« 独断的映画感想文:25時 | トップページ | 独断的映画感想文:解夏 »

2005/10/15

独断的映画感想文:ゲーム

日記:2005年10月某日
映画「ゲーム」を見る.
1997年.監督:デヴィッド・フィンチャー.
マイケル・ダグラス,ショーン・ペン,デボラ・カーラ・アンガー.
投資会社の社長ニコラスは冷徹な仕事人間.父も同様の人間だったが48歳で自殺している.
妻とも別れ,父の時代からの家政婦と豪壮な邸宅に暮らしている.
何年かぶりに連絡を取ってきた弟と会い,彼から48歳の誕生祝いに「人生が一変する」と「ゲーム」会社CRSの会員証をもらう.興味を引かれ,心理テスト,体力テスト等を受け会員登録をしたニコラス.
ところが,ある日奇妙な人形が届いてから彼の生活に異変が起き始める.
邸宅は幾度も侵入され,予約の覚えのないホテルからの通知,行きつけのレストランのウェイトレスとの思いがけないトラブル,仕事にも差し障りが出始め「ゲーム」としてはしゃれにならない状況にニコラスはとまどい,やがて怒りを感じる.
ついには命の危険にさらされ,ニコラスはCRS社の真の意図を見ることになるが….
この映画は面白いです.
どんでん返しに次ぐどんでん返し,この人はと思った人に裏切られ誰も信用できない状況に追いつめられるニコラス(唯一信用できるのが別れた妻のみというのも哀しいね),拉致され気付くと無一文でメキシコの墓場に捨てられている.ここからどうやってアメリカに帰り着くのだ?CRSへのニコラスの復讐劇はそこから始まるのだが….
せっかくショーン・ペンを使っているのに,弟との関係が今ひとつ鮮明でないのが残念だが,それを除けば一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:25時 | トップページ | 独断的映画感想文:解夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/6413772

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ゲーム:

» 『ゲーム』 [新かじゅきのページ]
⑥⑧作品目『ゲーム(米,1999)』☆☆☆☆☆ 価値観:B評価 娯楽性:S評価 視聴覚:A評価 【一言レビュー:裏の裏の裏の裏は表】 ゲーム監督:デビッド・フィンチャー出演:マイケル・ダグラス , ショーン・ペン , デボラ・カーラ・アンガー&nbs...... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 06:05

» 「ゲーム」「チャイニーズ・ボックス」(1998年2月7日(土)) [大いなる遡行(アスランの映画クロニクル)]
日比谷映画で「ゲーム」(no.21)を観る。 初日とあって初回(10;00)から結構入っている。 デビッド・フィンチャー監督の前作「セブン」は内容も映像もともに暗く、後味の悪さから僕にとっては2度と観たくない映画だったが、「ゲーム」は内容がすっきりして好感がもてた。..... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 23:45

« 独断的映画感想文:25時 | トップページ | 独断的映画感想文:解夏 »