« 独断的映画感想文:オーロラの彼方へ | トップページ | 独断的映画感想文:どろろ »

2008/01/08

独断的映画感想文:ティファニーで朝食を

日記:2008年1月某日
映画「ティファニーで朝食を」を見る.5
1961年.監督:ブレイク・エドワーズ.
音楽:ヘンリー・マンシーニ.原作:トルーマン・カポーティ.
オードリー・ヘプバーン,ジョージ・ペパード,ミッキー・ルーニー,マーティン・バルサム.
あまりにも有名なヘプバーンの映画.
N.Y.の早朝,人気のないティファニーの前でテイクアウトの珈琲とクロワッサンで朝食を摂るホリー.
彼女は実はコール・ガール,何時か玉の輿に乗ることを目指し(どうも表現が古いか)アパートで気ままな一人暮らしを送る.
そのアパートに引っ越してきたポールは駆け出しの作家,大長編を目指して執筆中だが,実はパトロンのいる身の上だ.2_3
そのポールは一目でホリーに恋をしてしまう.ホリーは可愛らしく気まぐれでつかみ所がないが,何とも魅力的.しかしホリーには隠された身の上があった….
娼婦とヒモの純愛物語だが,演じるのがオードリー・ヘプバーンとジョージ・ペパードだとこういうお洒落なファッションラブコメになってしまう.
原作者カポーティの望み通りマリリン・モンローが演じていたらどういう作品になっていたのだろう.
同じアパートの「日本人」ユニヨシ氏のキャラクターやらお洒落な小道具やら(N.Y.では1960年にテイクアウトの珈琲が飲めたのだ.これがもうお洒落)が,粋で楽しい映画だが,映画に入り込むところまでは行かなかった.
設定とキャスティングの違和感が最後まで釈然とせず.1_2
但し主題歌「ムーン・リバー」は名曲で,それを歌うヘプバーンはやはり魅力的.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:オーロラの彼方へ | トップページ | 独断的映画感想文:どろろ »

コメント

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

よく探し出されてTBして戴きました。感謝です。

カポーティの意図はともかく、この脚本では都会の妖精オードリーがベストという気がしております。
M・モンローは歩くセックスみたいなところがありますから、軽さが出ないような。田舎から出てきたという設定にはオードリーよりMM的なものを感じますね。

投稿: オカピー | 2008/01/09 00:33

おかぴー様

コメント有り難うございます.

顧みまするに,僕の女性を見る目が如何に貧弱かということを痛感いたしますね.

「都会の妖精」,何と綺麗な言葉でしょう.
その様にホリーを見ることのできなかった僕の品格・品性に問題がありそうです.

と,反省しつつまた映画を見ます.今年も宜しくお願いいたします.

投稿: ほんやら堂 | 2008/01/10 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/17625359

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ティファニーで朝食を:

« 独断的映画感想文:オーロラの彼方へ | トップページ | 独断的映画感想文:どろろ »