« 独断的映画感想文:潜水服は蝶の夢を見る | トップページ | 独断的映画感想文:ぐるりのこと。 »

2008/07/16

独断的映画感想文:白い嵐

日記:2008年7月某日
映画「白い嵐」を見る.5
1996年.監督:リドリー・スコット.
出演:ジェフ・ブリッジス(シェルダン),キャロライン・グッドオール(アリス),ジョン・サヴェージ(マックレア),スコット・ウルフ(チャック),ライアン・フィリップ(ギル).
最初に「この物語は実話である」とコメントが入る.
冒頭,家族と別れを告げバスに乗る少年チャック,彼は自分の意志を押し通し,訓練航海船アルバトロス号への1年間の乗り組みのため出発するのだ.3
その停泊地に着くと,同年齢の少年達が集まってくる.しばらく停泊地での基礎的な訓練を行った後,船長シェルダンを含む大人4人,訓練生11人は,やがて停泊地を出帆した.
最初は角を突き合わせていた少年達も,船長の指揮による訓練のなかで友情を深め成長していく.
やがてガラパゴス諸島の無人島に到着した彼らは,死火山の山頂に登り,歴代の訓練生が記帳したノートを掘り出して彼らもまた記帳するのだった.
しかし停泊地に向けて戻る途上,仲間のフランクがイルカを殺して下船を命じられ,更に船は「白い嵐」と呼ばれる激しいスコールに遭遇する….1
オーソドックスな青春ドラマだが,価値観が明瞭で見た後が爽やかだ.
いかにも若々しい少年達が,帆船の操船訓練のなかでたくましく変貌していくのが素晴らしく,大海原や夕景・夜景,きらめく波間を進むアルバトロス号の映像が美しい.少年達一人一人の描写も過不足がない.
クライマックスの「白い嵐」のシーンの迫力は,筆舌に尽くしがたい.観客はただ息をのみ,体を乗り出すだろう.遭難の恐ろしさ,難船の悲しみが直に伝わってくる様だ.
この後船長はその資格剥奪を巡って審判に付されるが,政治的に動く一部の親に対する船長と訓練生の率直さが,良い結末をもたらしている.2
エンドロールに流れる「バルパライソ」というスティングの歌も素晴らしい.一見の価値あり.
★★★★(★5個が満点)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:潜水服は蝶の夢を見る | トップページ | 独断的映画感想文:ぐるりのこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/41879359

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:白い嵐:

» ヒッチコック・サスペンス [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
ヒッチコックは冒頭と中盤とラストに登場するが、ヒッチコックの演出作は1話(ひき逃げを見た / I Saw the Whole Thing)のみ [続きを読む]

受信: 2008/07/17 00:20

» 「白い嵐」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:White Squall)96年作品。1960年、シェルダン船長(ジェフ・ブリッジス)を擁する帆船アルバトロス号は12人の訓練生とともに8か月間の練習航海に旅立つ。だが、何とか目的を達して帰路についた彼らをバミューダ沖で待っていたものは伝説の嵐、“ホワイト・スコール”であった。実際の海難事故をもとにしたスペクタキュラーな大作。  製作当時としては珍しく、監督リドリー・スコットは正攻法のドラマ作りに腐心している。仲間を失ったシェルダンの無常感や、この若さで修羅場を見てしまったクルーたちの事... [続きを読む]

受信: 2008/07/18 06:33

« 独断的映画感想文:潜水服は蝶の夢を見る | トップページ | 独断的映画感想文:ぐるりのこと。 »