« 独断的映画感想文:パンズ・ラビリンス | トップページ | 独断的映画感想文:見知らぬ女からの手紙 »

2008/07/23

独断的映画感想文:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

日記:2008年7月某日
映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を見る.1_3
2008年.監督:スティーヴン・スピルバーグ.
出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ),シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ),レイ・ウィンストン(ジョージ・マクヘイル),カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド),ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ),ジョン・ハート(オクスリー教授),ジム・ブロードベント,ディーン・チャールズ・スタンフォース.
1950年代のアメリカのハイウェイ,軍隊の車列を男女を乗せたオープン・カーが派手にロックンロールを鳴らしながら追い抜いていく.
車列はハイウェイから逸れ軍の基地に吸い込まれるが,実は彼らはKGB,女性エージェント・スパルコに率いられ宇宙のパワーを秘めたクリスタル・スカルの秘密を追っている.
彼らに捕らわれクリスタル・スカルの探索に協力させられていたインディ・ジョーンズは何とかその場を逃げ出し,考古学教授として赴任していた大学に舞い戻るが,そこにマットと名乗る若者が現れ,旧友のオクスリー教授がクリスタル・スカルの謎を追ったまま行方不明になったと告げる….5_3
派手なラッパのテーマ音楽と共に,あの不死身で無敵のインディ・ジョーンズが帰ってきた.
お約束のネタ満載で血湧き肉躍り手には汗を握る爆笑アクションドラマ.
スパルコに銃を突きつけられむっとしながらも,「謎」を突きつけられるとついいそいそと謎解きに励んでしまう,後先を考えない最高の頭脳が好ましい.6
マットがジャングルで出会った猿がブラッド・ピットそっくりなのもおかしかった.
結末はいつも通り後にはぺんぺん草も生えない破壊の限りが尽くされ,ジョーンズは機嫌良く大学に戻っていく.今回は他にもジョーンズの機嫌を良くするネタもあった様だ.
次回作はどうなるのか,それもお楽しみ.
見て損は無し,★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:パンズ・ラビリンス | トップページ | 独断的映画感想文:見知らぬ女からの手紙 »

コメント

こんにちわ。

マットのスピンオフの噂もありますけどやっぱり続編アリなんでしょうか?楽しみだけど不安半分。個人的にこのシリーズは古代のロマンに魅せられたいので、あまり近代的にはなってほしくはないかな?

投稿: かのん | 2008/07/25 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/41951441

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:

» インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [カノンな日々]
まさか、このシリーズまでこんなに年月経ってから続編が作られるとは思わなかったなァ。テレビでの放送を何度も見てるせいか吹替のイメージのほうが強いんですよね。昨日『魔宮の伝説』観たいけどハリソン・フォード、若ッ(笑)。 出演は、ハリソン・フォード、シャイア・....... [続きを読む]

受信: 2008/07/23 23:26

» 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □製作 フランク・マーシャル □製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ □原案 ジョージ・ルーカス □脚本 デヴィッド・コープ □キャスト ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感... [続きを読む]

受信: 2008/07/23 23:54

« 独断的映画感想文:パンズ・ラビリンス | トップページ | 独断的映画感想文:見知らぬ女からの手紙 »