« 独断的映画感想文:デジャヴ | トップページ | 独断的映画感想文:世界最速のインディアン »

2008/04/29

独断的映画感想文::幸せのレシピ

日記:2008年4月某日
映画「幸せのレシピ」を見る.2_2
2007年.監督:スコット・ヒックス.
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ケイト・アームストロング),アーロン・エッカート(ニック・パーマー),アビゲイル・ブレスリン(ゾーイ),パトリシア・クラークソン(ポーラ),ボブ・バラバン(セラピスト).
ニュー・ヨークの高級レストランで厨房を任されている料理長のケイト.妥協を知らぬ仕事ぶりで部下をしごき,時には客とも喧嘩する.
ある日たった一人の肉親である姉が娘のゾーイと共にやってくる途中,交通事故で命を落とす.姉は未婚の母,ケイトは失意のゾーイを引き取って暮らし始めた.
忌明けで厨房に戻るとオーナーは新しい料理人ニックを雇い入れていた.腕はよいがケイトとは全くタイプの違うイタリア料理専門.3_2
ケイトはゾーイとの暮らしとニックとの仕事にとまどうが,やがてゾーイとニックが仲良しになる….
という筋としてはベタなラブストーリーだがキャサリン・ ゼタ=ジョーンズは好きだし,何より「リトル・ミス・サンシャイン」での魅力が忘れられないアビゲイル・ブレスリンがちょっと大人っぽくなってこれが素晴らしい.
アーロン・エッカートって「ブラック・ダリア」で見ていたのか.すっかり忘れていたけど,ゼタ=ジョーンズとのミスマッチが面白い.1_2
ケイトの最後の啖呵とエピローグもすっきりして,後味も良い.
見て損はなし.★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:デジャヴ | トップページ | 独断的映画感想文:世界最速のインディアン »

コメント

はじめまして、こんにちは!

私も最近この映画をみました~!

内容的には王道でしたけど、私も同様に
キャサリン・セタ=ジョーンズが好きですし、
最後観終わった後にみてよかったなあと
思える映画でしたよね^^

ここで紹介された映画も見てみたくなりました!
また遊びにきますね^^

投稿: ソラ | 2008/05/03 12:30

ソラ様

コメント有り難うございました.
ご返事が遅くなって申し訳ありませんでした.

この映画,キャサリン・ゼダ=ジョーンズの相手役がアーロン・エッカートだということ(美女と野獣か?失礼!)と,アビゲイル・プレスリンの活躍が嬉しかったです.

また是非お寄り下さい.

投稿: ほんやら堂 | 2008/05/16 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/41034968

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文::幸せのレシピ:

» 『幸せのレシピ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「幸せのレシピ」□監督 スコット・ヒックス□脚本 キャロル・フュクス□キャスト キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アビゲイル・ブレスリン、アーロン・エッカート ■鑑賞日 10月 8日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> まるで水と油という対照的な性格の二人が、母親の死に直面した9歳の女の子を潤滑油にして、その愛を成就させていくラブコメディ。 なんと言っても驚かされたのは、母の死がトラウマとなっているゾーイを演じるアビ... [続きを読む]

受信: 2008/04/29 22:35

« 独断的映画感想文:デジャヴ | トップページ | 独断的映画感想文:世界最速のインディアン »