« 独断的映画感想文:記憶の棘 | トップページ | 独断的映画感想文:鉄コン筋クリート »

2007/11/10

独断的映画感想文:オリヲン座からの招待状

日記:2007年11月某日
映画「オリヲン座からの招待状」を見る.Orion4
2007年.監督:三枝健記.
宮沢りえ,加瀬亮,宇崎竜童,田口トモロヲ,樋口可南子,原田芳雄,中原ひとみ.
浅田次郎原作の短編小説の映画化.
良枝のもとにオリヲン座が閉館するという手紙が来る.カフェテリアで待つ良枝のテーブルに祐次が現れる.
二人は昔子供の頃,近くの映画館オリヲン座に入りびたっていた仲だった.今は離婚寸前の夫婦である.
そのオリヲン座の閉館上映に一緒に行こうと良枝が誘う.祐次は僕は行かないと言って去っていく.
京都西陣の一角にあるオリヲン座は,館主で映写技師の松蔵と妻トヨの夫婦二人で切り回す小さな映画館だった.
ある日この街にたどり着いた留吉は,松蔵に弟子入りを願い出て許される.以来留吉はオリヲン座に住み込んで映写技師の修行に励む.
松蔵が肺を病んで急死した後,留吉はトヨを助けてオリヲン座を支えるが,二人の関係を疑う世間の陰口でオリヲン座の客足は遠のき,更にテレビの台頭で映画館の経営は更に苦しくなる….Orion3
昭和30年代を映画館の盛衰を通じて描く映画だが,映画が数本撮れそうな配役の割にはスカのような映画である.
その最大の原因はドラマがないことだ.
冒頭留吉が転がり込んでくる.松蔵が死ぬ.トヨと留吉が追い詰められる.ここまでは起承転結の「起承」である.
ここからどうドラマは展開していくのか.
と思うと次のシーン,オリヲン座は平然と営業を続けている.留吉は映写室におりトヨはピーナツを売っている.二人はさして不自由のない生活を送っている(らしい).
これではなーんだ,ということになるではないか.
ここからは話は良枝と祐次の子供時代の話に焦点が移るのだが,それはただ親に縁の薄かった同士の,二人の子供時代の話というだけで,これもなーんだという感じである.
浅田次郎は手練手管の限りを尽くして,読者を感動させよう泣かせようという作家である.
そういう作者の短編を2時間の映画の脚本にしたときの無理が,あちこちに出ているのではないか.
終盤,オリヲン座の閉館上映での留吉(原田芳雄)の挨拶はさすがだと感動した.宮沢りえ,加瀬亮,樋口可南子いずれも演技は期待通りである.宮沢りえが公園で一人自転車を乗り回すロングショットのシーンは素敵だ.Orion1
にもかかわらず,ドラマの展開が物足りないのは,期待を裏切られた感じで実に残念である.
追伸:上原ひろみの音楽は素敵だった!!
★★☆(★5個が満点)
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:記憶の棘 | トップページ | 独断的映画感想文:鉄コン筋クリート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/17035250

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:オリヲン座からの招待状:

» オリヲン座からの招待状 36点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
今じゃ仲間の心がふるさと 公式サイト 浅田次郎の同名短編小説を映画化、かつて同じ東映で映画化されて大ヒットした『鉄道員』と同じ短編集に収録されている事が宣伝でやたらと強調されているが、単に同じ本に入っているだけで特に関連性はない。 浅田次郎原作のノス....... [続きを読む]

受信: 2007/11/11 02:24

» オリヲン座からの招待状 [ネタバレ映画館]
せめてホクロを・・・ [続きを読む]

受信: 2007/11/11 06:05

» 『オリヲン座からの招待状』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「オリヲン座からの招待状」□監督 三枝健起 □脚本 いながききよたか□原作 浅田次郎( 「鉄道員」集英社刊)□キャスト 宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、樋口可南子、原田芳雄、中原ひとみ ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5)<感想> この映画を観ながら『カーテンコール』や『ニュー・シネマ・パラダイス』を思い出していた。 そしてこの映画には関係ないけど、どこかでりえちゃんと芳雄ちゃんが出て... [続きを読む]

受信: 2007/11/11 10:28

» オリヲン座からの招待状 [アートの片隅で]
「オリヲン座からの招待状」の試写会に行って来ました。 映画を観ていて、どうしても眠くなってしまい、不本意ながら寝てしまうことは度々あるのですが、、、、この映画は自ら寝ました(≧◯≦)ゞ 少々寝てしまっても、あまり話は進展していないと思って15分くらい寝たのですが、案の定ちっとも話は進んでいませんでした。 あまりのダラダラした進行に、途中で帰ろうかと思いました。 実際、前に座っていたじいさんが途中で帰ってしまいました。(私なんかよりこの映画のターゲットな筈なのにねぇ、、、) そもそ...... [続きを読む]

受信: 2007/11/11 17:02

» 『オリヲン座からの招待状』鑑賞 [★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!]
『オリヲン座からの招待状』鑑賞レビュー! 僕ずっとオリヲン座を守るさかい── ここでいつまでも、一緒に映画(シャシン)かけてもらえますか。 人気作家・浅田次郎の同名短編を基に 閉館を迎えた小さな映画館を取り巻く 人々の人生模様をノスタルジックに綴る ハートフル・ドラマ 主演は「たそがれ清兵衛」「父と暮せば」の 宮沢りえ、共演に 「それでもボクはやってない」の加瀬亮 監督は「MISTY」の三枝健起 2007年/日本 公開日::::2007年1... [続きを読む]

受信: 2007/11/11 19:37

» 【2007-144】オリヲン座からの招待状 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? さて突然ではございますが、 昭和二十五年の開館以来 半世紀以上にわたって、 地元の皆様に愛され親しまれて参りました 当オリヲン座は、誠に勝手ながら 今秋をもちまして 閉館いたす事と相成りました。 つきましては謝恩最終....... [続きを読む]

受信: 2007/11/11 22:28

» 樋口可南子が"理想の熟女"として再ブレーク中 [綾瀬はるかさんを応援するブログ]
年を重ねた今が旬ということか。樋口可南子が熱い。   [続きを読む]

受信: 2007/11/15 11:53

« 独断的映画感想文:記憶の棘 | トップページ | 独断的映画感想文:鉄コン筋クリート »