« 独断的映画感想文:ビッグ・フィッシュ | トップページ | 独断的映画感想文:恋愛適齢期 »

2005/02/27

独断的映画感想文:イノセンス

日記:2005年2月某日
映画「イノセンス」を見る.
2004年.監督:押井守.
「攻殻機動隊-ゴースト・イン・ザ・シェル」の続編.
今回は前作ほど展開が複雑ではない.予備知識もあるので,展開はずっと理解しやすい.相変わらずどこの国とも思えない不思議な映像と音楽,これが最も印象的.
それに比べると物語にはそれほど魅力はない.登場人物の引用豊富な衒学的長台詞にも退屈.
せっかく得難いキャラクターなのに「少佐」が登場するのも遅すぎるし,活躍の程度もささやか過ぎる.
大体少佐が出てこなかったら,物語はじじいとタフガイと優男による犯人追跡アクションものに過ぎないではないか?
もったいなかったなと思うが,こういう印象を持つのは僕がこの年代だからで,別の世代は全く違う評価をするのかも知れない.
★★☆(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:ビッグ・フィッシュ | トップページ | 独断的映画感想文:恋愛適齢期 »

コメント

自分の体というものを考えたときに初めてイノセンスの凄さに気が付きました。
体が健康であったりした場合には気が付くことは困難かもしれませんね。

投稿: 網加 | 2005/02/27 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/3095045

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:イノセンス:

» イノセンス [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
イノセンス イノセンスの情景 Animated Clips GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 Limited Edition  おすすめ度:★★★★★  アニメ映画『イノセンス』を見たあややが『イノセンス』は映画館で見ないとよさがわからない...... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 10:59

« 独断的映画感想文:ビッグ・フィッシュ | トップページ | 独断的映画感想文:恋愛適齢期 »