« 独断的映画感想文:ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ | トップページ | 独断的映画感想文:デンジャラス・ビューティー2 »

2006/02/26

独断的映画感想文:オリバー・ツイスト

日記:2006年2月某日
映画「オリバー・ツイスト」を見る.
2005年.監督:ロマン・ポランスキー.
バーニー・クラーク,ベン・キングズレー.
ディケンズの古典的名作の映画化.原作は読んでいない.
孤児院で育ち天涯孤独なオリバーは,給食のお代わりが欲しいと言ったために(言う役をアミダで抽選して負けたのだ),養育院を追放される.葬儀屋の親方のところに預けられるが,母の悪口を言われて飛び出し,ロンドンへ向かう.
そこで少年スリ団のドジャーに救われ,親方のフェイギンに引き取られる.
そこで彼は更に数奇な運命を辿るが,オリバーの特質はその美しさ,健気さ,善良さ,素直さがすべての人の同情を引き,様々なチャンスに恵まれることだ.
悪党のフェイギンさえオリバーをスリ団に投ずることなく養い,気を許しているように見受けられる.
最終局面,オリバーがフェイギンのために神の許しを請う場面は,感銘的である.
映画全体はロンドンのオープンセットも見事,2階建ての街路に人がひしめき馬車が行き交うシーンは,映画の醍醐味を満喫させる.
演技ではフェイギン役のベン・キングズレーが良い.
ついでに言えばビル・サイクスの愛犬が好演.
★★★☆(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ | トップページ | 独断的映画感想文:デンジャラス・ビューティー2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/8851913

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:オリバー・ツイスト:

» オリバー・ツイスト OLIVER TWIST [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
チャールズ・ディケンズ原作 ロマン・ポランスキー監督 ベン・キングズレー、バーニー・クラーク主演 19世紀英国で孤児として育ったオリバーが救貧院を追放され ロンドンに出てスリのフェイギン一味に加わります 仲間とスリに出かけ ブラウンロー氏と知り合いますが オリバーの立場を利用しようとする悪人ビル・サイクスに 命を狙われる・・・・と言う有名な話なのです もう何度もリメイクされているので今更ポランスキーが何をするのか? ちょっと楽しみにしていましたが 期待はずしてくれました デビット・リーンの... [続きを読む]

受信: 2006/02/27 00:19

» オリバー・ツイスト [銀の森のゴブリン]
2005年 イギリス・チェコ・フランス・イタリア 監督:ロマン・ポランスキー [続きを読む]

受信: 2006/04/07 03:33

« 独断的映画感想文:ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ | トップページ | 独断的映画感想文:デンジャラス・ビューティー2 »