« 独断的映画感想文:今度は愛妻家 | トップページ | 独断的映画感想文:トイレット »

2010/09/28

独断的映画感想文:サマーウォーズ

日記:2010年9月某日
映画「サマーウォーズ」を見る.1
2009年.監督:細田守.
声の出演:神木隆之介(小磯健二),桜庭ななみ(篠原夏希),谷村美月(池沢佳主馬),斎藤歩(陣内侘助),富司純子(陣内栄).
Web上の仮想世界OZは強固なセキュリティを誇り,世界中の人々がそこにアカウントを登録し,アバターを介してその仮想世界を楽しむ他,業務上の情報交換や取引もそのアカウントを通じて行っていた.
健二はそのOZのメンテナンスをバイトで行う高校生,本人は天才的な数学能力を持つ.
憧れの先輩夏希の誘いで信州上田の彼女の田舎に同行したが,その陣内家は90歳の夏希の曾祖母,栄の誕生日の準備でてんてこ舞い.夏希は健二を「旧家の出で東大生の彼氏」と紹介し,栄のお眼鏡にかなった健二は陣内家に迎えられる.4
その夜半,携帯に送られてきた2600桁の数字からなる暗号を,つい数学脳を刺激されて解いて返信してしまった健二,夜が明けてみるとOZのセキュリティは破られ全世界は大混乱に陥っていた….
この危機に紆余曲折を山ほど経ながら,最終的には一族一丸となって犯人に闘いを挑む陣内家と健二の奇想天外な物語.
アニメ自体の美しさという点にかけては今ひとつな本作品だが,そんなことはどうでも良いのであって,仮想空間のアバターを介した闘いの映像化は相当に魅力的.5
また,シャイな高校生健二とゲームオタクな小学生佳主馬,ばーちゃんに仕込まれた花札で敢然と闘いを挑む夏希のコンビネーションの痛快さはなかなかのもの.
OZを支配したのは,アメリカ軍が開発した「知的好奇心を持った人工知能」で,この人工知能との勝負が後半の山場.思いっきりグローバルな仮想空間を巡る闘いと,上田ローカルな甲子園長野県予選の試合が並行して進むのも面白い.3
自由闊達な発想と説得性のある映像化は,素晴らしい.最後まで一気に見た.
★★★★(★5個が満点)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


« 独断的映画感想文:今度は愛妻家 | トップページ | 独断的映画感想文:トイレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46943/49591235

この記事へのトラックバック一覧です: 独断的映画感想文:サマーウォーズ:

« 独断的映画感想文:今度は愛妻家 | トップページ | 独断的映画感想文:トイレット »