(牧野忠恭(雪堂)).3_20230722221401
司馬遼太郎の原作から,河合継之助の戊辰戦争直前から亡くなるまでの激動を脚本化した.河合は薩長の倒幕方針を暴挙と批判,長岡藩の武装中立と東西両軍の調停という立場を掲げることで戦争を防ぐと主張する.藩境に迫った官軍に対し河合はこの趣旨の嘆願書を提出して交渉を試みるが,官軍は単なる時間稼ぎとみなし,嘆願書の受け取りを拒否,戦端は開かれた.2_20230722221401
官軍の大軍に対し長岡藩兵は千人に満たず,数日を待たず官軍の信濃川渡河作戦により長岡城は落城する….
原作を読んだ時から河合のこの方策には強い違和感があった.英邁な家老である河合が,一方で領民を深く思いやりつつ武士の一分を重視して,結果的には長岡城下を焦土とする戦乱を巻き起こし長岡藩も領民の暮らしも壊滅させる.この厳然たる事実を見て,河合を「最後のサムライ」などと持ち上げる考えには,全く共感できない.映画では,この疑問を河合に幼少時から親しんだ料理屋の娘・むつに発言させている.4_20230722221401
それにもかかわらず,映画としては本作品はしっかりとした時代劇として見ごたえ充分,特に役所広司の圧倒的な存在感と,充実した共演陣の好演が素晴らしい.映画の主旨には違和感ありながら,映画の出来には満足という複雑な感想となりました.
★★★☆(★5個が満点).5_20230722221401
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/07/13

独断的映画感想文:土を喰らう十二ヵ月

日記:2023年7月某日
映画「土を喰らう十二ヵ月」を見る.1_20230713114501
2022年.監督:中江裕司.
出演:沢田研二(ツトム),松たか子(真知子),西田尚美(美香),尾美としのり(隆),瀧川鯉八(写真屋),檀ふみ(文子),火野正平(大工),奈良岡朋子(チエ).2_20230713114501
映画の冒頭,軽快なジャズとともに飛ばしてゆく車,車は雪国に入りとある民家に到着,下りた真知子は民家に上がってツトムのもてなしを受ける.小説家のツトムは信州の山あいの村に住み暮らす.13年前に妻を亡くしたが,まだそのお骨は墓に収めていない.少年時代に寺の小僧だった時習い覚えた精進料理を,地元の食材で作って食べるのが楽しみ.編集者の真知子は年の離れた恋人で食いしん坊,ツトムの作った料理を食べるのが大好きだ.5_20230713114501
近くに住む亡妻の母チエさんとの交流,チエさんは味噌づくりの名手で,ツトムはもっぱらチエさんにもらう味噌を常食としている.近所の大工とも食のつながりで懇意である.チエが亡くなって,息子・隆の連れ合い・美香は葬儀をツトムに丸投げしてくる.筋違いとは思いながら,ツトムはチエの葬儀を自宅で行い,通夜の振舞を真知子の助けを借りてすべて準備することになった….4_20230713114501
ツトムの暮らしを,二十四節気に従い描いていく映画.ゆっくりしたテンポでツトムや周辺のひとたちの暮らしを描く.その映像や周囲の自然が美しく心がのどかになる.ツトムを演じる沢田研二のおだやかな演技もナレーションの声も,映画によく合って魅力的だ.これが遺作となった奈良岡朋子が美しい.俳優たちには生活感があまりないから,映画としては寓話的な感じはあるが,土井善晴先生監修のお料理はすべてリアルに美味しそう.楽しい映画だった.3_20230713114501
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/07/04

独断的映画感想文:ミナリ

日記:2023年7月某日
映画「ミナリ」を見る.
2020年.監督:リー・アイザック・チョン.1_20230705184401
出演:スティーヴン・ユァン(ジェイコブ),ハン・イェリ(モニカ),ユン・ヨジョン(スンジャ),ウィル・パットン(ポール),スコット・ヘイズ(ビリー),アラン・キム(デビッド),ノエル・ケイト・チョー(アン).7_20230705184401
1980年代,韓国系移民のジェイコブは妻モニカ,娘のアン,心臓に病気のある息子デビッドとともに,アーカンソーの農園に引っ越してくる.ジェイコブは妻とともにヒヨコの雌雄鑑別師として働きながら,農場主を夢見て農園の開墾にいそしむ.ジェイコブの夢は韓国野菜を栽培し,韓国人ネットワークに安定的に販売することだった.井戸を自力で掘り,地元民ポールを雇って野菜成育に心血を注ぐ.4_20230705184401
子どもたちの世話のために韓国からモニカの母・スンジャもやってくる.彼女は料理も作れずクッキーも焼かないうえ,悪態をつきながら花札をするのが大好きだが,子どもたちとは奇妙な友情を育んでいく.しかしやがて井戸が枯れ,水道の水を使うため経費がかさみ,販売を引き受けた韓国人業者に裏切られるなど災厄が重なり,ジェイコブとモニカは疲弊し関係も険悪になってゆく.更にスンジャが脳溢血の発作を起こし….3_20230705184401
現代の移民の悪戦苦闘を描く,アメリカ映画.ブラッド・ピットが製作総指揮を執るが,スタッフ・俳優の多くは韓国系のひとたち.
移民がゼロから暮らしを作っていく苦労は,アメリカ人なら共感できるだろう.映画は家族の中での不和や葛藤,次々に降りかかる災難を描く一方,それを乗り越え或いは災難にかえって助けられて進んでゆく家族の結びつきを示してゆく.まことに禍福は糾える縄の如し,思いがけないデビッドの病気の改善の一方破綻する夫婦の関係,壊滅的な災厄の後結びつきを取り戻し再出発していく家族の姿が,深い感動を呼ぶ.5_20230705184401
俳優は何と言ってもユン・ヨジョンが素晴らしい.この難しい役をスンジャその人として演じた力に拍手を送りたい.デビッド役のアラン・キムも素敵.見応え十分な映画らしい映画.なお,「ミナリ」とは韓国料理によく使われるセリの一種.1シーズン目は枯れるが2シーズン目に再生したものが美味しいと云う.

6_20230705184401

★★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/07/03

独断的映画感想文:ドリームプラン

日記:2023年7月某日
映画「ドリームプラン」を見る.
2022年.監督:レイナルド・マーカス・グリーン.1_20230704144301
出演:ウィル・スミス(リチャード・ウィリアムズ),アーンジャニュー・エリス(オラシーン・ウィリアムズ),サナイヤ・シドニー(ビーナス・ウィリアムズ),デミ・シングルトン(セリーナ・ウィリアムズ),トニー・ゴールドウィン(ポール・コーエン),ジョン・バーンサル(リック・メイシー).
テニス界を席巻したビーナス,セリーヌのウィリアムズ姉妹を育てた父:リチャードを描く映画.リチャードは2度目の妻オラシーンとの間の子をプロテニスプレイヤーに育てようと,プランを練り独学でテニスを学ぶ.リチャードのコーチのもと公共施設で練習する日々,しかしその指導も限界に来る.2_20230704144301
様々なコーチのもとに売り込みを図るリチャード,あるチャンスに直接見て貰えた有名コーチ:ポール・コーエンは,姉妹の実力を認め無料での指導を了承,しかし指導は一人だけということになる.リチャードはビーナスの受ける指導をビデオ撮りし,セリーヌもそれを見て猛練習,二人はジュニア大会に出場して驚異的な成績を収める.これを見て彼女たちを丸抱えで面倒見ようというエージェントが訪問してくるが,リチャードは断り,彼らを紹介したポール・コーエンとも縁を切る….3_20230704144301
リチャードは新たにリック・メイシーと契約を交わし,無料でコーチする代わりに将来の稼ぎの15%を提供するという条件で,家族全体をフロリダのメイシーのアカデミーで面倒を見ることとした.姉妹は指導を受け力をつける.リックはジュニア大会への出場を勧めるが,リチャードは教育を優先しそれに応じない.4_20230704144301
3年間待ってビーナス自身が試合を渇望するようになり,ついにビーナスは14歳でプロデビューを果たす.ビーナスは2戦目で世界王者アランチャ・サンチェス・ビカリオに敗れ失意に沈むが,コートの外には彼女を支持する多くの若者が待っていた….5_20230704144301
リチャードの強烈な個性は圧倒的だが,同時に姉妹をはじめ家族への愛情あふれる心情が描かれ感銘的である.特にウィル・スミス,サナイヤ・シドニーの演技を始めリチャード一家を演じる俳優たちが素晴らしい.リチャードとビーナス,リチャードとセリーナがそれぞれ心を通わす会話シーンには涙を禁じ得なかった.見て損はなし.なお,原題は「King Richard」,洒落が効いている.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/05/20

独断的映画感想文:それでも私は生きていく

日記:2023年5月某日
新宿武蔵野館で映画「それでも私は生きていく」を見る.1_20230521094301
2022年.監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ.
出演:レア・セドゥ(Sandra Kienzler),パスカル・グレゴリー(Georg Kienzler),メルヴィル・プポー(Clement),ニコール・ガルシア(Francoise),カミーユ・ルバン・マルタン(Linn).3_20230521094301
サンドラは夫を亡くし通訳と翻訳を職業とするシングルマザー.8歳のリンを学校に送り,父ゲオルグの介護に通う.父は哲学の教師だったが,数年前から神経系の難病のため視力を失い,知力も記憶も失われつつある.すでに一人住まいは無理となった父を,元妻,現パートナー,娘たちが療養施設に入れようと奮闘するが,受け入れ先がなかなか見つからない.5_20230521094301
そんな日々,かっての友人だったクレマンと出会い,二人の間に恋が芽生える.リンはクレマンを母の恋人として素直に受け入れるが,クレマンは妻と息子との家庭を捨てることに大きな葛藤があった.父は仮の受け入れ先の病院,民間療養施設をたらいまわしになるうちに目に見えて衰えていく….4_20230521094301
ぎりぎりの生活を送っているサンドラの恋は,身も心もぶつける激しいものとならざるを得ない.クレマンは妻との板挟みになっていったんサンドラのもとを離れていく.何故クレマンは来ないのかと問うリン,その間にも父の認知は衰え娘のサンドラさえも認識できなくなる.その間の事情を映画は丁寧に淡々と描いていく.
家じゅうを埋め尽くした書籍を読めなくなった父,あれほど好きだったシューベルトのピアノ曲さえ重すぎると言って聞こうとしない父.その父と向き合う悲哀の一方,愛人としての恋に没入せざるを得ないサンドラ.ダニエル・クレイグの007シリーズ最後の2作品でボンドの恋人を演じた,レア・セドゥの演技力に感服する.2_20230521094301
映画の終盤,母とその現パートナー,妹夫妻とリンの従兄妹たちとのクリスマスの夜のハッピーなシーンが印象的.映画は明瞭なハッピーエンドにはならない.しかし人生は捨てたもんではないというエンドにはなっている.そこに至るまで幾度も泣かされた.映像も素晴らしい.ピアノを中心とした音楽も素敵.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/05/05

独断的映画感想文:せかいのおきく

日記:2023年5月某日
テアトル新宿で映画「せかいのおきく」を見る.7_20230508222701 2023年.監督・脚本:阪本順治.
出演:黒木華(松村きく),寛一郎(中次),池松壮亮(矢亮),眞木蔵人(孝順),佐藤浩市(松村源兵衛),石橋蓮司(孫七).1_20230508222701 安政から万延へと動く江戸の裏長屋.主家の財政の不正を糺し浪々の身となった松村源兵衛が娘おきくと共に住む.おきくは寺で子どもたちに読み書きを教え生計を立てている.
おきくは長屋に汲み取りに来る汚わい屋矢亮の相棒,中次を憎からず思っているが,武家の娘としてそれを伝えることはできない.源兵衛のもとに主家からの呼び出しがあり,源兵衛は3人の刺客と立ち会って斬殺された.気付いて駆けつけたおきくは喉を斬られ,命はとりとめるが声を失う.
長屋の人々の助けで元気になったおきくは,寺の和尚・小僧の助けを得て寺子屋に復帰する.中次への思いは募るが,読み書きのできない中次に思いは伝えられない….
2_20230508222701 裏長屋や汚わい屋という最下層の暮らしの詳細な描写が興味深い.俳優陣は充実,特に黒木華,寛一郎,池松壮亮が魅力的.中次の長屋を訪ねていったおきくが,身振りで事情を伝えるが中次には理解できず,それでも手を取り合う二人のシーンが胸を打つ.
5_20230508222701 日本人がせかいという概念を共有するに至った安政年間,声を失ったことで自分のせかいを切り開いたおきく,おきくを知ったことで読み書きに取り組みせかいに飛び出そうとする中次・矢亮たちの,革命的青春物語.6_20230508222701 硬直した武家の世界と助け合う庶民の暮らしを対照的に描く視線,低い身分をさげすまされながらも元気一杯の矢亮・中次への視線,お菊へのあたたかい視線等,監督の人間味が感じられる映画.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/04/10

独断的映画感想文:ベルファスト

日記:2023年4月某日
映画「ベルファスト」を見る.1_20230511160301
2021年.監督・脚本:ケネス・ブラナー.
出演:カトリーナ・バルフ(母さん),ジュディ・デンチ(ばあちゃん),ジェイミー・ドーナン(父さん),キアラン・ハインズ(じいちゃん),コリン・モーガン(ビリー),ジュード・ヒル(バディ).3_20230511160301
1969年,ベルファストに住むバディはまだ小学生.父さんはロンドンに出稼ぎに行っているが,貧しい中でも母さん,じいちゃん,ばあちゃんや近所の人たちと楽しく暮らしている.同級生には大好きなキャサリンもいる.2_20230511160301
ところがある日,街のカトリック系の住民の店が,プロテスタント過激派に襲撃された.カトリックもプロテスタントも仲良く交流していた街の皆には青天の霹靂,以来街にはバリケードが築かれ英国軍が常駐する.しかし過激派は秘かに街に出入りしプロテスタント系住民に接触,敵対すると只ではすまぬと脅す.街は分断され住民たちが疲弊する中,父さんと母さんはロンドンへの移住を考えていた….4_20230511160301
英国の名優・ケネス・ブラナーが監督した,自伝的映画.ベルファストの住民の生活をユーモアとペーソスに満ちた視線で描く.父さんは,結局はロンドンの勤め先が正規雇用してくれたのでロンドンに移住したが,一時はシドニー等の英連邦の国ならどこでもという切羽詰まった状況だった.5_20230511160301
いつの世でも過激派の先鋒は訳の判らぬ若者たちだ.理不尽な戦闘と牧歌的な子どもたち,パブでの大人たちの交流が交錯する,臨戦状態のベルファストが印象的.6_20230511160301
DVDにはサービストラックが幾つかあるが,「もう一つのエンディング」というトラックは必見.50年後にベルファストを訪れたバディ(演じるのはケネス・ブラナー自身)が,かっての街を訪れキャサリンと再会するというシーンだ.涙が出た.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/03/29

独断的映画感想文:あの日の指輪を待つきみへ

日記:2023年3月某日
映画「あの日の指輪を待つきみへ」を見る.Closing-the-ring1
2007年.監督:リチャード・アッテンボロー.
出演:シャーリー・マクレーン(エセル・アン),クリストファー・プラマー(ジャック),ミーシャ・バートン(若き日のエセル・アン),スティーヴン・アメル(テディ),ネーヴ・キャンベル(マリー),ピート・ポスルスウェイト(クィンラン),ブレンダ・フリッカー(エレノア),グレゴリー・スミス(若き日のジャック),デヴィッド・アルペイ(若き日のチャック),マーティン・マッキャン(ジミー).Closing-the-ring3
1991年,長年連れ添った夫・チャックを亡くしたエセル・アン,その葬儀の日空軍で同僚だったジャックが参列するが,エセル・アンは教会の外でタバコをふかす.一方ベルファストの丘を掘り返す老人クィンラン,興味を持って近づいた少年ジミーに,ここに墜落した爆撃機の機体を掘っていると打ち明ける.Closing-the-ring4
1941年のミシガン州ブラナガンの空軍基地,若き空軍兵士テディ,チャック,ジャックの3人はエセル・アンという娘に恋をする.彼女が選んだのは貧しくも誠実な爆撃手・テディだった.テディは彼女の両親に認めてもらうために自力で家を建て,その家を3人と彼女の友愛会館と位置付ける.やがて出征が近づき,エセル・アンはテディに自分と彼の名を彫った金の指輪を送り,テディとエセル・アンはジャック,チャックの立ち合いのもと結婚式を挙げる.そしてテディは自分に何かあった時の後事を,チャックとジャックに託したのだった….Closing-the-ring5
若き日の恋愛を50年にわたって持ち続けたエセル・アンの物語.映画の冒頭,1991年のブラナガン,1941年のベルファストの防空壕(クィンラン少年のエピソード),1941年のブラナガン,1991年のベルファストが次々と描かれ,話は判り難い展開.また,ベルファストもIRA(アイルランド共和国軍)のテロ活動華やかなりし頃で,状況が今一つよく判らない.Closing-the-ring6
後半,エセル・アンがベルファストを訪れるところから物語が展開し面白くなる.特に1941年のベルファストで3人と交流のあったイケイケ姐ちゃんのエレノアが,ジミーのお祖母ちゃんだというネタが傑作だ.シャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマーの両優を見るだけで楽しい.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/03/03

独断的映画感想文:大人の事情

日記:2023年3月某日
映画「大人の事情」を見る.1_20230511153701
2016年.監督:パオロ・ジェノベーゼ.
出演:ジュゼッペ・バッティストン(Peppe),アルバ・ロルヴァケル(Bianca),ヴァレリオ・マスタンドレア(Lele),アンナ・フォッリエッタ(Carlotta),マルコ・ジャリーニ(Rocco),エドアルド・レオ(Cosimo),カシア・スムトゥアニク(Eva).3_20230511153701
皆既月食があるという晩,ロッコのマンションに5人の友人が集まる.コジモとビアンカは新婚,レレとカルロッタはまだ幼い子供とレレの母親と暮らしているが,夫婦は倦怠期.ペペは恋人に振られたと言って一人で来た.ロッコは外科医で妻エヴァはカウンセラーだが16歳の娘は反抗期だ.4_20230511153701
夕食の四方山話の中で,エヴァの提案で,食事中にかかってきたメールや電話を,オープンにすることになる.メールは読み上げられ,電話はスピーカーに切り替えるというルール.和やかに始まったゲームは,しかし月食の進行とともに笑えない事実が次々に明るみに出てくることになった….2_20230511153701
舞台は最後までロッコのマンションの中,7人の登場人物がバレかけたマズい事実を隠すために四苦八苦・悪戦苦闘する.状況は次第に洒落では済まない深刻なものになっていき,彼らの人間関係は破綻の崖っぷちに.コメディとして笑って見ていた観客も,固唾をのむ展開となる.この状況はどう着地可能なのか?5_20230511153701
イタリア人らしい直截で辛辣な言葉が機関銃のように飛び交い,隠されていた事実が思わぬことから露わになる過程が見応えたっぷり.本作は国内外の映画祭で多数の映画賞を取った他,欧米・アジア・ロシア・中国・イスラム系の18か国でリメイクされており,この手の設定の面白さを浮き彫りにしている.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/02/24

独断的映画感想文:ローズメイカー 奇跡のバラ

日記:2023年2月某日
映画「ローズメイカー 奇跡のバラ」を見る.1_20230225222201
2020年.監督:ピエール・ピノー.
出演:カトリーヌ・フロ(エヴ),メラン・オメルタ(フレッド),マリー・プチョー(ナデージュ),オリヴィア・コート(ヴェラ),ファッシャ・ブヤメッド(サミール),ヴァンサン・ドゥディエンヌ(ラマルゼル).2_20230225222201
エヴは個人薔薇園を経営している.育種家としての実力・名声は揺るぎないが,バラ園としての経営は大手に押されピンチを迎えている.今年もコンクールでは賞を取れず破産は目前.大手のラマルゼルの社長は彼女を育種家としてスカウトしようと声をかけてきているが,ラマルゼルの経営方針を商業主義と見る彼女は,頑として首肯せず破産したら薔薇園は閉めると宣言している.3_20230225222201
父の代からエヴと共に働いているヴェラは,見かねて職業訓練所から3人を雇い入れる.いずれも給料は安いが園芸は全くの素人,フレッドは更生中の犯罪者,ナデーシュは極端に内気,サミールはずっと定職に着けていない50歳.彼らとともにエヴは起死回生の賭けに打って出るが….
こういう設定で始まり最後にはハッピーエンドに終わる,物語としてはべたな映画.更にエヴは新種の交配のためフレッドを使って非合法的手段に訴えるという一幕もある.エヴは人間的には傲岸不遜で共感できず,エヴが商業主義と批判するラマルゼルの社長は,当たり前の商業主義をしているだけで非の打ちどころのない人物だ.
こういう状況で当初は主人公には全く共感できない映画の展開なのだが,追い詰められたエヴが同じく人生で追い詰められている3人とヴェラと力を合わせ,苦境を切り開いていく過程でエヴも他の人たちもどんどん変わっていく.特にフレッドの変遷が印象的だ.フランス映画ってこういう展開のドラマがうまいような気がする.4_20230225222201
最後のどんでん返しは全くの偶然からエヴがコンクールに優勝するという展開なのだが,まあ何となく納得させられるのも監督の力のうちか.美しいバラの花を楽しめる映画.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/02/12

独断的映画感想文:コンパートメントNo.6

日記:2023年2月某日
映画「コンパートメントNo.6」を見る.No61
2021年.フィンランド/ロシア/エストニア/ドイツ合作.監督:ユホ・クオスマネン.
出演:セイディ・ハーラ(ラウラ),ユーリー・ボリソフ(リョーハ),ディナーラ・ドルカーロワ(イリーナ).No62
ラウラはフィンランド人の留学生,モスクワで教授イリーナの下宿に住み彼女とは恋仲.イリーナは自宅で学者仲間を集めたパーティーをたびたび開き,考古学を専攻するラウラはムルマンスクにある1万年前の岩窟壁画ペトログリフの話を聞き興味を持つ.
ムルマンスクに行くことになったラウラだが,同行するはずのイリーナはドタキャン,独りで2等寝台に乗り込んだラウラの同室はロシア人男性のリョーハだった.粗野なリョーハは列車が出るなり飲み始め泥酔,フィンランド人を馬鹿にしてラウラを娼婦扱いし,体に触りに来る.激怒したラウラは別の寝台車を探すが,車掌は対応せず列車内は満席.仕方なく元の部屋コンパートメントNo.6に戻る.No64
翌朝食堂車で言葉を交わした二人,ラウラが考古学専攻の大学生と知ったリョーハの態度は少し変わったようだ.列車が一晩停車する途中駅で,リョーハはラウラを知人の家で過ごそうと誘う.イリーナにうまく電話の通じないラウラは,リョーハに連れられその家に行くが,主人は年配の夫人で,ラウラとは話が弾んだ.翌日列車に戻った二人,ぎごちない中で徐々に打ち解け合うが….No65
カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品.1990年代の混乱したロシアでの,ラウラの史上最悪と思える旅路のロードムービー.インテリ留学生ラウラと一本気な労働者リョーハのおずおずとした接触が面白い.出だしの無茶苦茶な態度とは裏腹に,リョーハはやんちゃではあるが一本気でまっすぐな青年.ラウラだってイリーナを恋い慕ってはいるが,イリーナのいい加減さには内心気付いている,まっとうな女性だ.
この映画はそういうラウラとリョーハのロマンスを描く一方で,北極圏に暮らす人々のたくましさも描く.ペトログリフの帰途,猛吹雪の中ふざけ合って雪玉を投げ合い,打ち上げられた難船の残骸で遊ぶ彼ら二人のシーンには圧倒される.No63
とはいえ,通常のハッピーエンド,大団円では終わらないこの映画.ロシア的な憂鬱な冬景色のなか去っていくリョーハ,見送るラウラが印象的だ.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/02/06

独断的映画感想文:コーダ あいのうた

日記:2023年2月某日
映画「コーダ あいのうた」を見る.1_20230209214901
2021年.監督・脚本:シアン・ヘダー.
出演:エミリア・ジョーンズ(ルビー・ロッシ),エウヘニオ・デルベス(ベルナド),トロイ・コッツァー(フランク・ロッシ),フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(マイルズ),ダニエル・デュラント(レオ・ロッシ),マーリー・マトリン(ジャッキー・ロッシ).2_20230209214901
ルビーはマサチューセッツ州グロスターで漁業を営むロッシ家の娘.両親と兄は聾者で,ルビーは家族でただ一人の健聴者だ.毎朝3時に起きて父・兄とともに漁船に乗り込み,高校では爆睡の日々.放課後も何かと家族の通訳を勤め多忙なうえ,家では遠慮なく生活騒音を立てる(本人たちには聞こえない)家族のため勉強に集中できない.5_20230209214901
そんなある日,気になる同級生マイルズが入った合唱サークルへ自分も参加したルビー,指導者のベルナドはルビーの才能を見抜き,バークリー進学を勧めてマイルズとルビーに個人レッスンを申し出る.新しい世界に胸躍らせるルビー,しかし両親には歌というものの価値は全く分からない.おりしも家族は搾取する仲買から離れて直接消費者に売るプロジェクトに乗り出し,ルビーの「通訳」としての役割はますます欠かせないものになって行く.ついにルビーは進学をあきらめるにいたる….3_20230209214901
CODAは音楽記号で「最後部」,曲の最後を飾る部分の意味.一方で” Children of Deaf Adults” 耳が聞こえない、または聞こえにくい親のもとで育つ子どものことでもある.ルビーの,家族と愛し合いながらも苦労の絶えない日々.4_20230209214901
学校に初めていく様になった時,言葉がおかしいといじめられたことがある.美しい声でベルナドのレッスンを受けても,自分の声に自信が持てない.それに気づいたベルナドから指導され,初めて腹の底から自分の気持ちを込めた声を出し歌ったシーンは,感銘的だ.主演のエミリア・ジョーンズの魅力には抗し難い.また,がさつながら直情径行な両親と兄,演じた役者はいずれも聾者だ.聾者としての苦労,差別に直面しながら,陽気に人生を楽しむ彼らの在り方も印象的.素敵な映画,見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/01/29

独断的映画感想文:あなたの名前を呼べたなら

日記:2023年1月某日
映画「あなたの名前を呼べたなら」を見る.1_20230131212301
2018年.監督・脚本:ロヘナ・ゲラ.
出演:ティロタマ・ショーム(ラトナ),ヴィヴェーク・ゴーンバル(アシュヴィン),ギータンジャリ・クルカルニー(ラクシュミ).
ラトナは富豪の御曹司アシュヴィンのマンションに住み込みで働くメイド.休みをもらって久しぶりに実家に帰ったのに,携帯で呼び出される.アシュヴィンが結婚する筈だった花嫁サヴィナの浮気がばれ,結婚は取りやめになったのだ.ラトナはムンバイに戻り,傷心のアシュヴィンの世話に専念する.3_20230131212301
ラトナは19歳で結婚,しかし花婿はすでに死病にとりつかれており4カ月後に亡くなった.婚家は花婿の病気を隠していたのだ.ラトナは田舎の因習により,その後一生を婚家の未亡人として生きなければならなかった.ラトナはムンバイに働きに出たいと願い,口減らしのため婚家もそれを認めた.ラトナはメイドとして働き,稼ぎを妹の学費にもう4年も送り続けている.妹には自分のような人生を歩ませたくないのだ.
一方,アシュヴィンはニューヨークで文筆家を目指していたが,建築業の父を継いだ兄が亡くなったため呼び戻され,父のもとで働いている.ラトナはデザイナーとして自立したい夢があり,アシュヴィンの許しを得て裁縫の勉強に励んでいる.アシュヴィンも懸命に働くラトナに好意を持つようになった.しかしラトナの妹が学業半ばで結婚することを知らせてくる.ラトナの4年間の送金は無駄となった….2_20230131212301
ラトナとアシュヴィンは立場は違うが,因習や階級社会の建前に縛られ,思い通りの人生を送れないことに変わりはない.二人は互いに好意を持つが,ラトナは未亡人として婚家の支配下にある.アシュヴィンが食堂で食事をし,ラトナは台所の床に座って食事をしなければならない現実は,変えることは困難だ.4_20230131212301
ラトナはアシュヴィンの願いにも拘らず彼を名前では呼ばず,「旦那さま(SIR)」と呼び続ける.ラトナとアシュヴィンを演じる俳優がいずれも印象的,二人がインドの現実に前向きに向かっていく物語が素敵だ.映画はハッピーエンドではないが,希望の光がほの見える中に終了する.インド映画らしく幾つか挟まれるインド歌謡が,いずれも明るく陽気で楽しい.原題はSIR,邦題はいかにも甘ったるくあまり適切ではない.他の国ではそれぞれセニョールとかムッシューとかになっている.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2023/01/13

独断的映画感想文:リスペクト

日記:2023年1月某日
映画「リスペクト」を見る.5_20230131120401
2021年.監督:リーズル・トミー.
出演:ジェニファー・ハドソン(アレサ・フランクリン),フォレスト・ウィテカー(C.L.フランクリン師),マーロン・ウェイアンズ(テッド・ホワイト),メアリー・J・ブライジ(ダイナ・ワシントン),オードラ・マクドナルド(バーバラ・フランクリン),タイタス・バージェス(ジェームズ・クリーヴランド師),マーク・マロン(ジェリー・ウェクスラー),スカイ・ダコタ・ターナー(幼少期のアレサ),ヘイリー・キルゴア(キャロリン・フランクリン),セイコン・セングロー(アーマ・フランクリン),ヘザー・ヘッドリー(クララ・ウォード).3_20230131120401
アレサは幼少時から,伝道師で歌手でもある父の巡業に同行して歌を歌っていた.母は離婚して別居していたが,月に一度ゴスペル歌手でピアニストでもある母の家に行くことが,アレサには無上の喜びだった.しかし母はアレサが幼いうちに急死してしまう.父の家には様々な男女が出入りし,アレサは12歳の時に妊娠し子どもを産む.子どもは曾祖母にあたるバーバラが面倒を見た.
アレサは16歳の時に父の勧めで歌手デビューをするが,何でも歌える器用さが災いしてヒットには恵まれなかった.19歳のとき父の反対を押し切りマネージャーのテッド・ホワイトと結婚する.24歳の時アレサはアトランティック・レコードに移籍,敏腕プロデューサー:ジェリー・ウェクスラーは彼女のゴスペル性を重視し,アラバマのフェイム・スタジオで録音を開始する.この方針が当たり,彼女は待望のヒット曲を連発,25歳でオーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得した.しかしテッドの暴力により結婚は破綻する….2_20230131120401
アレサ・フランクリンの半生を描く音楽映画.その波乱に富んだ人生を,1972年ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で行われたゴスペル・アルバム「Amazing Grace」のライブ録音まで綴る.このライブでアレサは父と和解,アルバムも大成功を収めた.またこのライブ映像は,2018年に「アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン」として公開されている.4_20230131120401
この映画ではなんと言ってもジェニファー・ハドソンの歌唱が感動的.彼女は歌唱録音のライブにこだわったと云う.つまりこの映画の歌唱は,スタジオ録音のアフレコではなく,全て撮影現場のライブ録音なのだ.1_20230131120401
更に音楽が生み出されていく過程の描写が素敵.フェイム・スタジオでの録音,ミュージシャンにアレサがピアノを弾きながら主題とリズムを示す.そこにベースがベースラインで参加,ギター・ドラムスが加わっていき,最後にブラスセクションも参加する.このスリリングなシーンが素晴らしい.同様なシーンは「Respect」の録音場面でも見られ,ここではアレサが歌い始めると,バックコーラスを担当する二人のアレサの姉妹が即興で,目を見張るようなコーラスをつけていく.音楽が生まれる瞬間がいずれも感銘的だ.エンドロールに流れるアレサ自身が歌う「ナチュラル・ウーマン:(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」も印象的.誠に見応え・聞きごたえのある映画.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/12/24

独断的映画感想文:ケイコ 目を澄ませて

日記:2022年12月某日
映画「ケイコ 目を澄ませて」を見る.1_20221225224001
2022年.監督:三宅唱.出演:岸井ゆきの(小河ケイコ),三浦誠己(林誠),松浦慎一郎(松本進太郎),佐藤緋美(小河聖司),渡辺真起子(五島ジム・オーナー),中村優子(医師),中島ひろ子(小河喜代実),仙道敦子(会長の妻),三浦友和(会長),足立智充.6_20221225224001
ケイコは聴覚障がい者,荒川土手下の小さなジムで,プロボクサーとしてトレーニングに励む.ホテルの客室係として働き,ミュージッシャンを目指す弟とルームシェアして暮らす日々.プロとしては2戦2勝,しかし次の試合が2カ月後にある.一方,会長は高齢で体力も衰え,ジムを閉める決断を固めつつあった.ケイコにとって唯一のいきがいであるボクシング,しかしケイコはジムにとって自分の存在が差し障りになっているのではないかと悩み,闘志が乱れる日々を過ごしている….5_20221225224001
寡黙な映画である.ケイコはほとんどしゃべらない(映画でのケイコの台詞は「はい」が2回あるのみ).ケイコは詳細な日記を書いているが,それ以外の人とのコミュニケーションは,ほとんどがボクシングのトレーニングで行われる.ロードや縄跳びの繰り返し時の平穏な表情,スパーリングが精度を上げていった時の思わず浮かぶケイコの微笑み.ケイコと会長の感情の結びつきも印象的だ.ケイコと会長が鏡の前で二人で同じ型を繰り返すシーン,会長がケイコの視線に合わせて座り込みジム閉鎖を詫びるシーンには,涙を禁じ得ない.2_20221225224001
ケイコが何を考え何を悩んでいるかは,ケイコの独白もなく観客もケイコの表情と動きから推察するしかない.試合にケイコはどう向かっていくのか,その結果ケイコはどうなるのか,映画は高い緊張感のまま,結末に進む.3_20221225224001
俳優では岸井ゆきのが圧倒的力量,彼女の映画を見るのは4作目だが,これほどひりひりする演技を見せられたのは初めて,まことに印象的だ.聴覚障碍者がボクシングをすることについての会長の言葉「ケイコはレフリーの声も聞こえずゴングも聞こえずセコンドの指示も聞こえない.危険極まりないのです」も,心に残った.でもそのことを訴える映画ではない.ケイコの人生を描く映画だ.見て損はなし.
★★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/12/22

独断的映画感想文:とんび

日記:2022年12月某日
映画「とんび」を見る.1_20221226163101
2022年.監督:瀬々敬久.出演:阿部寛(市川安男),北村匠海(市川旭),杏(由美),安田顕(照雲),大島優子(幸恵),麿赤兒(海雲),麻生久美子(美佐子),薬師丸ひろ子(たえ子).
昭和37年,瀬戸内海に面した備後市.市川安男は体格に恵まれた一本気な男,父母を知らず叔父夫婦に育てられた身だが,街の運輸業に勤め従業員にも街の皆にも知られた男だ.愛妻の美佐子との間に一粒種の旭が生まれ,ますます張り切る安男.2_20221226163101
ところがある日,職場に来た旭の目の前で荷崩れ事故が起き,かばった美佐子は帰らぬ人となる.安男は寺の和尚海雲と息子の照雲夫婦の助けも借り,男手ひとつで旭を育てる.思春期の旭との間に生じる葛藤も乗り越えたが,旭は早稲田進学のため東京に行くことになる….3_20221226163101
重松清の原作の映画化.安男と旭の父子関係を軸とした物語.なんと言っても阿部寛の体躯と個性がこの映画を成立させている,それが誠に魅力的な映画.安男が乱暴者でめちゃくちゃな男ながら,皆に愛され力添えを受ける訳が,阿部寛の安男を見ていると良く判る.安男は体を張って先頭切って働き,仲間を領導する人物だ.5_20221226163101
一方,一本気な余り喧嘩は絶えず理不尽な暴力に及ぶこともある.安男が美佐子と結婚して,街中の人が一安心したのではないかというのも想像に難くない.その忘れ形見旭と安男への周囲の愛情も,共感せずにはいられない.しかし旭が一人の男として歩き始めた時,安男の胸中はどうだろうか.物語はさらに,旭が年上の子連れの女性と結婚を決意して,最終局面へと進む.6_20221226163101
周囲を固める俳優もいずれも手練れぞろい,安田顕,薬師丸ひろ子,大島優子らが存在感ある好演.見て損はなし.しかし麻生久美子って,いつも旦那に愛される妻なのにはかなく死んでしまう役をしているような気がする(まあ見たのは「散り椿」くらいですけど).
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/12/12

独断的映画感想文:子供はわかってあげない

日記:2022年12月某日
映画「子供はわかってあげない」を見る.1_20221217183801
2020年.監督:沖田修一.出演:上白石萌歌(朔田美波),細田佳央太(門司昭平),千葉雄大(門司明大),古舘寛治(朔田清),斉藤由貴(朔田由起),豊川悦司(藁谷友充),高橋源一郎(古書店主).
映画の冒頭は延々とアニメ『魔法左官少女バッファローKOTEKO』の画面.朔田美波はアニメおたくの高2水泳部員.『魔法左官少女バッファローKOTEKO』の大ファンで,見終わると感動の涙を流す.2_20221217183801
ある日部活終了後に,屋上で「KOTEKO」の絵を描いている人影を発見し急行する.それは同じ高2の書道部員門司昭平クンだった.これをきっかけに「KOTEKO」つながりで親しくなった二人,美波が門司の家を訪ねるとそこは代々書家である門司家の大邸宅だった.そこで美波は門司の先代が書いた「お札」を発見するが,それは幼い時離婚して新宗教を起こした父から,最近美波宛に送ってきたお札と同一だった.お札は父の依頼で先代が字を書いたらしい.門司クンの勧めで美波は門司の兄・明大に父の居場所を捜索するよう依頼するが,あっけなく父・藁谷友充の所在は判明する.5_20221217183801
美波は水泳部の合宿に行くと云って,家族に内緒で父を訪ねることにする.父は教祖を引退し,指圧師として師匠とともに働いていた.ぎごちなく互いに挨拶し,二人の共同生活が始まるが….4_20221217183801
同名のコミックを原作とする実写映画化.実父との邂逅と交流,門司クンとのロマンスを描くひと夏の青春物語.コミックが原作らしく,オーソドックスながら罪のないユーモアで彩られた物語の展開が楽しい.3_20221217183801
この映画はとにかく上白石萌歌を見る映画,素直に育った美波によく合ったキャラが魅力的だ.終盤,屋上でぽろぽろと涙を流して泣く美波のシーンは印象的.対する門司クンも爽やかで,二人の出会いや登下校のシーンが長回しで描かれるが見応えあり.また周りを固める俳優も好演.原作がそうだから仕方がないが,悪い人は一人も出ずほんわかとした雰囲気で最後まで押し通す.見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/12/01

独断的映画感想文:ザリガニの鳴くところ

日記:2022年12月某日
映画「ザリガニの鳴くところ」を見る.1_20221205174101
2022年.監督:オリヴィア・ニューマン.製作:リース・ウィザースプーン/ローレン・ノイスタッター.
出演:デイジー・エドガー=ジョーンズ(カイア),テイラー・ジョン・スミス(テイト),ハリス・ディキンソン(チェイス),マイケル・ハイアット,スターリング・メイサー・Jr,デヴィッド・ストラザーン(トム).2_20221205174101
1969年,ノースカロライナの湿地帯で,裕福な家庭の青年チェイスが死体で発見される.死因は近くに立つ火の見やぐらからの転落死とされ,事故・自殺・他殺が判然としない中,湿地帯に一人で住む女性カイアが犯人として逮捕される.カイアは街の人々から「湿地の娘」と呼ばれ異端視されていた.唯一彼女を知るのは,彼女が買い物をする店の黒人店主夫婦ジャンピンとメイベル,引退弁護士のトムのみ.トムの弁護で裁判が進む中,彼女の驚くべき半生が明らかになる.5_20221205174101
1950年代半ば,カイアは両親と4人の姉兄とともに暮らしていた.しかし父のDVが激しくなり,ついに母親は家を出てしまう.続いて姉二人,兄たちも次々と家を出,父とカイアの二人の生活となった.7歳となったカイアはジャンピンの勧めで小学校に行ってみるが,裸足で汚く臭いと苛められ,学校には二度と行かなかった.その数年後,父も家を出て行方不明となる.カイアは毎日ムール貝を採ってジャンピンの店に納め,代わりに生活必需品を受け取って一人で暮らしを立てる.その合間に,カイアは湿地帯の花や樹々,貝殻や虫や鳥たちを精密にスケッチするようになる.6_20221205174101
14歳の頃,森で出会った青年テイトは兄ジョディの友人,カイアは高校生のテイトと付き合うようになる.彼から読み書きを教わり図書館の本を読めるようになったカイア,テイトとカイアは愛し合うようになる.しかしテイトは父から「湿地の娘」と付き合わないよう警告を受ける.テイトは大学に進学することが決まり,その年の独立記念日に戻ってくると約束して旅立って行った.テイトはその時,カイアに動植物のスケッチと彼女の文章を本にするよう勧め,出版社の宛先をメモにして置いて行く.しかし独立記念日の日,テイトは帰ってこなかった….3_20221205174101
ディーリア・オーエンズのベストセラー小説の映画化,原作は未読.この5年後後,カイアは裕福な青年チェイスの誘いに応じつきあうようになる.一方,自分の書き溜めたスケッチと文章を出版社に送り,本にすることに成功する.その印税で彼女は未納の税金を払い,自宅と周辺の土地の所有権を確保した.出版した本を目にした兄のジョディとも再会した.しかしチェイスはカイアの他に婚約者がいて,カイアと争いになると暴力をふるい,更に彼女の自宅を荒らす行為に出たのだった.
映画は裁判の展開とカイアの過去を交互に描きながら進む.原作自体がかなり数奇な物語で,映画で描くときにいささか違和感や非現実感があるのは,否めない.しかしそんなことはどうでも宜しい.4_20221205174101
ノースカロライナの湿地帯の圧倒的な自然,独りでたくましく生きる少女カイアの美しさ,カイアを支えるジャンピンとメイベルの情愛,それらに引き込まれ最後まで一息に見た.主演のデイジー・エドガー=ジョーンズの存在感が素晴らしい.マイケル・ダナの音楽,テイラー・スイフトの主題歌も素敵だ.一見の価値あり.
★★★★☆(★5個が満点).

| コメント (0)

2022/11/30

独断的映画感想文:名もなき歌

日記:2022年11月某日
映画「名もなき歌」を見る.1_20221204220101
2019年.監督:メリーナ・レオン.
出演:パメラ・メンドーサ(へオルヒナ・コンドリ),トミー・パラッガ(ペドロ・カンポス),ルシオ・ロハス(レオ・キスぺ),マイコル・エルナンデス(イサ).2_20221204220101
1988年,ペルー.ヘオルヒナとレオは若い夫婦.ヘオルヒナはすでに妊娠しており,両親の祝福を受け故郷アヤクチョを出て,リマ近郊で暮らし始める.家は砂丘の中腹にある掘立小屋,その日暮らしの二人だ.
ラジオで無料の出産サービスを行っている財団の宣伝を耳にしたヘオルヒナは,早速その産院に出かけ検診を受ける.数日後産気づくと,独力で産院に行き無事出産した.5_20221204220101
しかし女の赤ちゃんは,ヘオルヒナが眠っているうちに検査のため病院に移されたと言われる.そのまま産院を追い出されたヘオルヒナ,翌日産院に行くとそこにはもう誰もいなかった.彼女はレオとともに警察や裁判所に訴えるが,極貧で有権者番号を持たない彼らは取り合ってもらえない.ヘオルヒナは新聞社に行き,そこで出会った記者のペドロは取材に乗り出してくれた….4_20221204220101
この後の記述にはネタバレがあります.
ペルー出身の監督が,実話をもとにモノクロ・スタンダードの画面で描く,社会派ドラマ.寡黙な映画で,ペルーの事情に詳しくない自分にとっては判り難い展開だ.3_20221204220101
ペドロの必死の捜索とヘオルヒナの努力で,同様な経験をした女性が数名見つかり,また海外へ養子縁組した赤子を送り出す組織の存在が浮かび上がる.しかし判明するのはそこまで.映画では一部の組織の摘発とそれに関与した汚職判事の罷免を伝える報道が明らかになるが,ペドロにこの問題に首を突っ込むなと警告する政治家や,ゲイであるペドロへの脅迫も明らかになる.
淡々と描かれていくペルー社会の貧困と格差,腐敗と偏見が胸を打つ.最後のシーンで,海を見つめながら一人で子守唄を歌い続けるヘオルヒナの歌声が,印象的だった.心に残る映画.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/11/19

独断的映画感想文:MINAMATA―ミナマタ―

日記:2022年11月某日
映画「MINAMATA―ミナマタ―」を見る.Minamata1
2020年.監督:アンドリュー・レヴィタス.出演:ジョニー・デップ(W・ユージン・スミス),真田広之(ヤマザキ・ミツオ),國村隼(ノジマ・ジュンイチ),美波(アイリーン),加瀬亮(キヨシ),浅野忠信(マツムラ・タツオ),岩瀬晶子(マツムラ・マサコ),ビル・ナイ(ロバート・“ボブ”・ヘイズ).Minamata2
1971年ニューヨーク.カメラマン:ユージ・スミスは自身の活動を終息すべく,子供へ金を残すため機材を売り払い,長年付き合いのあったグラフ雑誌LIFEとも袂を分かとうとする.そんな折,富士フィルムのコマーシャルのため通訳のアイリーンのインタビューに応じるが,アイリーンは彼に日本の公害病・水俣病の資料を渡し,訪日して水俣の写真を撮るよう訴える.沖縄戦に従軍カメラマンとして参加し,重傷を負って後遺症にも悩むユージンは当初断る.しかし資料を一読して水俣行きを決意,LIFE誌の編集長ボブ・ヘイズに水俣取材を了承させ,1971年アイリーンとともに水俣を訪れる.Minamata3
ユージンとアイリーンは胎児性水俣病児であるアキコの家に泊まることになった.父親のタツオは二人を歓迎するが,アキコの写真は撮ることを許さない.水俣病患者で自身も撮影をするキヨシや,自主交渉派のリーダー・ヤマザキはユージンを支持するが,多くの住民は撮影に非協力的だった.それでもキヨシの協力で暗室や機材の整った作業小屋が準備され,ユージンは取材を進める.
公害源と思われるチッソの附属病院に潜入したユージン,アイリーン,キヨシは,そこで患者の写真を撮るとともに,チッソが以前から自社の廃液が水俣病の原因だと知っていたことを示す研究資料を発見する.しかしチッソの株主総会が近づくと,警官が山崎の家に押し入り,また作業小屋はネガやプリントもろとも放火により焼失する.全てを諦め帰国しようとするユージン,しかしLIFEのボブの叱咤激励や地元の少年シゲルとの交流を通じ,ユージンは再度立ち上がる.ユージンは自主交渉派の住民の前で,患者の写真を撮影させて欲しいと懇願する….Minamata4
映画は冒頭,事実に基づく物語との表示があるが,本作はユージン・スミスという写真家の再生と,作品「入浴する智子と母」の完成に至る,水俣と水俣闘争を舞台とした物語と言って良い.そのために脚本では事実がかなり変更されているところがある.しかしそれは問題ではない.Minamata5
ユージンを演じるジョニー・デップの演技は迫力があり,映画の進行とともに引き込まれる.「入浴する智子(映画ではアキコ)と母」の撮影シーンは厳かな静けさに満ちていて,感銘的だ.結末では,その写真がLIFEに掲載され世界に配信されていく.共演者も実力派ぞろい,一見の価値あり.★★★☆(★5個が満点).
P.S.この映画を見て,あらためて若い時に見た土本典昭監督の水俣のドキュメンタリー映画を思い出した.患者さんの厳しい状況が淡々と映し出される一方,夢のように美しい水俣・不知火海の風景が心に染みついた記憶がある.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/11/15

独断的映画感想文:あちらにいる鬼

日記:2022年11月某日
新宿ピカデリーで「あちらにいる鬼」を見る.1_20221120171301
2022年.監督:廣木隆一.出演:寺島しのぶ(長内みはる/寂光),豊川悦司(白木篤郎),広末涼子(白木笙子),高良健吾(小桧山真二),村上淳(秦),蓮佛美沙子(坂口初子),佐野岳(矢沢祥一郎),宇野祥平(新城),丘みつ子(白木サカ).3_20221120171301
1966年,文学講演会で初めて出会った長内みはると白木篤郎,二人は九州の講演会にみはるが出かけたとき,結ばれる.左翼系の作家として作品を発表し続ける白木,しかし女性に対しては文学サークルの女性や,水商売の女性を次々と口説いては関係を持っている.この時点で白木の妻・笙子は第2子を妊娠中,笙子は淡々と白木の愛人との手切れや後始末をこなし,白木の留守中に無事次女を出産する.5_20221120171301
白木は妻とは自宅新築の話を進め,みはるが若い愛人と別れて京都に住むようになると,その東京の別宅に入りびたるようになる.その一方で,他の女性との関係を隠そうともしない白木にみはるは思い悩み,遂にある決心を固めるが….2_20221120171301
作家井上光晴と瀬戸内晴美の不倫を,井上光晴の娘・井上荒野が小説化した原作の映画化.主人公の二人にこのキャスティングを得たのは,まことに適切で大成功である.監督の,表情のアップと長回しとを多用する撮り方に,笙子の広末涼子を含めた3人が見事にこたえ,見応えあり.特に後半,3人の人柄,性格,考え方が次第に浮き上がってくるにつれて,映画の緊張感は次第に高まる.
みはるの出家・剃髪からラストシーンに至る過程は,感銘的で涙を禁じ得なかった.2_20221120171302
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/11/02

独断的映画感想文:天間荘の三姉妹

日記:2022年11月某日
アップリンク吉祥寺へ,映画「天間荘の三姉妹」を見る.1_20221107205101
2021年.監督:北村龍平.
出演:のん(小川たまえ),門脇麦(天間かなえ),大島優子(天間のぞみ),高良健吾(魚堂一馬),山谷花純(芹崎優那),萩原利久(早乙女海斗),平山浩行(早乙女勝造),柳葉敏郎(魚堂源一),中村雅俊((友情出演)宝来武),三田佳子((特別出演)財前玲子),永瀬正敏((友情出演)小川清志),寺島しのぶ(天間恵子),柴咲コウ(イズコ).4_20221107205101
東北の海沿いにある三瀬村.老舗旅館・天間荘の若女将・のぞみが,妹かなえとともに緊張して玄関で待つ.タクシーで謎の女性イズコに案内され到着したのはたまえ,二人の異母妹だ.たまえは初めて見る海に夢中.浜辺で寝入ってしまう.
ここは現世とあの世の間にある世界,たまえは母に死なれ父は蒸発,天涯孤独の身で施設で生きてきた.働き始めた直後交通事故に遭って,今現世では生死の境にある.自分の魂をゆっくり休め,来世に旅立つか現世に戻るかを自分で決める場所が,この三瀬村だ.たまえは客としてこの天間荘に来たのだが,迎えたのぞみとかなえが異母姉妹と知り,自分も天間荘で働くと言う.5_20221107205101
天間荘の客・財前も現世では生死の境にいる.中居見習いとして働き始めたたまえは,財前に厳しくしごかれる.新たな客として優那がやってくる.いじめで自殺を図った彼女もやはり前世では生死を彷徨っている.自暴自棄になっている優那はたまえと次第に友情をむすぶようになるが….2_20221107205101
現世とあの世の間にある三瀬村とは,どういう場所なのだろう.天間荘の次女・かなえは村の水族館に勤めイルカを調教している.水族館には観光客も来ている.天間荘には毎日魚を納品する一馬も来るが,数馬とかなえは恋仲らしい.それらすべてがこの世ではないというのは,どういうことなのか.3_20221107205101
映画はその事情を次第に明らかにしつつ,この世の人ではない人々の行く末と,現世の人でもある財前,優那,たまえの運命を描いていく.主役のんの存在感が素晴らしく,その魅力に引き込まれた.共演する三田佳子,寺島しのぶ,永瀬正敏らの演技も味わい深い.見て損はなし.
ただ,全体としてはやや冗長で,150分の長尺にする意味はあまり感じない.カメオ出案の高橋ジョージやつのだひろ等も余計.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/10/30

独断的映画感想文:椿の庭

日記:2022年10月某日
映画「椿の庭」を見る.1_20221121165901
2020年.監督・脚本:上田義彦.
出演:富司純子(絹子),シム・ウンギョン(渚),田辺誠一(戸倉),清水紘治(幸三),鈴木京香(陶子).
冒頭,金魚池の金魚が死に,庭に埋葬して線香を供えるシーン.海を見晴らす広い庭付きの古い日本家屋に絹子は孫娘・渚と共に住む.渚は両親を亡くした帰国子女,日本語の勉強をしている.絹子の次女・陶子は子どものない自分たち夫婦のもとに,絹子と渚が同居してはと勧めるが,絹子は同意しない.2_20221121165901
夫が亡くなって四十九日の法要が住むと,税理士が相続税の相談にやってくる.税理士の結論は,土地の家を売って相続税を支払うというものだった.結婚後の人生をずっと過ごしてきたこの家と別れるのか,絹子はやがて結論を出す….3_20221121165901
この映画の主人公は,しっかりした造りの日本家屋と,うっそうとした樹木と虫たちに満ちた広大な庭かもしれない.プロット自体は単純で,絹子は税理士の提案に従い土地と家を売るが,その実行の直前におだやかな死を迎えるというもの.その物語を監督は家屋と庭の(特に花や樹々,虫やカエルたちの)膨大なショットで埋め尽くし,登場人物たちの日常の詳細な描写を長回しで切り取って描く.4_20221121165901
きわめてゆっくりした映画のテンポ,ピントの甘いショットの積み重ねは当初気になるが,映画の進展とともに慣れていき,長回しで描かれる終盤のドラマは誠に印象的.寡黙な映画で説明は必要最小限だが,渚の立場も中盤で明らかになり混乱はない.5_20221121165901
俳優は何と言っても富司純子とシム・ウンギョンの存在感が素晴らしい.絹子とともに亡びて行く小世界がいとおしくなる映画.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/10/11

独断的映画感想文:鑓の権三

日記:2022年10月某日
映画「鑓の権三」を見る.1_20221121164601
1986年.監督:篠田正浩,脚色:富岡多恵子,原作:近松門左衛門.
出演: 郷ひろみ(笹野権三),岩下志麻(市之進女房・おさゐ),火野正平(川側伴之丞),田中美佐子(伴之丞妹・お雪),加藤治子(お雪の乳母),津村隆(浅香市之進),水島かおり(市之進娘・お菊),嶋英二(市之進伜・虎次郎),浅川奈月(市之進娘・お捨),大滝秀治(岩木忠太兵衛),三宅邦子(忠太兵衛女房),河原崎長一郎(忠太兵衛伜・甚平),不破万作(川側家下男・波介),竹中直人(権三の同僚・文右衛門),浜村純(道具屋の主人),小沢昭一(船頭).
元禄時代の松江藩.小姓・笹野権三は槍の名手にして茶道もたしなむ美貌の青年.同僚の川側伴之丞の妹・お雪と言いかわした仲だが,兄伴之丞は権左へのライバル心からそれを許さない.茶道の筆頭指南・浅香市之進は江戸詰め,留守を預かる妻おさゐは,14歳の娘お菊の婿に権三を望んでいた.3_20221121164601
藩主の世継ぎ誕生に伴い,祝賀として茶道の極意である「真の台子」が開催されることとなる.市之進に代わって「真の台子」は権三か伴之丞が取り仕切ることになる.権三はおさゐを訪れ,「真の台子」の伝授を願い出る.お菊と結婚し婿となれば,一子相伝として伝授は可能と伝えるおさゐ,権三は結婚を承知し,その深夜伝授のためおさゐのもとを訪れる.
しかし権三の帯にお雪の家紋の縫い取りを見たおさゐは逆上,権三の帯を剥ぎ取り自分の帯とともに庭に投げ出すが,色仕掛けでおさゐを篭絡しようと庭に潜んでいた伴之丞が,不義の証拠と叫びその帯を持ち去った….
その後2人は逃亡し,市乃進は女敵(めがたき)討ちのためその後を追う.脚本は,近松門左衛門の浄瑠璃『鑓の権三重帷子』をもとに富岡多恵子が執筆.理不尽な物語を,篠田監督が丁寧に美しく描く.2_20221121164601
俳優たちもそれぞれに淡々と熱演,岩下志麻の浄瑠璃人形のように思いつめた表情が印象的だった.独り竹中直人が,画面の調子を狂わす怪演で興醒め.松江城下や京都洛中の描写も美しく,見応えあり.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/10/09

独断的映画感想文:夜がまた来る

日記:2022年10月某日
映画「夜がまた来る」を見る.1_20221121163901
1994年.監督・脚本:石井隆.出演:夏川結衣(土屋名美),根津甚八(村木哲郎),寺田農(池島政信),椎名桔平(柴田一哉),永島敏行(土屋満).
名美の夫満は麻薬Gメン,潜入捜査中射殺された上,麻薬横流しの汚名を着せられ報道される.名美は更に夫の潜入先・池島組のチンピラに襲われ暴行される.復讐を誓った名美は池島を襲おうとするが,池島の側近・村木に阻止される.名美は自殺を図るが村木に救われる.更に名美はホステスとして池島に接近,ベッドで池島を襲うが失敗,しゃぶ漬にされて場末の娼婦に売られる….
「名美と村木」を描く石井監督のシリーズ.借りたDVDは音声が悪く,ほとんどの台詞は聞き取れなかった.それでも特に支障なく最後まで鑑賞できるのは,この映画が物語でなく情念を描く映画だから.亡き夫の復讐のため何処までも堕ちていく名美,その名美に無償の愛を尽くす村木,彼らが亡びていく暴力の世界.それは十分に描けていただろう.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/10/06

独断的映画感想文:クレイジー・ハート

日記:2022年10月某日
映画「クレイジー・ハート」を見る.1_20221120165201
2009年.監督:スコット・クーパー.出演:ジェフ・ブリッジス(バッド・ブレイク),マギー・ギレンホール(ジーン・クラドック),ロバート・デュヴァル(ウェイン),ライアン・ビンガム(トニー),コリン・ファレル(トミー・スウィート),ポール・ハーマン(ジャック),ジャック・ネイション(バディ・クラドック).2_20221120165201
バッドは往年の人気カントリー歌手,しかし今はヒット曲もなく独りでバーを回っているドサ周りの日々.歌声は衰えないがアルコールに溺れ,舞台は綱渡りの毎日.自分の弟子と自他ともに認めるトミー・スウィートが全盛だが,彼との共演には応じようとしない.
しかしある日の取材で地方紙の女性記者・ジーンと出会う.思いがけなくも一夜を共にした二人,ジーンは離婚し最愛の息子と二人生きている.二人に心ひかれたバッドは生活を立て直そうと,トミーとの共演依頼に応じ新曲の作成にも挑む.3_20221120165201
その後自損事故を起こしたバッドはサンタフェのジーンの自宅で療養,二人との関係は深まった.ヒューストンの自宅に戻ったバッド,今度はジーンが息子を連れてやってくる.3人で出かけジーンが休憩中に息子を預かったバッド,しかしバッドがバーで一杯やっているうちに息子の姿を見失う.5_20221120165201
警察の捜索で息子は見つかったが,バッドが酒を飲んでいたことでジーンは激怒,荷物をまとめ息子と帰ってしまった.バッドはアルコール依存症の治療に努め,改めてジーンのもとを訪れるが,ジーンはバッドを受け入れなかった….4_20221120165201
主演の二人と共演の二人が,いずれも好きな俳優で楽しかった.ジェフ・ブリッジス演じるバッドの落ち目ぶりがなかなか良い.たれ目のマギー・ギレンホールも愛らしかった.物語としては,ジーンを失ったことでバッドが自分の人生を見直すに至ったこと,その後の経過が印象深い.ラストシーンで描かれる1年4カ月後の二人の再会も素敵.見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/10/04

独断的映画感想文:マイ・ブロークン・マリコ

日記:2022年10月某日
映画「マイ・ブロークン・マリコ」を見る.1_20221011171601
2022年.監督・脚本:タナダユキ.
出演:永野芽郁(シイノトモヨ),奈緒(イカガワマリコ),窪田正孝(マキオ),尾美としのり(マリコの実父),吉田羊(マリコの実父の後添い).6_20221011172101
ブラック企業に勤めるシイノがラーメン屋で見たニュースは,小学生からの無二の親友マリコの自殺を伝えるものだった.マリコの遺体はすでに親に引き取られ荼毘に付されていた.実父にはDVを受け,実母はマリコと実父の関係を嫌って蒸発,社会人になってからはDV男と恋仲になってはボロボロにされていたマリコ.幾度もその危急を救い,身を挺してDV男と戦ってきたシイノ,自身も不良娘であるシイノの唯一の親友マリコが,自分に相談もなく自殺し今その骨はDV実父のもとにある.3_20221011171601
決意したシイノは武装してマリコの実家に侵入,実父の面前からマリコのお骨を奪い取り窓から脱出する.マリコが生前行ってみたいと言っていた「まりがおか岬」への,シイノとマリコの旅が始まる….2_20221011171601
マリコとの思い出を挟みながら進むロードムービー.マリコに頼られることに頼り切っていたシイノの喪失感の爆発に,激しく心を揺さぶられる.直情径行やさぐれOLのシイノが愛おしい.まりがおか岬で巻き込まれ親身にシイノの世話をするマキオも,複雑な過去を持つらしくおだやかで魅力的だ.5_20221011171601
俳優たちがいずれも好演,タナダユキ監督がふとさしはさむユーモアが,重いプロットの中で印象的だ.エピローグで,結局元のブラック企業で働くシイノ.何も変わっていない様で,最後にマリコの継母から届いたマリコの最期の手紙を読むシイノが,ちょっと笑うラストシーンが良かった.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/09/17

独断的映画感想文:梅切らぬバカ

日記:2022年9月某日
映画「梅切らぬバカ」を見る.1_20220919174501
2021年.監督:和島香太郎.
出演:加賀まりこ(山田珠子),塚地武雅(山田忠男),渡辺いっけい(里村茂),森口瑤子(里村英子),斎藤汰鷹(里村草太),林家正蔵(大津進),高島礼子(今井奈津子).2_20220919174501
忠さんこと山田忠男は自閉症を抱える50歳.母の珠子と二人,古い一軒家に住む.毎朝6:45に起床し7時に朝食を摂る規則正しい生活.庭の梅の木は道にまで張り出して隣家の里村家からは文句を言われている.忠男の父がこの梅の木を植え,この木が見ているから悪いことはできないと言って息子を育てたおかげで忠男はいい子に育った,と珠子は言う.
里村家の一人息子草太は,珠子・忠男と仲良くなった.毎日忠男は作業所へ,珠子は自宅で占い師を開業.ところが忠男の誕生祝の日に忠男はぎっくり腰に,「このままでは共倒れ」と,珠子は忠男を近くのグループホームに入所させる.入所直前,珠子は梅の枝を剪定しようとするが,梅を伐る音に忠男は固まってしまい,剪定は中止.5_20220919174501
忠男がホームに入って暫くしたある夜,自販機でジュースを飲んでいた忠男は塾帰りの草太に誘われ,近くの乗馬クラブの馬小屋にいるポニーを見に行く.ポニーを連れ出したところを警備員に見つかり,草太は逃げるが忠男は捕まった.ポニーはそのまま脱走して,夜道でこれと出会った町会長が腰を抜かし,事態はグループホームへの抗議運動に発展する….4_20220919174501
おだやかなヒューマンドラマ.といってこの親子の生活は穏やかなことばかりではない.里村家に忠男が入り込んだ時は,主人茂が烈火のごとく怒り,珠子は平身低頭して忠男をもらい下げてきた.尤も忠雄は草太が失くしたボールを庭で見つけて届けただけだった.梅を伐りかけた後,忠雄はかなり暴れたらしい(部屋にはひっくり返った机や倒れた扇風機が映っている).誤解に基づくとは言え,ポニー事件のため忠男はグループホームを退所し自宅の生活に戻った.梅は伐らぬままだ.3_20220919174501
一方里村家とは,草太がポニー事件の真相を白状したこともあって,互いに理解し合えるようになった.忠男は,乗馬クラブの前を通る時もポニーにかまったりしないで,大人しく過ごすようになる.忠男の爪を噛む癖はいつの間にかなくなった.何も変わらないようで,少しだけだが変わったこともあるのだ.
俳優はそれぞれ腕の良いベテランで,安心して見ていられる.いささか類型的なところはあるが,後味は良い映画.見て損はなし.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/09/11

独断的映画感想文:LOVE LIFE

日記:2022年9月某日
映画「LOVE LIFE」を見る.Love-life1
2022年.監督・脚本:深田晃司.
出演:木村文乃(大沢妙子),永山絢斗(大沢二郎),砂田アトム(パク・シンジ),山崎紘菜(山崎理佐),神野三鈴(大沢明恵),田口トモロヲ(大沢誠),嶋田鉄太(敬太).
団地で暮らす妙子・二郎の新婚夫婦,今日は妙子の連れ子の敬太がオセロの大会で優勝したお祝いと,義父・誠の誕生祝.ところがそのさなか思いがけない事故が起き,敬太は命を落とす.Love-life2
放心状態のまま葬儀に臨む妙子と二郎,ところがその席に,数年前に失踪し離婚が成立している敬太の父・パク・シンジが現れる.シンジはろうあ者で,団地の近くの公園でホームレスとして暮らしていた.シンジは役所に生活保護を申し込むが担当課は二郎の職場,シンジの手話通訳は担当課の関連NPOに勤める妙子が行うことになる.一方団地の別棟で暮らしていた誠夫婦は郊外に転居することになり,その転居を手伝いに泊りがけで出かけた二郎は,職場の同僚で元カノの理佐と会うことになる….Love-life4
矢野顕子の歌「LOVE LIFE」に着想を得て,20年越しにまとめられた監督のオリジナル脚本による映画.妙子はきびきびと歩きはっきりとモノを言い,てきぱきと仕事をこなす女性.シンジが失踪した後一人で敬太を育ててきた.しかし一方で妙子は,「敬太を独りで育てる自分」という立場に依存していたようにも見える.敬太を失った後は,「シンジの通訳をし(シンジの手話は日本の一般の手話と違うらしい)シンジの面倒を見る自分」への依存へとのめり込んでいく妙子.Love-life3
二郎は妙子とのつながりに敬太を必要としていたようだ.敬太を失った後,両親と妙子との間でバランスを見だしていく二郎.周囲の人たちも何かに依存し,人との関係の中に偏った自身を位置付けている.一方弱い人間と目されたシンジは,何かに依存することが案外少ない人間であったようだ.Love-life5
事故のあと空中分解していく妙子と二郎の関係がどうなるのか.いろいろなことを考えさせる映画.最後に流れる矢野顕子の歌が,胸にしみて美しい.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/09/09

独断的映画感想文:クライ・マッチョ

日記:2022年9月某日
映画「クライ・マッチョ」を見る.1_20220917214501
2021年.監督(制作も):クリント・イーストウッド.
出演:クリント・イーストウッド(マイク),エドゥアルド・ミネット(ラフォ),ナタリア・トラヴェン(マルタ),ドワイト・ヨーカム(ポーク).3_20220917214501
マイクは牧童出身のロデオスターだった男.落馬事故で体を傷め,先年妻と息子を交通事故で失ってからは,薬と酒に溺れている.長年彼を雇い支援もしてきたポークからも,遂に解雇を言い渡された.
1年後,ポークが彼を訪ねてくる.メキシコにいる別れた妻と暮らす息子が,母親に虐待されている,アメリカに連れ帰って欲しいと言う.誘拐とみなされかねない仕事だけにマイクは渋ったが,恩義あるポークのために引き受ける.メキシコの母親の家に行くとパーティーの真っ最中,会場に入ったマイクはすぐに用心棒に捕まる.母親は豪華な家に住むが男出入りが激しく,息子ラフォは家出して闘鶏場に入り浸る不良だと言ってマイクを追い出した.闘鶏場に入ったマイクはラフォを見つけ出し,折からの警官の手入れに紛れラフォを連れ出す.4_20220917214501
アメリカの牧場主の父のもとに行かないかという誘いに,家出生活に希望を持てなかったラフォは乗り気になり,闘鶏のチャンピオン・マッチョとともにマイクとアメリカに向かう.母親は追手を放ち連邦警察に通報したため,マイクたちは裏道を通って国境に向かうが,途中の集落で車は故障,マイクたちは食堂・マルタの店に世話になり,村外れの礼拝堂に泊まることにする.やがて女主人マルタが自分のコテージを提供,マイクは野生馬調教の仕事をラフォとともに請け負い,その街でしばらく暮らすことになる….5_20220917214501
老境のカウボーイが訳アリの少年と鶏とともに旅するロードムービー.90歳を超えたクリント・イーストウッドが,元気に馬に乗りアクションをこなす.この物語でラフォは家出少年から自立した男になって行き,マイクはラフォを鍛える中で自分を再生することができるようになる.野生馬の調教牧場に仕事を得て長逗留するのも,将来テキサスの牧場を引き継ぐかもしれないラフォに,馬の仕事一式を身に着けさせるためだ.2_20220917214501
孫のようなラフォと接しているうちに,マイクは人生を肯定的に見るようになる.元来マイクは動物好きで,マイクのもとには犬に咬まれた羊や太り過ぎた豚,老衰した犬などが次々に運び込まれるが,マイクは買主が満足するようにそれらの動物を癒してあげる.そのこともラフォを驚嘆させる.
物語は自立したラフォとマイクの姿を描いて終わりとなる.俳優では,食堂の女主人マルタを演じるナタリア・トラヴェンが素晴らしい.独りで親を亡くした孫娘らを育てながら,食堂を切り盛りするマルタが素敵だ.ラフォが抱いて話さない闘鶏・マッチョも素晴らしい活躍.「俳優」は10匹近い鶏達らしいが,的確な演技で大活躍をする.クリント・イーストウッドはただ見ているだけで見応えあり.しみじみほのぼの系の映画,見て損はなし.
★★★★(★5個で満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/09/04

独断的映画感想文:モーリタニアン 黒塗りの記録

日記:2022年9月某日
映画「モーリタニアン 黒塗りの記録」を見る.0_20220910225601
2020年.監督:ケヴィン・マクドナルド.
出演:ジョディ・フォスター(ナンシー・ホランダー),タハール・ラヒム(モハメドゥ・ウルド・スラヒ),ニール・バックランド(サーメル・ウスマニ),シェイリーン・ウッドリー(テリー・ダンカン),ベネディクト・カンバーバッチ(スチュアート・カウチ中佐・製作も).
真実の物語.4_20220910225601
モハメドゥはモーリタニア人,2011年11月に友人の結婚式場からモーリタニアの警察に拉致され,アメリカに引き渡された.以来アフガニスタンを経て,4年後にはグアンタナモ基地に拘留されている.その間起訴もされず勾留理由も明らかにされていない.
この案件を知人から丸投げされた人権派弁護士のナンシーは,引き受けることを決意してグアンタナモ基地に向かう.一方米政府は,テロへの闘いの成果としてモハメドゥを死刑とするべく,その起訴をスチュアート中佐に依頼する.裁判資料としてナンシーが受け取ったものはすべて黒塗りにされたものだった.徐々にモハメドゥの信頼を得たナンシーは,法廷で証拠の強制開示を勝ち取るが,そこにはモハメドゥがテロへの関与を自供した調書が含まれていた.一方,資料として上がってくるものが自供と伝聞証言に過ぎないことに異常を感じたスチュアート中佐は,報告書の基となるMFR(memo for report)の提供を求めるが,拒否される.5_20220910225601
ナンシーはモハメドゥに自供前後の状況の手記を書き封印して彼女に届けるよう指示し,スチュアート中佐は苦心の末MFRを入手する.そこに書かれていたものは,心身を破壊する拷問の実態だった….3_20220910225601
この後スチュアート中佐は起訴は不可能と判断して辞任,モハメドゥを中継で法廷証言させることに成功したナンシーは,判事の支持を得てモハメドゥ釈放の判決を勝ち取る.政府の抵抗により釈放までなお4年の歳月を要したが,拘禁14年後の2016年にモハメドゥは釈放された.
真実の物語としてアメリカ政府の悪逆非道ぶりが描かれているが,一方でそれをカバーするナンシー達の活躍が描かれ,最終的にモハメドゥは(本人が画面に登場して)誰も恨んではいない,現在はハッピーだと述べている.2_20220910225601
グアンタナモ基地の担当者がモハメドゥに同情的で,オンラインでの法廷証言に共感を示すようなシーンも描かれるが,モハメドゥを死刑にするという愚かな命令を下した責任者への追及は,映画にはない.その点では中途半端な映画.しかしこの題材を描いてエンタテインメントとして提供した力量には敬意を表したい.日本では全く考えられないことである.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/08/28

独断的映画感想文:トップガン マーヴェリック

日記:2022年8月某日
映画「トップガン マーヴェリック」を見る.1_20220828222201 2022年.監督:ジョセフ・コシンスキー.
出演:トム・クルーズ(ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル),マイルズ・テラー(ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショウ),ジェニファー・コネリー(ペニー),ジョン・ハム(サイクロン),グレン・パウエル(ハングマン),モニカ・バルバロ(フェニックス),エド・ハリス(ハンマー),ヴァル・キルマー(トム・“アイスマン”・カザンスキー).2_20220828222201 前作の「トップガン」から36年を経て製作されたその続編.マッハ10を目指す超高速戦闘機プロジェクトの,テストパイロットを勤めているマーヴェリック大佐.予算打ち切り命令が下り,その伝達にハンマー将軍がやってくる.将軍が来る前にマッハ10を実現してしまえば,予算は復活する可能性がある.マーヴェリックは早朝にテスト機で出発,ハンマー将軍の目の前でマッハ10越えを実現して見せるが,機体は制御を失って墜落する.3_20220828222201
生還したマーヴェリックは不名誉除隊となるべきところ,かって生死を共にした同僚で今は大将となったアイスマンの指示で,エリートパイロット養成校「トップガン」教官を命じられる.その任務は,某「テロ国家」で稼働が近いウラン濃縮プラントの破壊のため,12人のパイロットたちを訓練し,6人4機からなる攻撃チームを選抜するというものだった.
同プラントは地対空ミサイルに守られ誘導兵器を妨害する電子機器が装備されている.マーヴェリックは電子機器対応のため敢えて旧型のF-18を選択する.地対空ミサイルをかわしつつ敵の第5世代戦闘機の反撃から逃れるため,2分半でプラントまでの蛇行する川筋を遡上し,爆撃後は山腹すれすれに急上昇して撤収するというプランを立てる.しかしそれは訓練でも失神者を出してあわや墜落かという事態を引き起こす,厳しい作戦だった….
空軍パイロットたちの実戦を絡めた青春映画の金字塔となった前作.本作もその航跡を忠実にたどって開始される(冒頭の洋上の空母のシーンを始め,前作と同じショットが処々で正確に繰り返される).しかし前作と違うのは,36年経ってマーヴェリックは退任直前の教官であり,親子ほど年齢の違うパイロットたちを死地に送り出すための教育責任者であることだ.4_20220828222201
訓練生の中には,前作で訓練中死亡した複座機の相棒で最愛の友・グースの息子:ルースターがいる.ルースターはマーヴェリックに対し強い不信感を持っていた.一方,自身の技量に絶対の自信を持っているハングマンは,慎重すぎるルースターに対し違和感を持っている.マーヴェリックは彼らをどう選抜するのか.5_20220828222201
また,マーヴェリックは訓練所の近傍にある酒場を経営するペニーと再会するが,この恋の行方も物語のもう一つの軸だ.プロットは単純明快,筋書き的には突っ込みどころもあるが,テンポよく進む空軍パイロットたちの生死をかけた物語に引き込まれ,一気に最後まで見た.
プロローグとエピローグに登場する,かって日本のパイロットを悩ませたP-51 マスタング戦闘機(マーヴェリックはこれを複座に改造してペニーと乗っている),マーヴェリックが前作同様戦闘機と並走して見せるKAWASAKIのオートバイ等,人間以外の登場物にも見応えあり.エンタテインメントとして文句なし,一見の価値あり. ★★★★☆(★5個が満点). にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

 

 

| コメント (0)

2022/08/26

独断的映画感想文:ペイン・アンド・グローリー

日記:2022年8月某日
映画「ペイン・アンド・グローリー」を見る.1_20220827174101
2019年.監督・脚本:ペドロ・アルモドバル.
出演:アントニオ・バンデラス(サルバドール),アシエル・エチェアンディア(アルベルト),レオナルド・スバラーリャ(フェデリコ),ノラ・ナバス(メルセデス),フリエタ・セラーノ(年老いたハシンタ),ペネロペ・クルス(若いころのハシンタ).3_20220827174101
映画監督のサルバドールは背中の痛みや喘息等の持病を抱え,仕事の意欲を失っていた.32年前の自作が復刻上映されることになり,プレゼンターを依頼されたサルバドールは,撮影時に喧嘩をして疎遠になっていた主演俳優・アルベルトを訪ねる.アルベルトの家でヘロインを試したサルバドールは,子どもの頃の母・ハシンタの思い出に浸る.姑と折り合いの悪かったハシンタのために夫が見つけた家は洞窟を利用した家,ハシンタは呆れかえるがサルバドールは大喜びする.6_20220827174101
その夜アルベルトがサルバドールの家を訪問,アルベルトはサルバドールの脚本「中毒」の下書きを読み,自分に演じさせてくれと頼んだ.サルバドールは街頭でヘロインを買いまた過去の思い出に浸る.子どもの頃から本が好きだったサルバドール,街中で手紙の代筆をしてくれと左官工のエドアルドに頼まれる.ハシンタは,息子が字をただで教えるから,住まいの壁を補修してくれとエドアルドに依頼する.
サルバドールの若き日の男性との恋愛を内容とする「中毒」は,アルベルトの独り芝居で上演,成功する.観客席にいたフェデリコという男が終演後アルベルトの楽屋を訪れ,自分が今の芝居に登場したサルバドールの相手だと打ち明けた.その夜,サルバドールはフェデリコと再会する….5_20220827174101
久しぶりに見たペドロ・アルモドバルの作品.痛みに打ちひしがれ自信を失った映画監督,旧作の復刻をきっかけに古い仲間と再会したことが,過去を蘇らせ自身の再生につながる.4_20220827174101
現在と過去の映像が交互に進行するが,少年時代の洞窟の家と現代のマドリードの対比が鮮やかだ.特に現代の映像では,この監督らしい原色のデザインやアート写真のようなショットが至る所にあしらわれ,監督の健在ぶりが窺える(この人は僕と同い年なのだ).作品の後半に次々と解きほぐされていく,子供時代の男性への思慕や長じてからの母親との確執,それが昇華されていく過程が印象的だ.アントニオ・バンデラスの演技も素晴らしい.ラストシーンも洒落ている.見て損はなし.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/08/21

独断的映画感想文:シリアにて

日記:2022年8月某日
映画「シリアにて」を見る.1_20220822211901
2017年.監督・脚本:フィリップ・ヴァン・レウ.
出演:ヒアム・アッバス(オーム),ジャマン・アブー・アブード(ハリマ),ジュリエット・ナヴィス(デルハニ),モフセン・アッバス(アブ・モンゼール),ムスタファ・アル・カール(サミル).4_20220822211901
シリアのある高級アパート,その一帯には狙撃手が潜み,少し遠くの砲弾や機関銃の射撃音が断続的に続く.アパートの主婦・オームは戦地にいる夫の留守を守る気丈な主婦.アパートには子供3人と老齢の義父,上階で砲撃を受け部屋を破壊された隣人ハリマの夫婦と赤ん坊,遊びに来て帰れなくなった娘のボーイフレンド,使用人のデルハニがいる.2_20220822211901
ハリマの夫はレバノンへの脱出の手筈がついたと言ってアパートを出るが,その場で狙撃手に撃たれる.それを目撃したデルハニは,ハリマに夫の死を伝えようとするが,オームは救援に行くこともできない以上,今はハリマに伝えるべきではないと判断する.アパートの通路には正体不明の男たちが徘徊し玄関ドアを叩くが,オームは決して開けない.隙を見てハリマが上階の自室を見に行くが,廃墟は略奪され,赤ん坊のミルクも奪われた.アパートは停電し水も出ない.爆発音がするたびに,一番安全な台所に集まって間のドアを固く閉ざす.5_20220822211901
男たちはたびたび玄関ドアを叩いていたが,そのうちの1人が突然ベランダに現れた.家族は台所に逃げ込むが,赤ん坊を自室に置いたままのハリマが逃げ遅れ,男たちに捕らえられる….
シリア内戦の一般市民から見た現実を描く映画.戦闘シーンはなく,爆発音や射撃音が響くだけだが,どういう音にどう反応するかを示すオーム等の動きが,市街戦の緊迫した状況をよく伝えている.アパートは豪華ではないが部屋数も多く,しっかりした調度と膨大な蔵書がある.この一家がどのように暮らしてきたかは明らかだが,今このアパートを実質的に支配しているのは党派所属を問わない略奪者の男たちだ.無差別に人を撃ち略奪と暴行に走る男たちと,身を挺して家と子どもたちを守る女たちの対比も印象的.3_20220822211901
長い一日が過ぎ,事態はやや改善の兆しを見せて映画は終わるが,救援に来た友人たちは,このアパートから撤収すべきと伝えて帰って行く.映画が切り取ったのは,長い内戦の1日に過ぎなかった.1時間半の作品ながら緊張感にあふれ見応えあり.女性2人,ヒアム・アッバスとジャマン・アブー・アブードの存在感と好演が素晴らしい.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/08/12

独断的映画感想文:馬上の二人

日記:2022年8月某日
映画「馬上の二人」を見る.1_20220813184201
1961年.監督:ジョン・フォード.
出演:ジェームズ・スチュワート(マケーブ保安官),リチャード・ウィドマーク(ゲイリー中尉),リンダ・クリスタル(エレナ),シャーリー・ジョーンズ(マーティ),アンディ・ディヴァイン(ポージー軍曹),ジョン・マッキンタイア(フレイザー少佐).5_20220813184201
1880年,テキサス州タスコサの保安官マケーブは,旧友のゲイリー中尉から60㎞離れたグランド砦に赴くよう求められる.グランド砦にはコマンチ族に子弟を拉致された開拓者が集まっており,司令官フレーザー少佐はコマンチ族と取引経験のあるマケーブに,拉致者の取戻しを依頼する.
マケーブは気が進まなかったが,開拓者の中のリングルが,14年前に拉致された我が子を探す後妻のため,17歳くらいの少年がいたら誰でもいいから1000ドル出すと持ち掛けマケーブは引き受ける.ゲイリー中尉は開拓者の中のマーティと親しくなるが,彼女は弟を拉致されていた.4_20220813184201
マケーブはゲイリー中尉とともにコマンチの集落に赴く.魅力的な商品が奏効して酋長クワナと話は成立,マケーブは17歳くらいの少年ウルフと,メキシコから拉致されていたスペイン系の女性エレナを連れ帰るが….3_20220813184201
重い題材を扱う,異色の西部劇である.コマンチとして育てられたウルフは英語も忘れ暴れまわり,子どもを拉致された親たちは,リングルも含め誰も引き取ろうとしない.一方コマンチの青年の妻として5年間を過ごしたエレナは,街の婦人たちから蔑みの目で見られ身の置き所がない.
やがて不幸な事件が起き,白人たちのエゴと差別意識が剥きだしになる事態に発展する.この物語を緩急自在に描いていくジョン・フォードの力はたいしたものだ.2_20220813184201
苦い結末だが,金のために生きていると思われたマケーブが,男気を発揮するラストシーンが救い.気楽なエンタテインメントではないが,見て損はなし.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2022/08/11

独断的映画感想文:ときめきに死す

日記:2022年8月某日
映画「ときめきに死す」を見る.
1984年.監督:森田芳光.出演:沢田研二(工藤直也),樋口可南子(梢ひろみ),日下武史(中山),矢崎滋(新条),岡本真(谷川),岸部一徳(泳ぐ男),宮本信子(旅館のおかみ),加藤治子(おたえさん),杉浦直樹(大倉洋介).Photo_20220813183401
別荘風の建物で暮らす男・工藤と管理人の大倉.工藤は体を鍛え山林を駆けまわり,酒も飲まずストイックな生活を続けている.大倉は自称歌舞伎町の医者,新条という男の電話の指示で,工藤の食事を作り身の回りの世話をして体調を管理する.一方画面にはコンピュータを操る少年とその親らしい中山が登場し,新宗教という新興宗教のために工藤と大倉を監視している様子が描かれる.やがて大倉を通じ工藤に指示が出るが….
沢田研二扮するテロリストの物語.といっても沢田研二がそもそも柄でなく,とてもリアルな暗殺者とは思えない.その殺害方法も全く素人のようなやり方で,お粗末なことこの上ない.とてもまともな映画とは思えず,辛抱強く見たあげく得たものは失望のみ.
☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

«独断的映画感想文:キネマの神様