« 独断的映画感想文:トゥモロー・ワールド | トップページ | 独断的映画感想文:BOBBY »

2008/03/10

独断的映画感想文:幸せのちから

日記:2008年3月某日
映画「幸せの力」を見る.3
2006年.監督:ガブリエレ・ムッチーノ.
出演: ウィル・スミス(クリス・ガードナー),ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス(クリストファー),タンディ・ニュートン(リンダ),ブライアン・ホウ(トゥイッスル),ジェームズ・カレン,カート・フラー.
実話に基づく映画.
1981年,サンフランシスコ.
クリス・ガードナーは医療機器の販売をしているがさっぱり売れず,5歳の息子クリストファーを保育所に預けて悪戦苦闘している.妻リンダは病院で働いているが,それでも家賃は払えず,駐車違反の罰金も払えない.
この生活から抜け出そうと,クリスは株式仲買人の道を目指し,必死に売り込んで証券会社の研修生に採用される.しかし研修生は6ヶ月間無休,しかも正職員に採用されるのは20人の内たったの一人.5
妻にも去られたクリスはこの最後のチャンスを生かそうとクリストファーの世話をしながら必死に働くが,そのうち家賃滞納でアパートを,次にはモーテルを追い出されついにホームレスの過酷な生活を強いられる….
この映画は親子の情愛ものとかサクセスストーリーとか,そういう生半可な映画ではない.
クリス親子の生活,特にホームレスになってからの暮らしは半端なものではない.
この期間彼は研修所を早引きして保育所で息子を受け取り,救貧施設のベッドを求めて教会の前の列に並ぶのだ.ベッドがいっぱいになればもう野宿しかない.
この生活の果てに彼は正職員に採用され,最後には億万長者になるのだが,採用されなかったらどうなったのだろう.
映画の大半はこの過酷な生活の描写に割かれ,その印象は重苦しい.
クリスという人は才能があって最後には成功したのだろうが,アグレッシブで自己中でもあり,付き合いやすい人物ではなさそうだ.1
妻のリンダは彼と息子を愛していたが,途中で耐えかねてニューヨークへ行ってしまう.それ以降リンダの話題は全く出てこない.彼女はどうなってしまったのか,それも気にかかる.
という訳でいろいろ文句もつけたい映画だが,クリスとクリストファーを演じる実のウィル・スミス親子の魅力に,最後まで引っ張られた.
★★★☆(★5個が満点)ってところか.
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:トゥモロー・ワールド | トップページ | 独断的映画感想文:BOBBY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/40456108

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:幸せのちから:

» 『幸せのちから』 [京の昼寝〜♪]
この手は、離さない ■監督 ガブリエレ・ムッチーノ■脚本 スティーブン・コンラッド■キャスト ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ    □オフィシャルサイト  『幸せのちから』 1981年、サンフランシスコ。 5歳の息子クリストファー(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)を何より大切に思うクリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、新型医療機器を病院に売り込む日々。 しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃... [続きを読む]

受信: 2008/03/10 22:14

« 独断的映画感想文:トゥモロー・ワールド | トップページ | 独断的映画感想文:BOBBY »