« 独断的映画感想文:ドゥームズデイ | トップページ | 独断的映画感想文:ある公爵夫人の生涯 »

2010/02/13

独断的映画感想文:This Is It

日記:2010年2月某日
映画「This Is It」を見る.This_is_it02
2009年.監督:ケニー・オルテガ.
出演:マイケル・ジャクソン.
50歳で急逝した「King of Pop」マイケル・ジャクソンのラストツアーのためのリハーサルドキュメント.
全世界からマイケルのラストツアーのためにオーディションに参加し,スタッフの一員となって感動のコメントを語るダンサー達,ミュージッシャン達.
そのシーンから始まり,映画は数々のヒットナンバーをこのツアーのために再構成していく行程を追っていく.
最高のエンターテイナーであるマイケルが,そのツアーを最高のものにしようとする努力の積み重ねは,映画を見る観客に強い印象を与えるだろう.
その高音からシャウトまでの美しい声はどうだ.自在にステップを踏みステージを疾走する脚の動き,繊細で力強いと同時に柔らかな手の表現力.絶妙なタイミングを逃さないリズム感と研ぎ澄まされた運動神経.
誰もがマイケルに心酔し心から信頼しているのは,当然と言えよう.
スタッフの協力で積み上げられていくステージの,最後の息吹をそこに与えるマイケルの空前のパフォーマンス,しかしそれはあくまでもリハーサルに過ぎない.This_is_it01
この全ての努力が,あと僅かで本番の舞台を迎えるところだったのに.
マイケルの残したメッセージたるこの映画は,観客に希望と勇気を与えると同時に,限りない喪失感をも与えることになるだろう.
他の全てのエンターテイナーにとってと同様,「King of Pop」にとってもメディアの流すスキャンダルやゴシップは,舞台の上でのエンターテインメントには何の関係もないことだ.
映画俳優は映画の画面の中でのみ評価されれば良いし,「King of Pop」はPopシーン上でのみ評価されればそれで良い.顔が白くなろうが整形を繰り返そうが,豪邸にディズニーランドをこさえようが,そんなことはどうでも良いのだ.
この映画に記録されたパフォーマンスに,感動しないではいられない.
ジャクソン5時代の名曲「アイル ビー ゼア」も懐かしい.僕にとってはマイルス・デイビスの曲でもある「ヒューマン・ネイチャー」,そして「スリラー」「ビリー・ジーン」が心に残る.
マイケルはもういないのだ.This_is_it03
その思いに,映画が終わった後しばし呆然とする.
実現しなかった最後のツアー.ツアーのスタッフ達は,今どこで何をしているだろうか.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:ドゥームズデイ | トップページ | 独断的映画感想文:ある公爵夫人の生涯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/47559555

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:This Is It:

» マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] | [アマゾン探検隊]
JUGEMテーマ:お気に入り マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]ソニー・ピクチャーズエンタテインメント発売日 2010-01-27 ファンでなくても見応えのある映像作品 2010-02-13 2009年に急死したマイケル・ジャクソンの リハーサル映像を中心としたドキュメンタリー映画。 マイケル・ジャクソンのファンではないが、これを観ると やはり圧倒的なダンスのセンスとカリスマ性があることを実感する。 バックダ... [続きを読む]

受信: 2010/02/14 20:48

« 独断的映画感想文:ドゥームズデイ | トップページ | 独断的映画感想文:ある公爵夫人の生涯 »