« 独断的映画感想文:眠狂四郎無頼控 魔性の肌 | トップページ | 独断的映画感想文:新・平家物語 »

2010/05/18

独断的映画感想文:私の中のあなた

日記:2010年5月某日
映画「私の中のあなた」を見る.06
2009年.監督:ニック・カサヴェテス.
出演:キャメロン・ディアス(サラ・フィッツジェラルド),アビゲイル・ブレスリン(アナ・フィッツジェラルド),アレック・ボールドウィン(キャンベル・アレグザンダー),ジェイソン・パトリック(ブライアン・フィッツジェラルド),ソフィア・ヴァジリーヴァ(ケイト・フィッツジェラルド),ジョーン・キューザック(デ・サルヴォ判事),トーマス・デッカー(テイラー・アンブローズ),ヘザー・ウォールクィスト(ケリーおばさん),エヴァン・エリングソン(ジェシー・フィッツジェラルド),デヴィッド・ソーントン(ドクター・チャンス).
アナはフィッツジェラルド家の次女,姉のケイトは白血病である.07
ケイトが発病したとき,両親はケイトのドナーとなるべき最適の遺伝子を持った子供を作る決断をした.その操作の結果生まれたアナは,幼児の時から骨髄の提供を始め姉のために様々な犠牲を払ってきた.
しかしケイトの白血病は止むことなく進行し,腎不全に陥ったケイトのため,両親はアナに腎臓の提供を求める.ところがアナは貯金をはたいて弁護士を雇い,腎の提供を拒否して両親を訴えるという行動に出る….
ドナーとして製造された子どもがドナーになることを拒否して親を訴える,という一見センセーショナルな物語に見えて,実はこの映画は深い家族愛の映画である.
主役は母親サラでもアナでもなく,ケイトであろう.02
自分の人生の夢や希望は何か,ということを深く考えさせる映画である.
サラの夢は自分の天職であった弁護士ではなくケイトの生存であった.ではケイトの夢は何か,そしてアナが姉の生存を脅かしてまで臓器提供を拒否する訴えを起こす理由は何なのか?一家の長男ジェシーの夢は何か?
これらの問いに映画が示す答えのそれぞれの映像には,涙を禁じ得ない.
俳優は皆好演,特にソフィア・ヴァジリーヴァが素晴らしい.
また,消防士である父親ブライアンを演じるジェイソン・パトリックも素敵.
映画の時間的経過が時々混乱するのは残念.05
キャメロン・ディアスが化学療法で髪の毛の抜けたケイトのために自分もスキンヘッドになるシーンがあるが,スキンヘッドは一時だけで前後はまたロングヘアーになってしまうのが,時間経過を混乱させる一因かも知れない.
でも一見の価値ある映画.03
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:眠狂四郎無頼控 魔性の肌 | トップページ | 独断的映画感想文:新・平家物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:私の中のあなた:

» 『私の中のあなた』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デッカー、ジョーン・キューザック、エヴァン・エリングソン、デヴィッド・ソーントン■鑑賞日 10月18日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>    なんだろう・・・この温かい涙は。  10年毎に観直してみ... [続きを読む]

受信: 2010/06/04 12:40

« 独断的映画感想文:眠狂四郎無頼控 魔性の肌 | トップページ | 独断的映画感想文:新・平家物語 »