« 独断的映画感想文:チェンジリング | トップページ | 独断的映画感想文:東京物語 »

2009/03/24

独断的映画感想文:お遊さま

日記:2009年3月某日
映画「お遊さま」を見る.2
1951年.監督:溝口健二.
出演:田中絹代(お遊さま),乙羽信子(お静),堀雄二(慎之助),柳永二郎(栄太郎),進藤英太郎(久右衛門),東良之助(検校).谷崎潤一郎原作.
若葉の頃の郊外の料亭らしきところ,離れで見合いの相手を待つ慎之助.庭を歩いていると見合いの相手の一行がやってくる.
その先頭に立つ艶やかな女性に心を奪われるが,それは見合い相手の姉で未亡人のお遊さまだった.
見合い相手の静は清楚な美人だったが,慎之助はお遊さまに夢中となる.しかしお遊さまは婚家で息子を養育する自由のきかない身だった.
慎之助はお遊さまの懇願もあって静と結婚することになるが,その結婚初夜,静は驚くべき告白をする….
結局静は慎之助に身体を許さず,夫婦はお遊さまと3人での親密な交友を重ねることとなるが,ある事件が起きてその生活は破綻するのだった….1_2
いかにも谷崎らしい作品.
静はお遊さまに対し精神的なレズビアン(昔風に言えばSであろうか)と言える.早くに母親を亡くしお遊さまを恋する慎之助の気持ちも,多分にプラトニックなものだろう.
その仮想的な恋愛関係は所詮永続するものではない.
しかしいずれも裕福な彼らの交友は,美しく描かれる.それが破綻した後の慎之助・静の生活は,かえって真の愛情があったかも知れないが,貧しいものであった.
この辺りの物語の展開はかなり唐突だが,全体の映像美は何と言っても印象的である.戦前(時代は定かでない)の京阪の裕福な生活も興味深く,京都弁も耳にたおやかである.
日本の美しい伝統を感じられる佳作.
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:チェンジリング | トップページ | 独断的映画感想文:東京物語 »

コメント

 初めまして、「お遊さま」で検索をしていてこちらにまいりました。
一つ気になることが…、京都弁とのことですが。

 お遊とお静が話している言葉は、大阪の船場あたりの言葉に聞こえます。
二人が京都へ遊びに行った時には「・・・どす」という言葉が聞こえます。
まだ日常で「どす言葉」を使っていた時代という設定であれば、お静がそれを話さないのは不思議なような。

また「ごりょんさん」「こいさん」と二人が呼ばれているあたりからもそう思われます。

投稿: tama | 2009/10/22 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/44456166

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:お遊さま:

« 独断的映画感想文:チェンジリング | トップページ | 独断的映画感想文:東京物語 »