2021/10/14

独断的映画感想文:朝が来る

日記:2021年10月某日
映画「朝が来る」を見る.1_20211017190501
2020年.監督・脚本:河瀨直美.
出演:永作博美(栗原佐都子),井浦新(栗原清和),蒔田彩珠(片倉ひかり),浅田美代子(浅見静恵),佐藤令旺(栗原朝斗),田中偉登(麻生巧),中島ひろ子(片倉貴子),平原テツ(片倉勝),駒井蓮(片倉美咲).3_20211017190501
栗原清和・佐都子の夫婦は子どもができない.ベビー・バトンという運動を通じ,生んでも育てられない事情を持つ母親の子どもを,新生児の段階で特別養子縁組し,引き取ることになる.引き取った子・朝斗はすくすくと育ち5歳になった.ベビー・バトンの規約により,朝斗には生みの母が別にいることは知らせている.ところがある日,朝斗の母・片倉ひかりと名乗る女性が栗原家を訪ねてきた….5_20211017190501
片倉ひかりは中学生,同級の麻生巧と愛し合う仲になり,妊娠する.両親が気付いた時にはすでに中絶も不可能だった.ひかりはベビー・バトンのあっせんで産んだ子を養子に出すことになり,出産までの月日をベビー・バトンの理事長・浅見の主催する広島の合宿所で生活することになる.出産し無事赤子を栗原夫妻に直接託したひかり,しかし両親はひかりに口を拭って元の中学に戻り受験に取り組むよう命じ,一方親戚中にはひかりの件を明らかにしていた.ショックを受けたひかりは家を飛び出し浅見のもとに身を寄せるが,浅見も病を得ていた….2_20211017190501
栗原家に現れ「金を出すか養子の事実をばらすか」と口にした片倉ひかりは,すさんだ表情の金髪の少女.映画はこの人物が果たして誰なのかを軸に,家出後の片倉ひかりの出会う不条理や,栗原家での朝斗の養育状況等を織り交ぜつつ物語を展開していく.
栗原夫妻を演じる井浦新・永作博美の演技は安定し,安心して物語を追える.一方,ひかりを演じる蒔田彩珠の存在感が素晴らしい.中学生の身で,愛し合った男との間に出来た子どもをなかったことにされたこと,他方で自分の苦しんだ事実が親戚中の話のネタになっていたということへの怒り,家出後の不条理な出来事,そういう体験をしてきたひかりを蒔田彩珠は等身大に演じている.4_20211017190501
映画全体としては,時世が頻繁に入れ替わったり,突然ドキュメンタリーの画面に切りかわったりという自分には難しく感じられる部分はあった.しかしそれより,ひかりと栗原夫妻が経験したような事実の,普遍的意味合いの大きさが心に残る.映画は,河瀬節とでもいうべき独特のカラーに彩られ,美しく印象深い.見て損は無し.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/28

独断的映画感想文:人生はシネマティック!

日記:2021年9月某日
映画「人生はシネマティック!」を見る.1_20211001175001
2016年.監督:ロネ・シェルフィグ.
出演:ジェマ・アータートン(カトリン・コール),サム・クラフリン(トム・バックリー),ビル・ナイ(アンブローズ・ヒリアード),ジャック・ヒューストン(エリス・コール),ヘレン・マックロリー(ソフィー・スミス:マネジャー姉),エディ・マーサン(サミー・スミス:マネジャー弟),ジェイク・レイシー(カール・ランドベック:ヤンキー),レイチェル・スターリング(フィル・ムー:情報局員),ジェレミー・アイアンズ(陸軍長官).4_20211001175001
1940年ロンドン,連日独軍の空爆と戦う国民向けに,情報局は戦意高揚映画の製作を続けている.コピーライターのカトリンは,ダンケルクで漁船で救援にあたった双子姉妹のエピソードを取材,この話に基づく企画を提案して採用され,脚本チームに抜擢される.5_20211001175001
女性だからと男性の半分近い薄給に悩みつつ,脚本チームの一員として,局の方針「信憑性と楽観性」を盛り込みつつ奮闘するカトリン.彼女の夫はスペイン戦争で負傷した売れない画家,夫のためにも後には引けない.しかしベテラン俳優の不満や局の検閲,陸軍からの介入でアメリカ人を突然登場させる等トラブルが続出,そのたび脚本の修正に奔走する.やがてダンケルクを模したロケ地で撮影に入るが,脚本チームも缶詰めになる….6_20211001175001
戦時下での映画作りの映画.戦時下だから悲しいことはいろいろ起こる.空爆のため昨日いた人が今日はいなくなる.物語の軸には悲劇がしっかりとあるのだ.その中でのロンドン市民の不屈の生活が,印象的だ.3_20211001175001
一方でこの時代の映画作りの現場のすばらしさ,癖の強い俳優たちの活躍,笑いとペーソス,思わずニヤリとする名セリフの数々,そして恋.この映画はイギリス映画らしい特徴が満載,映画好きには堪らない魅力にあふれている.2_20211001175001
映画を撮っている監督はドキュメンタリー出身だという脚本チームでの会話も伏線になっていて,それが回収される終盤のシーンには胸を打たれた.俳優も素敵,「マイ・ブックショップ」で見たビル・ナイ,007ガールのジェマ・アータートンが素晴らしい.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/20

独断的映画感想文:荒野の誓い

日記:2021年9月某日
映画「荒野の誓い」を見る.原題:HOSTILES.1_20210923204701
2017年.監督:スコット・クーパー.
出演:クリスチャン・ベイル(ジョー・ブロッカー大尉),ロザムンド・パイク(ロザリー・クウェイド),ウェス・ステューディ(イエロー・ホーク首長),ジェシー・プレモンス(ルディ・キダー中尉),アダム・ビーチ(ブラック・ホーク),ロリー・コクレイン(トーマス・メッツ曹長),ベン・フォスター(チャールズ・ウィルス軍曹(罪人)),ティモシー・シャラメ(フィリップ・デジャルダン上等兵),ポール・アンダーソン(トミー・トーマス伍長),ジョナサン・メジャーズ(ヘンリー・ウッドソン伍長).2_20210923204701
1892年ニュー・メキシコ州.牧場を経営していたロザリー・クウェイドの一家はコマンチ族の強盗団に襲撃され,夫と3人の子どもは惨殺され家屋は放火される.一方騎兵隊のブロッカー大尉(ジョー)は長年ネイティブ・アメリカンと戦ってきた伝説の軍人.長く幽閉されていたシャイアン族の首長:イエロー・ホークを,彼らの聖地モンタナの「熊の渓谷」に送り届けるよう,大統領令を受ける.4_20210923204701
長年宿敵として戦ってきたイエロー・ホークだが,ジョーは,親友のトーマス・メッツ曹長,忠実なヘンリー・ウッドソン伍長,新任のルディ・キダー中尉,新兵のフィリップ・デジャルダン上等兵と共に,イエロー・ホーク,息子のブラック・ホーク,その妻,妹,息子の5名を護送する旅に出る.途中,襲撃されたクウェイド家の焼け跡でロザリーを救出,家族の亡骸を埋葬した後,ロザリーを途中の街:ウィンズローまで送り届けることにする.6_20210923204701
出発時イエロー・ホークとブラック・ホークに手錠をかけたジョー,しかし途中でコマンチ強盗団に急襲される.シャイアン族の2人も手錠のまま加わって闘い,彼らを撃退するが,デジャルダン上等兵は死亡,ウッドソン伍長は重傷を負い,ウィンズローで入院することになる.ジョーはシャイアン族2人の手錠を外し,ロザリーもシャイアンの女性たちの世話になり心を開く.途中,コマンチの強盗団が殺害されているキャンプ地に遭遇するが,ジョーはその前の晩にメッツ曹長の手引きでシャイアン族の2人が夜襲を掛けたのだと悟った.ウインズローでは旧知の中尉にモンタナまで元軍曹ウィルスの護送を依頼されるが,インディアン一家を惨殺した罪のウィルスはジョーの旧知だった….
仇敵と共に行く過酷な旅,大切な仲間が一人また一人と倒れてゆく.しかしそれは,かって殺し合った敵への思いが変化していく過程でもあった.軍人とネイティブアメリカンという,寡黙で無表情な人たちの感情の変化が,こ5_20210923204701の映画の一つの見どころだろう.ロザリーの参加はその変化の一つの媒介となった.家族埋葬時のロザリーの悲痛な叫びを見守るジョーたちの姿は印象的だが,この後仲間を失った時のジョーの慟哭は,このロザリーの姿が契機になったと思われる.
一方,野営の都度拘束されたウィルスはネイティブアメリカンへの呪詛をつぶやき続けるのだが,これを耳にしたメッツ曹長は逆にいたたまれなくなり,自分の悪行をイエロー・ホークに詫びた後,逃亡したウィルスを殺して自殺する.3_20210923204701
そのような痛みを経て一体感を得たジョーの一行,しかし新たな敵の襲撃で更に仲間は倒れていく.最後まで容赦のない展開が続く物語.すべてが終わったエピローグで,シカゴ行きの列車に乗り込む生き残った3名の姿は,悲哀に満ちているがかすかな希望も感じさせる.重厚で悲しみに満ちた映画,見た後いろいろと考えさせる力を持つ.
★★★★(★5個が満点).
蛇足:邦題はまるでマカロニ・ウェスタン(これ自体死語か?)みたい,原題はHostiles(敵).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/17

独断的映画感想文:罪の声

日記:2021年9月某日
映画「罪の声」を見る.1_20210919212101 2020年.監督:土井裕泰.
出演:小栗旬(阿久津英士),星野源(曽根俊也),松重豊(水島洋介),古舘寛治(鳥居雅夫),市川実日子(曽根亜美),火野正平(河村和信),宇崎竜童(曽根達雄),梶芽衣子(曽根真由美),宇野祥平(生島聡一郎),篠原ゆき子(生島千代子),原菜乃華(生島望). 4_20210919212101 1984年,お菓子メーカーのギンガ・萬堂が脅迫された連続事件,犯人からは挑戦状が次々と発信されたが,結局警察は犯人を逮捕できず事件は時効となった.
大阪大日新聞の記者阿久津は,事件から35年後の2019年,本件の追及の企画を任される.阿久津は社会部長の鳥居から,当時オランダのビール王誘拐事件を調べていたロンドン在住の日本人がいたとの情報を得,ロンドンに飛ぶが,情報は途中で切れた.3_20210919212101 曽根俊也は亡き父のあとを継いだテーラーの2代目.家の探し物をしていて黒革の手帳とカセットテープを見つける.英文で記載された手帳に「GINGA」・「MANDO」の字を見た俊也は,ネット上にあったこの事件の3人の子どもの声の脅迫音声データを再生するが,その一人の声はまさしくカセットテープにあった幼い自分の声だった.
俊也は行方不明の叔父・曽根達夫がこの件に関与していると考え,父の代から馴染みの仕立て職人・河村から達夫が過激派だったことを知る.更に父と達夫が共に写っている柔道場の写真から,免職されたまる暴の刑事生島の存在を知る.生島の2人の子どもが,残り2人の声の子どもと確信した俊也は,生島の一家が忽然と姿を消した時の状況を掴む.また堺の料亭「し乃」で生島も加わった犯人グループの会合があったことも知る.5_20210919212101 一方阿久津は,犯人グループの狙いは脅迫状公開による株価暴落を見越した空売りにあったとの見立てから,その人脈を辿り堺の料亭「し乃」に行きつき,遂に俊也の存在を知る….2_20210919212101 1984年に起きた企業脅迫事件:グリコ・森永事件に取材した映画.35年の歳月と日本・イギリスを舞台とする壮大な物語を,テンポよくぐいぐいと展開していく力は見事.特に阿久津ら記者たちの組織的なしらみつぶしの取材と,俊也の点から点を地道に追求していく動きとの対比が面白い.6_20210919212101
謎解き物としての展開だけでなく,事件の影で人生をつぶされていった生島一家の悲劇も含め,丁寧な描写が印象的だ.終盤,ロンドンでの松村達夫と阿久津のシーンも美しく感銘的.やや長めの映画だが,見応え充分,見て損は無し.7_20210919212101
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/11

独断的映画感想文:ザ・ピーナッツバター・ファルコン

日記:2021年9月某日
映画「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」を見る.1_20210912161701
2019年.監督:タイラー・ニルソン.
出演:シャイア・ラブーフ(タイラー),ダコタ・ジョンソン(エレノア),ザック・ゴッサーゲン(ザック),ブルース・ダーン(カール),ジョン・バーンサル(マーク),ジョン・ホークス(ダンカン),トーマス・ヘイデン・チャーチ(ソルトウォーター・レッドネック).3_20210912161701
ザックはダウン症の青年で怪力の持ち主,今は老人介護施設に収容されている.彼の夢はプロレスラーになること,ソルトウォーター・レッドネックというプロレスラーのビデオを擦り切れるほど見て,彼が運営するプロレス学校への入学を熱望し施設を脱走する.担当の看護師エレノアは,施設の命令で彼を追う.4_20210912161701
タイラーは漁師,免許を持ってカニ漁をしている漁師の獲物を盗んでいたことがばれ,トラブルの挙句地元を逃げ出す.タイラーの船に潜り込んでいたザックは,彼にプロレス学校まで連れて行ってもらうことになり,二人の旅が始まる.やがてエレノアが彼らに追いつくが,ザックの説得にエレノアが負け,3人連れの旅が始まるが….
物語としてはかなり突っ込みどころのある映画である.タイラーに損害を受けた漁師が彼を追ってきて,あたかも悪人のように描かれているが,彼らが何も悪くはないのは明白.しかしそんなことはどうでも良いのだ.6_20210912161701
タイラーは自分が運転していた事故で最愛の兄を失った過去を持つ.ザックは施設以外に身の置き所のない天涯孤独.エレノアは夫に先立たれている.この映画は,いずれも家族を持たず,心に傷を負った者同士のロードムービーなのだ.
ザックの純粋さと一途さに,タイラーもエレノアも引き込まれていくが,共感しないではいられない.彼らが行く,ノース・カロライナからジョージアに至る湿地帯の美しさも素晴らしい.広い空の下を行く帆かけの筏船のシーンは,まるで夢のようだ.バックに流れるカントリーソングの数々も素敵.5_20210912161701
映画の結末はファンタジー的ハッピーエンド,3人の旅は更に続くことを示唆して終わる.「友達は自分で選べる家族だ」というセリフが,耳に残った.1時間半ほどの映画だが,見て損は無し.ところで題名のピーナッツバター・ファルコンとは,ザックのリング・ネームである.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/09/05

独断的映画感想文:フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて

日記:2021年9月某日
映画「フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて」を見る.Fishermans-friends1
2019年.監督:クリス・フォギン.
出演:ダニエル・メイズ(ダニー),ジェームズ・ピュアフォイ(ジム),デヴィッド・ヘイマン(ジェイゴ),デイヴ・ジョーンズ(リードヴィル),サム・スウェインズベリー(ローワン),タペンス・ミドルトン(オーウェン),ノエル・クラーク(トロイ).
事実に基づいた映画.Fishermans-friends3
ダニーは音楽業界の腕利きマネージャー,同僚ヘンリーの結婚前の旅行で,ボスのトロイらと共にコンウォールの港町・ポート・アイザックを訪れる.帰り際に港でライブを見かけたコーラスバンドは,地元の漁師10名で構成される「フィッシャーマンズ・フレンズ」.ボスのトロイはこのバンドは売れると言い出し,ダニーに契約を取って来いと厳命する.そのままダニーを置いて同僚たちは帰ってしまい,ダニーは漁師たちと話をするが,彼らは取り合わない.Fishermans-friends2
覚悟を決めたダニーは,バンドの中心ジムとその娘のシングルマザー・オーウェンが経営するB&Bに腰を据え,彼らの漁船に同乗して説得を続ける.ついにジムの同意を取り付けたダニーは勇んでトロイに報告するが,トロイはダニーをからかっただけで契約なんてとんでもないと,早く帰ってくるように命令する….Fishermans-friends4
しかし彼らの昔ながらの漁師唄と美しいハーモニーにほれ込んだダニーは,町の教会堂を使ってレコーディングを重ね,アルバム作成の準備を整える.ダニーはヘンリーの結婚パーティーにフィッシャーマンズ・フレンズを出演させ,業界関係者の前で歌声を披露しようとするが,地元での救命活動とかち合ってその作戦は失敗.トロイと衝突したダニーはついに会社を辞めて彼らのメジャーデビューに奔走する….
最初は本気ではなかったダニーが,フィッシャーマンズ・フレンズの魅力,コンウォールの自然,人々との交流に引き込まれ,真剣に取り組んでいく経過がどんどん面白くなり,映画に引き込まれる.Fishermans-friends5
何より港町の漁師たちが魅力的だ.パブを経営するローワンを別にすれば,皆孫(またはひ孫)のいる漁師たち,しかし長年鍛えてきたコーラスは素晴らしい.ケルト系のコンウォールの漁師唄も心に染みる.
ダニーとオーウェンのロマンスの行方もハラハラドキドキで楽しめる.ユーモアに満ちた物語だが,あちこちで泣かされる感銘的な映画でもある.魅力に富んだ映画,一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/24

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第一部 加賀見山再岩藤

日記:2021年8月某日
「八月花形歌舞伎 第一部」を見る.Img_20210824_104801
河竹黙阿弥 作.奈河彰輔 補綴,石川耕士 補綴・演出,市川猿翁 補綴・演出,市川猿之助 演出.三代猿之助四十八撰の内.「加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ) 岩藤怪異篇 市川猿之助六役早替り相勤め申し候」.出演:多賀大領,御台梅の方,奴伊達平,望月弾正,安田隼人,岩藤の霊(猿之助),鳥居又助(巳之助),安田帯刀(男女蔵),蟹江一角(亀鶴),花園姫(男寅),蟹江主税(鷹之資),局浦風(笑三郎),お柳の方(笑也),花房求女(門之助),二代目中老尾上(雀右衛門).2021_20210903143701
通し狂言・加賀見山再岩藤を見るのは3回目だが,今回は切り詰めたダイジェスト版,筋も演出もかなり変わっている.物語の焦点を岩藤の亡霊とお家騒動に合わせているのに,岩藤がなぜ化けて出るのかが良く判らない.それでも猿之助の鮮やかな早変わりと,それぞれの役の性根を十分表現した演技,スピーディーな展開ながら落ち着いた演出で,見応えのある芝居だった.芝のぶも7月に続き見られてうれしかった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/22

独断的映画感想文:娘は戦場で生まれた

日記:2021年8月某日
映画「娘は戦場で生まれた」を見る.1_20210903113301
2019年.監督:ワアド・アル=カティーブ,エドワード・ワッツ.
出演:ワアド・アル カティーブ,サマ・アルカティーブ,ハムザ・アルカティーブ.3_20210903113301
アレッポ大学の学生ワアドはジャーナリスト志望.2011年に起きたシリアの反体制運動をきっかけにスマホで取材をはじめ,2012年以降始まったアレッポの戦闘の映像を記録し,世界に配信する.その後,アレッポの反体制派支配地域で医療活動に従事するグループと行動を共にし,青年医師ハムザと結婚する.2015年には娘サマ(アラビア語で“空”の意)が誕生するが,情勢は悪化,ロシア軍機の空爆による市民の死傷が激増し,病院も次々に爆撃されていく.2016年12月,遂にロシア軍からの通告に従って,アレッポから退去するまでの,ワアドが撮った映像を編集したドキュメンタリー映画.4_20210903113301
ドキュメンタリーであるから,そこに映し出されるのは本当の死,本当の血,本当の破壊だ.しかしその凄惨な緊迫した映像から,目を離すことはできない.一方でその苦難の中でもおおらかに笑う大人たちや,楽しく遊ぶ子どもたちのシーンに心が安らぐ.
2016年9月からのアレッポ包囲に際し,トルコのハムザの両親を見舞いに行っていたワアドたちが,決死の覚悟で前線を潜り抜けアレッポに帰還するシーン,爆撃で負傷した9か月の妊婦から帝王切開で取り出した新生児が,遂に目を開け産声を上げるシーン等,ドラマティックな場面にも映画としての見応えがある.2_20210903113301
シリア内戦の実態を痛烈に訴えると同時に,感銘と感動を与える映画.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/20

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第三部 義賢最期/伊達競曲輪鞘當/三社祭

日記:2021年8月某日
歌舞伎座で「八月花形歌舞伎 第3部」を見る.2108kabukiza_specialposter1629446254206 「一、源平布引滝 義賢最期(よしかたさいご)」.出演:木曽先生義賢(幸四郎),九郎助娘小万(梅枝),下部折平実は多田蔵人(隼人),待宵姫(米吉),太郎吉(小川大晴(奇数日)小川綜真(偶数日)),進野次郎(廣太郎),九郎助(錦吾),矢走兵内(片岡亀蔵),葵御前(高麗蔵).「二、伊達競曲輪鞘當(だてくらべくるわのさやあて)/三社祭(さんじゃまつり)」.出演〈鞘當〉:不破伴左衛門(歌昇),名古屋山三(隼人),茶屋女房お新(新悟).〈三社祭〉:悪玉(染五郎),善玉(團子).2021_20210903142501 義賢最期は幸四郎が大奮闘,幕切れの階段落ちまで,感銘的な舞台.梅枝の小万も魅力的で,小万と言えば新悟,七之助,菊之助,壱太郎,門之助などで見てきたが,梅枝の小万がいちばん記憶に残っている.小万は6年前に姿を消した夫・折平を尋ね当てて来てみたら,折平は実は多田蔵人で,義賢の命で待宵姫と一緒に逃げてしまい,行きがかり上義賢の傍らで獅子奮迅の働きをするという,何とも不思議な役.梅枝が演じるとなぜか腑に落ちる.伊達競曲輪鞘當は題名通りの踊り,3人とも良いが,最後のいいところを新悟が持って行ってしまった.團子(17歳)・染五郎(16歳)の三社祭が楽しい.この若さでなければできない溌剌とした踊りで痛快.舞台を観たときは團子=悪玉,染五郎=善玉と思ったが実は逆だった.21082 にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/13

番外:独断的歌舞伎感想文 八月花形歌舞伎 第二部 真景累ヶ淵/仇ゆめ

日記:2021年8月某日
歌舞伎座で「八月花形歌舞伎 第二部」を見る.2108kabukiza_hh_7debd075550aaf42b3a70f9f
三遊亭円朝 口演より.「一、真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち) 豊志賀の死」.出演:豊志賀(七之助),お久(児太郎),新吉(鶴松),噺家さん蝶(勘九郎),伯父勘蔵(扇雀).北條秀司 作・演出.「二、仇ゆめ(あだゆめ)」.出演:狸(勘九郎),深雪太夫(七之助),舞の師匠(虎之介),揚屋の亭主(扇雀).2021
真景累ヶ淵,原作はおどろおどろしい三代にわたる殺し合いの因縁話.富本節の師匠・豊志賀は,若い恋人の新吉と弟子のお久ができているとの妄想に苦しんで顔に腫物ができている.それで死んでしまうのだから,新吉・お久はいい迷惑.実は新吉は豊志賀にとって父の仇の息子だが,観客はもちろん,新吉さえそれを知らないので,唐突に表れる豊志賀の幽霊が,怪談風コントになってしまう.コロナ禍の気散じにはこれで面白いけど.勘九郎の噺家が豊志賀の最後を仕方話で伝える場面が,鶴松との掛け合いがおかしくて傑作.
仇ゆめは,太夫に恋したタヌキを描く舞踊劇.こちらも勘九郎の,表情豊かな中村屋らしいひょうきんな踊りが楽しい.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/10

独断的映画感想文:シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

日記:2021年8月某日
映画「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢」を見る.1_20210810180501 2018年.監督:ニルス・タヴェルニエ.
出演:ジャック・ガンブラン(シュヴァル),レティシア・カスタ(フィロメーヌ),ベルナール・ル・コク(オーギュスト),ナターシャ・リンディンガー(ガランス)),ゼリー・リクソン(アリス).3_20210810180501 フランス南東部のオートリーヴ,徒歩で一日郵便を配達するシュヴァルは寡黙で口下手な男.1873年,妻が病死し息子のシリルは親戚に引き取られる.一人ぼっちになったシュヴァルに配慮した局長は担当区域を変え,シュヴァルはその区域に住む寡婦,フィロメーヌと言葉を交わすようになる.やがて二人は結婚し,娘アリスを授かる.2_20210810180501
1879年,配達中に石に躓いたシュヴァルは道から転落,負傷を負う.石を掘り出してみると実に奇妙な形をしており,天啓を得たシュヴァルは,それ以来郵便配達の傍ら石を集めてはセメントで塗り固め,自宅の庭に奇怪な宮殿を建設し始める.宮殿を遊び場として育ち,夫妻の掌中の珠であったアリスは1894年に病死するが….4_20210810180501
オートリーヴに現存する「シュヴァルの理想宮」の建設に至る,実話に基づく映画.シュヴァルは33年かけて理想宮を完成させ,さらにその後8年をかけて村の墓所にアリスの墓を建設した.その間村人からは変人扱いされるが,ユニークなその宮殿は次第に新聞で紹介されるようになり,見学に訪れる人や,評価する芸術家が増えていく.長きにわたるシュヴァルの物語は,大河小説の様で印象的だ.5_20210810180501
この物語には悪人は誰一人登場しないが,運命によりアリスを失った時のシュヴァルの慟哭には,涙を禁じ得ない.それでもシュヴァルは黙々と建設を続ける.寡黙なシュヴァルだが,心の中は異国風な詩とイメージに満ち溢れているのだ.最後の場面,理想宮の前で執り行われたシリルの遺児・アリスの結婚式に出席し,ダンスを見ながら思い出にふけるシュヴァルのシーンには胸を打たれる.
主演のジャック・ガンブラン,レティシア・カスタがいずれも素晴らしい.郵便局長のオーギュストとフィロメーヌの友人ガランスがシュヴァル夫妻を見る暖かい目も嬉しい.素敵な映画です.6_20210810180501 ★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/04

独断的映画感想文:家族を想うとき

日記:2021年8月某日
映画「家族を想うとき」を見る.1_20210805174501
2019年.監督:ケン・ローチ.
出演:クリス・ヒッチェン(リッキー),デビー・ハニーウッド(アビー),リス・ストーン(セブ),ケイティ・プロクター(ライザ・ジェーン),ロス・ブリュースター(マロニー).6_20210805174501
2008年の銀行の取り付け騒ぎで勤務先が倒産,持ち家も失ったリッキーは以後転職を重ね借金も増えた.友人ヘンリーの勧めで宅配業者のドライバーとなることに.主任のマロニーは,個人事業主としてフランチャイズとなるのだと説明し,リッキーは受けいれる.
配送用のバンを購入,頭金の1000ポンドは妻アビーの車を売って調達した.訪問介護の仕事をしているアビーは,訪問先にバスで通うことになる.5_20210805174501
リッキーは仕事を始めるが,必需品の「黒い携帯」は,貨物の追跡管理や配達のルート表示をしてくれる一方,ドライバーが時間内に配送を完了しているか,車を2分以上離れていないかを常に監視する.7時から21時まで,週6日間働くハードな勤務が始まった.
思春期の息子セブは学校をさぼりがち,仲間とペイントで街に落書きをする「グラフィティ」に夢中だ.セブの学校から呼び出しがあった午後,リッキーは仕事の都合がどうしてもつかず,アビーのみが学校に行くが,父親が来ないことに怒った校長はセブに停学を課し,リッキーはアビーになじられる.更に大きなトラブルがリッキーを襲うが….
家庭生活と到底両立しないような,激しいフランチャイズ労働の実態を描く映画.セブが万引きで捕まり,親がもらい下げに行かないとセブに前科がついてしまうというピンチ.リッキーはやむなく警察に急行するが,マロニーは激怒してリッキーに厳しい罰金を科す.
丁寧で親密な訪問介護をするアビーも,顧客には好評だが,ルールに縛られ長時間労働を強いられる.移動の時間を惜しんでまだ10歳の娘ライザに電話を掛けるが,ライザは不安が隠せないようだ.両親が長時間労働を強いられ不在な中,思春期のセブとまだ小さいライザはどうなるのか.3_20210805174501
この後,リッキーは強盗に襲われ重傷を負い荷物を盗まれるが,受診中のリッキーにマロニーから,保険の効かない貨物の弁償金と「黒い携帯」の修理費用,欠勤で課される罰金の通告が来る.父の受傷に家族の絆は強まるが,リッキーは家族の制止を振り切り,怪我をおして出勤する.4_20210805174501
リッキーとアビーを演じる俳優は,本業の役者としても苦労人らしいが,短気だが誇り高いリッキーと,献身的な介護をする慈愛深い母親アビーの演技がいずれも素晴らしい.何ともやりきれない現実を考えさせられる,この監督らしい映画.見て損は無し.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/03

独断的映画感想文:淵に立つ

日記:2021年8月某日
映画「淵に立つ」を見る.1_20210820141301
2016年.日本・フランス.
監督・脚本:深田晃司.出演:浅野忠信(八坂草太郎),古舘寛治(鈴岡利雄),筒井真理子(鈴岡章江),太賀(山上孝司),三浦貴大(設楽篤),篠川桃音(鈴岡蛍),真広佳奈(鈴岡蛍〈8年後〉).2_20210820141301
父のあとを継いで金属加工工場を経営する利雄には,妻・章江と娘・蛍がいる.利雄は寡黙に仕事に励む中年男,章江と蛍はプロテスタントである.
ある日,利雄の旧友・八坂が工場を訪れる.殺人で11年の刑期を務めた八坂は,そのまま住み込みで利雄の工場で働くことになる.いぶかしむ章江に,八坂は自分の罪を告白,相手の間違いを許せず殺人を犯したが,遺族の悲哀を見て自分の非を悟ったと言い,章江の理解を得る.八坂は礼儀正しく,蛍のオルガンの稽古も親身に見て蛍にもなつかれ,八坂の新生活は順調に見えた.しかしある日,八坂は一家に取り返しのつかない傷を残して,忽然と姿を消す….3_20210820141301
一部ネタバレあります.平凡な一家に突然入ってきた八坂,殺人者である彼の不気味さ・恐ろしさがテーマの映画かと思いのほか,利雄,章江にも他者に明かせぬ闇があった.章江が八坂に心を許し抱き合う仲になったことは,観客も見ている.一方,利雄も八坂の殺人現場にいたこと,それだけでなく共犯者と言っていい存在だったことが明らかになる.4_20210820141301
八坂が去って8年後,新しく雇われた工員・孝司の登場で物語は大きく回転し,結末に至る.俳優陣は筒井真理子を始め期待通り,中盤で突然利雄に対してだけその本性を見せる八坂のシーン,唐突に自分が殺人の共犯者であることを薄笑いを浮かべながら口走る利雄のシーン,浅野忠信・古館寛治がともにうまい.
上辺を取り繕った正しさを示す白,禍々しい凶事を予告する赤と,色彩の対比も鮮やかで,物語の展開は誠にサスペンスフル.ただしこの結末は自分の共感できるものではない.5_20210820141301
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/08/02

独断的映画感想文:おらおらでひとりいぐも

日記:2021年8月某日
映画「おらおらでひとりいぐも」を見る.1_20210803204001
2020年.監督:沖田修一.
出演:田中裕子(現在の桃子さん(75歳)),蒼井 優(昭和の桃子さん(20歳~34歳)),濱田 岳(寂しさ1(桃子さんの心の声)),青木崇高(寂しさ2 (桃子さんの心の声)),宮藤官九郎(寂しさ3 (桃子さんの心の声)),六角精児(どうせ(桃子さんの心の声)) ,東出昌大(周造 (桃子さんの夫)).6_20210803204301
映画の冒頭,独り茶の間のちゃぶ台でお茶を飲む桃子さん.3人の同じ服装の「寂しさ」が彼女を取り囲んで,口々に話しかけている.やがて3人は隣の座敷でジャズを演奏し始め,桃子さんはそれに合わせて踊りながら着替えていく….
桃子さんは75歳の独居老人.1964年,親の勧める見合いに気が進まず家出,住み込みの女給をしながら東京で生きてきた.ある日,同じ訛りで話す客の周造と出会い,意気投合して結婚する.主婦として2人の子どもを育てあげたが,周造は数年前に急死,子供達とも疎遠になった.今は図書館と診療所に行く日常を過ごす….2_20210803204001
原作は若竹千佐子の芥川賞受賞作.桃子さんのお国訛りの自問自答による,その生涯の総括と感情の吐露を,若い時・子供の時の桃子さんと4人の心の声,合計7人の桃子さんで映像化した物語.これに桃子さんの心に浮かんだ地球の歴史や古代の生物(このテーマで桃子さんは,図書館の本を借り続けている)のアニメーションが,ちりばめられる.かなりぶっ飛んだファンタジー的映画である.4_20210803204401
テンポはのんびり,やや長めの映画だが,7人の桃子さんが(子役も含めて)好演,特に田中裕子は独特の雰囲気で映画を引っ張り,最後まで面白く見た.3_20210803204001
7人の桃子さんや子供の時の子どもたちと連れ立って,秋の日に行く周造の墓参のシーンは,原作でも圧巻だったが印象的なシーン.まあ老人向きの映画だが,一見の価値あり.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/27

番外:独断的歌舞伎感想文 七月大歌舞伎 第一部 あんまと泥棒/蜘蛛の絲宿直噺

日記:2021年7月某日
歌舞伎座で「七月大歌舞伎 第一部」を見る.Kabukiza2107_h_5f5344b8c4ea89b989e583e1d 村上元三 作・演出,石川耕士 演出.「一、あんまと泥棒(あんまとどろぼう)」.出演:あんま秀の市(中車),泥棒権太郎(松緑).「二、蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし) 市川猿之助六変化相勤め申し候」.出演:女童熨斗美,小姓澤瀉,番新八重里,太鼓持彦平,傾城薄雲実は女郎蜘蛛の精(猿之助),平井保昌(松緑),坂田金時(坂東亀蔵),碓井貞光(中村福之助),卜部季武(弘太郎),金時女房八重菊(笑三郎),貞光女房桐の谷(笑也),渡辺綱(中車),源頼光(梅玉).
あんまと泥棒は中車では3回目,松緑では2回目.純情な泥棒が,口八丁のあんまに手玉に取られる物語.渡辺保評で「芝居が一つ足りない」というのは,例えば客の誰もがあんまが嘘をついているのが判っているのに,泥棒だけが判っていないという構造を示すことだろう.それ以外は双方達者な芝居で面白かった.
蜘蛛の絲宿直噺は昨年11月の再演.猿之助が5人6役を早変わりで演じる.今回は亀蔵・福之助の踊りはややもたもたしていたが,笑三郎・笑也の太鼓持ちとの踊りや,梅玉以下の四天王と蜘蛛の精との踊りが素敵.松緑の押し戻しがさすがに立派で,舞台は華やかに終わり,昼前の第一部ながら見応え十分だった.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/23

独断的映画感想文:三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

日記:2021年7月某日
映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」を見る.1_20210820140001 2020年.監督:豊島圭介.出演:三島由紀夫,芥正彦,木村修,橋爪大三郎,平野啓一郎,内田樹,小熊英二,瀬戸内寂聴.3_20210820140001 1969年5月13日に東大駒場キャンパスで行われた,三島由紀夫と東大全共闘の討論を,TBSの収録映像をもとにドキュメンタリーとして編集した作品.当時の映像に併せ,討論に参加した全共闘学生の現在の姿,現代の文学者,評論家のコメントをまとめた.討論の内容はなかなかに面白い.特に,現在も前衛芸術家として活躍する芥正彦と三島由紀夫の議論の応酬は,双方正確なパンチを繰り出す正統派のボクシングに似て迫力あり.三島由紀夫も,挑発的な言辞や逃げの姿勢は一切見せず,誠実な応答に終始している点は印象的.昨今のネット評論家やネトウヨの品性とは比べ物にならない.歴史的な映像として,見て損は無し.点数は特につけない.2_20210820140001 にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/21

独断的映画感想文:ノマドランド

日記:2021年7月21日
映画「ノマドランド」を見る.1_20210722230101 2020年.監督・脚本:クロエ・ジャオ(制作も).
出演:フランシス・マクドーマンド(制作も)(ファーン),デヴィッド・ストラザーン(デイブ),リンダ・メイ(リンダ),シャーリーン・スワンキー(スワンキー).2_20210722230101 ネヴァダ州のエンパイアという企業城下町に住むファーン,夫の死後もその街に住み続けたが,企業は倒産し街そのものがなくなってしまう.ファーンはヴァンに思い出の品を積み込んで家を出る.
まずはアマゾンの臨時労働者となり,アマゾンの駐車料でヴァンでの車上生活をする.仲良くなった同僚のリンダ・メイの紹介で,ボブが主催するノマド(遊牧民)生活をする人々の集会「砂漠の集い」に誘われ,ここで多くの仲間を得る.特にパンクのピンチを救ってくれた末期癌患者のスワンキーとは,深い友情で繋がれる.4_20210722230101
ファーンはサウスダコタ州バッドランズ国立公園のキャンプ場で職を得るが,そこにはリンダ・メイ,「砂漠の集い」で知り合ったデヴィッドもいて友情を深め合う.デヴィッドのもとには息子が訪れ,孫も生まれるので実家に帰って欲しいと告げる.デヴィッドはファーンに一緒に来てくれないかと誘うが,ファーンはいずれ行くからと答える.一方ファーンのヴァンが故障し,その修理代を借りるためファーンは実家に住む姉を訪ねることにする….
5_20210722230101 過酷な季節労働に従事しつつも,定住を嫌い車上生活を続ける高齢労働者たちの軌跡を描く映画.ファーンはどうしてノマド暮らしをするのだろうか.

6_20210722230101 一つの答えは,それが自分の性に合っているからか.姉の家に滞在中も,自室のベッドに馴染めずヴァンのベッドで寝るファーン.デヴィッドに告白された時,彼の家族からも好意的に迎えられたのに,やはり出ていったファーン.彼女は大自然の中を放浪することが好きなのだ.
もう一つの答えは,ファーンが死別した夫ボーを心から愛していたからだ.そのことを話す,終盤のボブとの会話のシーンは,感銘的だ.3_20210722230101

アメリカの圧倒的な風景の中,旅するファーンを追う映像が,誠に美しい.バックに流れるピアノを中心とする音楽も素敵だ.そこにふと挿しはさまれるユーモアも,得難い味がある.美しいロードムービーだが,基底にあるノマドの,連帯を求めて孤立を恐れない覚悟が印象的な映画.見て損は無し.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/18

独断的映画感想文:パブリック 図書館の奇跡

日記:2021年7月某日
映画「パブリック 図書館の奇跡」を見る.1_20210720095601 2018年.監督・脚本・製作:エミリオ・エステヴェス.
出演:エミリオ・エステヴェス(スチュアート・グッドソン),アレック・ボールドウィン(ビル・ラムステッド),ジェナ・マローン(マイラ),テイラー・シリング(アンジェラ),クリスチャン・スレイター(ジョシュ・デイヴィス),ジェフリー・ライト(アンダーソン),マイケル・K・ウィリアムズ(ジャクソン),ガブリエル・ユニオン(レベッカ・パークス),ジェイコブ・バルガス(エルネスト・ラミレス),チェ・“ライムフェスト”・スミス(ビッグ・ジョージ).
グッドソンはまじめな図書館員,過去には酒とクスリにおぼれホームレスになったこともあるが,本に目覚め立ち直り今は図書館で正職を得ている.彼の勤めるオハイオ州シンシナチ市中央図書館は,一定数のホームレスが(特に冬場は)一日中館内で過ごし,グッドソンも彼らとは顔見知りだ.5_20210720095601
ある冬の日,シンシナチを猛烈な寒波が襲う.シェルターは満杯,シェルターに入れなかった100名ほどのホームレスたちは,閉館時刻が来ても退館しないと宣言して3階に集まる.巻き込まれたグッドソンは,彼らを追い出せば凍死者が出ると考え,彼らと共に3階に立てこもることにする.
3_20210720095601 市警からは交渉人が来て説得にあたるが,次の選挙で市長を狙う検察官・デイヴィスの偏見に満ちたコメントや,TVレポーター・レベッカのセンセーショナルな報道で,グッドソンは精神を病んだ危ない容疑者にされてしまうが….
いくつも公共の機関はあるが,図書館はその中でも特別な存在である.図書館は役所や警察のように市民に命令することはしない一方,市民の知的要請に応え,市民の個人情報を守るためには闘わなければならない(日本の図書館も無論そうである).4_20210720095601 その図書館にホームレスが凍死を避けるために逃げ込んだ時,「公共」はどう動くべきか.この映画はその答えを提示するファンタジーだ.
グッドソンは「公共」はホームレスの側に立つべきだと考える.検察官デイヴィスは,退館時間を破って残ったホームレスは警察力で叩き潰すべきと,躊躇なく考える.交渉人はその間で苦悩する.ではホームレスたちは,どのような結論を出すか.2_20210720095601
ホームレスの側には最終的に図書館長も身を投じるのだ.図書館長の「公共図書館はこの国の民主主義の最後の砦だ」というセリフには,しびれた.TVレポーター・レベッカの電話インタビューに,グッドソンが「怒りの葡萄」の最後のパラグラフを朗読するシーンも素敵.結末には静かな深い感動がある.
手応えある映画,一見の価値あり.
★★★★☆(★5個が満点).エミリオ・エステヴェスLove.
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/17

独断的映画感想文:イーダ

日記:2021年7月某日
映画「イーダ」を見る.1_20210718154501
2013年.監督:パヴェウ・パヴリコフスキ.
出演:アガタ・チュシェブホフスカ(アンナ),アガタ・クレシャ(ヴァンダ),ダヴィッド・オグロドニック(リス),イェジー・トレラ(シモン・スキバ),アダム・シシュコフスキ( フェリクス・スキバ) .4_20210718154501
1962年,ポーランド.孤児として修道院で育てられたアンナ,一生修道生活を送るための修道誓願の時期が近づいている.院長はアンナの唯一の肉親である伯母・ヴァンダに一度会って来るようにと,アンナを送り出す.ヴァンダが自分を引き取ることを拒否していることを知って,アンナは気が進まなかった.2_20210718154501
ヴァンダのもとを訪れると,彼女は酒と煙草に耽溺し,昼間から男と自室で寝ている女性だった.戸惑うアンナにヴァンダは,アンナの本名はイーダ・レベンシュタイン,ユダヤ人であると告げる.彼女を引き取らなかったのも,ユダヤ人であることを明らかにしないためだったと言う.3_20210718154501
イーダの両親は,大戦末期に非業の死を遂げたらしい.イーダとヴァンダは,両親の住んでいた村に車で向かうことになる.イーダの生家はそのまま残っていたが,今は別の人が住んでいる.その住人シモンは,彼の父・フェリクスがイーダの両親をかくまったが,フェリクスは入院中で詳細は判らないと言う.ヴァンダは,イーダの両親を殺したのはフェリクスか,その時預けていたヴァンダの息子も同時に殺したのではないかと,追及する.6_20210718154501
ヴァンダとイーダはその夜村のホテルに泊まり,ホテルのバーでは昼間ヒッチハイクで車に乗せた青年・リスが,サックスを演奏していた.その夜,シモンがイーダのもとに来て,自分が彼らを殺したこと,翌日埋葬場所に案内することを告げた….
大戦中のポーランドの暗黒を描いた映画.ヴァンダは戦中レジスタンスとして戦い,戦後は共産党政権下で検事として働いていた.
ヴァンダから告げられた,過酷な過去の歴史に向き合うイーダの姿が淡々と描かれる.登場人物は寡黙で,説明は映像で行われる映画,モノクロ・スタンダードの画面が,緊張感に満ちている.埋葬の森の暗い情景,放棄されたユダヤ人墓地の荒れ果てた佇まいが痛々しい.5_20210718154501
一方,映画で演奏される音楽はその緊張をわずかに和らげているようで,印象的.ヴァンダが自室で蓄音機で聞くモーツァルトをはじめとするクラシックの曲,リスが演奏するジョン・コルトレーンのジャズ,リスの伴奏で歌手が歌うポップス(1961年サンレモ音楽祭準優勝の「24000のキッス」が懐かしい).ヴァンダの運命,イーダの選択をはじめ,考えさせられることの多い映画,一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/15

番外:独断的歌舞伎感想文 七月大歌舞伎第三部 雷神不動北山櫻

日記:2021年7月某日
歌舞伎座で「七月大歌舞伎第三部」を見る.20210715
安田蛙文 作,中田万助 作,奈河彰輔 演出,藤間勘十郎 演出・振付.「通し狂言:雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら) 市川海老蔵五役並びに空中浮遊相勤め申し候」.出演:鳴神上人/粂寺弾正/早雲王子/安倍清行/不動明王(海老蔵),八剣玄蕃(右團次),秦民部(男女蔵,雲の絶間姫(児太郎),八剣数馬/制多迦童子(九團次),小野春風/矜羯羅童子(廣松),錦の前(男寅),小原万兵衛実は石原瀬平/黒雲坊(市蔵),秦秀太郎(門之助),白雲坊(齊入),小野春道(友右衛門),腰元巻絹(雀右衛門),後見(家橘).
歌舞伎座の海老蔵は丸2年ぶり,2年前のこの月,海老蔵は義経千本桜の通しを13役早変わりでやるという奮闘を演じたが,今回は5役.大雑把に言えば序幕を2役の早変わりで演じ,毛抜き・鳴神上人をしっかりやり,大詰めで早雲王子で大暴れの殺陣の後,不動明王になるという構成.
海老蔵の毛抜きと鳴神上人を堪能した.特に大詰めでの早雲王子の殺陣は,加わる黒四天の意気込みも並々ならないものがあって圧巻.花道に立てた梯子上の見得が素晴らしかった.Fireshot-capture-319-wwwkabukibitojp
久しぶりの児太郎と芝のぶ(去年8月のお富さん以来)も出ていてうれしい.しかし全体のバランスは悪く,特に殺陣の後不動明王になる間は長すぎて興醒め.不動明王の空中浮遊もちゃちい.研究の余地あり.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/11

独断的映画感想文:コンフィデンスマンJP プリンセス編

日記:2021年7月某日
映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」を見る.1_20210820134001
2020年.監督:田中亮.
出演:長澤まさみ(ダー子),東出昌大(ボクちゃん),小手伸也(五十嵐),小日向文世(リチャード),織田梨沙(モナコ),関水渚(コックリ),前田敦子(鈴木さん),ビビアン・スー(ブリジット・フウ),白濱亜嵐(アンドリュウ・フウ),古川雄大(クリストファー・フウ),滝藤賢一(ホテルの支配人),濱田岳(ユージーン),濱田マリ(ヤマンバ),デヴィ・スカルノ(元某国大統領夫人),石黒賢(城ケ崎善三),生瀬勝久(ホー・ナムシェン),柴田恭兵(トニー・ティン),北大路欣也(レイモンド・フウ),竹内結子(スタア),三浦春馬(ジェシー),広末涼子(韮山波子),江口洋介(赤星栄介).2_20210820134001
シンガポールに本拠を置く財閥:フー一族の当主レイモンドが死去,その遺言状は,長女ブリジット,長男クリストファー,次男アンドリュウを差し置いて,誰も見たことがない隠し子・ミシェルを当主とするというとんでもないものだった.詐欺師ダー子の一味は,スリのヤマンバに仕込まれていた捨て子コックリを救い出し,ミシェルに仕立ててフー財閥に乗り込もうと画策するが….5_20210820134001
豪華な出演陣が,奇想天外な詐欺ネタを次から次へとテンポよく繰り出す.その割には物語は安っぽい感動仕立ての平凡なものという,如何にもフジテレビらしい映画.3_20210820134001
コックリ役の関水渚は,実は広瀬すずではないかと評判,確かにそっくりだ.一方三浦春馬と竹内結子はこの映画の後自死を遂げているし,東出昌大も大スキャンダルに見舞われ,なかなか不吉な映画でもある.
別な方面での話題が多い映画だが,映画自体はエンタメとして平均点.
★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/10

独断的映画感想文:ザ・ファブル

日記:2021年7月某日
映画「ザ・ファブル」を見る.1_20210819171501
2019年.監督:江口カン.
出演:岡田准一(ファブル/佐藤アキラ),木村文乃(佐藤ヨウコ),山本美月(清水ミサキ),福士蒼汰(フード),柳楽優弥(小島),向井理(砂川),木村了(コード),佐藤二朗(田高田),光石研(浜田),加藤虎ノ介(風間),安田顕(海老原),佐藤浩市(ボス).5_20210819171501
桁違いのスキルを持つ殺し屋:ファブル.ボスは殺しをやり過ぎたとの理由で,1年間ファブルと助手のヨウコに大阪で普通人の生活を送るように指示する.その間殺しをしたら,ボスがファブルを殺すというのだ.3_20210819171501
ボスの紹介でファブルは大阪の真黒組・濱田組長に紹介され,若頭・海老原の世話で住居を確保する.気のいい田高田が社長のイラスト事務所でバイトを始めるが,同僚のミサキが海老原の舎弟・小島に脅されAV出演を強要される.そのさなか,真黒組の海老原と対立する幹部・砂川が小島を襲撃する事件が起こり,二人は拉致される.海老原の依頼で小島の救出に向かったファブルだが….4_20210819171501
人気漫画シリーズの実写映画化.岡田准一のアクションはすさまじいが,それ以外は漫画のネタを忠実になぞる物語で,あまり映画的感動は期待しない方が良い.安田顕の海老原がそれなりの存在感あり.2_20210819171501
木村文乃は酒がめちゃくちゃに強く,敵の殺し屋を一蹴りで倒す腕の持ち主という,ニンに合わない役をしていて,それが結構面白い.
★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/09

独断的映画感想文:MORTAL モータル

日記:2021年7月某日
映画「MORTAL モータル」を見る.Mortal1
2020年.監督:アンドレ・ウーヴレダル.
出演ナット・ウルフ(エリック),イーベン・オーケルリー(クリスティン),ペール・フリッシュ(ヘンリク).Mortal2
体に火傷を負い,放心状態で森から街に出てきたエリック.彼をホームレスと思い絡んできた青年は,彼の身体に触れただけで死んでしまう.殺人犯として警察に拘束されたエリック,しかし怯えた様子で何もしゃべらない.警察署長は臨床心理士のクリスティンに彼と面談するよう依頼する.クリスティンの面前でエリックは自分に宿った能力を明らかにするが,それに怯えなかったクリスティンにエリックは心を開く.一方,アメリカ大使館はエリックの存在を知り,エリックがアメリカ国籍であることから介入してくるが….Mortal4
この映画も昨日の「海を駆ける」に続く不思議映画.美しいノルウェーの風景をバックに(カメラがめちゃ綺麗)始まる映画だけに,リアリズムの映画かと思ったら実はアメコミも真っ青の奇想天外映画.新たな存在となったエリックを描くラストシーンは,ハリウッド映画ならここからシリーズ化が始まるかという展開だが,本作はどうなんだろ.Mortal5
★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/08

独断的映画感想文:海を駆ける

日記:2021年7月某日
映画「海を駆ける」を見る.1_20210819165401
2018年.監督:深田晃司.
出演:ディーン・フジオカ(ラウ),太賀(タカシ),阿部純子(サチコ),アディパティ・ドルケン(クリス),セカール・サリ(イルマ),鶴田真由(貴子).2_20210819165401
インドネシア:アチェの海岸に日本人が打ち上げられる.記憶喪失と診断された男は,ラウ(海)と名付けられ,現地のNGOで働く貴子が預かることになる.貴子の息子で大学生のタカシは,日本語も喋るがインドネシア生まれのインドネシア国籍,カメラマンを目指す.親友の学生・クリス,クリスの幼馴染でバイトしながら記者を目指すイルマとつるんでいる.3_20210819165401
そこに貴子の姪・サチコが父の遺骨散骨のため日本からやってくる.サチコは大学もやめ引きこもっていたらしい.貴子と若者4人に見守られながらラウは暮らすが,彼は日本語もインドネシア語も達者と判る.そのうち彼の周りに不思議な「奇跡」が頻々と起こるようになってくる….
ネタバレあります.不思議な映画である.4人の若者はそれぞれに事情を持つが,映画の中でそれは何も解決されない.4人の若者たちが2組のカップルになる訳でもない.4_20210819165401
またラウの起こす「奇跡」は村の少女の命を救うが,一方で別の村人が(おそらく彼のために)命を落とす.ラウはその見た目に拘わらず,善意の人ではなく,そもそも人ではないらしい.映画のラストシーンでは,まさにラウが「海を駆け」て姿を消す.
狐につままれたような結末で,いくつもの「なぜ??」が残されたまま映画は終わってしまう.しかしその割には最後まで見てしまう緊張感は維持される.インドネシアの風景も美しい.映画を見終わった後の印象は悪くない.この監督の「さようなら*」も不思議な映画だったが,本作もまた別の不思議映画.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/07/02

独断的映画感想文:最初の晩餐

日記:2021年7月某日
映画「最初の晩餐」を見る.1_20210704162701
2019年.監督・脚本:常盤司郎.
出演:染谷将太(東麟太郎),戸田恵梨香(北島(東)美也子),窪塚洋介(東シュン),斉藤由貴(東アキコ),永瀬正敏(東日登志),森七菜(東美也子(少女時代)),楽駆(東シュン(青年時代)).
主人公・麟太郎はフリーになって間もないカメラマン,その父で元登山家の日登志が死んだ.麟太郎は福岡に帰り父の葬儀に出席する.姉・美也子も夫と2人の子どもと共に来る.6_20210704163801
親戚が集まって通夜となるが,母・アキコは遺言だからと言って,自分で振舞料理を作り始める.その最初の皿は目玉焼きだった.麟太郎は母と最初に会った日を思い出す.20年前,麟太郎7歳,美也子11歳の時に,アキコは17歳のシュンを連れて嫁いできた.その最初の日にアキコは盲腸で入院,父が作ってくれた料理が目玉焼きだった.アキコが作る振舞料理に次々と思い出は重なる.
シュンと姉弟は次第に打ち解け,アキコも姉弟の心を掴んで,家族が徐々に出来ていった.しかしある日,アキコの前夫が亡くなった知らせが届く.しばらくしてシュンの22歳の誕生日に,日登志はシュンと2人で登山に出掛ける.翌日帰ってきた2人,シュンはその日に家を出て,二度と帰ってこなかった….5_20210704162701
一度崩壊した家族の再生をめぐる物語.麟太郎は恋人がいるが,家族というものに確信が持てず結婚に踏み切れない.美也子も夫をないがしろにする態度が見え,夫婦仲はうまくないようだ.ただ,シュンが出て行った後の15年間,残された4人がどのような状況で暮らしてきたのかは全く触れられず,この点は釈然としない.麟太郎・美也子ともどもアキコに対してはぎごちなく,家族は修復されなかったままに見える.3_20210704163101
シュンが15年前に家を出ていった理由は,最後にアキコから明かされる.また,終盤こつ然と現れたシュンの行動がこの辺を理解するカギの様で,結局大人として家族の崩壊を受けとめ得たシュンと,その時まだ子供だった麟太郎・美也子との違いがあったと思われる.
実力派俳優たちがそれぞれに好演し,その演技はなかなかに見ごたえがある.特に窪塚洋介の存在感は圧倒的だ.音楽も美しく,映画らしい映画だった.4_20210704163101
舞台は福岡,アキコとシュン以外の登場人物は皆福岡弁を喋るが,ロケ地は長野県上田市だそうで,交通案内等に福岡の地名が出ているのはどうやって撮ったのか,興味深い.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/28

独断的映画感想文:いとみち

日記:2021年6月某日
映画「いとみち」を見る.1_20210629142101
2021年.監督:横浜聡子.
出演:駒井蓮(相馬いと),豊川悦司(相馬耕一),黒川芽以(葛西幸子),横田真悠(福士智美),中島歩(工藤優一郎),古坂大魔王(成田太郎),ジョナゴールド(伊丸岡早苗),宇野祥平(青木),西川洋子(相馬ハツヱ).6_20210629142101
いとは16歳の高校1年生,津軽三味線は県大会で特別賞を取った実力.幼い時母に死に別れ,東京生まれの父と津軽三味線の名手の祖母と暮らす
祖母になついて育ったいとは訛りがきつく,人見知りの性格もあって友人はいない.最近は三味線も手にしない日々が続く.そんな自分を打ち破ろうと始めたアルバイトは,青森市の「津軽メイドカフェ」だった.5_20210629142101
最初はろくに口もきけなかったいとだが,ハンサムで頼りになる店長工藤,自称「永遠の22歳」の葛西幸子,漫画家を目指す福士智美ら同僚と個性ある常連客に囲まれ,次第に打ち解けていく.クラスでやはり孤立している秀才伊丸岡早苗とも友人になることができた.ところがある日オーナーの成田逮捕のニュースが流れる.カフェは存亡の危機に立つが….3_20210629142101
よくある女子高生の成長の物語.その女子高生が津軽弁がきつく,三味線が得意というのが物語のポイント.
いとと祖母ハツヱの津軽弁は半端ではない.画面には字幕も出ないから聞き取るしかないが,少なくとも映画の前半は何を言っているか基本判らない(それで映画が判らないということはないが).2_20210629142101
一方いとの三味線はなかなか素晴らしい.主演の駒井蓮は,青森県出身なので津軽弁はネイティブだが,津軽三味線は1年間の特訓で覚えたとのこと.祖母役でプロの演奏家・西川洋子との連れ弾きシーンも良いが,メイドカフェで引く「津軽アイヤ節」の独奏が感銘的だ.4_20210629142101
岩木山をはじめとするこの地方の風物を描くカメラも美しく,また音楽映画にふさわしい音響も素敵.母との思い出などがしみじみと描かれる一方,クスっとさせる小ネタがちりばめられているのも嬉しい(相馬家の玄関に常備してある乾し餅(?)を家出に際しいつもの様に持たされるシーン,映画「八甲田山」のテーマ曲「雪の進軍」を突然父親が歌いだすシーン,伊丸岡早苗の好きなバンドが知る人ぞ知る「人間椅子」だというシーン等々).見て損は無し.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/24

独断的映画感想文:そして、私たちは愛に帰る

日記:2021年6月某日
映画「そして、私たちは愛に帰る」を見る.0_20210626204701
2007年.ドイツ/トルコ.監督:ファティ・アキン.
出演:バーキ・ダヴラク(ネジャット),トゥンジェル・クルティズ(アリ),ヌルギュル・イェシルチャイ(アイテン),ハンナ・シグラ(スザンヌ),ヌルセル・キョセ(イェテル),パトリシア・ジオクロースカ(ロッテ).2_20210626204101 ブレーメンに住むトルコ出身のアリは男やもめの年金生活者.馴染みになったトルコ人の娼婦・イェテルに,手当てを払うから一緒に暮らそうと持ち掛ける.トルコにいる娘・アイテンの学費のため申し出を受けるイェテル.同居する息子の大学教授・ネジャットとは心が通い合う.一方,家でも彼女を娼婦扱いするアリに反発するイェテル,激高したアリは彼女を殴って死なせてしまう.イスタンブールのイェテルの葬儀に参列したネジャットは,アイテンの行方を捜そうと教授の職を辞し,ドイツ書店を引き継いで現地にとどまる決意をする.5_20210626204101 一方,亡き父と同じ左翼の活動家となっていたアイテンは,当局に追われドイツに逃亡,大学の食堂で知り合ったロッテと愛し合う仲となる.ロッテの協力で母イェテルを探すアイテン,しかし不法滞在で逮捕され,政治亡命は認められずトルコに送還される.ロッテは母・スザンヌの止めるのも聞かずイスタンブールに渡り,偶然知り合ったネジャットの家に下宿して,アイテン救援に没頭する.ようやくアイテンと面会できたロッテ,しかしその日アイテンに依頼された活動を果たそうとして,街角で命を落とす….3_20210626204101 この後ネタバレがあります.数奇な運命をたどる3組の家族が,悲劇を乗り越え新しい関係を作っていく物語.アイテンはロッテの死に深い衝撃を受け,スザンヌとの面会で心から詫びる.娘たち世代とは深い溝を感じていたスザンヌも,ロッテの願ったアイテンの救出に心を砕く.ネジャットもスザンヌと話をするうち,父ともう一度会う決心をする.4_20210626204101 実はイェテルの物語とアイテンの物語は時系列に差があり,更にロッテとネジャットはお互いに相手がアイテンを探していることを知らず,その経過は観客だけが知っているという構造になっている.そのことは映画に運命的なものを感じさせる要素となっている.冒頭のシーンが物語のラストシーンだったという構成も,印象的.背景となるドイツとトルコの関係も興味深い.映画らしい映画,見応え充分.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/23

独断的映画感想文:存在のない子供たち

日記:2021年6月某日
映画「存在のない子供たち」を見る.1_20210625165901
2018年.監督:ナディーン・ラバキー.
出演:ゼイン・アル・ラフィーア(ゼイン),ヨルダノス・シフェラウ(ラヒル・シファラ),ボルワティフ・トレジャー・バンコレ(ヨナス),カウサル・アル・ハッダード(スアード),ファーディー・カーメル・ユーセフ(セリーム),シドラ・イザーム(サハル),アラーア・シュシュニーヤ(アスプロ),ナディーン・ラバキー(ナディーン).
レバノンの少年刑務所に収監されている少年・ゼイン.出生証明はなく12歳らしいが,7~8歳の体格しかない.
法廷に現れたゼイン,実は彼は両親を訴えた原告なのだ.裁判長の何を訴えたいのかという問いに,「育てられないなら生むな」と彼は言う.
ゼインの家は子だくさんの極貧の家族.ゼインに出生証明はなく学校にも行けない.長子として下の子の面倒を見ながら,大家で食料品店を営むアサードの店で働き,さらに物売りとしても働いている.
美しい妹のサハルを溺愛しているが,彼女に初潮が来ると,父がアサードにサハルを売るのを警戒して,それをひた隠しにする.更にサハルを連れて逃げようと準備をするが,父はある日泣き叫ぶサハルを強引にアサードの店に連れていった.絶望したゼインは家を出るが….3_20210625165901
この後ゼインは遊園地で働くエチオピア人の女性・ラヒルに拾われ,赤子のヨナスの面倒を見ることを条件に,その家に同居する.毎日懸命にヨナスの世話をするゼイン,一方ラヒルは偽造身分証の更新を業者アスプロに高値で吹っ掛けられ,金が都合できなければヨナスを売れと脅されている.ある日市場に出かけたラヒルは,その場で不法滞在者として逮捕された.帰ってこないラヒル,ゼインは考え付くありとあらゆる手段でヨナスと二人の生活を維持しようとするが,遂に大家に家を追い出される.追い詰められたゼインは,ヨナスをアスプロの手に預けた….2_20210625165901
自ら出演した監督以外は,ほとんどがスラム出身の素人俳優が演じた映画.レバノンの貧民街で,難民であるシリア人ほどの支援も公的には受けられないスラムの住民たちや,出稼ぎの不法在留者たちの状況を描く.
ゼインは12歳ながら何ものも信じず,公的支援も当てにせず,しかし誠実に弟妹達やヨナスの面倒を見ようとする.学校に行けず(字は読めるのだろうか,計算は出来るのだろうか?),しかし世俗の知恵は大人顔負けだ.そのゼインが死力を尽くしてサハルやヨナスのために働く姿は,涙を禁じ得ない.4_20210625165901
絶望的な経過をたどる映画だが,最後に2つだけ小さなハッピーエンドがある.その一つはゼインとラヒルの証言でアスプロの人身売買組織が摘発され,ラヒルが国外追放される直前にヨナスが母の手に戻ること.
もう一つは刑務所でゼインが写真を撮られるシーン.ムスッとしてカメラに向かうゼイン,しかし係官から「これはお前の身分証用の写真だ」と言われ,思わず微笑む.長い映画の間で唯一のゼインの微笑み,しかしその笑顔は美しい.5_20210625165901
本作は第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞をはじめ,各国の映画祭で受賞.アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/20

独断的映画感想文:かもめ

日記:2021年6月某日
映画「かもめ」を見る.1_20210819163401
2018年.監督:マイケル・メイヤー.
出演:アネット・ベニング(イリーナ),シアーシャ・ローナン(ニーナ),コリー・ストール(ボリス),エリザベス・モス(マーシャ),メア・ウィニンガム(ポリーナ),ジョン・テニー(ドクター),ビリー・ハウル(コンスタンチン).3_20210819163401
映画の冒頭,モスクワの劇場から女優イリーナとその愛人ボリスが,馬車で領地の別荘に急ぐ.兄ピョートルが危篤というのだ.彼の周りにはイリーナの息子コンスタンチン(コスチャ)を始めドクターや領地の支配人・シャムラーエフとその妻ポリーナとその娘のマーシャが,集まっている.2_20210819163401
物語は2年前にさかのぼる.この同じ別荘で,未だ作家の卵だったコスチャは,母が演じるような既存の芝居に強い批判を持ち,隣地の地主の娘で俳優志望のニーナを主演に,創作芝居を上演しようとする.しかし始まって間もなく,母の無遠慮な揶揄に激高したコスチャは芝居を中断してしまい,姿を消す.残されたニーナをイリーナが迎え,女優として活動すべきといい,ボリスを紹介する….4_20210819163401
チェーホフの原作を辿った作品,登場人物はそれぞれ癖はあるが類型的で,あまりドラマとしての厚みを感じることはなかった.結局映画として動き出すのは,再び冒頭部が再現され,2年前に別荘で起きた一連の物語が収斂していくラストの15分あまりである.最後のコスチャとニーナとの語らい,ニーナの思いがけない告白が,両俳優の好演もあり印象的.ただし,それまでの映画は冗長で緊張感にも乏しい.6_20210819163401
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/16

独断的映画感想文:カルメン故郷に帰る デジタルリマスター版

日記:2021年6月某日
映画「カルメン故郷に帰る デジタルリマスター版」を見る.1_20210819162801
1951年.監督・脚本:木下惠介.
出演:高峰秀子:リリイ・カルメンことおきん),小林トシ子(マヤ・朱実),坂本武(青山正一),磯野秋雄(青山一郎),望月美惠子(青山ゆき),小池清(青山直吉),佐野周二(田口春雄),井川邦子(田口光子),城澤勇夫(田口清),小沢栄(丸野十造),三井弘次(岡信平),笠智衆(校長先生),佐田啓二(小川先生).5_20210819162801
草軽電鉄・北軽井沢の浅間山麓の村,牧場を営む青山正一のもとに,家出して東京に居る娘きんから手紙が届く.近々女優友達のマヤと共に,故郷に錦を飾りたいという.正一は反対するが,姉のゆきは夫で教員の直吉と相談,校長先生に口添えを頼むと校長は「日本は文化だ」と乗り気になり,正一は説得される.4_20210819162801
出征した元教師の田口春雄は失明して復員,作曲に取り組んでいるが,運送屋の丸十こと丸野十造に,大事なオルガンを借金のかたとして取り上げられてしまう.その丸十は観光ホテルの構想を持って東京から帰ってくるが,同じ列車に乗ってリリイ・カルメンことおきんとマヤが村にやってくる.二人はストリッパーだった.ストリップを芸術と主張する天衣無縫な2人の振る舞いに,村は大混乱に陥るが….2_20210819162801
日本初のカラー作品.まずそのカラーが美しい.牧場で働く正一の遠景は,印象派の絵画のような美しさだ.その中歌い踊るリリーとマヤが溌剌としていて楽しい.木下惠介らしく,音楽映画と呼べるほど音楽に満ち溢れているのも素晴らしい.3_20210819162801
この後丸十が二人のショーを企画し,二人は芸術のためと承知.一方今度は校長先生が教育上宜しからずと反対するが,正一がここまで来たらやりたいようにやらせようと主張して,ショーが大々的に行われることになる.物語は何とか大団円となり,2人は東京に帰って行く.松竹大船喜劇の伝統を感じさせる楽しい映画,見て損は無し.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/12

独断的映画感想文:ANNA/アナ

日記:2021年6月某日
映画「ANNA/アナ」を見る.Anna5
2019年.監督:リュック・ベッソン.
出演:サッシャ・ルス(アナ),ルーク・エヴァンス(アレクセイ・チェンコフ),キリアン・マーフィ(レナード・ミラー),ヘレン・ミレン(オルガ).Anna4
映画の冒頭,ロシアで逮捕される9人のCIA.新任のKGB長官ワシーリエフの指示で殺されたのだ.
両親を交通事故で瞬時に失ったアナは,犯罪者の夫に支配されるどん底から這い上がろうと,軍に志願する.英語ができてチェスの才能があったアナは,過酷な採用試験後,アレクセイの推薦を得てオルガの許可を勝ち取り,KGBに所属することになる.Anna3
いくつかの暗殺に成功した後,モスクワの市場でスカウトされパリでモデルデビューしたアナは(その様にスカウトが誘導されたのだ),一流モデルとして成功をおさめ,その一方でヨーロッパでの要人暗殺に成功する.しかしイタリアでの要人暗殺の作戦でアナはミスを犯して….Anna2
KGBのエージェントとして大成功をおさめながらCIAのダブルスパイともなったアナ,しかしその究極の目的は自由だ.
すさまじい殺人能力と女性としての魅力を駆使して目的に近づこうとするアナ.一方でその個性はKGBのアレクセイ,CIAのレナードをも虜にする.Anna1
この映画の面白さは,アクション映画としてもさることながら,アナという女性の苦難の旅路を描く点にもある.リュック・ベッソンの本作はテンポよくアクションがスピーディー.最後まであっという間に見た.主演サッシャ・ルスの美貌と身体能力は半端ではない.ルーク・エヴァンス,ヘレン・ミレンも魅力的.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/11

番外:独断的歌舞伎感想文 六月大歌舞伎第二部 桜姫東文章下の巻

日記:2021年6月某日
歌舞伎座で「六月大歌舞伎第二部」を見る.
四世鶴屋南北 作,郡司正勝 補綴.「2106kabukiza_h_51b54e0ef783fb69492b23d40」.出演:清玄/釣鐘権助(仁左衛門),粟津七郎(錦之助),葛飾のお十(孝太郎),奴軍助(中村福之助),吉田松若(千之助),判人勘六(橘三郎),長浦(吉弥,残月(歌六),桜姫(玉三郎).
不義の罪に問われた清玄の弟子・残月と桜姫の局・長浦のわび住まい:地蔵堂.清玄はここで病を得て寝込んでいる.残月は金を得ようと青蜥蜴の毒で顔にあざのできた清玄を殺す.その墓堀に頼まれてきた釣鐘権助,女衒の手で地蔵堂に預けられた桜姫と再会する.桜姫は自分の妻だと名乗りを上げた権助,人妻を売ろうとしたとして残月・長浦を追い出し,一方で桜姫を売る算段に出かけていく.一人地蔵堂に残る桜姫,雷鳴で蘇った清玄は桜姫にまとわりつくが,誤って包丁で自身を刺し息絶える.帰ってきた権助は桜姫を廓に売るため共に出かけるが,その顔には清玄と同じあざが浮かんでいた….Img_20210611_130535
四世鶴屋南北の傑作の後半.運命に翻弄される桜姫,一方で自身の求めるものをそのまま追及する清玄・権助.その両者が桜姫のために命を落とし,迎える意外な大団円.長い物語を演じてきた玉三郎・仁左衛門に熱い拍手を送られずにいられない.玉三郎,仁左衛門はともに自身の揺るぎない世界を歌舞伎界に持っている.その二人が,南北描くところの数奇な運命をたどる役に取り組んだ充実した舞台に,深い感銘を持った.長く語り継がれるであろう稀有な舞台に,敬礼.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/10

独断的映画感想文:よこがお

日記:2021年6月某日
映画「よこがお」を見る.1_20210717211801
2019年.監督:深田晃司.
出演:筒井真理子(白川市子・リサ),市川実日子(大石基子),池松壮亮(米田和道),川隅奈保子(大石洋子),小川未祐(大石サキ),須藤蓮(鈴木辰男),大方斐紗子(大石塔子),吹越満(戸塚健二).2_20210717211801
訪問看護ステーションで働く看護師・市子は,献身的で誠実な業務で好評を得る.もと画家である大石家の気難しい祖母を看護し,家族の信頼も厚い.引きこもりだった基子は市子に傾倒,介護士を目指して妹の高校生・サキと共に勉強を市子に見てもらっている.
ある日2人の勉強を見ている喫茶店で,市子は甥の辰男と行き会う.その後サキが行方不明となる事件が発生,数日後発見されるが,サキを拉致監禁していた犯人は辰男だった.市子は辰男が甥であることを,サキと基子の母・洋子に告げようとするが,市子が大石家に出入りしなくなる事態を恐れた基子の強硬な反対で思いとどまる.5_20210717211801
しかし市子が子連れの医師・戸塚と近々結婚すると知った基子の態度は豹変,メディアに辰男と市子の関係を伝え,市子を中傷する情報をメディアに流す.メディアが事業所や自宅を取り巻き,市子は仕事も自宅も戸塚もすべてを失う結果となる….3_20210717211801
映画の冒頭は,全てを失った市子が変名で基子の恋人・和道に近づき,基子から彼を奪い取るべく働きかけるシーン.市子の不条理な状況は判るし,基子への復讐を目指す心理状態もわかる.しかしこの映画には曖昧なところが多すぎる.
辰男はなぜサキを襲ったのかは,全く説明されない.時系列が良く判らないことも映画を理解し難くしている.ラストシーンは事件からどのくらいたった後だったのか(辰男は刑務所から出てきたし基子はもう介護士として働いているので,数年は経っているのかもしれない).あいまに挿入される,市子の精神の動揺を示すような妄想シーンも,腑に落ちないままだ.回収されない伏線らしい映像も,妄想だったのかもしれないが,区別は出来ない.4_20210717211801
見終わった後に「?」がいくつも残る作品.ヘアヌードまで見せた俳優が気の毒だ.★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/08

番外:独断的歌舞伎感想文 六月大歌舞伎第一部 御摂(ごひいき)勧進帳/夕顔棚

日記:2021年6月某日
歌舞伎座で,「六月大歌舞伎第一部」を見る.Img_20210608_103031
「一、御摂勧進帳(ごひいきかんじんちょう) 加賀国安宅の関の場」.出演:武蔵坊弁慶(芝翫),富樫左衛門(鴈治郎),斎藤次祐家(亀鶴),駿河次郎(歌昇),近江三郎(男寅),山城四郎(歌之助),出羽運藤太(吉之丞),新庄鈍藤太(松江),常陸坊海尊(桂三),源義経(雀右衛門).川尻清潭 作.「二、夕顔棚(ゆうがおだな)」.出演:婆(菊五郎),里の男(巳之助),里の女(米吉),爺(左團次).
御摂勧進帳は別名芋洗い勧進帳,本家の勧進帳と筋は同じだが,本来は顔見世狂言の荒事だ.義経一行を無事に通過させた代わり人質となってぐるぐる巻きに縛られた弁慶が,頃は良しと縄をぶち切って大暴れ,番卒やら役人やらの首を捥いでは桶に投げ込み,金剛杖でかき混ぜ洗うというスプラッター喜劇.これは10年前にやはり芝翫(当時は橋之助)主演で見ている.確かに芝翫はこういう荒事にうってつけだ.
夕顔棚は6年前にも見たが,配役はほぼ今回と一緒(違いは今回米吉が前回は梅枝だったのみ).楽しくほのぼのとした踊りの演目だが,年を取った分,見ていて切なくなってくる.80を越した左團次と2年後輩の菊五郎の爺婆が,何とも言えない良い雰囲気だ.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/06/04

番外:独断的歌舞伎感想文 国立劇場委歌舞伎鑑賞教室:人情噺文七元結

日記:2021年6月某日
国立劇場へ.6月歌舞伎鑑賞教室を見る.R0306kabuki_flyer1_f
「解説 歌舞伎のみかた」.解説:中村種之助.三遊亭円朝=口演,竹柴金作=脚色,尾上菊五郎=監修,国立劇場美術係=美術.「人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)二幕四場」.序幕:第一場 本所割下水長兵衛内の場,第二場 吉原角海老内証の場.二幕目:第一場 本所大川端の場,第二場 元の長兵衛内の場.出演:左官長兵衛(尾上松緑),女房お兼(中村扇雀),和泉屋手代文七(坂東亀蔵),鳶頭伊兵衛(中村種之助),娘お久(坂東新悟),和泉屋清兵衛(市川團蔵),角海老女房お駒(中村魁春).R0306kabuki_flyer2_f
悪役の出てこない人情噺.それぞれ色合いのはっきりした役を相応しい役者が演じて,明快で楽しいお芝居だった.松緑の長兵衛は初役だそうだが,吉原角海老内証の場でのお久と長兵衛のやり取りが泣かせる.お兼・長兵衛のぽんぽんとした応酬も面白い.亀蔵の文七,團蔵の和泉屋もいい味だが,自分と同い年の團蔵が足取りが少し覚束なくなったようで心配.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/05/31

独断的映画感想文:象は静かに座っている

日記:2021年5月某日
映画「象は静かに座っている」を見る.1_20210602185101 2018年.監督:フー・ボー.
出演:チャン・ユー(ユー・チェン),ポン・ユーチャン(ウェイ・ブー),ワン・ユーウェン(ファン・リン),リー・ツォンシー(ワン・ジン).6_20210602185101 失業して家に居る父親と衝突する日々を過ごすブーは,友人カイが不良のシュアイの携帯を盗んだと絡まれているのをかばううち,シュアイが階段から転落し救急搬送される結果となる.現場から逃走したブーは,遠くに逃げようと考える.
シュアイの兄:チェンが親友の妻と寝た朝,その親友が突然帰宅する.親友はチェンを見るとそのまま高層アパートの窓から飛び降りる.親友の妻はチェンのことを警察には言わなかったが,チェンは親友の母親に,自分が自殺現場に居合わせたことを告白する.
ブーと同じ狭いアパートに娘一家3人と暮らしているジンは,老人ホームに行くよう勧められるが,愛犬が飼えなくなるからと断り続けている.ところがこの日,愛犬は迷い犬に咬み殺されてしまった.飼い主は開き直り,逆に自分の犬の心配をするばかり.娘はこれで老人ホームに行けることになったと喜ぶ.4_20210602185101 ブーの同級生リンは母子家庭の子,仕事に多忙な母親から罵倒され続ける生活を送る.心のよりどころを担任教師に求め関係を持つが,その現場を盗撮した動画がネットに拡散し身の置き所を失う….
第68回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞および最優秀新人監督賞受賞作,4時間に近い大作は,監督のデビュー作であり遺作でもある.
さびれた田舎町で鬱屈した日々を送り追い詰められた4人の男女,彼らはその田舎町に掲示された,満州里のサーカスにいる,只一日座っているだけの象のポスターを見ている.それぞれの経緯で街に居られなくなった彼らが,満州里を目指す旅に出立する物語.
2_20210602185101長尺の映画だが,長さを感じることはなく,むしろゆったりとした映画の流れに身を任せる愉楽を味わうことができる.出だしは一種の群像劇と思われたが,長い時間の中でさまざまに描写されていくうちに,彼らの相互の関係や抱えた状況の詳細が,自然に身に染み込んでいく.
映像には特徴があり,被写界深度を浅くしたカメラが人物の大写しをするその背後で,物語が進行していく.普通の映画では,観客は物語の進行に必要な情報を十分に与えられる「神の目」を持つのに対し(例えば主人公が手紙を読むときはその文面が直ちにクローズアップされる),この映画では背後にぼんやり映る情景から,物語の進行を読み取らねばならない.その大写しされる演技者たちはいずれも達者で,映画の緊張感を必要にして充分に表現している.
長回しが多用されることも大きな特徴だ.俳優たちのセリフも,あたかもシェークスピア劇の様に美しくまた多義的である.中でも,チェンが本来の恋人と会い,食事を共にし,結局別離する長いシーンは,哀切だ.5_20210602185101 映画という芸術の持つ力を堪能できる映画,一見の価値あり.★★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/05/25

番外:独断的歌舞伎感想文 五月大歌舞伎第一部 三人吉三/土蜘

日記:2021年5月某日
歌舞伎座で「五月大歌舞伎 第一部」を見る.Img_20210525_102150
河竹黙阿弥 作.「一、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ) 大川端庚申塚の場」.出演:お嬢吉三(尾上右近),お坊吉三(隼人),夜鷹おとせ(莟玉),和尚吉三(巳之助).河竹黙阿弥 作.「二、新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)」.出演:叡山の僧智籌実は土蜘の精(松緑),平井保昌(坂東亀蔵),渡辺源次綱(中村福之助),坂田公時(鷹之資),碓井貞光(左近),ト部季武(弘太郎),太刀持音若(寺嶋眞秀),侍女胡蝶(新悟),源頼光(猿之助).
黙阿弥の特集のような第一部.「三人吉三」は,右近の「月も朧に白魚の…」に始まる名文句の朗々たるセリフ回しが痛快.隼人,巳之助の演技も含め,この物語の本来である,粋がった若い不良少年達の悲哀の顛末という側面がうかがえて,面白かった.
一方「土蜘蛛」は松緑のものを見るのは2回目,今回は猿之助とのがっぷり組んだ舞台が緊張感にあふれ,素晴らしい出来.前半花道に音もなく現れ,「如何に,頼光」と呼びかけるセリフが何ともスリリングだ.その後の踊りも技巧的に素晴らしいだけでなく,土気色の顔とらんらんたる眼光の醸し出す異様な雰囲気に引き込まれる.正体を現した後ジテの舞台も,長唄囃子連中のテンポアップした音楽と相まって,誠に魅力的.8歳の寺島眞秀の太刀持ちも素敵で,見ごたえある舞台だった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/05/16

独断的映画感想文:ライド・ライク・ア・ガール

日記:2021年5月某日
映画「ライド・ライク・ア・ガール」を見る.1_20210523221101 2019年.監督:レイチェル・グリフィス.
出演:テリーサ・パーマー(ミシェル・ペイン),サム・ニール(パディ・ペイン),サリヴァン・ステイプルトン(ダーレン),スティーヴィー・ペイン(スティーヴィー・ペイン),ジェネヴィーヴ・モリス(ジョーン・サドラー),マグダ・ズバンスキー(シスター・ドミニク),ブルック・サッチウェル(テレーズ・ペイン),アンネリーゼ・アップス(ブリジッド・ペイン),ザラ・ゾーイ(マリー・ペイン),ケイティ・キャッスルズ(マーガレット・ペイン).3_20210523221101 ミシェルはペイン家10人兄弟姉妹の末っ子.生後間もない時に母を交通事故で失うが,父・パディの愛情を受けて育つ.父は調教師,10人の子どものうち8人は騎手となったペイン家,ミシェルも15歳でレースにデビューする.
間もなく勝利を掴むが,その直後姉のブリジッドを落馬で失う.父はそのためミシェルをレースに出すことに消極的になり,ミシェルは17歳で父のもとを離れる.姉と同居し後ろ盾なしで乗馬の機会を求めるミシェル,苦労のかいあって少しずつ騎手としての実績を上げていく.5_20210523221101 2004年,無理な減量後のレースで勝利した彼女は,ゴール後に転倒した馬から投げ出され,頭蓋骨骨折の重傷を負う.不屈の精神でリハビリ後レースに復帰したミシェルは,幾たびも落馬や負傷に会いながらキャリアを積んでいく.2015年,ダウン症の兄・スティーヴィーの勤める厩舎の馬プリンスオブペンザンスに騎乗し,オーストラリア競馬界最高の栄誉・メルボルンカップに挑戦することになるが….
メルボルンカップで初めて女性騎手として勝利した,ミシェル・ペインの実話である.ミシェル・ペインの驚異の物語は,テリーサ・パーマーの好演を得て素晴らしい映画となった.プロットが面白く一気に映画を見ることができる.6_20210523221101 様々な騎乗のシーンが誠に美しく,特にデビュー前のミシェルが父の指導で夕日の丘を疾走するシーン,プリンスオブペンザンスに騎乗したミシェルが波打ち際を駆け抜けていく朝のシーンは,印象的.4_20210523221101 また,レース中競り合う競走馬たちのシーンは,スリリングで素晴らしい.わずかな隙間にミシェルとプリンスオブペンザンスが突っ込み抜けていく俯瞰のシーンは,いったいどうやって撮ったのだろう?
更に特筆すべきは,厩務員の兄スティーヴィーを演じるスティーヴィー・ペイン本人の演技で,全ての観客はこの人物への共感を抱くに違いない.バックに流れるケルト風の音楽も素敵だ.2_20210523221101 ★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/05/09

独断的映画感想文:ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

日記:2021年5月某日
映画「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」を見る.1_20210513110001
2019年.監督:グレタ・ガーウィグ.
出演:シアーシャ・ローナン(次女ジョー),エマ・ワトソン(長女メグ),フローレンス・ピュー(四女エイミー),エリザ・スカンレン(三女ベス),ローラ・ダーン(四姉妹の母),ティモシー・シャラメ(ローリー),メリル・ストリープ(マーチ伯母).
映画の冒頭,ためらった挙句出版社のドアを入るジョー・マーチ,編集者に原稿を読んでもらい,何とか採用され20ドルを獲得する.彼女は家を出て,ニューヨークで家庭教師をしながら文筆修行に励んでいるのだ.2_20210513110001
このジョーを中心に,貧しい青年と結婚したメグ,伯母と共にパリで絵の勉強をしているエイミー,家で暮らすベスの状況が描かれる.この間に,姉妹たちが一緒に過ごした7年前から現在に至るまでの映像が織り込まれて,映画の展開はなかなかに複雑.
かって隣家の大邸宅に住む少年ローリーに求愛されたジョーは,女性として社会に出たい気持ちが強く,これを断る.傷心のローリーはパリでエイミーと巡り合い,エイミーを愛するようになるが,エイミーはジョーの身替りは嫌だとこれに応じない.5_20210513110001
ニューヨークのジョーは編集者の求めに応じ大衆受けする作品を書くが,同宿のフレデリックに酷評され彼と絶好,おりしもベスの病状が悪化したとの連絡で帰郷する….
おなじみの若草物語を,ジョー・マーチの視点を中心に構成して描く映画.1949年版に比べて,大人になりかけているジョーの視点がはっきりしている.演じるシアーシャ・ローナンが堂々の演技で魅力的.3_20210513110001
ベスについては,1949年版のマーガレット・オブライエン(早世したベス役の彼女は,4姉妹女優の中で唯一生存しているそうな)の印象が強すぎて,今回のベス像には若干違和感が残るけど,あくまで個人の感想です.
映画の終盤になって,シアーシャ・ローナンが演じているのは,ジョー・マーチではなく原作者のオルコットその人ではないかという気がしてくるが,ハッピーエンドは良いことだ,見ごたえあり.8_20210513110001
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/05/05

独断的映画感想文:デイアンドナイト

日記:2021年5月某日
映画「デイアンドナイト」を見る.1_20210715071101
2019年.監督:藤井道人.
出演:阿部進之介(明石幸次,原案・企画も),安藤政信(北村健一),清原果耶(大野奈々),小西真奈美(トモコ),佐津川愛美(友梨佳),渡辺裕之(明石和幸),室井滋(明石京子),田中哲司(三宅良平).5_20210715071101
東京でバイト生活をしていた明石幸次は,父の訃報を聞いて秋田県の故郷に戻る.父は自動車修理工場を経営していたが,有名自動車メーカーの欠陥部品のリコール隠しを告発した挙句,業界・地域を挙げてのバッシングに出会い自殺したのだった.
父の残した借金返済に困惑する中,父と親交のあった養護施設代表の北村が現れる.北村は幸次に養護施設で働くことを勧め,幸次はそこで賄いの仕事につく.同僚の友梨佳,高校生の奈々との交流を得る一方,北村に指示された「夜の仕事」は,車の窃盗・解体・売却や,売春女性のマネージ等の犯罪行為だった.北村は善をなすためなら悪事も辞さずとの強い信念を持っていた.一方奈々は幸次に好意を寄せ心を開いてくるが….3_20210715071101
映画の前半は理不尽な幸次の父の死と,幸次の運命の変転,北村の裏の顔等に翻弄され,違和感が先行する映画だった.特に幸次の父が一方でリコール隠しを告発しながら,一方で北村の犯罪行為に加担していたという状況は,受け容れにくい.
しかし後半,幸次の父の苦闘の跡や,リコール隠しの告発をつぶした有名自動車メーカーの社員・三宅の跳梁が明らかになるに従い,映画の緊張感は増していき,主人公幸次の行動も共感できるようになる.4_20210715071101
特にこの中で描かれる大野奈々の,聖少女としての存在感は誠に印象的,演じる清原伽耶が素晴らしい.阿部進之介の熱演も心に残った.俳優たちの演技が存分に味わえる映画,その点が味わい深い.2_20210715071101
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/05/03

独断的映画感想文:愛がなんだ

日記:2021年5月某日
映画「愛がなんだ」を見る.0_20210714101801
2019年.監督:今泉力哉.原作:角田光代.
出演:岸井ゆきの(テルコ),成田凌(マモル),深川麻衣(葉子),若葉竜也(ナカハラ),片岡礼子,筒井真理子,江口のりこ(すみれ).
テルコは会社勤めの独身,ある日会社にマモルから電話がかかる.体調悪いので何か買ってきてくれないかと.
マモルとは友人の結婚式の2次会で出会った仲,手が綺麗で猫背のマモルに何故か惹かれたテルコ.いそいそと買い物をしてマモルのアパートに行き,煮込みうどんを作るが,その日はそのまま帰される.その後マモルと付き合うようになったテルコ,しかしマモルはテルコを都合のいい女として扱っているようだ.1_20210714101801
それでもマモルに入れあげるテルコは,仕事も2の次3の次となり,ついにクビとなる.これからはすべての時間をマモルのために使えると意気込んでアパートに行ったテルコ,しかしそのテルコの入れ込みがマモルの気に入らなかったか,その日以来マモルからの連絡はなくなった.その後久しぶりのマモルからの呼び出しに出てみると,マモルの隣には見知らぬ年上の女,すみれがいた.マモルとの仲をテルコは親友の葉子に愚痴るが,葉子は葉子で自分の信奉者で写真家の仲原を好きなように使い倒している….3_20210714101801
20代半ばの男女(ただしすみれは30代半ば)の恋愛模様を描く映画.
自分のような年代のものから見ると,まあどうでも良い映画である.特にテルコは,周辺が仕事にはきっちり対応し恋にも頑張っている中,マモルに入れあげて仕事も失くし,バイトしながら当てのないマモルとの恋を夢見ている状況は,共感しがたい.4_20210714101801
しかしこの映画の魅力は,俳優たちが達者でそれぞれの配役の人物がリアルに描かれていることだ.テルコも魅力的だし,仲原が片思いの状況に限界を感じ,葉子と別れる決意をテルコに綿々と語る長いシーンは,印象に残った.5_20210714101801
俳優ではすみれを演じる江口のりこの存在感が素晴らしい.
★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/04/30

独断的映画感想文:プライベート・ウォー

日記:2021年4月某日
映画「プライベート・ウォー」を見る.1_20210502165501
2018年.監督:マシュー・ハイネマン.
出演:ロザムンド・パイク(メリー・コルヴィン),ジェイミー・ドーナン(ポール・コンロイ),トム・ホランダー(ショーン・ライアン),スタンリー・トゥッチ(トニー・ショウ).2_20210502165501
映画の冒頭,果てしなく続く廃墟の街の俯瞰.
メリー・コルヴィンはロンドンに本拠を置くサンデータイムズの記者,戦場取材を専門とする.2001年,スリランカのタミル・イーラム解放のトラ(LTTE)の取材時に,政府軍の攻撃に巻き込まれ負傷,左目を失明する.以来彼女は,左目にアイパッチをつけるようになる.
2003年,イラクに入国した彼女は,カメラマン・ポールとチームを組み,米軍の庇護下を離れ独自の取材を行う.イラク軍の検問をかいくぐり,フセインに殺され埋められた人々の亡骸の発掘現場を取材する.4_20210502165501
2011年には内戦下のリビアに渡り,ポールと共にカダフィ大佐のインタビューに成功,その後殺害されたカダフィの遺体の置かれた現場も取材する.2012年,内戦中のシリアにポールと共に入国,2月21日政府軍包囲下のホムスで,反政府勢力側からの現場レポートの世界中継に成功するが….
どう目すべき戦場ジャーナリスト:メリー・コルヴィンの活動を描く.3_20210502165501
彼女の活動のすばらしさは,命をかけて戦場のただなかに飛び込むことだけでなく,そこで出会った人々にに勇気をもって厳しい質問をぶつけることだ.LTTEの指導者には,LTTEの支援物質横領の疑いについて切り込む.カダフィ大佐には反対派市民の大量殺害について追及する.
一方で,映画は彼女がPTSD(心的外傷後ストレス障害)で苦しむ姿,アルコールと煙草への耽溺,一夜限りのセックスをも描く.もがき苦しみながらも戦争の報道に命をかけるメリー・コルヴィンを,ロザムンド・パイクが好演.5_20210502165501
映画の冒頭に描かれる廃墟は,ホムスの市街であった.そしてそれは彼女の終焉の地でもある.政府軍の攻撃に倒れた彼女の亡骸から引いていくカメラが,冒頭と同じ映像につながるラスト・シーンは印象的.重い映画だが一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/04/26

独断的映画感想文:パーフェクト・センス

日記:2021年4月某日
映画「パーフェクト・センス」を見る.0_20210428200201
2011年.監督:デヴィッド・マッケンジー.
出演:ユアン・マクレガー(マイケル),エヴァ・グリーン(スーザン),ユエン・ブレムナー(ジェームズ),スティーヴン・ディレイン(スティーブン).
感染症学者のスーザン,恋に破れ荒れているさなか,奇病の患者が運ばれる.突然襲う悲嘆の発作のあと,嗅覚が無くなったと言う.同症状の患者が散発,感染症が疑われたがその証拠はない.やがてスーザン自身を襲う悲哀の発作,顔見知りのシェフ:マイケルに助けられるが,翌朝嗅覚は失われていた.2_20210428200201
その現象は世界中同時に発現し,マイケルは嗅覚に依存しないメニューの開発に忙殺される.やがて全人類を飢えの発作が同時に襲う.手当たり次第に身近にある食糧食材をむさぼった後では,全ての人の味覚が失われていた.この危機の中で恋に落ちたスーザンとマイケル,しかしその後怒りの発作が人類を襲う.スーザンに悪罵の限りを投げつけたマイケル,しかしその直後人々は聴覚を失う….
2011年の作品だが,コロナ禍の真っただ中にいる我々には極めてリアルなSF映画.まるで黙示録が現実化したような災厄が,人類に次々と襲い掛かる.マイケルとスーザンの恋が一方の軸とはなっているが,それとて物語の進展の前には何の力もない.1_20210428200201
当初一時的に嗅覚が失われたと理解されていた災いが,味覚そして聴覚と進むにつれ,絶望的雰囲気が社会を覆っていく.すでに聴覚を失った二人が,視覚を失う前兆として現れた至福の思い,全てを許し愛を渇望する思いに促され,互いを死に物狂いで探し合う終盤のシーンが印象的だ.3_20210428200201
何の罪でかはわからないが,人類は滅びるのだろう.しかし視覚を失う直前にお互いを抱きしめた二人は,そこで至高のものを得たのだろうか.今の状況下で心に残る作品,見て損は無し.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/04/25

独断的映画感想文:15年後のラブソング

日記:2021年4月25某日
映画「15年後のラブソング」を見る.1_20210501174201
2018年.監督:ジェシー・ペレッツ.
出演:ローズ・バーン(アニー・プラット),イーサン・ホーク(タッカー・クロウ),クリス・オダウド(ダンカン・トムソン),アジー・ロバートソン(ジャクソン).
映画の冒頭は,SNS上の動画で熱弁をふるうダンカンの画像,アルバム「ジュリエット」を残し90年代に突然表舞台から消えたロックシンガー:タッカー・クロウへの熱い思いを語る.4_20210501174201
アニーは港町サンドクリフに住む30代後半の女性,母は早くに失い,父亡きあとは彼が残した町の博物館を切り盛りし妹を養育してきた.今は大学講師ダンカンと暮らし,恋多きレズビアンの妹は博物館を手伝っている.
ある日ダンカン宛に「ジュリエット」のデモテープの音源が送られてくる.開けて先に聞いてしまったアニー,ダンカンはそのデモテープを傑作と評し自身が主催するファンサイトに書き込むが,アニーは正規のアルバムよりデモテープが良い訳はないというまっとうな評をファンサイトに書き込み,ダンカンと衝突する.ところがある日アニー宛に「君の方が正しい.ファンサイトの奴らはいかれてる」というメールが来る.メールの主はタッカー・クロウ本人だった….3_20210501174201
この後ダンカンは新しい同僚の若い女性と浮気してアニーに家を追い出され,一方タッカーは母親の違う5人の子どものうちロンドンに住むリンジーが出産するというので,アメリカから末っ子のジャクソンを連れてロンドンにやってくる.ところが軽い心臓発作を起こしたタッカーは,退院後ジャクソンと共にサンドクリフのアニーのもとに転げ込む.ダンカンはタッカーと海岸で偶然出会うが,妄想に凝り固まったファンとしてダンカンはタッカーの現在を容認できない…というラブコメディ.5_20210501174201
青春時代の音楽と失われた年月をテーマに,人生の再生を描く物語は,悪くない.主演のローズ・バーンとイーサン・ホークが魅力的で楽しい映画.子役のジャクソンが誠に可愛く,それに免じて評価ワンランクアップ.2_20210501174201
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/04/14

独断的映画感想文:スパイの妻

日記:2021年4月某日
映画「スパイの妻」を見る.1_20210415202901
2020年.監督:黒沢清.
出演:蒼井優(福原聡子),高橋一生(福原優作),東出昌大(津森泰治),坂東龍汰(竹下文雄),笹野高史(野崎医師).
日本が戦争へと大きく舵を切っていく昭和15年.貿易会社の社長夫妻として何不自由ない生活を送っている福原優作・聡子の夫妻.新たに神戸に憲兵隊分隊長として赴任してきた聡子の幼馴染・津森は,優作に彼の友人の英国人バイヤーをスパイとして逮捕したことを告げ,夫妻の洋風の生活を改めるよう注意する.そのような警告に頓着しない優作は,社員で甥の文雄を連れ満州旅行に赴く.5_20210415202901
予定より大幅に遅れて帰ってきた優作たち,その後文雄は有馬の旅館で創作に専念するためと称し退職,一方優作たちと共に満州から帰国した女性・草壁弘子が殺された件で,聡子は津森から呼び出しを受ける.2_20210415202901
不審を覚えた聡子に問い詰められ,優作は満州で陸軍部隊の人体実験現場を目撃,その証拠のフィルム・文献を証人の弘子と共に持ち帰ったこと,そのことを世界に明らかにしようと考えていることを打ち明けるが….7_20210415202901
蒼井優,高橋一生,東出昌大の演技で見せる映画.津森は聡子に恋心を抱いているが,自分の職掌は裏切れない.福原夫妻のこの時代と相いれない生活ぶりは,津森を心配させると同時に観客をもやきもきさせる.6_20210415202901
それを下地に降って湧く,国家機密を漏洩しようという大胆な活動.淡々と計画的に動く優作と,売国奴の妻となるにもかかわらず水を得た魚のように活発に行動する聡子の対比が面白い.プロット自体にはそれほど驚かされなかったが,主演3名の演技でがぜん面白くなった映画.
★★★☆(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/04/10

独断的映画感想文:ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

日記:2021年4月某日
映画「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」を見る.1_20210410201801
2016年.監督:フレデリック・ワイズマン.
ニューヨーク公共図書館(NYPL)の活動を描いた205分にわたる長編ドキュメンタリー映画.DVDで借りたが,まとまった時間がようやくとれて見ることができた.
映画は,NYPL中央図書館の各部門の活動,地域分館の活動,スタッフ会議,各分館での会議,外部支援者を交えた委員会の模様をつぶさに紹介する.また,ブルーノ・ワルター講堂での音楽セッションや著者を招いてのトークセッション(エルビス・コステロも登場する),読書会の模様やパソコン講座,子供向け読み聞かせや勉強会の模様,研究図書館(特に黒人文化研究図書館の活動が詳しい)での講演会などが,詳細に伝えられる.2_20210410201801
スタッフ会議では,市の予算獲得のための方策の議論,どのような施策が必要とされているかの詳細なリサーチ,電子本の貸出しシステムの検討等の議論が重ねて行われるが,いずれも明快で真摯な議論で,お役所仕事的な雰囲気は微塵もない.常に利用者に支持されるために何を改善し何を目指していくかが,真剣に議論されている.3_20210410201801
公共サービスに係るスタッフやボランティアには,まことに刺激的な映画だ.長尺だが,紹介されている講演内容もいちいち面白く興味深くて,全く退屈しない.見て損は無し.★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/28

独断的映画感想文:パリの家族たち

日記:2021年3月某日
映画「パリの家族たち」を見る.1_20210405223301 2018年.監督:マリー=カスティーユ・マンシヨン=シャール.
出演:オドレイ・フルーロ(アンヌ),クロチルド・クロ(ダフネ),オリヴィア・コート(ナタリー),パスカル・アルビロ(イザベル),ジャンヌ・ローザ(ブランシュ),カルメン・マウラ(テレーズ),ニコール・ガルシア(アリアン),ヴァンサン・ドゥディエンヌ(スタン),マリー=クリスティーヌ・バロー(ジャクリーヌ),パスカル・ドゥモロン(ジャック),ギュスタヴ・ケルヴェン(グレゴワール),ノエミ・メルラン(ココ),グザヴィエ・マリー(シャルル),ロリータ・シャマー(ドミニク),メディ・ブディナ(フレッド).2_20210405223301 母と子どもたちの関係を描く群像劇.
ダフネ,ナタリー,イザベルは3人姉妹.母ジャクリーヌは詩人だが認知症が進んでいて,娘たちはその世話に困惑し,また必ずしも良き母親ではなかった彼女に反発している.ダフネはインタビュアーでシングルマザー.娘は思春期になりかかり,息子はまだ幼い.2人の世話はナニーのテレーズが親身に見ているが,テレーズは実は初の女性フランス大統領アンヌの母親である.
ナタリーは大学教授,母性への反発を隠さず,自身は教え子のフレッドとの恋愛を楽しんでいる.イザベルは医者で養子を迎えることを考えている.3_20210405223301 フレッドの通うタップダンス教室には,舞台女優マリアンが脳梗塞後のリハビリを兼ねて通っている.その息子のスタンはカフェを営むが,母が心配で過剰に母に干渉する一方,恋人のココが妊娠しているのにも気が付かない.
ココが働いている花屋は叔父のジャックが店主,ジャックは死んだ母親の強い影響を自覚しつつ,ゲイである自分をなかなか正当化できない.
大統領アンヌは任期中に出産をし3か月の愛児を育てているが,大統領の立場に自信を失いかけている….8_20210405224001
出だしは大勢の登場人物の物語が一斉に進行し始め混乱しがちな群像劇だが,嫌いではない.慣れてくるといろいろな場面で行き交う登場人物たちの関係もわかってきて,がぜん面白くなってくる.
本作はテンポも良く,それぞれの登場人物への目配りもバランスよい.何よりメインのテーマの母子関係の様々なありようが興味深い.映画を通じて各登場人物は,何らかの形で母子関係の悩みを一歩前進させるヒントをつかむようだ.
終盤,母の日に国民向けに単独インタビューに応じる決断をしたアンヌが,ダフネの問いに,母として自信をもって再選に臨むと答えるシーンが印象的だ.5_20210405223301
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/25

番外:独断的歌舞伎感想文 猿若江戸の初櫓/戻駕色相肩

日記:2021年3月某日
三月大歌舞伎第1部を見る.Photo_20210805143401
田中青滋 作.「一、猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)」.出演:猿若(勘九郎),出雲の阿国(七之助),若衆(宗之助),若衆(男寅),若衆(虎之介),若衆(千之助),若衆(玉太郎),若衆(鶴松),福富屋女房ふく(高麗蔵),福富屋万兵衛(彌十郎),奉行板倉勝重(扇雀).「二、戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)」.出演:浪花の次郎作(松緑),禿たより(莟玉),吾妻の与四郎(愛之助).
猿若江戸の初櫓は,一座が京の都から江戸に来て旗揚げをする物語の舞踊,勘九郎の表桁踊りは健在,若衆を踊る若手の男寅,虎之介,千之助,玉太郎,鶴松を見比べるのが楽しい,みな踊りが達者で何より.
戻駕色相肩は,過去歌舞伎座で2回見ているがいずれも松緑が出ている.一昨年は浅草公会堂で見て,禿は今回と同じ莟玉(当時は梅丸).踊りも素敵だが,駕籠かきの両名が実は石川五右衛門と真柴久吉というオチがつき,第3部の楼門五三桐と呼応する趣向も面白い.楽しかった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/22

独断的映画感想文:1917 命をかけた伝令

日記:2021年3月某日
映画「1917 命をかけた伝令」を見る.1917-1 2019年.監督:サム・メンデス.
出演:ジョージ・マッケイ(ウィリアム・スコフィールド),ディーン=チャールズ・チャップマン(トム・ブレイク),マーク・ストロング(スミス大尉),リチャード・マッデン(ジョセフ・ブレイク),コリン・ファース(エリンモア将軍),ベネディクト・カンバーバッチ(マッケンジー大佐).
1917年4月の西部戦線,ドイツ軍は撤退し英軍は追撃戦を仕掛ける.第2大隊の1600名は翌朝攻撃開始の予定だが,空軍偵察でドイツ軍の撤退は計画的で,第2大隊の行く手には強力な防衛線が待ち構えていることが判明する.1917-6 通信手段のない中,エリンモア将軍はトムとスコフィールドの2名の上等兵を伝令とし,直接大隊長に攻撃中止の将軍命令を伝えるよう命じる.第2大隊にはトムの兄ジョゼフ中尉がいた.2人は塹壕から出て無人地帯を突破,トラップの仕掛けられているドイツ軍の放棄塹壕を辛くも抜けて,第2大隊の布陣する森を目指すが….1917-4 驚くべき映画である.脚本は,第1次大戦で英軍の伝令兵として従軍した監督の祖父:アルフレッド・メンデスの回想に基づく.
その映画をサム・メンデスは,全編ほぼワンカットと見える映画として作り上げた.そのため伝令2人の1昼夜の行動を描くこの物語を,観客はリアルタイムの,その場にいる者の体験として見ることができる.1917-5 死屍累々たる戦場の残酷さと同時に,凄惨な戦場であるが故に作られる兵士の信頼と友情も,この映画は見事に描いている.全編,一時も目を離すことのできない緊張感あふれる作品.1917-2 主演:ジョージ・マッケイの演技も素晴らしい.すべてが終わった後のエピローグで,初めて家族の写真を取り出し見入るスコフィールドの雰囲気が味わい深い.★★★★☆(★5個が満点).1917-3 にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/21

番外:独断的歌舞伎感想文 時今也桔梗旗揚

日記:2021年3月某日
国立劇場で「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ) 三幕」を見る.R0303kabuki_flyer2_f
四世鶴屋南北=作,中村吉右衛門=監修,国立劇場美術係=美術.「序幕 饗応の場,二幕目 本能寺馬盥の場,大詰 愛宕山連歌の場」.出演:武智光秀(尾上菊之助),小田春永(坂東彦三郎),光秀妻皐月(中村梅枝),森蘭丸(中村萬太郎),光秀妹桔梗(坂東新悟),森力丸(中村鷹之資),山口玄蕃(中村吉之丞),住職日和上人(片岡亀蔵),連歌師宇野丈巴(河原崎権十郎),安田作兵衛(中村又五郎).
冒頭に「入門 歌舞伎の“明智光秀”」ご案内:片岡亀蔵.
この芝居は2014年に松緑の光秀・梅枝の桔梗で見たのが良かった.今回は菊之助が吉右衛門監修の芝居をきっちりやって,声など別人のようである(吉右衛門の声色ではないかと思うほど).菊之助の2枚目ぶりとまだぴったり来ない感じがあり,また何年か経って見てみたい.幕切れの光秀の哄笑も,彦三郎の春永が大音声で怒鳴りまくったせいか,ややそれに負けていた印象もあり.
でもこの芝居はやはり好きな芝居.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/16

独断的映画感想文:永遠の門 ゴッホの見た未来

日記:2021年3月某日
映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」を見る.1_20210316214801
2018年.監督:ジュリアン・シュナーベル.
出演:ウィレム・デフォー(フィンセント・ファン・ゴッホ),ルパート・フレンド(テオ・ファン・ゴッホ),マッツ・ミケルセン(聖職者),マチュー・アマルリック(ポール・ガシェ医師),エマニュエル・セニエ(ジヌー夫人),オスカー・アイザック(ポール・ゴーギャン).
パリで弟テオの支援のもと画家として制作に励むゴッホ.しかしパリでの画家同士の付き合いも彼には苦痛で,パリの寒さも身体を蝕む.唯一親交を得たゴーギャンは,彼に南の太陽を求めてアルルに行けと勧める.2_20210316214801
アルルに居を構えたゴッホは,アルルの風景に癒されるが,地元の人間とは衝突が絶えない.そこに待ち兼ねたゴーギャンがやってきて,二人は情熱的な交友と画作に没頭する.しかしゴーギャンも地元の人間関係に悩まされ,パリで一定の評価を得たことでアルルを離れることになる.絶望したゴッホは自らの耳を切り,病院に収容された….3_20210316214801
ゴッホは子供の時から好きである.1957年公開の監督:ヴィンセント・ミネリ・主演:カーク・ダグラスの「炎の人ゴッホ」の予告編を見た記憶があるが,この映画は怖いシーンがある(多分耳切りのことだろう)ということで,親に見せてもらえなかった.
本作の特徴は,ゴッホの主観に極力寄り添った映像・描写の映画であることだ.そのため手持ちカメラの手振れ映像や画面の下半分がぼやけたシーン(意図は良く判らないがゴッホの視点なのだろう)が多用されて,悩まされる.画面の人物が喋っているとは思えない幻聴のような声も聞こえて,見ているシーンが現実なのかどうか判らなくなる場面も多い.5_20210316214801
それにもかかわらずこの映画は,自身の画家としての才能にゆるぎない信念を持ち,一方で意図せざる意識の混乱に恐れを抱くゴッホの心情を,まざまざと描写して誠に感銘的だ.
サン=レミ療養所での療養を終えた時,聖職者と交わした長い会話も印象深い.画家になる前は父のあとを継いで牧師でもあったゴッホは,問われるまま,神は自分を送る時代を間違えたのだと言う.神に間違いがあるのかと問い返す聖職者に対し,ゴッホは自分は未来の人々のために絵を描いているのではないか,と答える.この映画はこういう点では,ある種のファンタジーかもしれない(例えば,ゴッホ自身の人間的不品行については全く触れられていない).4_20210316214801
それでも映画として一見の価値あり,見て後悔なし.俳優はウィレム・デフォーがさすがの好演,彼を看取ったガシェ医師役のマチュー・アマルリック(この人も007からコメディまでいろいろな映画で会う)が魅力的だった.
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/12

番外:独断的歌舞伎感想文:熊谷陣屋/直侍

日記:2021年3月某日
歌舞伎座「3月大歌舞伎第2部」を見る.Kabukiza2103_h_442c35dd1b8cff4d088af0dc0
「一、 一谷嫩軍記 熊谷陣屋(くまがいじんや)」.熊谷次郎直実(仁左衛門),源義経(錦之助),熊谷妻相模(孝太郎),梶原平次景高(松之助),堤軍次(坂東亀蔵),藤の方(門之助),白毫弥陀六実は弥平兵衛宗清(歌六).河竹黙阿弥 作.「二、雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち) 直侍-浄瑠璃『忍逢春雪解』-」.出演:片岡直次郎(菊五郎),三千歳(時蔵),寮番喜兵衛(橘三郎),亭主仁八(橘太郎),暗闇の丑松(團蔵),按摩丈賀(東蔵).
第2部は,3時間の間にこの時代物と世話物の名狂言を見せる濃厚な舞台.しかも片や仁左衛門の熊谷,此方は菊五郎の直侍と役者が揃って,誠に見応えあり.
熊谷陣屋は主演仁左衛門は無論のこと,共演の錦之助,孝太郎,歌六らも趣深く素晴らしい.いつもこの悲劇を見て思うのだが,一子を身替りに殺されたうえ熊谷に後は頼むと出て行かれる相模が,あまりに可哀そう.
直侍も役者が揃っている.菊五郎の直侍は天保の時代の無頼漢はかくあったろうと思わせる.蕎麦屋,按摩,丑松もそれぞれ役にピッタリだし,新造で出ている京妙と時蔵の花魁の対比も鮮やかで,味わい深い.この芝居を見ると,熱燗でそばが食べたくなる.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/07

独断的映画感想文:スキャンダル

日記:2021年3月某日
映画「スキャンダル」を見る.6_20210310184001
2019年.監督:ジェイ・ローチ.
出演:シャーリーズ・セロン(メーガン・ケリー),ニコール・キッドマン(グレッチェン・カールソン),マーゴット・ロビー(ケイラ・ポスピシル),ジョン・リスゴー(ロジャー・エイルズ),マルコム・マクダウェル(ルパート・マードック).2_20210310184001
事実に基づく映画.トランプが大統領選出馬を目指していた2016年,フォックスニュースの人気キャスター:メーガン・ケリーは,CEOロジャー・エイルズの支持のもとトランプともやりあっていた.一方先輩キャスターのグレッチェン・カールソンは,ロジャーのセクハラを拒否したため朝のメインキャスターを降板させられ,昼の番組のアンカーとなっている.
グレッチェンの下にいたケイラは彼女に見切りを付け,ロジャーと会うチャンスを探る.しかしロジャーと会ったケイラは,「忠誠心」のためと称しスカートをたくし上げるよう命じられる.1_20210310184001
グレッチェンはやがてクビを宣告され,弁護士に相談の上ロジャーをセクハラで提訴する.社内は騒然となり,ロジャーを支持するTシャツが配られる中,メーガンは沈黙を守り続けた….
米国民にはこのフォックスニュースのスキャンダルは,既に報道を通じて充分知られていることなのだろうが,白紙の状態で見る自分には冒頭はやや判りにくい.しかしテンポよく進む物語の進展にぐいぐい引き込まれる.4_20210310184001
なんといってもシャーリーズ・セロンをはじめとする俳優の必要にして充分な演技が素晴らしい.勧善懲悪に単純化されない,女性キャスター・スタッフたちの確執や心理的動揺が,結果の判っている物語を面白くしている.メーガン自身,ロジャーにセクハラを受けつつも,ロジャーに抜擢され政治的危機に際し強くバックアップされたことを回想している.
見ごたえのある映画であり,エンターテインメント.★★★★(★5個が満点).5_20210310184001
蛇足:フォックス会長ルパート・マードックを演じるマルコム・マクダウェルは,1968年の名画「if もしも…」で主役のやんちゃ高校生を演じた人.その面影が窺えて懐かしい.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/03/02

独断的映画感想文:サウダーヂ

日記:2021年3月某日
映画「サウダーヂ」を見る.1_20210310195901
2011年.監督・脚本:富田克也.
出演:鷹野毅(堀精司),伊藤仁(保坂ビン),田我流(天野猛),ディーチャイ・パウイーナ(ミャオ),尾崎愛(まひる),工藤千枝(堀恵子),デニス・オリヴェイラ・デ・ハマツ(デニス),イエダ・デ・アルメイダ・ハマツ(ピンキー).4_20210310195901
不況下の甲府市.土方一筋に生きてきた精司は,タイパブのホステス・ミャオに入れあげている.精司の現場には,タイ帰りのビンちゃんがいる.
新しく派遣されてきた猛はヒップホップグループ・アーミービレッジのヴォーカル,精司やビンちゃんと行ったタイパブにはなじめない.市内に住むブラジル人らのヒップホップグループ・スモールパークとライブでやり合うが,ブラジル人たちのノリにはかなわない.猛は外国人を敵視するようになり,ライブで歌う内容も過激になっていく.3_20210310195901
猛の元恋人・まひるは口先だけのLove & Peaceをスローガンにイベントを企画する女性,彼女が主催するブラジル人たちとの共演ライブの夜が迫ってきた….
映画制作集団「空族」の作品,DVD等のソフトにはなっておらず劇場でしか見ることはできない.今回は日本映画専門チャンネルの空族特集の放映で見た.5_20210310195901
甲府を舞台とした群像劇だが,土方の一群,ブラジル人グループ,タイパブの女性たち,猛の家族,ヒップホップグループと登場人物が多い割には,話が明快で判り易い.2_20210310195901
不況がじわじわ進む中,刹那的な歓楽に喜びを得る者たちの一方で,敵意を膨らませる猛たち.167分の長尺ながら緊張感が維持され,長さを感じない.猛のとった行動,精司の見た一瞬の幻が重なっていく終盤は,印象深かった.
映画らしい映画,見応えあり.★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/02/26

番外:独断的歌舞伎感想文 2月大歌舞伎第1部 十種香/泥棒と若殿

日記:2021年2月某日
「2月大歌舞伎第1部」を見る.Img_20210219_135514
「一、本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう) 十種香」.出演:八重垣姫(魁春),武田勝頼(門之助),白須賀六郎(松江),原小文治(男女蔵),腰元濡衣(孝太郎),長尾謙信(錦之助).山本周五郎 作/矢田弥八 脚色/大場正昭 演出.「二、泥棒と若殿(どろぼうとわかとの)」.出演:伝九郎(松緑),松平成信(巳之助),迎えの侍(男寅),同(左近),宝久左衛門(弘太郎),梶田重右衛門(亀鶴),鮫島平馬(坂東亀蔵).
十種香は八重垣姫の名場面ながら,起承転結でいえば「承」のみの舞台のようなもので,若干退屈.まだまだ修行が足りません.
「泥棒と若殿」は,お家騒動であばら家に逼塞している若殿と,初めての泥棒をしにはいった伝九郎とが友達になり…という芝居.テンポが良く松緑・巳之助のコンビも好感が持てる.しかしなぜこの二人が親友にまでなったのか,お家騒動の事情はどうなっているのか,が判らず腑に落ちないまま話は終わってしまった.終盤やけに説教臭い展開になったと思ったら,原作は山本周五郎だった,納得.
10時半から始まる第1部で客は少なく,盛り上がりには欠けたが,1時間の芝居2つで今月の番組では一番ずっしりとしている.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/02/25

独断的映画感想文:Red

日記:2021年2月某日
映画「Red」を見る.1_20210329184501
2019.監督:三島有紀子.
出演:夏帆(村主塔子),妻夫木聡(鞍田秋彦),柄本佑(小鷹淳),間宮祥太朗(村主真),片岡礼子(ふみよ),酒向芳(睦夫),山本郁子(村主麻子),浅野和之(村主宏),余貴美子(緒方陽子).
映画の冒頭,大雪の道路脇の電話ボックス,塔子が出てくる.車の脇でタバコを吸いながら待つ鞍田.道路を疾走するトラックの荷台から千切れた赤いフラッグが,白い雪の上に落ちる.2_20210329184501
塔子は夫・真,義父母,一人娘の翠と暮らす主婦.真は仕事一辺倒の人間,塔子には主婦と母親の役割を求める.塔子の父は女を作って音信不通だが,真の指示で義父母には父はアメリカ滞在中と言い繕っている.ある日真に連れられて出た会合で,真から先に帰るようメモを渡された塔子は,そこで10年前の恋人鞍田と会う.4_20210329184501
いきなり激しいキスをされた塔子,その日は海岸までのドライブを楽しむが,しばらくして鞍田の勤める建築設計事務所の求人案内が家に届いた.学生時代建築士・鞍田のアシスタントのバイトを務めた塔子は面接に合格,真を口説き落として設計事務所で働くことに.仕事が軌道に乗ったある日,求められて鞍田のサポートを勤めた塔子は,その日のうちに鞍田と深い関係になる….3_20210329184501
いかにも「上級国民」的な村主家,そこから疎外され家族になり切れない塔子の心理は共感できる.一方で鞍田との恋にのめりこんでいく塔子の動き,特に終盤の大雪のなか鞍田と先の見えない道行に至る展開は,やや違和感を感じざるを得ない.
それでも夏帆と妻夫木の情念的なラブシーンは見応えがあった.柄本佑は良い芝居だったので,登場シーンが少ないのが残念.映画全体としては印象的なシーンが多かった.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/02/21

独断的映画感想文:マチネの終わりに

日記:2021年2月某日
映画「マチネの終わりに」を見る.1_20210329183001
2019年.監督:西谷弘.
出演:福山雅治(蒔野聡史),石田ゆり子(小峰洋子),伊勢谷友介(リチャード新藤),桜井ユキ(三谷早苗),木南晴夏(中村奏),風吹ジュン(小峰信子),板谷由夏(是永慶子),古谷一行(祖父江誠一).
国際的に活躍するギタリスト:蒔野聡史,あるコンサートで小峰洋子と知り合う.洋子は国際通信社の記者で今はパリで勤務,洋子にはフィアンセがいると知りつつ一目惚れした聡史は,スペイン公演の前にパリを訪れ,洋子に交際を迫る.
しかしスペイン公演に約束した洋子は来ず,当夜の聡史は演奏を途中で放棄するという,プロとして致命的な結果となる.その夜パリに戻った聡史は,洋子が同僚の事故で来られなかったと知り献身的にその世話をする.二人の間に愛が芽生え,洋子は婚約を解消して帰国することになるが….3_20210329183001
すれ違いメロドラマだが,この後の展開がひど過ぎる.
偶然に乗じ聡史のマネジャー早苗が仕掛けた偽メールで,二人の中は破綻し聡史は早苗と,洋子はフィアンセとそれぞれ結婚し子どももできる.その4年後,聡史のカムバック公演直前に早苗は突然,洋子と聡に自分が行った偽メールの仕掛けをばらし,姿を消してしまう.その結果2人はN.Y.のカムバック公演後,セントラルパークで巡り合う.2_20210329183001
これでハッピーエンドなのか?それぞれのパートナーは,子どもはどうなるのだ?現実には全く考えられない隙だらけの脚本で,全く納得できない.福山・石田の演技も顔のアップばかりで,如何にもテレビドラマ風の演出と感じられ共感できない.彼らのパリでの会話も上滑りしたリアルさの感じられないもので,評価しがたい.最後の早苗の行為に至っては,いったい何なのか理解不可能.
☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/02/19

番外:独断的歌舞伎感想文 2月大歌舞伎第2部 土手のお六/鬼門の喜兵衛/神田祭

日記:2021年2月某日
歌舞伎座2月大歌舞伎第2部を見る.Kabukiza2102_h_1000_5fa8180208ea487e9c51
四世鶴屋南北 作・渥美清太郎 改訂.「一、於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり) 土手のお六/鬼門の喜兵衛」.出演:土手のお六(玉三郎),山家屋清兵衛(権十郎),髪結亀吉(中村福之助),丁稚長太(寺嶋眞秀),庵崎久作(吉之丞),油屋太郎七(彦三郎),鬼門の喜兵衛(仁左衛門).「二、神田祭(かんだまつり)」.出演:鳶頭(仁左衛門),芸者(玉三郎).
土手のお六は良くできた芝居だ.長い狂言の一部だけど,美男美女の悪党の強請の失敗の顛末が起承転結テンポよい.演じる玉三郎,仁左衛門は,特に小梅の莨屋の場が美しい.店に出入りするそれぞれの関係者の話,預けていく小道具を眺めながら黙って酒を飲む二人.立ち上がる頃にはもう悪事の筋書きが二人の中に出来上がっている.その後の悪事の仕掛けをしながらの二人の美しい見得が浮世絵のようで,緊張感にあふれ素敵.それが瓦町油屋の店先の場で,見事に失敗する顛末も見ごたえあり.
神田祭は棟梁・芸者の美しい踊りに酔うばかり.まさに一世を風靡するご両人だった.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/02/13

独断的映画感想文:影裏

日記:2021年2月某日
映画「影裏」を見る.1_20210214205901
2020年.監督:大友啓史.
出演:綾野剛(今野秋一),松田龍平(日浅典博),筒井真理子(西山),中村倫也(副島和哉),平埜生成(清人),國村隼(日浅征吾),永島暎子(鈴村早苗),安田顕(日浅馨).2_20210214205901
沼田真佑の芥川賞受賞作が原作.岩手に異動となって2年目の今野秋一,唯一親友となった日浅と酒を飲み,釣を楽しむ.しかし日浅は突然退社し,再び彼と会ったのは4ヶ月後,日浅は冠婚葬祭業の契約社員となっていた.日浅とのつき合いは旧に復するかと見え,互いの位置関係の変化から微妙なぎごちなさを含む様になる.一方,今野にはかって2年付き合った福島という恋人があった.2011年3月11日,釜石に出張していた日浅はそのまま消息を絶つ.日浅の親族を訪ねた今野は,思いがけない日浅の影の一面を知ることになる….4_20210214205901
原作の短編は予想外の長尺映画となった.しかし描かれる岩手の自然,山河は誠に美しい.演じる俳優もその実力をいかんなく発揮し,実に見応えあり.特に松田龍平は日浅というとらえどころのない人物を絶妙に表現し,綾野剛は陰影ある今野をリアルに演じて印象的.5_20210214205901
今野がゲイであることは,原作ではそれほどはっきりと描いてはいなかったように思うが,本作では物語の結末はそこに着地する.それはそれで納得できる.親密な時間を過ごした今野と日浅,にもかかわらず,お互いにその影の部分を見せずに別れることになった.その物語は心に残る.
★★★★(★5個が満点).
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

2021/02/12

番外:独断的歌舞伎感想文 二月大歌舞伎第3部 袖萩祭文/連獅子

日記:2021年2月某日
歌舞伎座で「二月大歌舞伎第3部」を見る.Kabukiza2102_tokubetsu_adachigahara16121
十七世中村勘三郎三十三回忌追善狂言.「一、奥州安達原(おうしゅうあだちがはら) 袖萩祭文」.出演:袖萩(七之助),安倍貞任(勘九郎),娘お君(長三郎),義家の郎党(種之助),義家の郎党(玉太郎),義家の郎党(歌之助),義家の郎党(莟玉),安倍宗任(芝翫),平傔仗直方(歌六),浜夕(東蔵),八幡太郎義家(梅玉).十七世中村勘三郎三十三回忌追善狂言・河竹黙阿弥 作「二、連獅子(れんじし)」.出演:狂言師右近後に親獅子の精(勘九郎),狂言師左近後に仔獅子の精(勘太郎),法華の僧蓮念(鶴松),浄土の僧遍念(萬太郎).
袖萩祭文はここに至る経緯が複雑で,この場面を見ただけでは何が何やらわからない.直方が預かる皇子・環宮が行方不明,その責任を取って切腹という夕方,奥には次女の夫:八幡太郎義家,勅使:桂中納言も来ている.そこに父の危急を聞いて現れた長女袖萩は義家の宿敵・安倍の貞任の妻の身,しかし今は娘お君を伴う盲目の女乞食である.袖萩は家に入ることを許されず,戸外で不幸を詫びる祭文を語った後,父直方の切腹を追うように自害する.桂中納言は実は安倍の貞任であることが義家に見抜かれ,戦場での再会を約して弟宗任と共に去る.という古い時代の奥州の物語なのだが,今回は勘九郎・七之助のキャラを出し過ぎた感あり.重厚な背景を背負った古い時代の悲劇という印象がやや薄かった.7歳の長三郎は長丁場をほぼ出ずっぱりでよく頑張った.Kabukiza2102_tokubetsu_renjishi161214911
連獅子は勘太郎(もうすぐ10歳)が奮闘,2001年に茨木で渡辺の綱の小姓を踊った尾上右近(当時岡村研佑9歳半)を彷彿とさせる.役に対する本気の構えが素晴らしい.父勘九郎ともども印象的な連獅子.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

| コメント (0)

«独断的映画感想文:提督の艦隊