« 独断的映画感想文:ブーリン家の姉妹 | トップページ | 独断的映画感想文:劔岳 点の記 »

2009/12/28

独断的映画感想文:アバター

日記:2009年12月某日
映画「アバター」を見る.1
2009年.監督:ジェームズ・キャメロン.
出演:サム・ワーシントン(ジェイク・サリー),ゾーイ・サルダナ(ネイティリ),シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン),スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐),ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ・チャコン),ジョヴァンニ・リビシ(パーカー・セルフリッジ),ジョエル・デヴィッド・ムーア(ノーム・スペルマン),CCH・パウンダー(モアト),ウェス・ステューディ(エイトゥカン).
海兵隊員ジェイクはベネズェラで負傷,下半身麻痺の車椅子生活者となる.
その双子の兄は,惑星パンドラのアバタープロジェクトに関わっていたが急死,同じDNAを持つジェイクがその後任に送り込まれる.
アバターは,パンドラの原住民ナヴィ族と人間のDNAを組み合わせ肉体化したもの,ジェイクは専用カプセルに入り仮眠することで,ナヴィと同じ肉体を持つアバターのジェイクを自分の肉体として使うことが出来る.
ジェイクのアバターはパンドラ駐在の科学者グレース博士のアバターと共に,戦士としてナヴィの生活を学び言語の習得に努める.グレース博士の研究によれば,パンドラの原住民や動植物は,共通のバイオネットワークで繋がれていた.5
一方ナヴィ族の本拠地の地下に存在する貴重金属アンオブテニウムの開発をもくろむ企業とその傭兵集団は,ジェイクのアバターを通じて得た現地の情報を分析し,資源獲得のため森林を焼き払いナヴィ族を追放する準備を進める.4
ジェイクはナヴィ族の族長の娘ネイティリと愛し合い結ばれるが,そのとき傭兵集団の一斉攻撃が始まった….
本格的に3D映像を駆使して作成された初の長編SF映画.
強欲をむき出しに,資源強奪のため武力で侵攻する人間とそれに対抗する原住民という物語は,極めて類型的ではあるがそれはまあ宜しい.3
企業や傭兵の典型的キャラクターを演じているジョヴァンニ・リビシ(「ヘブン」では美青年でした)やスティーヴン・ラングはそれぞれ如何にもそれらしく憎たらしい.
そんなことより,ジェームズ・キャメロンが作り上げたパンドラという星の美しさとナヴィ族の美しさに,観客は何よりも驚嘆するだろう.
特に夜の密林の,蛍光を放つ木々や虫たちの美しさ.そして翼竜イクランを捕らえ乗りこなす飛翔シーンの,目も眩むようなスピード感高揚感はどうだろう.6
3D映像の特性を最も効果的に引き出したこれらのシーンに,素直に賛辞を送りたい.40年以上前に読んだ古典SFやスペースオペラのイメージが,このような形で映像化されたことは嬉しい限りだ.
「スター・ウォーズ」シリーズで切り開かれたSF映像のレベルを,更に一段押し上げたものとして評価したい.
一見の価値あり.★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ブーリン家の姉妹 | トップページ | 独断的映画感想文:劔岳 点の記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/47133162

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:アバター:

» 映画アバターを3D・IMAXシアターで観てきました。まさに映像革命!初体験 [ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像]
みんみんです。今日は待ちに待ったアバターを鑑賞してきました。1週間前に映画館窓口まで赴き、席を確保していたのです。ネ... [続きを読む]

受信: 2009/12/28 01:19

» ★「アバター」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30〜の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2009/12/30 00:42

» アバター [Akira's VOICE]
かつてない規模のウルルン滞在記。   [続きを読む]

受信: 2010/01/02 22:24

» 【アバター】 映画 [じゅずじの旦那]
3Dではなかったけれど、、、  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキングnbsp;【あらすじ】元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく・・・ 監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメ... [続きを読む]

受信: 2010/01/07 18:32

» アバター/絆よっ [園咲の婿に、僕もなる!!]
1日新年早々、見てきました。 人が思った以上にいて、僕びっくり。 アバターavatarの感想書いていきます。 ■あらすじ 人間と先住民ナヴィのDNAを合成し、作り上げた肉体「アバター」 アバターを使い、立退きさせることを目的にナヴィに近づく。 ■3D 話題の3D。 本編が始まる前の予告から僕、発狂。 飛び出てきたー!! 貞子はTVから飛び出すけど、アリスは飛び出すぎて目の前にいる。 これがホラーだったら、すんごい怖いだろうな。 話を戻す。 私は最初、3Dに懐疑的..... [続きを読む]

受信: 2010/01/08 05:39

» 「アバター」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「アバター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア、CCH・パウンダー、ウ..... [続きを読む]

受信: 2010/01/08 14:01

» アバター:ジェームズ・キャメロン監督の次回作についてテレビ放送していましたね [ペインターみんみんの油絵制作日記&絵画の画像]
みんみんです。今日の連休最終日も、絵の続きを・・・と思いながらも、だらけて録画映画とドラマを観て過ぎてしまいました。昼のテレ朝系ワイドショーの夕刊キャッ... [続きを読む]

受信: 2010/01/11 23:59

» アバター [映画的・絵画的・音楽的]
 『アバター』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。  予告編からそのストーリー展開は十分推測できるように思えるところから、わざわざ見に行かないつもりでしたが、アニメ監督の押井守氏が、「あれには10年かけても追いつけない」と言っていたりして、そんなにすごいのならば見てみようという気になり、銀座の大劇場まで出かけてきました。  実際に映画を見てみますと、ストーリーは、やはり事前に予想がつくくらいの単純なものでした。地球からある星の衛星パンドラに派遣された民間の資源開発会社が、その衛星で見つかる貴重... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 06:48

« 独断的映画感想文:ブーリン家の姉妹 | トップページ | 独断的映画感想文:劔岳 点の記 »