« 独断的映画感想文:アイ,ロボット | トップページ | 独断的映画感想文:イノセンス »

2005/02/24

独断的映画感想文:ビッグ・フィッシュ

日記:2005年2月某日
映画「ビッグ・フィッシュ」を見る.
2003年.監督:ティム・バートン.
ユアン・マクレガー,アルバート・フィニー.
これも「海辺の家」「みなさん,さようなら」に続く父子もの.父親の最後が近づき,息子が妻と帰省するところも「みなさん,さようなら」とよく似ている.
この父親はとんでもないほら吹きで,息子の結婚式でもほらを吹き,それを忌み嫌う息子と疎遠になってしまう.
息子は死の床で相変わらずほらを吹く父に付き合っている内に,そのほらの中にある真実(といえばいいのかしら,事実ではないが真実)を受け入れるようになる,そういう和解の物語.
父アルバート・フィニーの青年時代をユアン・マクレガーが演じる.
そのほら話が映像化されるのが楽しい,将にこれこそ映画という感じがする.全く架空のものとしか思えなかったほら話中のスペクターという街が実在していたり,物語の展開も面白い.
キャスティングの妙も味わえる.
★★★☆(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:アイ,ロボット | トップページ | 独断的映画感想文:イノセンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/3065535

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ビッグ・フィッシュ:

« 独断的映画感想文:アイ,ロボット | トップページ | 独断的映画感想文:イノセンス »