« 独断的映画感想文:リプリー | トップページ | 独断的映画感想文:憑神(つきがみ) »

2008/05/12

独断的映画感想文:シェーン

日記:2008年5月某日
映画「シェーン」を見る.5
1953年.監督:ジョージ・スティーヴンス.
出演:アラン・ラッド,ヴァン・ヘフリン,ジーン・アーサー,ブランドン・デ・ワイルド,ウォルター・ジャック・パランス.
あまりに有名な西部劇の古典的傑作.
ワイオミングの開拓地.開拓農民ジョー・スターレットの農場へ立ち寄った流れ者シェーンは,農場が,牛の放牧をするライカー一家に脅かされていることを知り,スターレットに雇われ働くことになる.1
ジョーはシェーンと友情を結び,ジョーの息子ジョーイは拳銃使いのシェーンを慕う.ジョーの妻マリアンは密かにシェーンに惹かれている.
周辺の農場は皆ライカー一家に圧迫され立ち退きを迫られている.彼らは団結して立ち向かおうとするが,ライカー一家は殺し屋ウィルスンを雇ってまとめ役のスターレットを狙う….
古典的西部劇の面白さに加え,少年ジョーイの視点とマリアンとのほのかなロマンス,ジョーとの男の友情が彩りを添えている.
更に魅力を加えているのは,ニヒルな殺し屋を演じるジャック・パランスであろう.ヴイクター・ヤングの主題歌も素晴らしい.3
バランスのとれた古き良き映画.
ただ,スローで見てみると決闘シーンではアラン・ラッドは発砲の瞬間に2度とも目をつむっているのが分かる.また酒場でウィスキーを引っかけられたアラン・ラッドの胸のシミが,一瞬消えている画面がある.2
何となくのどかな感じの映画ではある.★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:リプリー | トップページ | 独断的映画感想文:憑神(つきがみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/41187235

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:シェーン:

« 独断的映画感想文:リプリー | トップページ | 独断的映画感想文:憑神(つきがみ) »