« 独断的映画感想文:スパイダーマン | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文:十二夜 »

2005/07/10

独断的映画感想文:血と骨

日記:2005年7月某日
映画「血と骨」を見る.
2004年.監督:崔洋一.
ビートたけし,鈴木京香,新井浩文,田畑智子,オダギリジョー,中村優子,北村一輝.
1923年に済州島から日本に来た金俊平は,強靱な肉体とためらうことのない凶暴さを持つ男.
連れ子のいる李英姫と結婚,終戦後はかまぼこ工場を開いて成功するが,その飽くなき金への執着と,家族親戚にも容赦なくふるう暴力のため,様々な悲劇が繰り広げられる.
映画は骨太な骨格と丁寧な作りで満足度高し.
冒頭の大阪港外の「君が代丸」船上の光景は,「船の上のピアニスト」や「ゴッド・ファーザー・パートⅡ」の最初のシーンを思い起こさせる.
終戦直後から1970年頃までの大阪市街の光景の変化,生活状況の変遷も丁寧な描写である(大成通りのオープンセットの経年変化が見事).
鈴木京香(日本アカデミー賞主演女優賞)の演技は老けメークを含めて素晴らしい.俳優では他にオダギリジョー(同助演男優賞)と中村優子が良かった.
金俊平の娘花子(田畑智子)への複雑な感情と,妾清子(中村優子)への愛情が,この映画の中では情感のある物語となっている.一人の怪物を通して見る戦後の日本史,家族史が重厚に描かれ印象深い.
★★★★(★5個で満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:スパイダーマン | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文:十二夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/4912105

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:血と骨:

» 血と骨 [a story]
主演ビートたけし、鈴木京香、新井浩文、田畑智子、オダギリジョー 監督崔洋一 脚本崔洋一・鄭義信 製作2004年、日本 君が代丸に乗って 戦前、済州島から大阪に渡ってきた在日一世の生涯を描いた作品。原作は梁石日の同名小説。 1923年、済州島から大阪に出稼ぎに来... [続きを読む]

受信: 2005/07/16 00:51

» 映画監督の崔洋一さんが登場!【1/5】7'16'' [山形国際ドキュメンタリー映画祭 応援番組]
映画監督の崔洋一さんがポートサイドステーションに登場! 山形国際ドキュメンタリー映画祭のインターナショナル・コンペティションで審査委員長を務めた崔洋一さんにお話を聞くことができました。 インターナショナル・コンペティションは世界中から950本ものドキュメンタリー映画が集まり、“いま”現在の世界が浮かび上がるようなバラエティに富む最先端のドキュメンタリーを紹介し、優秀な作品を選ぶというものです。 崔洋一監督は「月はどっちに出ている」や「マークスの山」、「クイール」といったヒット作を連発し、... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 13:24

» 血と骨 [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
血と骨 コレクターズ・エディション 血と骨 通常版 おすすめ度:★★★  梁石日原作の自伝的小説を崔洋一監督が映画化した作品である。主演はビートたけしで、金俊平役を演じている。  映画の中では、それぞれの見せ場がある。金俊平の人生全体を見ることで考え....... [続きを読む]

受信: 2005/12/08 11:25

« 独断的映画感想文:スパイダーマン | トップページ | 番外:独断的歌舞伎感想文:十二夜 »