« 独断的映画感想文:青春の門 | トップページ | 独断的映画感想文:電車男 »

2006/01/30

独断的映画感想文:エリ・エリ・レマ・サバクタニ

日記:2006年1月某日
テアトル新宿で映画「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」を見る.
2005年.監督:青山真治.
浅野忠信,中原昌也,宮崎あおい,筒井康隆,岡田茉莉子.
2015年,レミング病というウィルス疾患が蔓延する地球.このウィルスは発病した人を自殺させる.
ミヤギは,二人の若者が創造する「音」が,発病を防ぐことを突き止め,感染した孫娘ハナのために探偵を雇い彼らを捜す.
その二人,ミズイとアスハラは,とある漁村に住み,「音」を探すのに余念がない.ある時は廃屋の自殺者の傍らからがらくたを拾い集め,ある時は貝殻や野菜を集めて音を収録する.
遂に彼らの所在を突き止めたミヤギは,ハナや探偵とナビのペンションに滞在し,彼らに演奏してくれる様懇願する….
地球が滅亡の縁に立たされ,個人がその救いの鍵を握るという点では,1986年のタルコフスキーの傑作「サクリファイス」を思い出す.この映画も「サクリファイス」同様に美しい映像でつづられるが,その描く世界はそれほど深刻には見えない.
街も普通だし(時々電柱に首をつった死体がぶら下がっている程度),パニックが起こっているわけでもない.ラジオでは軽薄なDJが,日本で300万人がもう死んだって等と言っているが,死の影が迫っている気配はない.
しかしミヤギ達の到着後に起こった一つの事件が状況を動かし,目の前に死が突きつけられる.そしてミズイは,ハナのために演奏をする決意をする.
果たしてその演奏はハナを救うことが出来るのか.
映画の中盤にも音源のシーンがある.
このシーンでは,廃物から作ったスチール弦が弓で弾かれ押しつけられ叩かれて,すさまじい音を出す.このシーンは延々と続けられ,僕にはほとんど耐え難かった.
ところが最終局面のライブシーン,浅野忠信演じるミズイが様々な音源を駆使しながらギターを弾き,かきむしり,すさまじい音響で演奏し続ける.草原の中央でスピーカーに囲まれじっと聞き続けるハナ.
この何時までも続く「音」が,僕にはついに「音楽」に聞こえてきたのだった.言葉で説明するのは難しい,不思議な感動が胸を満たす.
ミヤギが失った近親者のことをナビと話すシーンが良かった.「死んだときは神は何ということをするのかと思いました.ところが死んでみると…」「かえって,いつもそばにいる様に感じるんでしょう?」「そうなんです」
後に引きずる映画である.
★★★★(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:青春の門 | トップページ | 独断的映画感想文:電車男 »

コメント

はじめまして。
コメント&TB失礼します。
僕も中盤の弦を弾くシーンが耐え難く、睡魔に教われました。
しかしそれは逆に、あまりに心地よい子守唄だったのかと、
拒否したつもりが受け入れていたのかもしれません。

投稿: 現象 | 2006/02/01 00:53

はじめまして!
かりめろ@かりめろ日記と申します。
最後のあの音が、音楽に聞こえてきたという体験はとてもシアワセなものだと思うんです。
私は受け付けないまま終わってしまったので、それが受け入れられたら、また違う映画に思えたのだろうなぁと、少しくやしく思います。
TBさせていただきます。

投稿: かりめろ | 2006/02/24 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/8424071

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:エリ・エリ・レマ・サバクタニ:

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ@テアトル新宿 [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
自殺願望が湧くウィルスが蔓延した近未来、二人のミュージシャンが奏でる音だけが、発病抑制に繋がる。映像も発想もいかにも青山真治らしい、たむらまさきと仙頭武則とのトリオ5作目。あうんの呼吸だと思われる。 様々な音に音楽を見出す二人。彼らのノイズ、世界を救うと... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 00:50

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [□film-navi〔フィルムナビ〕]
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのエリ・エリ・レマ・サバクタニ情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 13:08

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [週末に!この映画!]
期待値:50%  カンヌ出品作品。 幻想的なタッチで描く、音がメインの映画。 予告編:インフォシーク [続きを読む]

受信: 2006/02/03 20:43

» [ エリ・エリ・レマ・サバクタニ ]微妙なバランスが、絶妙ですな [アロハ坊主の日がな一日]
[ エリ・エリ・レマ・サバクタニ ]@渋谷で鑑賞。 仙頭武則プロデューサーと青山真治監督のコンビ最新作。 僕が観た青山監督作品が偏っているからだろうか。 本作のような未来の話は、初めてだ。 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/05 21:26

» エリ・エリ レマ サバクタニ [かりめろ日記]
■観覧場所 センチュリーシネマ■ ■脚本・監督 青山真治■ ■cast 浅野忠信 宮粼あおい 中原昌也 筒井康隆 戸田昌宏 岡田茉莉子ほか■ ■あらすじ■ 西暦2015年。世界中で正体不明のウィルスが蔓延していた。"レミング病"と呼ばれるそのウィルスは視覚....... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 02:00

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [シネクリシェ]
 この作品を観たあとでふと思いつきましたが、ひょっとしてこの作品の主人公は、浅野忠信演ずるミュージシャンのミズイではなく、実は宮崎あおい演ず [続きを読む]

受信: 2006/03/13 06:03

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [オイラの妄想感想日記]
青山真司って面白いものを創る気無いのかね。 語るべきストーリーもほぼ無い。 ネタバレ有りです。 [続きを読む]

受信: 2006/03/16 08:51

» エリ・エリ・レマ・サバクタニ [泥海ニ爆ゼル]
「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」 最近邦画を観ていない。味のある俳優を見たい。一癖ありそうな映画を観たい。そんなマイナー作品欠乏症にかかっていた時にすっ飛んで観にいった作品。浅野忠信を見るのは、「乱歩地獄」以来。「誰がために」観たかった~。監督は「EUREKA」の青山真治。 2015年、世界中に人を自殺に追い込むレミング病という奇病が蔓延していた。ミヤギ(筒井康隆)はレミング病に罹ったハナ(宮﨑あおい)を救うべく、症状を抑制する音楽を作るミュージシャン、ミズイ(浅野忠信)とアスハ... [続きを読む]

受信: 2006/03/18 23:06

« 独断的映画感想文:青春の門 | トップページ | 独断的映画感想文:電車男 »