« 独断的映画感想文:ブレイブワン | トップページ | 独断的映画感想文:潜水服は蝶の夢を見る »

2008/07/09

独断的映画感想文:インベージョン

日記:2008年7月某日
映画「インベージョン」を見る.Invasion2
2007年.監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル.
出演:ニコール・キッドマン(キャロル・ベネル),ダニエル・クレイグ(ベン・ドリスコル),ジェレミー・ノーサム(タッカー・カウフマン),ジャクソン・ボンド(オリバー),ジェフリー・ライト(Dr.スティーヴン・ガレアーノ),ヴェロニカ・カートライト(ウェンディ・レンク),ジョセフ・ソマー(Dr.ヘンリク・ベリチェク),セリア・ウェストン(リュドミラ・ベリチェク),ロジャー・リース(ヨリシュ),エリック・ベンジャミン(ジーン).
大気圏突入後爆発を起こしてスペース・シャトルが四散した.地上に散乱したその破片には謎の生命体が付着しており,やがて全人類を謎の感染症が襲う.
感染者は何ものかにコントロールされ無表情のまま街を歩く.
離婚し一人息子オリバーと共に暮らす精神科医キャロルに元夫タッカーから電話があり,息子と会いたいと言ってくる.不本意ながら息子を彼の許に泊まらせたキャロルは,友人の医師ベンとパーティーに行くが,街には無表情な人々があふれ,ようやくその異常な事態に気がつくのだった.Invasion3
オリバーを取り戻しにタッカーの家に行ったキャロルは,タッカーからウィルスを伝染されてしまう.感染者は眠ると発症してしまうのだ.
一方このウィルスへの免疫をオリバーが持っていることが分かり,キャロルはオリバーの行方を必死で捜索する….
原作は初期SFの傑作,ジャック・フィニイの「盗まれた街」.
ゾンビの様な感染者の群れに狩りたてられながらオリバーを探すキャロルというサスペンス展開が中心となる.
一方,感染者は互いに争わないので,世界中は戦争がなくなり平和がもたらされるというニュース画面も描かれ,パーティーでも議論好きなロシア人がアメリカの好戦性を批判するという一幕もあるが,このあたりは付け足し程度.Invasion1
映画は,ニコール・キッドマンの魅力はあるものの,火曜サスペンス劇場という感じをぬぐえず,感動的というところまでは行かない.
007ダニエル・クレイグも印象は薄い.
★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ブレイブワン | トップページ | 独断的映画感想文:潜水服は蝶の夢を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/41790389

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:インベージョン:

» インベージョン/ニコール・キッドマン [カノンな日々]
宇宙から飛来してきた未知のウィルスによって人類が侵略されていくというSFサスペンスホラー。たいして期待してなかったんだけど、これが意外に引き込まれる作品だったのでビックリです。ニコールキッドマンはサスペンスドラマの女王に君臨しそう?(笑)。 出演はその他に....... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 23:48

» 「何も感じない」恐怖〜『インベージョン』 [真紅のthinkingdays]
 THE INVASION  ワシントンに住む精神科医キャロル(ニコール・キッドマン)は、一人息子オリバー (ジャクソン・ボンド)と暮らすシン... [続きを読む]

受信: 2008/07/10 01:01

» #154.インベージョン [レザボアCATs]
ニコール・キッドマンはつくづく、いろんなタイプの映画に出る女優さんだなあ、と思う。インディペンデント映画、大作映画、芸術映画、様々な映画に出ている彼女。その映画を選ぶ基準は何なのか、とにかく、見る目がある女優さんってのがまた、素敵!と言いたくなってしまう....... [続きを読む]

受信: 2008/07/15 15:58

« 独断的映画感想文:ブレイブワン | トップページ | 独断的映画感想文:潜水服は蝶の夢を見る »