« 独断的映画感想文:SAYURI | トップページ | 独断的映画感想文:復讐するは我にあり »

2005/12/12

独断的映画感想文:ボーン・スプレマシー

日記:2005年12月某日
映画「ボーン・スプレマシー」を見る.
2004年.監督:ポール・グリーングラス.
マット・デイモン,ジョーン・アレン,ブライアン・コックス.
同じ主演の前作「ボーン・アイデンティティ」の続編.
インドのゴアで愛妻と暮らす元秘密工作員のボーン,しかし記憶は相変わらず空白があってたびたび悪夢に悩まされる.
ある日突然殺し屋に襲われ,妻は狙撃され死亡.ヨーロッパに戻ったボーンは拘束され,自分が身に覚えのない殺人事件で手配中であることを知る.
ここからボーンの①自分は何の罪で追われているのか,②真犯人は誰か,③妻の復讐,④記憶の回復という目的に向けた死闘が始まる.
記憶は空白だらけだが,その一方で体の反応は目にもとまらぬほど速い.超人的なボーンの活動で徐々に黒幕が浮かび上がってくるかと見えるが….
手持ちカメラの画像による揺れてぶれまくる画面,すさまじいカーチェイス,たった一人で包囲網を死力を尽くして突破していくボーンの闘い.最初から最後まで画面から目を離すことは出来ない.
陰謀の世界に生きるもの達の,絶対的な孤独を象徴する青を基調とした映像は,魅力的である.
無表情に戦う殺人機械としてのボーンと,蘇る記憶におびえ悩むボーンとを演じるマット・デイモンが素晴らしい.
★★★★(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:SAYURI | トップページ | 独断的映画感想文:復讐するは我にあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/7588869

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ボーン・スプレマシー:

» DVD「ボーン・スプレマシー」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
続きモノは、続けてみると分かりやすくていいですねぇ♪ 「ボーン・アイデンティティー」では、なんだかよく分からなかった"トレッドストーン"ってのがなんだったのかよ~く分かりましたよ!前作で一緒に身を隠すことにしたマリー(フランカ・ポランテ)もさっくりいな...... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 17:33

« 独断的映画感想文:SAYURI | トップページ | 独断的映画感想文:復讐するは我にあり »