« 独断的映画感想文:宮本武蔵 一乗寺の決闘 | トップページ | 独断的映画感想文:トロイ »

2004/12/21

独断的映画感想文:Take me out from this planet 僕は宇宙人

日記:2004年12月某日
映画「Take me out from this planet 僕は宇宙人」を見る.
2004年.監督:高橋明大.
柳沢茂樹,持山優美,飯田一弘,笠木 泉.
15分の短編映画.
僕は宇宙人,何時か迎えのUFOに乗って宇宙へ帰るんだと公言しているシゲユキ.彼の数少ない友人との交流,その本当の孤独の姿を,映画は優しい視点でしかし鮮明に描く.
最後に奇跡が起こり,シゲユキは新しい世界へと解放される.監督の映画らしい映画への数々の挑戦が素敵である.
最後の奇跡のシーンで,友人たちの映像に何か記号的な合図は必要なかっただろうか?
後で監督自身に聞いたら,これらのシーンにはちゃんとサインが隠されていたのだという.それは例えば片隅にあった一枚の野球チームのユニフォームであり,あるいは公園のケヤキの木の幹であったり.
監督!申し訳ない,気づきませんでした.
身内の映画のため点数はつけません(ココロは満点).


« 独断的映画感想文:宮本武蔵 一乗寺の決闘 | トップページ | 独断的映画感想文:トロイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/2335314

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:Take me out from this planet 僕は宇宙人:

« 独断的映画感想文:宮本武蔵 一乗寺の決闘 | トップページ | 独断的映画感想文:トロイ »