« 追悼:浅川マキ | トップページ | 独断的映画感想文:禅 »

2010/01/31

独断的映画感想文:レイチェルの結婚

日記:2010年1月某日
映画「レイチェルの結婚」を見る.1
2008年.監督:ジョナサン・デミ.
出演:アン・ハサウェイ(キム),ローズマリー・デウィット(レイチェル),ビル・アーウィン(ポール),トゥンデ・アデビンペ(シドニー),マーサー・ジッケル(キーラン),アンナ・ディーヴァー・スミス(キャロル),アニサ・ジョージ(エマ),デブラ・ウィンガー(アビー).
薬物中毒の治療のため入院していた矯正施設から,姉レイチェルの結婚のため一時的に退院したキム.
自宅の庭にはテントが張られ,ミュージッシャンが演奏練習をする中,レイチェルは衣装合わせ,他の皆も式の支度に忙しい.
居場所のないキムはタバコをふかしてはあちこちをうろつく.キムを腫れ物に触る様に扱う家族,離婚した母も式のために訪れるが,キムにはよそよそしい.
エキセントリックな薬中に見えるキムだが,映画の進行と共に,キムがかって犯した大きな過ちと,その傷跡が家族の間に未だに大きく残っていることが判ってくる….2
その事件のためにキムは未だに自分を責め続け,家族もその事件を忘れることはできない.
自分を責め続けるキムを見る父のやりきれない悲しみ,自分の結婚式の喜びとキムへの複雑な思いに直面するレイチェル.
家族を祝福しに親しい人々が訪れる中で,衝突しあいまた和解を繰り返すキム達の描写が,胸を打つ.
手持ちカメラで撮り続ける映像はドキュメント風で,観客を画面の中に誘い込む様だ.
俳優ではアン・ハサウェイが文句なく素晴らしい.大きな十字架と大きな悲しみを背負って生きているキムの,何時壊れるかも知れない危うさを演じて,強い印象を受ける.3
個人的には父親を演じたビル・アーウィンに共感を持った.それは俳優が素晴らしいこともあるが,娘に複雑な感情を持ちながらも彼女を愛し続けるポールという人物の姿勢に,共感したということだろう.
結婚式に集まった,友人と思われるミュージシャン達の存在そのものや演奏にも,心が癒やされる.
ラストシーンはハッピーエンドではないが,納得のいくものだった.見て損はなし.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 追悼:浅川マキ | トップページ | 独断的映画感想文:禅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/47443550

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:レイチェルの結婚:

» 映画評「レイチェルの結婚」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ジョナサン・デミ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010/08/11 09:51

« 追悼:浅川マキ | トップページ | 独断的映画感想文:禅 »