« 独断的映画感想文:しゃべれどもしゃべれども | トップページ | 独断的映画感想文:間宮兄弟 »

2008/04/05

独断的映画感想文:TOKKO -特攻-

日記:2008年4月某日
映画「TOKKO -特攻-」を見る.Tokko1
2007年.監督:リサ・モリモト.
日系2世のリサ・モリモト監督が,自分の祖父が特攻隊員だったことを知って製作を意図した特攻隊員のドキュメント映画.
特攻隊の生き残り4名への長いインタビューと,特攻機に撃沈された駆逐艦ドレックスラーの生存米兵の証言,戦闘場面や日本軍の将校の発言,焦土と化した日本の映像を駆使して戦争の状況と特攻隊の実態を描く.
出撃の決まった時撮った自分の写真には「死相」が出ているという特攻隊員の証言,特攻に指名されるということは死刑判決を喰らったようなものという証言,皆死にたくなかったがどうせ皆いずれ死ぬのに俺は死にたくないとは誰も言い出せなかったという証言,当初特攻にパイロットの誰からも志願が出なかったので軍官僚が最も優秀なパイロットに特攻を命じたという話,いずれも極めて印象的である.Tokko2
日本人にとっては特に珍しくない内容や映像だが,それが日系2世監督の手で編集されるとこのような印象の作品になるのか.
この試み自体は成功だと思う.
もと米兵達が,俺たちだって誤った情報を与えられる可能性はある,俺たちも追い詰められれば特攻をやるものが出たかも知れない,と言いあうのは,慰めと共にその精神の健全さを感じた.
この映画が,感傷的な美化と狂信者扱いとのあいだに特攻を冷静に見る一つのスタンスを,作るきっかけになるかも知れない.Tokko3
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:しゃべれどもしゃべれども | トップページ | 独断的映画感想文:間宮兄弟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/40779787

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:TOKKO -特攻-:

» 『TOKKO -特攻-』 [マガジンひとり]
@渋谷シネ・ラ・セット、リサ・モリモト監督。 太平洋戦争の末期、日本軍は爆弾を搭載した軍用機を操縦士ごと敵艦に体当たりさせる特攻作戦を繰り出し、推計4000人もの命が散らされていった。戦後の日本では、戦争がもたらした大いなる悲劇の一つとして哀悼の意が捧げられている。 しかし海外では、この特攻隊をKAMIKAZEなる狂信的な行動の象徴として捉え、9・11ニューヨーク同時多発テロ事件以降は、自爆テロと特攻隊を結びつけて語られることも少なくない。 亡き叔父が戦時中に特攻隊員として訓練を受けていたことを知... [続きを読む]

受信: 2008/04/06 00:30

» TOKKO -特攻- [映画のメモ帳+α]
TOKKO -特攻-(2007 アメリカ・日本) 原題   WINGS OF DEFEAT    監督   リサ・モリモト   撮影   フランシスコ・アリワラス                   音楽   松岡碧郎                 (ドキュメンタリー映画) 「怖くないなんてありえない。死ぬほど怖かった。こっちは生きるために戦っているのに、向こうは死ぬために突っ込んでくるだから」 特別攻撃隊の攻撃を受けながらも生還したアメリカ兵はこのように語る。 特別攻撃... [続きを読む]

受信: 2008/04/06 00:37

« 独断的映画感想文:しゃべれどもしゃべれども | トップページ | 独断的映画感想文:間宮兄弟 »