« 独断的映画感想文:冷静と情熱のあいだ | トップページ | 独断的映画感想文:ガタカ »

2005/01/03

独断的映画感想文:バトル・ロワイアルII鎮魂歌〈レクイエム〉

日記:2004年12月某日
映画「バトル・ロワイアルII鎮魂歌〈レクイエム〉」を見る.
2003年.監督:深作欣二.藤原竜也,前田愛.
前回の続きという趣向.
前回生き残った七原秋也率いる「ワイルドセブン」が世界中の大人たちに宣戦布告,政府は落ちこぼれ中学生を送り込み子供同士での殺し合いを行わせる.
筋はあちこちで辻褄が合わないし,死んでいく者の一人一人のエピソードの丁寧さでは前作に及ばないが,勢いのある映画.
同じく生き残りの中川典子と,今回参加の教師北野の娘北野しおりとのからみがあっても良かったのにと思う.
しおり役前田愛はなかなか良い出来,教師が最後に出てきたときの姿にはたまげましたな.
★★★(★5個が満点).


« 独断的映画感想文:冷静と情熱のあいだ | トップページ | 独断的映画感想文:ガタカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/2460233

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:バトル・ロワイアルII鎮魂歌〈レクイエム〉:

« 独断的映画感想文:冷静と情熱のあいだ | トップページ | 独断的映画感想文:ガタカ »