« 独断的映画感想文:カーサ・エスペランサ | トップページ | 独断的映画感想文:バットマン ビギンズ »

2005/12/24

独断的映画感想文:スイミング・プール

日記:2005年12月某日
映画「スイミング・プール」を見る.
2003年.監督:フランソワ・オゾン.
シャーロット・ランプリング,リュディヴィーヌ・サニエ,チャールズ・ダンス(「ラヴェンダーの咲く庭で」の監督である).
シリーズものがヒットしている女流ミステリ作家サラは,新作のアイディアに行き詰まる日々.編集者ジョンの薦めで彼の南仏の自宅に逗留し,著作に専念することにする.
そこはプール付きの美しい邸宅,気分も一新勇躍著作に没頭する彼女だが,ある晩ジョンの娘ジュリーが飛び込んでくる.驚いたサラはジョンに連絡を取ろうとするがつながらない.毎夜別の男を連れ込むジュリーとの奇妙な同居が始まる….
最終的に殺人事件にいたるサスペンスなのだが,奇妙な味の映画である.
作品世界をタイプするのが仕事の中年のイギリス女性サラ,彼女は節制のためかヨーグルトばかり食べている.一方食欲旺盛,酒やマリファナにふけり奔放に男を引き込むジュリー.
映画は美しい南仏の風景を挟み,鏡越しに登場人物を写すシーンの多用,色彩の対比,十字架への登場人物のこだわり,ジュリーの体の傷跡の描写等,細かい仕掛けで観客を幻惑しつつ進行する.
挿入される明らかにサラの妄想と思えるシーンもあって,ことの真相はどうなっているのかは,予断を許さない.
そして最終局面のあっと驚くどんでん返し,その後の象徴的な最後のシーン,謎はかえって深まって映画は終了する.観客はまるで映画の仕掛けた迷路に取り残されたようだ.
いかにもヨーロッパ映画らしい映画,一見の価値あり.問題の鍵は「プール」にあると思えるのだが….
主演二人の美しいヌードにも驚かされる.特にシャーロット・ランプリングは撮影時58歳か,「愛の嵐」で始めて見たヌードは27歳のものだった筈ですが,いやあ驚きました.
★★★★(★5個で満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:カーサ・エスペランサ | トップページ | 独断的映画感想文:バットマン ビギンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/7813237

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:スイミング・プール:

» 『スイミングプール』 [新かじゅきのページ]
『スイミングプール(仏・英,2003)』☆☆☆☆ 価値観:B評価 娯楽性:D評価 視聴覚:A評価 【性を中心にする社会】 。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。+。◆。 スイミング・プール監督:フランソワ・オゾン出演:シャーロット・ラ...... [続きを読む]

受信: 2005/12/26 13:58

» スイミング・プール [いつか深夜特急に乗って]
「スイミング・プール」★★★★ 2003年フランス イギリス [続きを読む]

受信: 2006/01/01 05:38

« 独断的映画感想文:カーサ・エスペランサ | トップページ | 独断的映画感想文:バットマン ビギンズ »