« 独断的映画感想文:ノーカントリー | トップページ | 独断的映画感想文:僕のピアノコンチェルト »

2008/08/16

独断的映画感想文:ライラの冒険 黄金の羅針盤

日記:2008年8月某日
映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を見る.Lyra001
2007年.監督:クリス・ワイツ.原作:フィリップ・プルマン.
出演:ニコール・キッドマン(コールター夫人),ダコタ・ブルー・リチャーズ(ライラ・ベラクア),サム・エリオット(リー・スコーズビー),エヴァ・グリーン(セラフィナ・ペカーラ),クリストファー・リー(第一評議員),トム・コートネイ(ファーダー・コーラム),デレク・ジャコビ(教権の密使),ベン・ウォーカー(ロジャー),サイモン・マクバーニー(フラ・パベル),ジム・カーター(ファー統領,クレア・ヒギンズ(マ・コスタ),ジャック・シェパード(学寮長),マグダ・ズバンスキー(家政婦ロンズデール), チャーリー・ロウ(ビリー・コスタ),ダニエル・クレイグ(アスリエル卿).Lyra002
我々の世界とはパラレルワールドになるある世界,ここでは人間は自分の魂をダイモンと呼ばれる様々な動物の形で同伴している.
その英国オックスフォード大学の学寮で暮らすライラは,男の子と駆け回って遊ぶお転婆娘だが,両親は幼い頃に亡くしている.
叔父のアスリエル卿は謎の粒子ダストの解明に北極に向かおうとするが,世界を支配しダストの存在自体を隠そうとする教権は,コールター婦人をライラに近づけ共に北極に向かおうとする.学寮長はやむなく,アスリエルから預かった「黄金の羅針盤」をライラに渡し,送り出すのだった.
「黄金の羅針盤」は3つのキーワードを指示し思いを凝らすとその問題の答えを与えてくれるが,それを扱えるのは特別な力を持つライラだけだ.コールター婦人は「黄金の羅針盤」を奪おうとするが,その手を逃れたライラは放浪の部族ジプシャンに救われる.Lyra010
折しもジプシャンを中心に子供が姿を消す事件が続発し,ライラは魔女セラフィナの協力も得てジプシャンと共に北極に向かうのだが….
世界観,登場人物とその関係等に説明時間が割かれ,いささか慌ただしいまま終わってしまうのは,3部作の第1巻としてはしょうがないのかしら.
キャラクター的にはシロクマ君が何といっても良かった.先行き,ライラとの女王と臣下としての緊密な関係がもっと出てきたら面白いかも知れない.Lyra022
魔女セラフィナも美しいけど,これってアスリエル卿と併せて「カジノ・ロワイヤル」コンビですね.Lyra011
後は子供を巻き込んだ氷上の戦闘シーンは画面が暗くって今ひとつだった.明るくすると魔女には都合が悪いかも知れないけど.
ライラは可愛くキャラクター的に先行きが楽しみ.この映画単独ではいまいちという感じです.
★★★(★5個で満点)
ちなみに公式HPによる診断では,僕のダイモンはネズミのAspasaでした.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ノーカントリー | トップページ | 独断的映画感想文:僕のピアノコンチェルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/42182650

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ライラの冒険 黄金の羅針盤:

» 『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」□監督・脚本 クリス・ワイツ □原作 フィリップ・プルマン(「ライラの冒険」シリーズ)□キャスト ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオット■鑑賞日 2月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> お〜、ちょうどこの映画を観る前に『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』予告が流れました〜 前作『ナルニア国物語 第1章:ライオンと... [続きを読む]

受信: 2008/08/16 21:49

» ライラの冒険 黄金の羅針盤/ダコタ・ブルー・リチャーズ [カノンな日々]
予告編の鎧熊族に一目惚れッ。カッチョイイィィィ。ライラと鎧熊の2ショットはさながら義経と弁慶!見た目が全然違うけど(笑)。だいぶ前から予告編を観てたこともあって期待値もかなり高め、沸騰中ゥ。 出演はその他に、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴ....... [続きを読む]

受信: 2008/08/16 22:06

» ライラの冒険 黄金の羅針盤 58点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
帰れるんだ これで 帰れるんだ オォー 公式サイト 1995年に刊行された、イギリス人作家フィリップ・プルマンによるファンタジー児童文学『ライラの冒険』シリーズ三部作の第一部、『黄金の羅針盤』を実写映画化。 原作は少女を主人公とした児童文学ながら、独自に構築...... [続きを読む]

受信: 2008/08/19 13:19

» ライラの冒険 黄金の羅針盤(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  目を見張る『世界』、心うずかぬ『世界観』   [続きを読む]

受信: 2008/08/26 19:38

» 39●ライラの冒険 黄金の羅針盤 [レザボアCATs]
私たちとソックリな世界、だけどここはパラレル・ワールド。人間は皆、自分を象徴する、ダイモンと呼ばれる動物の姿を一人一体、従えています。魂の姿と言い換えてもいいのかもしれない。古代エジプト神話のバーとカーのように。あるいは、『ジョジョの奇妙な冒険』:第3部....... [続きを読む]

受信: 2008/08/27 14:40

« 独断的映画感想文:ノーカントリー | トップページ | 独断的映画感想文:僕のピアノコンチェルト »