« 独断的映画感想文:ザ・ダイバー | トップページ | 独断的映画感想文:海猫 »

2005/11/03

独断的映画感想文:五線譜のラブレター

日記:2005年11月某日
映画「五線譜のラブレター」を見る.
2004年.監督:アーウィン・ウィンクラー.
ケヴィン・クライン,アシュレイ・ジャッド,ジョナサン・プライス.歌手としてはシェリル・クロウ,ナタリー・コール,エルヴィス・コステロ.
海辺の家」の監督と主演のコンビが,コール・ポーターの伝記映画をミュージカルの形で作り上げた.
老齢の(と言うよりはもう死んでしまったのかも知れないが)コールが,ゲイブという男(つまり天使ガブリエル)に案内されて自分の伝記を上演する舞台を見るという趣向で,彼の人生と作った歌の数々が披露される.
裕福な家庭に生まれ,余技で歌を作っていたコールが,パリで巡り会ったリンダに恋し,彼女の協力でプロの音楽家としてデビューする.
男色家だったコールがリンダの献身的な愛にうたれ遂に結婚,ブロードウエイで大成功するが,断ちきれない男とのつきあいがその後もリンダを苦しめる.やがてMGMと契約してのハリウッド進出と,音楽家としての彼は順風満帆の活躍をするが,リンダとの愛は常に危機にさらされていた….
ジャズのスタンダードといえば必ず誰もが耳にするコール・ポーターの作品,コールが作り上げた作品に最後の評価を下してきたミューズの神が,このリンダだったという.
リンダを演じるのは昔から大好きなアシュレイ・ジャッド.美しくかつ知的で断固とした意志を持つリンダを,見事に演じている.
主演のケヴィン・クラインは,歌い踊り,ピアノを弾き,それらを吹き替えなしで実演,これも達者なものである.
何よりコールの音楽がすばらしい.
難しくて歌えないという歌手を指導して遂に歌えるようにした「昼も夜も」,その次第に出来上がっていく歌唱のぞくぞくするほどのすばらしさ.マイナーのバラードにアレンジされた,シェリル・クロウによる「ビギン・ザ・ビギン」の名唱.そして死期の近づいたリンダにコールが自ら歌う「ソー・イン・ラブ」.「キス・ミー・ケイト」の挿入歌であるこの名曲にじっと耳を傾けるリンダ,涙なくしては見られないシーンである.
映画はコールとリンダの愛情物語と言うこともできるだろう.是非見て欲しい.
★★★★☆(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:ザ・ダイバー | トップページ | 独断的映画感想文:海猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/6880981

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:五線譜のラブレター:

» 五線譜のラブレター [銀の森のゴブリン]
2004年 アメリカ・イギリス原題:De-Lovely 配給:20世紀フォック [続きを読む]

受信: 2005/11/06 02:06

» 五線譜のラブレター -De Lovely- [「C列車で行こう!」]
製作=2004年 アメリカ 125分 監督=アーウィン・ウィンクラー 脚本=ジェイ・コックス 出演=ケヴィン・クライン アシュレイ・ジャッド ジョナサン・プライス  公式HP=http://www.foxjapan.com/movies/delovely/ キャッチコピー=音楽の女神(ミューズ)に、恋をした 【レビュー】 数々のミュージカルナンバー、映画音楽を手がけた偉大なる作曲家コール・ポーターとその妻リンダとの愛情物語を、彼�... [続きを読む]

受信: 2005/11/06 20:41

» 『五線譜のラブレター』 [京の昼寝〜♪]
■監督 アーウィン・ウィンクラー ■キャスト ケビン・クライン、シュレイ・ジャッド、ジョンサン・プライス  “音楽で綴るラブ・ストーリー。運命の愛が、不滅の名曲を紡ぎ出す” 1920年代のパリ。 この地で遊学の日々を送っていたコール・ポーター(ケビン・クライン)は、社交界の集まりで、<パリで最も美しい離婚女性>と謳われたリンダ・リー(アシュレイ・ジャッド)と運命の出会いを果たし、デートを重ね、ウ... [続きを読む]

受信: 2005/11/17 23:31

» boys teen tits softcore porn [up websites 02/12]
Hi [続きを読む]

受信: 2005/12/03 01:43

« 独断的映画感想文:ザ・ダイバー | トップページ | 独断的映画感想文:海猫 »