« 独断的映画感想文:チャーリー・ウィルソンズ・ウォー | トップページ | 独断的映画感想文:西の魔女が死んだ »

2009/04/27

独断的映画感想文:スラムドッグ$ミリオネア

日記:2009年4月某日
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を見る.2
2008年.監督:ダニー・ボイル.
出演:デヴ・パテル(ジャマール・マリク),マドゥル・ミッタル(サリーム・マリク),フリーダ・ピント(ラティカ),アニル・カプール(プレーム・クマール),イルファン・カーン(警部),アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデカール(ジャマール(幼少期)),アズルディン・モハメド・イスマイル(サリーム(幼少期)),ルビーナ・アリ(ラティカ(幼少期)).
映画冒頭,突然拷問を受けている青年.
映画の進行につれ,青年はクイズ番組ミリオネアで勝ち進み,後1問で最高額の2000万ルピー獲得というところまで来ていたことが分かる.
ところが警察が,無学なスラム出身の青年がそれほど勝ち進める筈がないと,不正行為の疑いで取り調べることになったのだ.取調室で青年は,自分の生い立ちを語り,その生い立ちで起きた様々なことが不思議なことにクイズの問題として出てきたので答えられたのだと説明する….5
ムンバイのスラムで育ったジャマールとぞの兄サリーム,ところが母はイスラム教徒への襲撃で殺され,兄弟は同じ境遇の孤児ラティカとともにスラムで生き延びていく.
映画は果てしなく続くスラムの衝撃的な生活を描きつつ,たくましく生きる兄弟とラティカの純愛を描いていく….
スラムの圧倒的な現実を描きながら,物語は奇跡と恋とのファンタジーだ.ラティカとジャマールの運命に観客はぐいぐい引き込まれるだろう.6
劇的な結末の後の如何にもインド映画らしいエンドロールのダンスシーンには笑わされ,また涙を禁じ得ない.映画全体にちりばめられたインド風ポップスも印象的.映画の楽しさを存分に楽しめる映画.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:チャーリー・ウィルソンズ・ウォー | トップページ | 独断的映画感想文:西の魔女が死んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/44816837

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:スラムドッグ$ミリオネア:

« 独断的映画感想文:チャーリー・ウィルソンズ・ウォー | トップページ | 独断的映画感想文:西の魔女が死んだ »