« 独断的映画感想文:そして、ひと粒のひかり | トップページ | 独断的映画感想文:さよならみどりちゃん »

2006/07/05

独断的映画感想文:理想の恋人.com

日記:2006年7月某日
映画「理想の恋人.com」を見る.
2005年.監督:ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ.
ダイアン・レイン,ジョン・キューザック,クリストファー・プラマー.
30代後半,離婚経験ありの男女が織りなすラブ・コメディ.なかなかに面白い.
ダイアン・レインも年を取りましたね.
しかし彼女やアシュレイ・ジャッドがそうだけど,こういう年頃の女性もなかなかに魅力的.
サラは半年ほど前に離婚した幼稚園の先生.人恋しい一方で新しい恋愛にはいささか尻込みする気分もあって,兄弟姉妹は気を揉んでいる.
姉妹が勝手にサラの名前でサイトに恋人募集の書き込みをしたところ,幾つかの応募が舞い込み,サラもその気になって約束のカフェに黄色いバラを目印に出かけてみれば,バラを持って待っていたのは実の父だった….
なんてことがあったりしてげっそりするサラだが,やがてボート作りをしているジェイクと知り合う.お互いに犬好きで気が合いそうなのだが,何故か行き違いばかりで二人はなかなかストレートに付き合えない…という典型的なラブコメ.
映画のテンポが良く,物語の進展は快調である.
映画の途中のシーン.週末にある男性と思い切ってベッドインするサラ,男性も彼女に愛を囁きロマンチックに明けた翌朝のこと,男性は飛び起きて出かけなけりゃと言う.野球の試合があるというのだ.
見る見る険悪になる彼女の表情.
この時の両方の感情,何となく判りますね.男は魚を釣り上げた後で,もう日常に戻っているのだ.
一方女は,思いきって飛び込んだ恋愛モードが一晩で醒めてしまうのが,堪らなく腹立たしい.
こういうとき男って,何かまずいぞとは思いながら後戻りはもうできず,ドツボにはまっていくのである.
この映画のおもしろさは,そういうちょいとした描写にある様な気がする.
ラブコメお約束の最後の大団円に至る急展開も,なかなか宜しい.原題からしてもう少し犬が活躍すると思ったんだけどな.
★★★☆(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:そして、ひと粒のひかり | トップページ | 独断的映画感想文:さよならみどりちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/10804521

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:理想の恋人.com:

« 独断的映画感想文:そして、ひと粒のひかり | トップページ | 独断的映画感想文:さよならみどりちゃん »