« 独断的映画感想文:シルク | トップページ | 独断的映画感想文:ダウト »

2008/02/18

独断的映画感想文:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

日記:2008年2月某日
映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を見る.Hp
2007年.監督:デヴィッド・イェーツ.
ダニエル・ラドクリフ,ロン・ウィズリー,エマ・ワトソン,レイフ・ファインズ,ゲイリー・オールドマン,マギー・スミス,エマ・トンプソン,イヴァナ・リンチ.
5年生になる前,帰省中のハリーは,従兄弟にいじめられている最中に魔法界の吸血鬼ディメンターに襲われ,やむなく魔法で撃退する.ところが人間の前で魔法を使ったとして魔法省の尋問に呼び出される.Hp_2
幸いダンブルドアの弁護で窮地を逃れるが,魔法省はホグワーツにアンブリッジ先生を送り込んで締め付けをはかった.ハリーは,ロンとハーマイオニーの勧めで有志を募ってダンブルドア軍団を組織し,闇の力との対決に備える….Hp_3
えー毎度おつきあいを願いますって感じのいつもの魔法の世界.この世界好きです.
今回は孤立しがちなハリーが,ダンブルドア軍団という魔法省の官僚どもと対決する結社を組織するし,3人組の活躍は相変わらずだし,なかなか楽しい.
ただしキスまでする仲になったチョウとの離別はアジアの一員としてはやや残念.
そのほかの出演者が相変わらずのお楽しみ.ゲイリー・オールドマンが良い役をやっていると何となく落ち着かない.えーっあの情けないお払い箱教師がエマ・トンプソンだって?!
新人のイヴァナ・リンチがなかなか可愛い.Hp_4
本筋の方は相変わらず原作を読んでいないので,何がなにやらわかりません.でも楽しい映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:シルク | トップページ | 独断的映画感想文:ダウト »

コメント

TBどうもでいした
原作読まないと判りにくかったですかね?
でも楽しまれたようでヨカッタです。
今回初めて原作より映画の評価が勝ちました。
上手く作ってくれました。

投稿: くまんちゅう | 2008/02/20 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/40174103

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団/ダニエル・ラドクリフ [カノンな日々]
先行上映の初日に鑑賞になったけど特に意気込んでるわけでなくてこの連休に観るんだったら初日の土曜日がましかなと思ったからです。東京は明日台風の直撃になりそうだったし。それでもシネコンは子供がうじゃうじゃいて騒々しいやらゴミ散らかし放題やらで大変でした。 ....... [続きを読む]

受信: 2008/02/18 23:27

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」映画感想 [Wilderlandwandar]
結局待ちきれないで、先行上映を見てきました「ハリー・ポッター [続きを読む]

受信: 2008/02/20 14:59

« 独断的映画感想文:シルク | トップページ | 独断的映画感想文:ダウト »