« 独断的映画感想文:ザ・インタープリター | トップページ | 独断的映画感想文:猟奇的な彼女 »

2006/01/04

独断的映画感想文:フォーガットン

日記:2006年1月某日
映画「フォーガットン」を見る.
2004年.監督:ジョセフ・ルーベン.
ジュリアン・ムーア,ドミニク・ウェスト.
この映画は予告編が魅力的.
飛行機事故で子供サムを失ったテリーは,事故後傷心の日々を送っている.ところがある日,息子のアルバムが消えていた.ビデオテープも.夫は僕達には息子はいなかったという.隣人も同様.図書館で調べるが,飛行機事故の記事はない.これは一体どういうことか?
時折公園で会っていた,同じ飛行機事故で娘を亡くした男アッシュの部屋を尋ねると,彼の部屋の壁紙の下からその娘の描いた絵が出てくる.彼女を逮捕しに来た国家安全保障局に,アッシュは突然娘を思い出したと叫び出す….
出だしは予告編通り快調なのだが,謎の底が浅い.
何故かは知らないがこの映画は90分の長さで,そのぶん謎を深める余裕がないのか,最初彼女がひょっとしてこうではないのか?と言ったことがそのまま真相.
でもまさかと思って見続けるのだが,結局最後までそれだった.
ロマンスが発生するわけでもなく,夫との関係が深まるわけでもない.
いろいろな点でもう少しな映画でした.
★★★☆(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:ザ・インタープリター | トップページ | 独断的映画感想文:猟奇的な彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/8000156

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:フォーガットン:

» フォーガットン 06年116本目 [猫姫じゃ]
フォーガットン THE FORGOTTEN まずね、これは邦題の失敗ね。 だってこの題名見て、ゼンゼン見る気しなかった映画。 なによこれ、フォーガットン?フォーゴッテン? バカみたい。 Forgotten でいいじゃない。 発音は、各自にお任せで、、、 ジョセフ・ルー....... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 12:56

« 独断的映画感想文:ザ・インタープリター | トップページ | 独断的映画感想文:猟奇的な彼女 »