« 独断的映画感想文:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | 独断的映画感想文:ミス・ポター »

2008/02/24

独断的映画感想文:ダウト

日記:2008年2月某日
映画「ダウト」を見る.2_2
2005年.監督:ウェイン・ビーチ.
出演: レイ・リオッタ(フォード・コール), LL・クール・J (ルーサー),メキー・ファイファー(アイザック),ジョリーン・ブラロック(ノラ),ガイ・トーリー(チェット),テイ・ディグス(ジェフリー),キウェテル・イジョフォー(タイ),ブルース・マッギル(ゴッドフレイ).
ある市の検事で次期市長の座を目指すフォード,記者の密着取材を受けている彼のもとに連絡が入る.恋人で検事補のノラが自室で男を射殺して拘束されたというのだ.
拘留されたノラは,このところ付きまとわれていた男が自室に侵入しレイプされたので,正当防衛として射殺したと言う.1_2
ところが死んだアイザックの友人と名乗るルーサーが出頭し,アイザックを誘惑したのはノラで,殺人は計画的なものだと供述する.
折しも街は大規模な都市開発の計画中で,ダニーという謎の黒幕が暗躍している.事件の真相はどうか,真の悪役は誰か,ダニーは何奴か.
混沌とした状況の中矛盾する供述に翻弄されるフォードの迷走,どんでん返しに次ぐどんでん返しという趣向の映画.3_2
映画が直接描くのは事件が発生してから10時間ほどのあいだの出来事,その間にそれぞれの供述が映像として映し出される.観客は,裏付けもないままの各自の供述が飛び交う混迷の状況そのものを楽しむという訳だが,最後の落ちが気に入るかどうかは微妙なところである.
僕にとってはもう一つそうか!!と納得するところまでは行かなかった.
キーワードの一つは「人種」ということだが,日本ではあまりぴんと来ない面もあるだろう.
ノラを演じたジョリーン・ブラロックが印象的.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | 独断的映画感想文:ミス・ポター »

コメント

こんにちわ。

すでにこの作品がどんな内容だったか忘れかけているのですが・・・(苦笑)。
ただ、やたらラストにかけてのドンデン返しが多い作品だったという印象が強いです(笑)。

そんなにパンチの強い映画ではありませんでしたが、小粒ながらにいい味を出している1作だなあと思いました。

投稿: 睦月 | 2008/02/26 16:35

睦月様,コメント有り難うございました.

1年遅れのコメントで申し訳ありませんでした.

この映画,ミステリとは思わなかったのですが(だって観客に謎が解けるわけがない),レイ・リオッタのおろおろする様が,面白かったです.,

投稿: ほんやら堂 | 2008/02/27 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/40248241

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ダウト:

» ダウト/レイ・リオッタ [カノンな日々]
とりあえずどんな映画なのかと上映劇場の紹介記事を読んでみるとなかなか良さげなクライムサスペンスじゃないの。即鑑賞決定ィ。こういうマイナーな上映作品が思わぬめっけもんだったりすると、スゴク嬉しかったりするもので、ちょっと期待してましたが、いやぁ、コレはなか....... [続きを読む]

受信: 2008/02/24 23:47

» 「ダウト」(SLOW BURN)映画感想 [Wilderlandwandar]
ユージュアルサスペクツを超えた本格サスペンスという触れ込みの [続きを読む]

受信: 2008/02/25 21:42

» ダウト [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  たたみかける『ダウト』の嵐!!   [続きを読む]

受信: 2008/02/25 22:22

» 長谷川京子 エロいアイコラどないでっか?  [長谷川京子 エロいアイコラどないでっか? ]
皆さんは長谷川京子好きですか?私はすごく好きなんですよね〜 どこが好きかって?そりゃ〜も〜エロいからですよwwww 私はエロいと思うんですよね〜あの目が・・・・ 能書きは申しません。 アイコラとお宝過去動画です。 では、鐔種什鐔種什鐔種什・・・・・・ ... [続きを読む]

受信: 2008/03/23 17:30

« 独断的映画感想文:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | 独断的映画感想文:ミス・ポター »