« 独断的映画感想文:ウィスキー | トップページ | 独断的映画感想文:マイアミ・バイス »

2007/07/29

独断的映画感想文:涙そうそう

日記:2007年7月某日
映画「涙そうそう」を見る.
1
2006年.監督:土井裕泰.
妻夫木聡,長澤まさみ,麻生久美子,塚本高史,平良とみ,小泉今日子,船越英一郎.
ご注意,ネタバレあります.
沖縄本島の昼は市場で配達を,夜は飲食店従業員で働く洋太郎,今日はおばあのいる島から本島の高校に合格した妹カオルがフェリーでやってくるのだ.
母は洋太郎が幼い頃,ジャズマンと再婚,その連れ子カオルと洋太郎は兄妹として育つ.ところが父はいつか姿を消し,母は病死,兄妹はたった二人でおばあのいる島へ渡った.
母が死ぬとき,泣きそうになったら鼻をつまみなさいと言われ,その教えを守って泣くのを我慢して二人は成長した….
この様に始まるカオルと洋太郎の兄妹の物語.
洋太郎は店を持つため日夜働き,ようやく海を見晴らす丘の古い家を手に入れ,手作りで改装して開店にこぎ着ける.
ところがその土地を売った男は詐欺師だった.店は失われ後には借金が残る.しかし洋太郎は屈せずに,成績優秀なカオルを大学に入れるため,尚更頑張るのだった….
結論から言うとこの心優しい兄は,働き過ぎから急死するのだ.映画の結末は妹の涙で終わる.
この点でこの映画は惨憺たる世評を浴びているようである.
曰く,何も殺すことないじゃないか,泣かせるためだけの薄っぺらい映画,ショボい物語.
しかし「涙そうそう」という歌が森山良子の兄の急死をモチーフとして作られていることは周知の事実であり,この映画が「兄の急死」という展開になることは予め分かっているとも言える.その点ではいささか気の毒なな評価だとも思えるのだが.
後に深く残る映画ではないが,「泣かせる」映画としてはまずまずの出来.妻夫木・長澤の演技は見応えあり.個人的には,二人の間では僅かに長澤の勝ちと思える.
ところで,その不幸な生い立ちを知った上で洋太郎を騙し,兄妹に借金の山を残す詐欺師を演じた船越英一郎が,「友情出演」だとクレジットされているのは,いささかブラックな冗談ではないだろうか?
★★★(★5個が満点)
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:ウィスキー | トップページ | 独断的映画感想文:マイアミ・バイス »

コメント

ほんやら堂さん、TBありがとうございましたm(__)m

主演がともに旬な二人で土井監督とくれば、涙を流さずには居られませんでした。
おばぁが特に効いていましたね^^
TB何度か試してみましたが反映されませんでしたm(__)m

投稿: cyaz | 2007/07/30 08:18

TBありがとう。
僕は、結末は、どうでもよかったんですけどね。なんか、スタッフの構え方が、いやだなと、思いました。

投稿: kimion20002000 | 2007/08/01 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/15938704

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:涙そうそう:

» 涙そうそう [UkiUkiれいんぼーデイ]
タイトルから連想して、しみじみと泣ける映画かと思いきや・・・。 これでもか!というくいらいの兄妹愛を見せらても、 じぇ〜んじぇん泣けませんでした。 っつーか、先の展開がことごとく読めてしまって・・・。 この曲は、もともと若くして逝ってしまった兄を思って森山良子さんが作ったものです。 BEGINの心地良いメロディーに乗せた珠玉の1曲です。 それがなんで、こんな異母兄妹の近親相姦を匂わすような内容になるんでしょ。 歌っている夏川りみさんの歌声もほんとステキです♪... [続きを読む]

受信: 2007/07/30 09:04

» 涙そうそう [SSKS*]
オフィシャルサイト 2006 日本 監督:土井裕泰 出演:妻夫木聡/長澤まさみ/麻生久美子/塚本高史/小泉今日子/平良とみ ストーリー:義父の失踪、母親の死から、義父の連れ子のカオルと生きていくハメになった洋太郎。ひと足先に本島でひとり暮らしをしていた彼は、高校に合格したカオルとふたり暮らしを始めることに。だが喜びもつかの間、洋太郎は詐欺に遭ってしまい…。 ベタな話やけど…ナケタ…(;∀;) ... [続きを読む]

受信: 2007/07/31 22:32

» NO.176「涙そうそう」(日本/土井裕泰監督) [サーカスな日々]
テレビを拡張したような「感動物語」が、 我が物顔にスクリーンを占拠し始めている。 別にテレビ(民放)出の、プロデューサーや演出家を、低く見ているわけではない。 また、フジテレビやTBSが、映画事業として制作委員会のトップに名前を掲げて、テレビドラマとの連動や番宣よろしく特報・予告編をバンバンとテレビを使って、スポットすることの是非を問うているわけではない。 けれど、厳しい視聴率競争と、お手軽な原作探し、下請けへの丸投げ体質、好感度スターへの依存あるいは使い捨てといった、ここしばらくのテレビドラマ事... [続きを読む]

受信: 2007/08/01 00:37

« 独断的映画感想文:ウィスキー | トップページ | 独断的映画感想文:マイアミ・バイス »