« 独断的映画感想文:女囚701号 さそり | トップページ | 独断的映画感想文:茶の味 »

2005/12/31

独断的映画感想文:モーターサイクル・ダイアリーズ

日記:2005年12月某日
映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見る.
2003年.監督:ウォルター・サレス.
ガエル・ガルシア・ベルナル,ロドリゴ・デ・ラ・セルナ.
1952年のこと,アルゼンチンの医学生エルネストと年上の生化学生アルベルトは,おんぼろバイク「ポデローサ」号で南米大陸冒険の旅に出る.
アルゼンチンからアンデスを越えチリへ,その後ペルー・サンパブロのハンセン氏病患者施設を訪ね最後はベネズエラのカラカスを目指す.
若く理想に燃えているが好奇心旺盛,女性にもあこがれる二人は,たかり同然の貧乏旅行を続けるが,ポデローサ号は遂にチリでポンコツくず鉄となる.つまりモーターサイクル・ダイアリーはここで終わり.
しかし彼らは更に徒歩とヒッチハイクで旅を続ける.
過酷なチリの銅山で働こうという労働者夫婦との交流,ハンセン氏病施設でのボランティア活動を通じた患者との交流を通じ,二人は変わっていく….
美しい映画である.ポデローサ号の疾走,あるいは河を行く貨客船の姿はいかにも映画らしい.
南米の大自然の描写も素敵.
貧しい人々との交流で顔つきも厳しいものに変わっていく二人.サンパブロの施設でのお別れパーティーの夜,エルネストは「南米は一つの混血国家なのです.その南米とペルーのために」と挨拶して乾杯するのだが,それを聞くアルベルトや施設の人々の面持ちは感銘的である.
反植民地主義,民族主義,共産主義が未来と正義の旗印だった時代の雰囲気が,感じられる.
俳優では「ブエノスアイレスの夜」のガエル・ガルシア・ベルナルが魅力的.
エルネスト・“チェ”・ゲバラ・デ・ラ・セルナは後にキューバ革命をカストロと共に成功させ,日本にもキューバ政府閣僚として来たことがある.その後ゲバラは南米各地の革命にゲリラとして参加,ボリビアの戦闘で射殺された.
アルベルトはその後盟友エルネストのためキューバに病院を寄贈し,キューバに移住した.今も健在である.
アルベルトを演じたロドリゴ・デ・ラ・セルナはゲバラの又従兄弟だそうな.
一見の価値あり,★★★★(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:女囚701号 さそり | トップページ | 独断的映画感想文:茶の味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/7918250

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:モーターサイクル・ダイアリーズ:

» モーターサイクル・ダイアリーズ THE MOTORCYCLE DIARIES [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ主演 チェ・ゲバラの若い頃友人アルベルト・グラナードと南米を旅をする物語 チェとアルベルトは冒険としてオートバイでブェノスアイレスから チリ、ペルー、ベネゼイラまで壮大なルートで出かけます 彼らが色々な人々に出会い 南米の素晴らしい風景に魅せられ エピソードを織り交ぜて行きながら物語りは進んで行くのです そしてチェは単なる医学学生の延長として医師では無く 人々の為になる様な人物になるべきだとこの旅で自覚していくのです チェは裕福な家庭に... [続きを読む]

受信: 2005/12/31 12:42

» 『モーターサイクル・ダイアリーズ』 [京の昼寝〜♪]
■監督 ウォルター・サレス(『セントラル・ステーション』) ■製作総指揮 ロバート・レッドフォード ■キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ キューバ革命の指導者として、今も世界中から愛されているエルネスト・チェ・ゲバラと盟友アルベルト・グラナードの若き日の冒険旅行を、2人の手記から映画化した作品。 1952年、喘息持ちだが“フーセル(�... [続きを読む]

受信: 2006/01/01 01:37

» 『モーターサイクル・ダイアリーズ』 [京の昼寝〜♪]
■監督 ウォルター・サレス(『セントラル・ステーション』) ■製作総指揮 ロバート・レッドフォード ■キャスト ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ キューバ革命の指導者として、今も世界中から愛されているエルネスト・チェ・ゲバラと盟友アルベルト・グラナードの若き日の冒険旅行を、2人の手記から映画化した作品。 1952年、喘息持ちだが“フーセル(�... [続きを読む]

受信: 2006/01/01 01:37

» モーターサイクル・ダイアリーズ [いつか深夜特急に乗って]
「モーターサイクル・ダイアリーズ」★★★★(盛岡フォーラム3 [続きを読む]

受信: 2006/01/01 05:29

» 映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Motorcycle Diaries チェ・ゲバラといえばフィデル・カストロと共にキューバ革命の成功があまりにも有名だ。その後もアメリカ帝国主義と闘い続け、英雄となった・・・。 前回はバイクを捨てたあとの鉱山から先へと進むところから観たので、・・どちらかというとチェ・... [続きを読む]

受信: 2006/03/07 13:18

« 独断的映画感想文:女囚701号 さそり | トップページ | 独断的映画感想文:茶の味 »