« 独断的映画感想文:ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 | トップページ | 独断的映画感想文:地下鉄(メトロ)に乗って »

2008/02/11

独断的映画感想文:ハンニバル・ライジング

日記:2008年2月某日
映画「ハンニバル・ライジング」を見る.2
2007年.監督:ピーター・ウェーバー.
ギャスパー・ウリエル,コン・リー,リス・エヴァンス.
「羊たちの沈黙」で有名なハンニバル・レクター博士の生い立ちの記である.
第2次大戦中のリトアニア,ナチスドイツとソ連の戦闘が迫り,レクター伯爵は城を捨て山荘に避難する.しかしその山荘も独ソの戦闘に巻き込まれ伯爵と夫人等大人たちは死亡,残されたハンニバルと妹ミーシャは,ソ連軍に追われ山荘に押し入ったリトアニア民兵に監禁される.食料欠乏の中,ミーシャは彼らに連れ出される….
という訳で話は簡単,成人したハンニバルがミーシャを食ってしまった兵士たちのその後を追う復讐譚.復讐のために殺した兵士の頬肉を食ってしまうというハンニバルのカニバリズムも同時に物語られる.
興味はむしろ主演のギャスパー・ウリエルとコン・リーに集中することになる.
ギャスパー・ウリエルは何とつい数日前にたまたま見た「ロング・エンゲージメント」の主人公,純粋無垢の青年マネクを演じたその人であります.ずいぶんと性格が変わってしまったものだ.
気になったのは彼の左頬の,えくぼにしては深すぎる傷だが,これは彼が6歳の時ドーベルマンに噛まれてできた傷だそうな.1
コン・リー姐さんが演じたのはレディ・ムラサキ,日本風に言えば紫式部ということでしょう.
彼女はレクター伯爵一族の最後の生き残りでハンニバルのおじさんに当たる人の未亡人.ハンニバルとは愛し合うことになるが,当然彼の殺人とカニバリズムにはついて行けない.
彼女が日本人役を演じることについてはいろいろとコメントもあるようだが,しかしコン・リーの若々しさには敬服したい.3
他にはハンニバルがソ連軍に救出されたあと,孤児として収容されたのがかっての我が家であるレクター城だったというあたりの描写にはもう少し説明がいるかも知れない.
つまりソビエト政権下のリトアニアで,ハンニバルは階級の敵を父に持つものとして監視と迫害の対象であったと思われるからである.
共産主義政権とか冷戦とかいう概念も,今や遙か昔のことになってしまった.物語を記述する上ではやりにくい時代かも知れない.
ということで映画自体は普通の出来,★★★☆(★5個で満点)というあたりか.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 | トップページ | 独断的映画感想文:地下鉄(メトロ)に乗って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/40080394

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ハンニバル・ライジング:

» ハンニバル・ライジング/ギャスパー・ウリエル [カノンな日々]
あの「羊たちの沈黙」で名優アンソニー・ホプキンスが演じたハンニバル・レクターの物語のエピソード1です。観る前に全作復習しておこっかなぁと思っていたんだけど時間がなくて結局観ることが出来ませんでした。でも3作品ともだいたいは覚えているしエピソード1なんだから....... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 00:24

» オリエンタリズム〜『ハンニバル・ライジング』 [真紅のthinkingdays]
『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』に続く、ハンニバル・レクター シリーズ第4弾。タイトル通り、世界一有名なカニバリズ... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 01:01

» 「ハンニバル・ライジング」映画 感想 [Wilderlandwandar]
「羊たちの沈黙」以来、レクター博士@アンソニー・ホプキンスの [続きを読む]

受信: 2008/02/11 11:51

» 『ハンニバル・ライジング』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト  『ハンニバル・ライジング』□監督 ピーター・ウェーバー□脚本・原作 トマス・ハリス □キャスト ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンズ、ケヴィン・マクキッド■鑑賞日 5月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> なるほど、あのハンニバルにはこんな生い立ちが・・・。 しかも香港臭『ラストサムライ』風味な日本の武士道が関わっていたとは。 確かにあの猿轡は鎧兜にリンクするかも。 あの冷血無比なハンニバル・レクター... [続きを読む]

受信: 2008/03/05 08:24

« 独断的映画感想文:ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 | トップページ | 独断的映画感想文:地下鉄(メトロ)に乗って »