« 独断的映画感想文:ハウルの動く城 | トップページ | 独断的映画感想文:レディ・ジョーカー »

2005/11/24

独断的映画感想文:阿修羅城の瞳

日記:2005年11月某日
映画「阿修羅城の瞳」を見る.
2005年.監督:滝田洋二郎.
市川染五郎,宮沢りえ,渡部篤郎,内藤剛志,樋口可南子.
江戸の文化文政時代,闇にうごめく鬼達が跳梁する.その頭領阿修羅王が間もなく復活するという知らせに,鬼を成敗する組織鬼御門の首領延行と邪空はそれぞれに野心をたぎらせる.
5年前にある事件で鬼御門を辞めた出門は今は人気役者,ある日出くわした女盗賊つばきに惹かれ,二人は恋に落ちる.彼女は5年より前の記憶がない.
そのつばきの肩に現れた不思議な痣,それが物語の発端だった….
実力俳優を配した伝奇時代アクション映画.
宮沢りえは相変わらず良い(大ファンです).アクションもまずまず(つまりスタントとの入れ替わりにそう違和感がない).
渡部篤郎と市川染五郎の殺陣も見応えがある.
話しが話しなので俳優の演技は大げさに傾きがちだが,歌舞伎でおなじみなけれんみのある芝居は嫌いではない.
と言うわけでまずまずの映画なのだが,決定的にいけないのは舞台をそのまま映画にしたところか.
画面が常に「舞台」なので開放感がない.海岸縁のシーンさえ書き割りのような海があるだけ.
もう一つは特殊メイクやCG(?),特殊効果のセンスが悪いことか.
阿修羅王の出現するシーンで,仏像の顔だけが俳優の顔になるなんて,安もんのアイコラみたいで閉口する.
最後に登場する阿修羅城や炎上する江戸の街にはもうがっかり.もう少し何とかならないかな.
と言うわけで★★☆(★5個で満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:ハウルの動く城 | トップページ | 独断的映画感想文:レディ・ジョーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/7300692

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:阿修羅城の瞳:

» 渡部篤郎 [芸能人・マスメディア多事争論]
渡部篤郎は、かなり独特の雰囲気を持った俳優さんである。 [続きを読む]

受信: 2005/11/29 02:47

» DVD「阿修羅城の瞳」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
鬼って美しいのねぇ~!! 舞台の映画化らしいですね。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても良かったのですが。...... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 17:36

» Wednesday, January 4th [Myself]
『ロッキー6』ロッキーの相手役の女優決定 シルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役をこなす『ロッキー』シリーズ6作目『ロッキー・バルボア』(原題)で、最愛の女性エイドリアンを亡くしたロッキーの相手役となる女優が明らかになった。演じるのは『おまけつ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/04 20:49

» Wednesday, January 4th [Myself]
『ロッキー6』ロッキーの相手役の女優決定 シルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役をこなす『ロッキー』シリーズ6作目『ロッキー・バルボア』(原題)で、最愛の女性エイドリアンを亡くしたロッキーの相手役となる女優が明らかになった。演じるのは『おまけつ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/04 20:50

» 阿修羅城の瞳 [MOVIE & ROCK'N ROLL]
阿修羅城の瞳監督:滝田洋二郎出演:市川染五郎,宮沢りえ,樋口可南子,小日向文世Story劇団☆新感線の中島かずき原作による人気舞台を、歌舞伎俳優・市川染五郎と宮沢りえを主演に迎えて映画化した時代劇エンタテインメント。文化文政の....... [続きを読む]

受信: 2006/02/02 01:48

« 独断的映画感想文:ハウルの動く城 | トップページ | 独断的映画感想文:レディ・ジョーカー »