« 独断的映画感想文:17歳の風景 少年は何を見たのか | トップページ | 独断的映画感想文:グッド・シェパード »

2008/06/21

独断的映画感想文:今宵、フィッツジェラルド劇場で

日記:2008年6月某日
映画「今宵、フィッツジェラルド劇場で」を見る(ネタバレあります).3_3
2006年.監督:ロバート・アルトマン.
出演:メリル・ストリープ(ヨランダ・ジョンソン),リリー・トムリン(ロンダ・ジョンソン),ギャリソン・キーラー(ギャリソン・キーラー),ケヴィン・クライン(ガイ・ノワール),リンジー・ローハン(ローラ・ジョンソン),ヴァージニア・マドセン(デンジャラス・ウーマン),ジョン・C・ライリー(レフティ),マーヤ・ルドルフ(モリー),ウディ・ハレルソン(ダスティ),トミー・リー・ジョーンズ(アックスマン),メアリールイーズ・バーク(ランチレディ),L・Q・ジョーンズ(チャック・エイカーズ).
アメリカはミネソタのフィッツジェラルド劇場.そこで毎週土曜の夜行われていたラジオ番組の「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の公開中継が,その夜最終回を迎える.
いつものように司会のギャリソン・キーラーが進める番組,フォークやカントリー&ウェスタン,ゴスペルの歌手達がコントやトークをはさみながら演奏を披露する.4
楽屋には謎のブロンドの美女が現れ,番組の終わる頃には劇場を買い取ったアックスマンが姿を見せる.その中でいつものように賑やかに楽しく番組を進めるスタッフや出演者達の群像劇.
この映画が気に入った最大のポイントは,演奏される音楽である.それは,僕がアメリカを嫌いになる前(つまり,ロバート・F・ケネディが暗殺される前)に耳に親しんだ,懐かしいフォークやカントリーナンバーの雰囲気をそのまま持っている曲達なのだ.
それを歌う俳優やコメディアン達の芸達者なことには感心するしかない.
メリル・ストリープとリリー・トムリンのハーモニーなど立派なものである.最も芸達者と見られるケヴィン・クラインが1曲も歌わないのは,さぞ本人が辛かったのではないか.1
一人で歌い,MCをやり,即興でコマーシャルを歌い語る実在の人物ギャリソン・キーラーを,本人が演じているのも素晴らしい.
舞台には擬音専門の江戸家猫八みたいなスタッフもいて,彼を困らせようとメリル・ストリープ達が話の中に次々と奇想天外なもの(オランウータン,電気ノコギリetc)を出しては,その都度その音や鳴き声がちゃんと聞こえてくるというシーンには大笑いしてしまう.
楽屋に来た謎の美女は実は死の天使で,老齢の出演者をお迎えに来たのだが,彼女の存在も映画のテイストの一つ.2
エピローグでスタッフや出演者が元劇場のお向かいにある食堂に集まっていると,この美女が入ってくる.ぎょっとして振り返る一同,ケヴィン・クラインが動揺して指を細かく動かすのが,「今度は誰が死ぬんだ,あいつか?こいつか?」と言っているようでこれも大笑い.
何とも言えぬ味のあるロバート・アルトマンの遺作.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:17歳の風景 少年は何を見たのか | トップページ | 独断的映画感想文:グッド・シェパード »

コメント

TBありがとう。
みんな芸達者でしたね。
でも、僕も、江戸屋猫八みたいな擬音の親父が、一番、好きでした(笑)

投稿: kimion20002000 | 2008/06/22 01:13

kimion20002000様

コメント有り難うございました.

擬音の親父良かったですね.更にその親父を皆でいじるそのいじり方が面白かった.

本当に皆芸達者.ケヴィン・クラインが1曲も歌わず踊らずなんて気の毒なことです.

投稿: ほんやら堂 | 2008/06/23 22:34

TB&コメントありがとうございました。このところ猛烈に忙しかったもので、返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
この映画は昨年のマイ・ベストテンでも上位に入れています。本当に楽しくまた味わい深い映画でしたね。
なんといっても音楽がいい。そしてそれを演奏し歌う役者たちがまたいい。これがアルトマンの遺作になったのが今更ながら惜しまれます。
そうそう、「江戸家猫八みたいなスタッフ」という例えには笑ってしまいました。

投稿: ゴブリン | 2008/06/25 02:05

こんばんは、TBありがとうございました。
まるで、一つの時代が終わっていくかのような感慨を残す、良作でしたね。
あの死の天使の存在がまたちょっと不思議な感じを与えて、あれも味わいの一つなんですよね。
「老人の死は悲劇ではない」
この一文、良かったですね。

投稿: とらねこ | 2008/07/06 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/41595438

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:今宵、フィッツジェラルド劇場で:

» 今宵、フィッツジェラルド劇場で/ウディ・ハレルソン [カノンな日々]
2006年11月に他界したロバート・アルトマン監督の遺作となってしまいました。伝説の公開ラジオ歌番組のライブ・ショーの最後の一日を描いたこの作品はある1つの時代の終わりを描いたものでもあり、決して悲しい物語ではなく笑顔あふれる楽しい物語であることは、最後の作品....... [続きを読む]

受信: 2008/06/21 07:39

» mini review 07246「今宵、フィッツジェラルド劇場で」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
『ショート・カッツ』などの巨匠、ロバート・アルトマン監督の遺作となった極上の音楽コメディ。30年あまり続いた音楽バラエティショーが放送を終了する最後の夜の様子を、流れるようなカメラワークでみせる。実際、長年ラジオ番組の司会を務めてきたギャリソン・キーラー本人が舞台を盛り上げ、『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープらが美声を披露。さまざまな人間模様がからみ合い、最高のハーモニーをつむぎ出すラストは圧巻。[もっと詳しく] ロバート・アルトマン。こんなにも愛された監督は、いないかもしれない。 ロバー... [続きを読む]

受信: 2008/06/22 01:10

» 「今宵、フィッツジェラルド劇場で」短評 [銀の森のゴブリン]
2006年 アメリカ 2007年3月公開 評価:★★★★★ 監督:ロバート・アル [続きを読む]

受信: 2008/06/25 01:58

» #45.今宵、フィッツジェラルド劇場で [レザボアCATs]
ミネソタ州セントポール、フィッツジェラルド劇場にて、打ち切りの決まったラジオショー、「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の最後の公開録画が、行われようとしていた。劇場舞台裏では、シニカルな劇場保安係(ケビン・クライン)、出演者たち、そして謎の白いトレンチ....... [続きを読む]

受信: 2008/07/06 18:33

« 独断的映画感想文:17歳の風景 少年は何を見たのか | トップページ | 独断的映画感想文:グッド・シェパード »