« 独断的映画感想文:サード | トップページ | 独断的映画感想文:エイジ・オブ・イノセンス »

2005/01/11

独断的映画感想文:ホテルビーナス

日記:2005年1月某日
映画「ホテルビーナス」を見る.
2004年.監督:タカハタ秀太.
草薙剛,中谷美紀,香川照之,市村正親.
どこともしれぬ無国籍の街のホテルビーナス.カフェの後ろのホテルに滞在するのは訳ありの人々.
ある日少女を連れた男がやってきてから,物語は動き始める.
ウラジオストクでのロケ,モノクロームの映像(最後のみカラー化)に所々に青い色彩が点る凝った画面,韓国語で交わされる会話等,いろいろ仕掛けがあるようだがその意図は良く判らない.
ありがちな設定,ありがちな展開,すでに試された映像という感じがついて回って映画に入り込めない.
ラスト近くで市村正親のビーナスが草薙相手に説教を始め物語を総括するのも無用なことと思えるが,そのバックに「夜空のムコウ」が流れるに及んでついに切れた.
一生懸命つきあってきたこの映画は結局スマップのお遊びだったのね.映画をナメとるんか,と思ってしまいました.誤解したロシア人のおかげで賞を取ろうがそんなことは関係ない,最後の香取慎吾の登場でとどめ,馬鹿にするなと言いたい.
★(★5個が満点)


« 独断的映画感想文:サード | トップページ | 独断的映画感想文:エイジ・オブ・イノセンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/2545672

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ホテルビーナス:

» ホテル ビーナス [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
ホテル ビーナス おすすめ度:★★★★★  まるで一編の詩を映像で見たような映画であった。ラストシーンまで青色を基調としたモノトーンの映像が独特の映像世界を作り出している。ストーリーはゆっくりと流れていて、それも独特の雰囲気を演出している。バックに流れ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/13 16:55

« 独断的映画感想文:サード | トップページ | 独断的映画感想文:エイジ・オブ・イノセンス »