« 独断的映画感想文:夜になるまえに | トップページ | 独断的映画感想文:ライラの冒険 黄金の羅針盤 »

2008/08/13

独断的映画感想文:ノーカントリー

日記:2008年8月某日
映画「ノーカントリー」を見る.4
2007年.監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン.
出演:トミー・リー・ジョーンズ(エド・トム・ベル保安官),ハビエル・バルデム(アントン・シガー),ジョシュ・ブローリン(ルウェリン・モス),ウディ・ハレルソン(カーソン・ウェルズ),ケリー・マクドナルド(カーラ・ジーン),ギャレット・ディラハント(ウェンデル),テス・ハーパー(ロレッタ・ベル),バリー・コービン(エリス),スティーヴン・ルート(ウェルズを雇う男),ロジャー・ボイス(エル・パソの保安官),ベス・グラント(カーラ・ジーンの母),アナ・リーダー(プールサイドの女).
冒頭,保安官補がボンベとエアガンを持った異相の男を逮捕する.その逮捕報告直後,保安官補は手錠のままの男に襲われ命を落とす.男アントン・シガーはパトカーを奪って姿を消した.
一方,ベトナム帰還兵のモスは,砂漠での狩猟中数台の車と多数の射殺死体を発見する.トラックの運転台には瀕死の男が未だ生きていて,水を欲しがっている.
車の荷台には大量の麻薬,近くの木陰に倒れていた男の傍らには200万ドルの現金の入った鞄.ヤクの取引がこじれて撃ち合いがあったらしい.モスはその200万ドルを持ち帰る.3
その夜モスは再び出かけ,瀕死の男に水を飲ませようと現場に舞い戻る.しかし男は射殺されていた.待ち伏せていた車がモスを急追し,モスは辛くも逃れるが乗っていった車は押さえられてしまった.
時間の問題で身元の割れることを知ったモスは,妻カーラ・ジーンを実家へ帰し,自分は鞄を持ってモーテルに隠れることにする.
砂漠での殺害事件を扱った地元の保安官ベルは,見知ったモスの車を発見し,モスを保護しようとその行方を捜し始める.金とヤクを巡る両グループは互いに相争いながらモスの行方を追求し,その中でシガーは死体の山を築きながら着実にモスを追い詰めていく….1
恐ろしい映画である.
映画は原作をかなり忠実に反映しているので,原作(コーマック・マッカーシー作「血と暴力の国」.原作と映画の原題は共に「NO COUNTRY FOR OLD MEN」)が恐ろしいのだが.
物語は当初サスペンスものかと思われるが,思いの他の展開を見せる.あたかも運命(その運命とはこの場合金とヤクだ)によって人々が死を迎え,その死の使いがアントン・シガーであるかのようだ.
そしてそれを見守り,物語を語っていくのが老保安官ベルであろうか.
原作の文体は極めて特徴的で(例えば会話体の表現に引用符を使わない),また作者は感情表現を行わず事実の描写だけで物語を書き進める.
その反映としてこの映画では,音楽は全編を通じ使われない.エンドタイトルの半ばになってようやく微かな音楽が流れるのみだ.
このように映画は強い緊張を維持して展開される.
不条理で理屈抜きの死をもたらす殺し屋シガーを演ずるハビエル・バルデムは圧倒的な存在感.つい先日見た「夜になるまえに」とは全く対照的な役を見事に演じている.2
現代の運命劇とはこういうものかも知れないと思わせる,希有な作品.
なお,シガーが使用するエアガンは,原作によれば牛のと殺用のものである.保安官がカーラ・ジーンに話す「チャーリーの件」にそのことが触れられている.また,原題はイェーツの詩から取られており,「老人に(住むべき)国はない」という意味らしい(原作解説による).
★★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:夜になるまえに | トップページ | 独断的映画感想文:ライラの冒険 黄金の羅針盤 »

コメント

こんにちは。

コメントありがとうございました。
ハビエル・バルデムは『コレラの時代の愛』では
主人公の少年(?)時代から老年までを
一人で演じ分けていて圧巻でした。

こちらも原作もの。
ノーベル賞作家ガルシア・マルケスです。

投稿: えい | 2008/08/15 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/42156191

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ノーカントリー:

» 『ノーカントリー』 [ラムの大通り]
(原題:No Country for Old Men) ----これって、アカデミー賞の本命と言われている映画でしょ? 確か最多8部門ノミネートで、 他の映画賞でもゾクゾク受賞。 「うん。2月5日現在で 作品賞23冠。 助演男優賞25冠。監督賞21冠。 各映画賞計96部門受賞。まさに快挙だね」 -----監督はコーエン兄弟だっけ。 「そう。 今回はふたりで監督を務めている。 コーエンという名が日本で初めて表に出てきたのは、 80年代に、アメリカのインディーズ映画が注目された頃。 でも彼らはジム・ジ... [続きを読む]

受信: 2008/08/13 21:15

» ノーカントリー/トミー・リー・ジョーンズ [カノンな日々]
アカデミー賞を獲ったからどうのこうのというわけじゃないんだけど、この映画に関して言えば、日本公開は絶妙のタイミングといえるでしょう。観るほうとしても期待値もグーンとアップしてかなりワクワクです。 出演はその他に、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン....... [続きを読む]

受信: 2008/08/14 00:05

» 『ノーカントリー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、ギャレット・ディラハント、テス・ハーパー、バリー・コービン■鑑賞日 3月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 今回のアカデミー賞主要部門(作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞の4部... [続きを読む]

受信: 2008/08/14 22:48

» ノーカントリー 86点(100点満点中)08-080 [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
わしらの席は、もうどこにもないのさ 公式サイト コーマック・マッカーシーの小説『No country for old men(邦題:血と暴力の国)』を原作に、犯罪コメディとシリアスなノワールを交互に作る、コーエン兄弟が映画化。 原題はアイルランドの詩人ウィリアム・バトラー....... [続きを読む]

受信: 2008/08/19 13:15

» 「ノーカントリー」 [シネマ・ワンダーランド]
「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「ノーカントリー」(原題=No Country For Old Men、米、122分)。麻薬密売事件を発端に大金を手にした男と彼を追う殺人鬼、さらにその殺人鬼を追う保安官といった構図となっている。事件は何も解決しないぺシミスティックで、カタルシスのない内容だが、この作品は80年代以降の血と暴力に...... [続きを読む]

受信: 2008/08/19 22:21

« 独断的映画感想文:夜になるまえに | トップページ | 独断的映画感想文:ライラの冒険 黄金の羅針盤 »