« 独断的映画感想文:パプリカ | トップページ | 独断的映画感想文:ブラッド・ダイヤモンド »

2007/12/30

独断的映画感想文:松ヶ根乱射事件

日記:2007年12月某日
映画「松ヶ根乱射事件」を見る.1
2006年.監督:山下敦弘.
新井浩文,山中崇,川越美和,木村祐一,三浦友和,キムラ緑子,烏丸せつ子.
山下監督の映画は「リアリズムの宿」「リンダリンダリンダ」(香椎由宇ちゃん,結婚おめでとう!)以来3作目である.
一面の雪の中,赤いコートの女が仰向けに倒れている.足跡は一つもない.
そこにとことこと小学生が通りかかる.女の傍らにうずくまる小学生….
次のシーン,女は死体検案の為裸で解剖台の上に横たわっている.新井浩文の巡査光太郎が覗き込んで「生きてるようです」.5
このようにスタートするダークコメディ.
松ヶ根は片田舎の平穏な村,くそ真面目な巡査光太郎,双子の兄光は姉夫婦が経営する実家の畜産業をいい加減に手伝っている.父は口先だけの不実な男で愛人宅に転げ込んでいる.
息を吹き返した女には連れがいて,やがてこの二人が松ヶ根に何をしに来たかが明らかになる….
冒頭のシーンは「ファーゴ」を思い起こさせるが,やることなすことうまくいかず物事がどんどん悪い方に転がっていった「ファーゴ」に,この映画も似てなくもない.
但しこの映画では日本の田舎の閉塞性とよどんだ不快感が,個性豊かな闖入者のおかげであからさまになっていくという展開である.4
だいたいこの村は異様に好色な村である(それとも日本の田舎って皆こうなのかしら).冒頭のシーンでも小学生は倒れている女をさわりまくるし,床屋の2階では娘が客を取っているし,バス停ではじいさまが女高生にパンツを下ろさせている.2
光太郎の父親のだらしなさも印象的,この人は愛人宅(床屋)に転げ込んだ挙げ句その娘に手を出して妊娠させ,実家に舞い戻ってくる.その上光太郎の見合に出てきて偉そうに畜産業の仕事の厳しさを物語ったり息子に説教したりする.
そのいやらしさはいっそ痛快なほどである.演じた三浦友和は絶品.
不快感といらいらの挙げ句にフィナーレの乱射事件となるのだがこれもまた絶品で….ここは見てのお楽しみ.
この映画の味は,物語の不快といらいらの展開を,とぼけたくすくすで描いているあたりか.山下ワールドらしい映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:パプリカ | トップページ | 独断的映画感想文:ブラッド・ダイヤモンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/17522349

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:松ヶ根乱射事件:

» 松ヶ根乱射事件/新井浩文、山中崇 [カノンな日々]
「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が本来の作風に戻ったらしいブラックコメディな作品です。昨年の東京国際映画祭で上映されたときになかなか好評だったらしいんですよね。私も観たかったけどチケットとれなくてこの一般公開を楽しみにしてましたァ。 出演はその他....... [続きを読む]

受信: 2007/12/30 16:25

» #38.松ケ根乱射事件 [レザボアCATs]
そもそも私が見ようと思ったのは、西川美和が、「面白い。こういうの作ってみたいなんて考えてしまうけど、自分は山下みたいには絶対面白く出来ないので、作ってみたいなどとは考えないようにしている。」なんていう、気の利いたコメントをしていたためで・・・... [続きを読む]

受信: 2007/12/30 16:43

» 『松ヶ根乱射事件』 [京の昼寝〜♪]
人間の情けない本音が出てきちゃう。 ■監督 山下敦弘 ■脚本 佐藤久美子、向井康介、山下敦弘 ■キャスト 新井浩文、山中崇、木村祐一、川越美和、三浦友和、烏丸せつ子、キムラ緑子、光石研、安藤玉恵□オフィシャルサイト  『松ヶ根乱射事件』 鈴木光太郎(新井浩文)は事件らしい事件が起きないこの町で警察官をしている。 光太郎の双子の兄・光(山中崇)は家の畜産業を気まぐれに手伝っている。 2人の父親・豊道(三浦友和)はダラダラした生活と性格が災いしてなんとなく自宅に居辛くなり、家出中。 母... [続きを読む]

受信: 2007/12/30 21:16

» 松ヶ根乱射事件 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  奇妙に切り出されたリアルな人間の姿     [続きを読む]

受信: 2007/12/30 22:40

« 独断的映画感想文:パプリカ | トップページ | 独断的映画感想文:ブラッド・ダイヤモンド »