« 独断的映画感想文:トロイ | トップページ | 独断的映画感想文:冷静と情熱のあいだ »

2005/01/03

独断的映画感想文:帰郷

日記:2004年12月某日
映画「帰郷」を見る.
1978年.監督:ハル・アシュビー.
ジェーン・フォンダ,ジョン・ヴォイト.
夫のベトナム出征中病院でボランティアをしている妻が,同級生だった傷病兵と恋に落ちる.彼は下半身麻痺でセックスは出来ないが,愛し合うようになる二人.
夫が負傷して帰国,彼は勲章をもらうことになるのだが,妻の行状はFBIを通じて(!)夫に知らされることになる.
その結果に対しそれぞれはどういう行動を取ったのか.
如何なる面からも正当化できないベトナム戦争がアメリカにもたらした余りにも深い傷を,淡々と描写した佳作.
過激な政治行動で知られるジェーン・フォンダがきっちりと俳優をやっている.夫役ブルース・ダーンが良い.
★★★☆(★5個が満点).


« 独断的映画感想文:トロイ | トップページ | 独断的映画感想文:冷静と情熱のあいだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/2460061

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:帰郷:

« 独断的映画感想文:トロイ | トップページ | 独断的映画感想文:冷静と情熱のあいだ »