« 独断的映画感想文:パッチギ!LOVE&PEACE | トップページ | 独断的映画感想文:そのときは彼によろしく »

2008/06/17

独断的映画感想文:4分間のピアニスト

日記:2008年6月某日
映画「4分間のピアニスト」を見る.45
2006年.監督:クリス・クラウス.
出演:モニカ・ブライブトロイ(トラウデ・クリューガー),ハンナー・ヘルツシュプルング(ジェニー・フォン・レーベン),スヴェン・ピッピッヒ(ミュッツェ),リッキー・ミューラー(コワルスキー).
冒頭,刑務所の全景に続き,房室で首つりをしている女囚が映る.
その横で寝ているジェニーが目覚め,死体を見るが特に驚くこともなく,やがて死体のポケットから取り出したタバコをくゆらす.
クリューガーは80歳の名ピアニスト,長年この刑務所でピアノ教師を務めてきたが,収監者の中にジェニーを見いだしその才能に期待をかける.44
ジェニーはピアノには天才的な腕を持つが心の荒みきった殺人犯,誇り高く厳格な教師クリューガーとは事ごとに対立する.
クリューガーは,以前この刑務所がナチスの収容所だった時代に看護婦として勤めた経験があり,その時期に誰にも言えぬ辛い経験をしている.
一方物語の進展と共にジェニーの生い立ちも明らかになってくる.ジェニーをコンクールに出場させようとがんばるクリューガー,しかしジェニーの暴力性は止まらず,それに反発する同房の囚人や看守の圧迫は激しくなる一方.
署長はジェニーのコンクール出場を禁じ,クリューガーが寄付したピアノも撤去されることになった.この苦境を二人は,どう切り抜けるのか….42
ジェニーとクリューガーの設定がよく考えられていて,その二人の織りなすドラマに引き込まれる.
もとより映画中で演奏されるピアノ曲には心打たれるが,特に最後のコンテストでのジェニーの演奏は,良い意味で予想を覆される内容だった.
いろいろ説明不足と思うところもあるが,ラストシーンの迫力はすべてを納得させる力を持つ.ジェニー役のハンナー・ヘルツシュプルングのとんがった演技と眼力は一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:パッチギ!LOVE&PEACE | トップページ | 独断的映画感想文:そのときは彼によろしく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/41563858

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:4分間のピアニスト:

» 4分間のピアニスト 68点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
あゝ晴れのコンクールの日 殺人罪で! 公式サイト 女子刑務所内でのピアノを通じた師弟関係を描いたドイツ映画。 のだが、凡百の音楽映画にありがちな、ヒューマンでハートフルな感動路線では全くなく、ピアノを題材に、ドイツ近代史の負の遺産をバックボーンとした、....... [続きを読む]

受信: 2008/06/17 22:00

» 4分間のピアニスト/モニカ・ブライブトロイ [カノンな日々]
「神童」「ピアノの森」「私のちいさなピアニスト」、そして私は未見だけど「僕のピアノコンチェルト」などピアノを題材に再生や成長を描く作品が今年は目立つのですが、ドイツからもまた一味違う孤高の天才ピアニストを描いた作品が日本に届きました。 出演はその他に、....... [続きを読む]

受信: 2008/06/17 23:03

» #171.4分間のピアニスト [レザボアCATs]
ちょっとお洒落で芸術指向な、ヒューマンドラマを想像していると、ひっくり返される。どちらかというと獣みたいな女の子よ。気骨溢れるドイツ映画?割とハードテイスト。 [続きを読む]

受信: 2008/06/24 18:43

« 独断的映画感想文:パッチギ!LOVE&PEACE | トップページ | 独断的映画感想文:そのときは彼によろしく »