« 独断的映画感想文:アメリカン・ギャングスター | トップページ | 独断的映画感想文:クローズド・ノート »

2008/12/22

独断的映画感想文:イグジステンズ

日記:2008年12月某日
映画「イグジステンズ」を見る.Existenz1
1999年.監督:デヴィッド・クローネンバーグ.
出演:ジェニファー・ジェイソン・リー,ジュード・ロウ,イアン・ホルム,ウィレム・デフォー,クリストファー・エクルストン,サラ・ポーリー.
とある街の小ホール,「イグジステンズ」という新作ゲームの発表会が行われている.
ゲームデザイナーのアレグラを迎えたその発表の場で,彼女は不思議な銃で狙撃され負傷,居合わせたゲーム会社の社員テッドと逃亡する.
ゲームの販売会社と反ゲーム主義者との闘いは複雑な様相を呈しており,真相を知るためアレグラはテッドに協力を依頼,二人は協力してゲームを開始する.
ゲームは参加者の脊髄に設けたバイオポートという接続孔とゲーム機本体をバイオケーブルで繋いで行い,ゲーム中の経験は実体験と区別がつかない.ゲーム機は両生類から培養した有機体で,ゲームポッドと呼ばれる.
二人の前には様々な人物と怪奇な状況が次々と現れるのだった….
というわけで映画は実人生とゲーム中との区別が混然とする中でめまぐるしく展開,両生類からゲーム機を製造する過程や,両生類を調理して出す中華料理店での殺人シーンなど,グロテスクなシーンが次々に描かれる.
誰が味方で誰が敵か,アレグラとテッドさえ互いを信じられなくなる中で現れる最後のどんでん返し.グロテスクな映像と現実と仮構の混乱という,この両方が好きな人は,はまりそうな映画.Existenz2
そうでない人でもどんでん返しを楽しみに.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



« 独断的映画感想文:アメリカン・ギャングスター | トップページ | 独断的映画感想文:クローズド・ノート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/43497960

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:イグジステンズ:

» イグジステンズ [しーの映画たわごと]
クローネンバーグの作品にジュードロウですよ。大丈夫なんでしょうか。最初はそんな気持ちで鑑賞。それと驚きという点でジェニファー・ジェイソン・リーが出てたこと。ジェニファー・ジェイソン・リーといえば、初体験/リッジモント・ハイでフィービー・ケイツとは対照的な...... [続きを読む]

受信: 2008/12/29 09:17

« 独断的映画感想文:アメリカン・ギャングスター | トップページ | 独断的映画感想文:クローズド・ノート »