« 独断的映画感想文:涙そうそう | トップページ | 独断的映画感想文:墨攻 »

2007/08/05

独断的映画感想文:マイアミ・バイス

日記:2007年8月某日
映画「マイアミ・バイス」を見る.
Miami_vice_2_800
2006年.監督:マイケル・マン.
コリン・ファレル,ジェイミー・フォックス,コン・リー,ナオミ・ハリス,キアラン・ハインズ.
80年代人気のTVシリーズの映画化だが,そちらは未見.
マイアミ警察の特捜課チームが売春の捜査中情報屋アロンゾから緊急の電話が入る.捜査官ソニーとリコが急行し話を聞くと,彼の家族が拉致されFBI潜入捜査官殺害の手引きを強要されたとのこと.潜入捜査に関する情報が漏れているらしい.
FBIは顔の割れていないソニーとリコに,情報漏洩源の潜入捜査を依頼する.
二人は仕事の出来る運び屋というふれこみで仲介のイエロに接触,コロンビアの元締めモントーヤと会って麻薬輸送の請負に成功する.
二人の潜入は順調に進むが,ソニーはモントーヤの女イザベラと愛し合うようになって….
フェラーリや小型ジェット,高速艇を駆使して陸海空を駆け回るソニーとリコ,夜景の描写やバックミュージックはなかなか感じが良い.二人のプロフェッショナルな仕事ぶりがかっこよく,映画のテンポもまずまずというところ.
しかしいささか分かり難いところもある.ソニーとリコがフェラーリや小型ジェットを乗り回すのは,どうしてなのか?
マイアミ警察特捜課ってそういうところなのか.それともTV版を見ている人には周知のお約束(実は二人は大金持ちとか)なのか?
二人の人物像も映画の中ではほとんど描写されない.
その割に長尺なのはロマンスやベッドシーン,濡れ場に時間を割いているからだが,これがもう一つ.
リコのシャワー中に同僚の女性刑事トルーディが,ソニーのシャワー中にイザベラが,入ってくるというシーンが各々あるのだが,何も同じ動きのシーンをそれぞれに撮らなくっても良いじゃないか.
両者のベッドシーンも(ベッドシーンが嫌いというわけではないが)冗長に思える.
これをカットして全体の動きをテンポアップすれば,90分くらいの作品になるんじゃないかしら.
刑事物としては標準的なのだろうけど,その辺が気になって★★★(★5個が満点).
人気blogランキングへ


« 独断的映画感想文:涙そうそう | トップページ | 独断的映画感想文:墨攻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/16019966

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:マイアミ・バイス:

» 『マイアミ・バイス』 [京の昼寝〜♪]
深く静かに潜入せよ。 ■監督・脚本 マイケル・マン■コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー、ナオミ・ハリス、アンソニー・ヤーコヴィック、ジョン・オーティス□オフィシャルサイト  『マイアミ・バイス』 フロリダの楽園マイアミ。 太陽の光がふりそそぐリゾート地だが、米国で最も南米に近いことから、犯罪組織の密輸の中継地でもある危険地帯だ。マイアミ警察特捜課(マイアミ・バイス)の刑事コンビ、ソニー・クロケット(コリン・ファレル)とリカルド・ダブス(ジェイミー・フォックス)... [続きを読む]

受信: 2007/08/06 08:11

» マイアミ・バイス [UkiUkiれいんぼーデイ]
マイアミ・・・と聞くと・・・ グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン!!! で コンガ!・・・なんだなぁアタシは。 もちろん80年代にヒットしたTVドラマも観てました〜。 この二人↓が、それまでの刑事のイメージとは違った刑事姿を見せてくれました。 ドン・ジョンソン(右)と、フィリップ・M・トーマス 今作の主演のお二人もさることながら、監督がマイケル・マンってことで、この方の描く男が好きなのと、夜景を撮らせたらピカイチの監督なので、今回は監督... [続きを読む]

受信: 2007/08/06 08:30

» マイアミ・バイス Miami Vice [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー主演 [画像] 麻薬組織を追うマイアミ・バイス(特捜課)の ソニー・クロケットとリカルド・タブスの二人は 南米からの麻薬取引の拠点となるマイアミで活躍しています ある時 仲間から麻薬捜査官の機密が内部から漏れて彼と家族を含め 組織に抹殺されてしまうと言う それを聞いたソニーとリカルドは その情報が漏れたルートを捜査する為 麻薬ディラーに扮し 南米の組織に近づき秘密を解く特殊な任務を遂行しようとするのです 組織のホセ・イエロに会い、麻薬取... [続きを読む]

受信: 2007/08/19 09:00

« 独断的映画感想文:涙そうそう | トップページ | 独断的映画感想文:墨攻 »