« 独断的映画感想文:ティファニーで朝食を | トップページ | 独断的映画感想文:Helpless »

2008/01/13

独断的映画感想文:どろろ

日記:2008年1月某日
映画「どろろ」を見る.4
2007年.監督:塩田明彦.
妻夫木聡,柴咲コウ,瑛太,土屋アンナ,麻生久美子,劇団ひとり,中村嘉葎雄,原田芳雄,原田美枝子,中井貴一.
戦乱の世,武将醍醐影光は天下統一の野望のため48体の魔物に生まれ来る我が子を捧げ,強大な力を手に入れる.子供は体の48カ所を奪われた形で生まれ,捨てられる.その子を拾った呪師は子供を哀れみ,48の器官を作り命を吹き込む.
成長した子供は左手に仕込んだ妖刀百鬼丸の名を名乗り,放浪の旅に出る.妖刀に誘われて現れる魔物を一人倒せば,奪われた器官が1つ戻ってくることも知る.百鬼丸は途中巡り会った盗賊どろろと共に,魔物退治の旅を続けながら醍醐影光の領地に踏み込んだ….
手塚治虫の漫画の実写映画化.CGはちゃちいし最初はどうなることかと思っていた.
しかし映画を見終わっての感想は,思いの外面白いということであった.
繰り返すがCGはちゃちい.それに中盤の化け物との戦いに出てくる化け物たちは,日曜朝のTVに出てくるかぶり物の妖怪の水準だ.
それでもこの映画を好きだと思ったのは,単純に面白かったからだ.その面白さは,手塚治虫がこの漫画に込めた面白さを,映画がなんとか引き継いでいるというその一点に尽きる.3
そしてそのポイントたる部分を妻夫木と柴咲と中井貴一が体を張って演じていることが,この映画を成立させている要の部分ではないだろうか?1
正直言って見ている最中にずいぶんだと思った点はいろいろあったが,あの手塚の原作を何とかして映画にしようという熱意を感じた.それが楽しく嬉しかった.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ティファニーで朝食を | トップページ | 独断的映画感想文:Helpless »

コメント

コメどうもでした
漫画のテイストで映像化しようという心意気は感じましたです。
ただどろろがもろ女の子だったのが残念でした。
メイクとか頑張ってもっと男の子っぽくして欲しかったです。

投稿: くまんちゅう | 2008/01/21 22:55

はじめまして。
いつもTB&コメントありがとうございます。
『カリスマ映画論』の睦月と申します。

たしかに手塚さんの漫画を実写化への熱意、その努力は
認めてあげたいですね。
公開当時は、原作ファンからもかなりいろんな反応が
あった作品のようですが、手塚漫画ということに
こだわらずに観る分にはまあまあ普通に楽しめる1作という
感じでした。

続編がありそうな雰囲気でしたが・・・・
果たしてどうなるんでしょうね。

では今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

投稿: 睦月 | 2008/01/22 15:09

くまんちゅう様,いらっしゃいませ.

小生は柴咲コウが好きですから(笑)あまり気になりませんでした.メイクはともかく,演技的にがんばって男の子っぽくしてましたけどね.

またぜひお越し下さい.


投稿: ほんやら堂 | 2008/01/28 21:33

睦月様,今晩は.

この映画,制作者の意図と原作の手塚漫画へのファンの思いがいろいろぶつかり合った映画だと思います.

でも漫画を実写にするのですから,大概のことは大目に見るべきです.僕は実写版の「鉄腕アトム」を見た世代ですから,その辺は太っ腹です(笑).

それより妻夫木,芝崎,中井の俳優陣ががんばったことを評価したいと思います.

投稿: ほんやら堂 | 2008/01/28 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/17684054

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:どろろ:

» 「どろろ」映画感想 [Wilderlandwandar]
映画の日に頑張って色々見たオマケで、ポイントが貯まって只券をゲットしたので見てき [続きを読む]

受信: 2008/01/13 22:52

» 『どろろ』 [京の昼寝〜♪]
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光(中井貴一)は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。 やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ、呪医師・寿海(原田芳雄)の秘術によって救われる。身... [続きを読む]

受信: 2008/01/13 23:04

» どろろ/妻夫木聡、柴咲コウ [カノンな日々]
原作が有名な手塚治虫作品なのはもちろん知ってますけど、ちゃんと読んだことはありません。子供の頃ちらっと見たことはあるけど時代劇だし劇画っぽくておどろおどろしくて大人の漫画って感じがして私が読むもんじゃないかなぁって。だからこうして実写化されなかったらたぶ....... [続きを読む]

受信: 2008/01/13 23:28

» どろろ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 巻き舌スパーク!どるろろろろろろろろろっ!  [続きを読む]

受信: 2008/01/14 02:37

« 独断的映画感想文:ティファニーで朝食を | トップページ | 独断的映画感想文:Helpless »