« 追悼,中村又五郎 | トップページ | 独断的映画感想文:告発のとき »

2009/03/01

独断的映画感想文:やわらかい手

日記:2009年2月某日
映画「やわらかい手」を見る.2
2007年.監督:サム・ガルバルスキ.
出演:マリアンヌ・フェイスフル(マギー),ミキ・マノイロヴィッチ(ミキ),ケヴィン・ビショップ(トム),シヴォーン・ヒューレット(サラ),ドルカ・グリルシュ(ルイーザ),ジェニー・アガター(ジェーン),コーリー・バーク(オリー).
ロンドン近郊の街に住むマギー,難病で入院中の孫は治療のためオーストラリアに行かねばならないが,その渡航費用がない.
融資も断られ金策に歩くうち,高給優遇のチラシに誘われ就職した先はセックスショップ.5
マギーの仕事は手コキで男をいかせる仕事(ああ書くのが恥ずかしい)だが,何とマギーのテクニックは受けまくり行列の出来るスポットとなる.マギーはオーナーのミキと交渉し長期契約に成功,6000ポンドをゲットして息子トムに渡すが,トムは逆に疑いを抱いてマギーの後をつけ,遂に彼女がセックスショップに勤めていることを突き止める.
マギーを売春婦と面罵して金の受け取りを拒否するトムだが….3
マギーの周辺の人々を巡るホームドラマと言えばよいだろうか.
息子トムの妻サラは当初マザコンのトムの母としてマギーを嫌悪していた様だ.そのサラはトムと逆にマギーの仕事を知ってマギーを支持する様になる.
マギーのトランプ友達はマギーの仕事を知って彼女とつきあいを絶とうと言うのだった.マギーはその友人が亡き夫と不倫を重ねていた事実を対抗的に暴露する.1
そのマギーの戦いぶりは僕の胸を打った.
映画全体としては,マギーを演じるフェイスフルの存在が大きい.すっかりふくよかになったフェイスフルだが,そのきらめく瞳は昔のままだ.
セックスショップのオーナー・ミキは,マギーの歩き方が好きだと言うが僕も同感,その独特の存在感はどう表現したらよいか.
昔のフェイスフルを知らない方も,この独特の女優をどうか見ていただきたい.歩んできた人生は大分違うが,60年代に青春を過ごし,今壮年を過ぎようとする者同士の勇気と連帯を,彼女に感じずにはいられない.
オーナー・ミキを演じるマノイロヴィッチも味があって素敵.
女優への偏執と言われそうだがあえて★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 追悼,中村又五郎 | トップページ | 独断的映画感想文:告発のとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/44214838

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:やわらかい手:

« 追悼,中村又五郎 | トップページ | 独断的映画感想文:告発のとき »