« 独断的映画感想文:地獄門 | トップページ | 独断的映画感想文:愛する時と死する時 »

2009/09/07

独断的映画感想文:ICHI

日記:2009年9月某日
映画「ICHI」を見る.Ichi14
2008年.監督:曽利文彦.
出演:綾瀬はるか(市),中村獅童(万鬼),窪塚洋介(虎次),利重剛(喜八),佐田真由美(美津),杉本哲太(盲目の男),横山めぐみ(十馬の母),渡辺えり(お浜),柄本明(長兵衛),竹内力(伊蔵),大沢たかお(十馬).
市は盲目の少女,瞽女として育てられる一方,時折訪ねてくる父とおぼしき男から居合いを仕込まれる.
ところが瞽女一座と訪れた民家で男に襲われ犯された市は,掟により追放され,以降離れ瞽女として放浪の旅に出る.Ichi02
ある宿場で知り合った十馬は腕は立つが幼いときのトラウマで剣が抜けないという浪人もの,折しも宿場はそこを仕切る白河一家と,町外れの洞窟を根城に街を荒らす万鬼一味との抗争中だった.
市は万鬼の手下とあらそい切り捨てるが,これを居合わせた十馬のしたことと勘違いした白河組の若親分虎次は,十馬を用心棒に雇う.
一方,万鬼が盲目の居合い使いの消息を知っていると聞いた市は,身を捨てても万鬼の元に行こうと決意する….Ichi05
全く期待していなかった映画だが(「あづみ」程度のアイドル映画だと思っていた)コンセプトがはっきりしていて物語として納得が出来た.
市という女性が離れ瞽女だという設定は良い.また彼女が絶望の内に放浪し,父と思われる男の消息が知りたいばかりに万鬼の元に身を投げ出す流れも哀切である.
映像が美しく(もっとも必ず飛び散る血しぶきの鮮明さにはうんざりしたが),音楽も素敵.
俳優では綾瀬はるかと窪塚洋介が良い.綾瀬はるかは殺陣が若い女性としてはしっかりしているし,盲目の瞽女としての所作も充分.大沢たかおと心が通っていくシーンは印象的.Ichi12
一方窪塚は,ところの若親分として見事な存在感,けんかっ早く口はぞんざいだが,父を愛し子分と運命を共にするその行動は魅力的である.
中村獅童はこういう使われ方しかしないのは残念だが,今は辛抱の時か.
映画全体として見て損は無し.Ichi03
★★★☆(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:地獄門 | トップページ | 独断的映画感想文:愛する時と死する時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/46150467

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:ICHI:

» 映画「ICHI」女座等市 [さんたのブログ]
座等市の女性版。 目が見えないのに1人で旅をする(市)綾瀬はるか。 ふと助けた浪 [続きを読む]

受信: 2009/09/23 08:38

« 独断的映画感想文:地獄門 | トップページ | 独断的映画感想文:愛する時と死する時 »