« 独断的映画感想文:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 | トップページ | 独断的映画感想文:“アイデンティティー” »

2005/08/21

独断的映画感想文:恋のエチュード

日記:2005年8月某日
映画「恋のエチュード」を見る.
1971年.監督:フランソワ・トリュフォー.
ジャン・ピエール・レオー,キカ・マーカム,ステイシー・テンデター.
1900年頃の話.
パリに住むクロードは作家の卵,母の友人の娘,アンがイギリスから訪れる.
アンは彫刻家志望,その人柄に魅せられ,クロードはイギリスを訪れる.アンは母と妹と暮らしており,妹のミュリエルは目の病気のため引きこもりがちの生活である.アンはクロードにミュリエルとつき合うようしきりと勧め,クロードもミュリエルの高潔な人柄に惹かれていく.
姉妹の母親はクロードの気持ちに気付き,クロードは隣家で暮らすことになるが,それをきっかけにクロードは遂にミュリエルに結婚を申し込む.ミュリエルもそれに答えるが,親同士の話し合いで1年間の婚約期間で様子を見ることになる….
と,ここまでは前置き,その後パリに戻ったクロードは仕事が上手く行き始め,結婚する意志が薄れていくが,当初気後れしていたミュリエルは逆にクロードへの愛が燃えさかる.
クロードはミュリエルに破談を申し込み,ミュリエルはそれに応じる手紙を出すが,心はクロードへの愛で苦しみ続けるのだった.
ところが数年後,パリで彫刻の修行を本格的に始めたアンと再会したクロードは,成長した彼女の美しさに惹かれ,遂に二人は結ばれる.ところが….
というわけで物語は次々に「ところが」を連発しながら思いも寄らぬ結末へと展開していく.情熱的で自由なアンと高潔で一途なミュリエル.この二人に愛されたクロードが,恋のエチュードと考えていたものが,如何に苦い結果をもたらしたか.フランス恋愛ものと思って見始めた映画の結末は,想像以上に深刻なものだった.
恋とは何でしょう?そして人生とは何でしょう?
トリュフォー監督39歳の傑作.
イギリスの海岸に立つ姉妹の家(「ラヴェンダーの咲く庭で」を思い起こさせる),マッチ箱のような客車を牽き走る蒸気機関車,海岸の草地を走る姉妹とクロードの自転車等,すばらしいロケーション撮影である.
★★★★☆(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 | トップページ | 独断的映画感想文:“アイデンティティー” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/5574542

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:恋のエチュード:

» フランソワ・トリュフォー「恋のエチュード」 [magnoria]
 午後、BSでフランソワ・トリュフォーの「恋のエチュード」を見た。途中からしか見れなかった。 http://apablog.cocolog-nifty.com/diary/2005/08/post_c2d0.html 主人公のフランス人の青年クロードは作家の卵、彼と愛愛関係に陥るイギリス人姉妹。姉の彫刻家のアン、内向的だが高潔で激しい部分を持つミュリエル、美しい映像とともにその愛の姿が印象的だった。ミュリエルの語った言葉「妹でもいいわ」「人は愛ではなく愛の不安によって苦しむのよ、人生は...... [続きを読む]

受信: 2006/10/23 20:12

« 独断的映画感想文:スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 | トップページ | 独断的映画感想文:“アイデンティティー” »