« 独断的映画感想文:誰も知らない | トップページ | 独断的映画感想文:ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ »

2004/12/05

独断的映画感想文:あの頃ペニー・レインと

日記:2004年12月某日
映画「あの頃ペニー・レインと」を見る.
2000年.監督:キャメロン・クロウ.
パトリック・フュジット.ケイト・ハドソン.
15歳でローリング・ストーン誌のライターとなる主人公(監督の実体験である)の,新進バンドのツアー同行記を書くロード・ムービー.
ペニー・レインはツアーに同行するグルーピーだが,彼女たち自身に言わせれば「自分たちはグルーピーじゃない.バンドに霊感を吹き込むバンド・エイドなのよ」と言うことになる.
ペニーが愛するギタリストと,ペニーを愛する主人公と,ペニーの3人の友情が軸になる.
70年代青春映画はそれだけで胸に来るものがあるが,それ以上にこの映画が魅力的なのは,音楽に対する愛情がシーンのそれぞれにちりばめられていることだ.
前夜,バンド分裂含みの喧嘩を演じ,ギタリストが薬と酒でぼろぼろになってツアーバスに戻ってきた朝,気まずい車中のシーン.エルトン・ジョンの「タイニー・ダンサー」が流れる.
優しさにあふれたこの歌がまた良いのだが,BGMと思っていたこの歌に会わせ,ベーシストが歌を口ずさみ始める.やがて一人また一人と歌に加わり,最後には仏頂面だったギタリストまでが歌い始める.
このシーンがどういう風に良いのかは口で説明しにくい.映画の作り手と映画を見る側が,ロックに対する共通の感情をこのシーンで確認しているとでも言えるだろうか?
随所に流れる70年代サウンドも心地よい.★★★☆(★5個が満点)


« 独断的映画感想文:誰も知らない | トップページ | 独断的映画感想文:ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ »

コメント

これ、私のお気に入りです。TBさせてください。

投稿: チュチュ姫 | 2006/06/28 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/2159136

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:あの頃ペニー・レインと:

» あの頃ペニー・レインと Almost Famous [ネコと映画と私 plus ワンコ]
私のmovieカテゴリの投稿数は現在12。 まだたった12しか書いてないの記事の中で2つの映画に出演している女優さんがいる。 私が大好きなケイト・ハドソンだ。 彼女の魅力は何と言ってもその笑顔にあると思う。 彼女の映画の中で私が一番好きなのが「あの頃ペニー・レインと」だ。 あの頃ペニー・レインと Almost Famous アメリカ 2000年 君がいるから、すべてがキラキラまぶしい15歳。 公式サイト ≪Story≫  1973年、15歳のウィリアム・ミラー(パトリ... [続きを読む]

受信: 2005/06/18 10:59

« 独断的映画感想文:誰も知らない | トップページ | 独断的映画感想文:ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ »